カテゴリー別アーカイブ: 東京都

聖地巡礼記:サンパギータ@下北沢・井の頭恩賜公園・渋谷

やるドラシリーズ、サンパギータの舞台探訪を2016年12月2日にしてきたので記録に残しておきます

サンパギータの主人公らは東京都世田谷区下北沢で生活している設定で、隣町の渋谷も主人公のバイト先などでちょくちょく出てきてます

あと作中出てきた公園のモデルは井の頭恩賜公園とファンブックに書いてました

たしかに、下北沢から井の頭恩賜公園のある吉祥寺には京王電鉄井之頭線一本で行ける立地で主人公宅から近いです

ところで、サンパギータは最初のやるドラシリーズ4部作で唯一、ダウンロード販売しなかったのは何故なんでしょうかね

配信しても採算が見込めないほど売れなかったのか・・・?雪割りの花の方が売れたのか?

PSPパッケージ版は販売したんですがね、何か権利の都合なんでしょうか

さてこれで、初期やるどら4部作全ての舞台探訪を一応しました

実はさり気なく目標にしてたんですよね、達成できて嬉しいです

下北沢

駅ホーム前

image

SAMPAGUITA-049

ここから背景画のような駅のホームが見えたはずなのですが見事に工事中のためなくなってました

参考までにこちらをどうぞ

オダキューQX前

DSCF6755

SAMPAGUITA-058

昔はオダキューQXという店があったらしいですが、今はもうありません

何処に合ったかくらい知りたくてインターネットで検索かけたのですがこちらも全然、住所が出てきませんでした

意外とこういう細かい古い情報ってインターネットは役立たずなんですよねぇ・・・

というわけで上の写真は適当に見つけたそれっぽい写真、ここにオダキューQXがあったのかは分からない

他にやるドラシリーズの探訪をされている喫茶四季さんの記事では、以前あったオダキューQX下北沢店の写真が見れます

見てみたら、やっぱり全然違いますね・・・ここ

やるドラ紀行

下北沢庚申塔

image

SAMPAGUITA-064

道祖神的な祠がありましたが、下北沢を散策中に発見

名前を調べたら下北沢庚申塔と呼ぶそうです

ソニー・コンピュータエンタテインメントより販売された懐かしのやるドラシリーズ、夏をテーマにしたダブルキャストの舞台探訪をしてきましたので記録...

あまり似てないが、ダブルキャストで大胆に舞台をアレンジされていた例もあるので、本当のところはわからない一応、ここに貼り付けておきますね

下北沢駅

image

SAMPAGUITA-023

ここだけは分かりやすい下北沢駅

だけど、たぶん看板は昔と変わってる

下北沢交番

DSCF6751

SAMPAGUITA-025SAMPAGUITA-024

警視庁北沢警察署下北沢交番

道路の形からこの下北沢東会の通路入口にある交番がモデルのように思える

ただし、肝心の交番のデザインが違っている

何分、1998年のゲームなので変わってしまったか、それとも意図的に変えてるいる可能性もある

やるドラシリーズの聖地巡礼をしてきて背景はそのまま使わず手直しする傾向があるように思える

井の頭恩賜公園

image

SAMPAGUITA-030

ファンブックに井の頭恩賜公園がモデルと書いてあったものの、井の頭恩賜公園には何回か来てるが背景を見てもどこがモデルよくわからない

だって、出て来る背景が木くらいしかないからなぁ~

というわけで、なんとなく探して似てたここの画像を貼っておく、ここでいいのかはやっぱり分からない

一致度はイマイチ

渋谷

渋谷駅前

image

SAMPAGUITA-074

渋谷駅は大きく変わってしまっているようだ

かつてはきっと、この渋谷駅にも街頭テレビがあったのだろうなぁ

SHIBUYA109

image

SAMPAGUITA-070

渋谷の顔、SHIBUYA109

渋谷を出すならこいつも出しときゃないとなみたいな存在感を渋谷が出て来る作品群から感じる

聖地巡礼記:栞と紙魚子@井の頭恩賜公園

栞と紙魚子に出てくる胃の頭町のモデルは東京都三鷹市井の頭・・・というのはwikiにも書かれてることだったりします

胃の頭町のモデルは東京都三鷹市の井の頭。

ただ単に名前のモデルとなっているだけでそうした伝承があるとかいう話はなくほぼ無関係。

栞と紙魚子 – Wikipedia

今回は作品内で実際に井の頭恩賜公園の何処が出てきてるか、簡単に触れてみようと思います

舞台探訪記録というより、メモに近いかもな

野外ステージ

image

クトルーちゃんが遊び回ったりしていた野外ステージ

弁天橋

image

これまた、クトルーちゃんが川の中に飛び込んで魚を取ったりしていた通路です

井の頭弁財天

image

image

image

弁財天様が住んでいるのは、井の頭弁財天です

まぁ、作中で胃の頭弁天堂という名前で出てきてるからそのまんまですね

後ろの銭洗は弁財天様が湯浴みしていた場所ですかね

その他の地名元ネタ・小ネタ

作中は胃の頭の地名や地図が出てきこともありますが元ネタはこんな具合です

左が作中での呼称、右が実際の呼称です

  1. 首山=久我山
  2. 股川上水=玉川上水
  3. 身肩台=三鷹台
  4. 耳鳴町=牟礼
  5. 欝祥寺=吉祥寺

また、栞と紙魚子らが住んでいる、胃の頭駅は地図を見ると井の頭公園駅のことのようですね

作中で出て来る地図はたしかにこの周辺をモデルにしているのですが、かといって実際の地図をそのまま流用して名称だけ置き換えてるわけでもないです

例えば、現実には存在しない道路が作中の地図にはあるなど微妙に歪んでいます

そんな訳で地図にはキャラクターの家の位置なども書かれてますが、この地図を元に舞台探訪しようとしても参考にはなりませんので注意です

聖地巡礼記:CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)@地図

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)ゲーム版の舞台探訪地図をGoogleMapに作成しました

スマートフォンのブラウザやマップアプリからでも閲覧することが出来るので舞台探訪が捗ると思います、どなたかのお役に立てれば幸いです

↑当ブログの舞台探訪の記録はこちら

CHAOS;CHILD|行けるアニメ! 舞台めぐり

ちなみに舞台探訪地図を配信するスマートフォンアプリ、舞台めぐりでも正式にコラボしてCHAOS;CHILD(カオスチャイルド)の地図が配信されていますので、お好きな方の地図をご利用下さい

ただ、あまり出てこなかった背景画など、一部登録されてない場所があるのでご注意下さい

地図

聖地巡礼記:CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)@SHIBUYA109とその周辺

注意:この探訪記事には重大なネタバレに繋がる、画像や管理人の語りが含まれている危険性があります。

CHAOS;CHILDを100%満遍なく楽しむために、ゲームクリア後にお読みなることをおすすめします。

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)は東京渋谷区が舞台になっている作品です

僕が舞台探訪した記録をここに残しておきます

量が多いので記事をいくつかに分割していますが、今回はSHIBUYA109とその周辺で出てくる場所を書きます

SHIBUYA109

ここも渋谷の顔、渋谷を舞台にする作品には必ず出て来るSHIBUYA109

image

image 

インパクト大な巨大力士シールマンさん

DSCF4787

image

SHIBUYA109横の道路

この場所、構図のCGはカオスヘッドでも使われていた

HOTEL SK PLAZA(ラブホテル)

HOTEL SK PLAZA(ホテルエスケープラザ)と名前は立派だけど、つまるところラブホテルなんだなこれが、そう回転DEAD事件現場

場所はSHIBUYA109から西側にある路地裏

渋谷東急百貨店本店・Bunkamuraからだと南の路地裏

まぁ、別記事にて投稿する地図を見たほうが分かりやすい

作中ではこの場所について「そこは、渋谷駅から歩いて5分程のところにある、道玄坂のラブホテル街だった。」と説明されている

ハチ公改札口からで5分は無理な気がするか、渋谷プライム(SHIBUYA109の隣のビル)から地下道を通って出れば5分くらいでつくかな

注意:この探訪記事には重大なネタバレに繋がる、画像や管理人の語りが含まれている危険性があります。 CHAOS;CHILDを100%満遍なく楽...

こちらで紹介した、松濤CSコート、特に道玄坂2丁目交差点からはすごく近いので回られる方は一緒にどうぞ

ラブホテル内も出て来るがさすがに入る勇気はなかったので勘弁してちょ

image

image

HOTEL SK PLAZA(ホテルエスケープラザ)前道路

image

image

向かいのホテル、HOTEL CLAiRE(ホテルクレア)の壁面

ここも力士シールの件で少し出てきただけだがしっかりと再現されている

image

image

一瞬だけ出て来る背景画

カプセルホテル カプセルイン渋谷→ホテル 妖精のダンス

に変更されている

妖精のダンスは回転DEAD事件現場になったホテルのこと

しかし本当は「妖精のダンス=HOTEL SK PLAZA」が正しい

カプセルイン渋谷はHOTEL SK PLAZAの隣にあるホテルなのだが看板はHOTEL SK PLAZAの前にある

だから、分かりやすいように修正したのかなと思う

image

「狭い路地の中に立っており、おまけに駐車場がないためだろう、パトカーが一台近くのコインパーキングに停めてあった。」という説明が事件時に出て来る

そのコインパーキングはホテルから少し西にある、ここのことではないかと思われる

カラオケスナックながさき前

image

image

物語序盤で杯田理子(南沢泉理)が歩いていた通り

上のHOTEL SK PLAZA(ホテルエスケープラザ)から路地をぐるっと周ったらたどり着ける、少し南にある通り

路地裏なので説明しづらいが、あえて書くならカラオケスナックながさき前

詳細な場所は別記事で投稿する地図を参照にした方が分かりやすい

アングルがやや高い場所からになっているので撮影しにくい

 

聖地巡礼記:CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)@渋谷繁華街 おまけ:PENTAX K-5(デジタル一眼レフカメラ)

注意:この探訪記事には重大なネタバレに繋がる、画像や管理人の語りが含まれている危険性があります。

CHAOS;CHILDを100%満遍なく楽しむために、ゲームクリア後にお読みなることをおすすめします。

CHAOS;CHILD(カオスチャイルド)は東京渋谷区が舞台になっている作品です

僕が舞台探訪した記録をここに残しておきます

量が多いので記事をいくつかに分割していますが、今回は渋谷繁華街周辺で出てくる場所を書きます

ふらわーしょっぷ桃や

image

image

井ノ頭通りにある花屋さん、ふらわーしょっぷ桃や

普通の花屋さんなんですけど、カオスチャイルドでのイベントせいでなんだか鬱スポットなイメージが・・・

スペイン坂

image

image

渋谷の有名な通り、スペイン坂

右の店の、同じ看板を使ってるが置き場所が違うのがなんだか気になったり

モンベル渋谷店前

image

image

背景画にもモンベルの文字が端だけ見えている

電柱の看板が守屋歯科→守戸歯科に変更されている

渋谷区立神南小学校

image

碧朋学園は渋谷区立神南小学校がある場所に存在していることになっています

ただし、風景はまったく違っています

写真撮り忘れてたので、GoogleMapから引用して貼り付けておきます

渋谷PARCO前

image

image

PARCO前の通り、作中だとパルクですね

渋谷シダックスビレッジクラブ(ニトリ渋谷公園通り店)

image

image

作中で出てきたカラオケ屋は渋谷シダックスビレッジクラブという店です

しかし、残念ながらここの店も今は閉店してしまいまして、家具屋のニトリ渋谷公園通り店がビルに入っています

image

カラオケ屋向かいのあるビル、通りの写真

こっちみんな事件現場はカラオケ屋の向かいにあるシャルマン神南マンションズ401号室という設定になるのでここなのかなと思って撮ってみました

道玄坂2丁目交差点

DSCF4693

image

Bunkamuraや東急百貨店渋谷本店の前にある交差点と書いたほうが分かりやすいでしょうか

昼休み時だったからか、何気に人通りが多かった

松濤CSコート

image

image

碧朋学園学生寮及び香月華の家

上の道玄坂2丁目交差点から少し西にあるメガネスーパー渋谷松濤店、その横の路地を進んだ先

場所の説明は難しいので別記事の地図を参考するなどして欲しい

2階以上はマンションらしいが、1階は4番サード魚真という名前の居酒屋

地下にはDANCE WORKS 渋谷松濤校というダンス教室が入っている

渋谷繁華街の外れ、ここから先は渋谷住宅街のような立地だがもしかしなくても、ものすごく高いところだよね、場所代

注意:この探訪記事には重大なネタバレに繋がる、画像や管理人の語りが含まれている危険性があります。CHAOS;CHILDを100%満遍なく楽し...

尾上の家といいみんないい場所住んでるなぁ

香月華の部屋の窓からかすかに外が見えるが、これが何気に松濤CSコートの向かいの風景と一致している

外に見えるビルの柄から恐らく彼女は2階に住んでるのは出ないかと推測できる

PENTAX K-5(デジタル一眼レフカメラ)

image

新聞部で使ってる一眼レフカメラはPENTAX K-5でしょうかね

ペンタックスなのは間違いなさそうですが、型番まで自信ないな

ちなみに、ペンタックスの一眼レフカメラは雨中でも使える(防滴・防塵)のが売りのタフなヤツです

聖地巡礼記:空の境界 未来福音@新宿

空の境界 未来福音にて東京都新宿が出てくる場面があります

舞台探訪してきたのでその記録と比較検証の画像を残しておきます

東京・新宿

出てくるのは新宿モア4番街という通りです(地図後述)

DSC_0015

image

実際は街路樹が遮っているので画面中央が隠れてますね

アングル的にはもっと前、下からなのですがカメラの画角が足りなかったので、写真の画角で撮りました

ufotableなので背景の一致度はさすがですね

DSC_0013

image

ここの背景は何故か反転して使われてますね

image

写真を反転してみるとこのようになります

撮ったときは気が付きませんでしたが、もっと後ろからの風景でした、失敗した

う~ん、ここの舞台で出来ること、もうちょっとあったので探訪しなおしたいですね

DSC_0019

miraifukuin-008

こちらも一致度高し、床のタイルとマンホールまでしっかりと再現してますね

さて、作中ではここを右に曲がって路地裏に入っていたかと思います

しかし実際のところは・・・

DSC_0020

このように有るのはSMBC信託銀行で通路は存在しません

まぁ、魔術師とか何か持ってる人なら路地裏にまで聖地巡礼出来ることでしょう

入れる人は僕も一緒に・・・いや、やっぱり危険なのでいいです

地図

聖地巡礼記:路娘MOTION鉄道車両擬人化プロジェクト@三ノ輪橋・飛鳥山

東京都交通局が何をとち狂ったか、鉄道車両の擬人化プロジェクトなんか初めてまして

都電に乗ると、ちらほらそれのポスターを飾ってたりなんかします

ポスターは、擬人化した車両と、元の鉄道車両、その鉄道車両が走ってる駅という構成で作られてます

ちょっと気になったったので散歩がてポスターの舞台に行ってみました

路娘MOTION公式サイト | 鉄道車両擬人化プロジェクト始動!

ちなみに公式サイトがこちら

久しぶりに見えたら、擬人化車両が増えてますね

荒川区・三ノ輪橋駅(7700形車両)

image

image

ポスターに使われている場所は荒川区・三ノ輪橋駅の正門、写っている車両は7700形車両ですね

擬人化キャラクターの名前は三ノ輪橋ひなと言うらしいです

駅入口と駅ホームは離れているので実際はポスターのような構図で取るのは難しい

image

門を覗いた状態で背景通りに撮るとこうなる

電柱や家の形など一致度が高い

image

後ろにあるホーロー看板は金鳥・キンチョール

こういう小物が残っていたり、駅前は商店街だったりと昔の下町っぽさが残ってるのが三ノ輪橋駅です

ポスターの電車車両・擬人化デザインもレトロな感じがありますよね

近くにはJR南千住駅

日本三大ドヤ街の一つ、明日のジョーで出てきた泪橋もある山谷

時代劇でお馴染、そして未だ風俗街として残る吉原などがあります

名作あしたのジョーのモデルは日本三大ドヤ街の一つ、東京の山谷がモデルになっています 私のような、世代…それも地方の出身者ともなりますと、ドヤ...

という具合に、レトロはレトロでも東京の負の面を昔から受け継いできた地域なわけだけども

北区・飛鳥山駅(9000形車両)

IMG_20161121_113253

image

ポスターに使われている場所は北区・飛鳥山駅、写っている車両は9000形車両です

擬人化キャラクターの名前は「飛鳥山さくら」だそうです

写真の方に写っている車両は7700系車両で三ノ輪橋駅の子です、逆になってしまいました

こっちのポスターの一致度はなかなか良いのではないでしょうか

春に行くと桜が咲いてるのかな?

飛鳥山駅の近くには飛鳥山公園と王子駅があります

飛鳥山公園にはレール延長48m、標高差17.4、片道2分の無料の小さなモノレールがある変わった公園です

制作費は2600万円、東京都民は金持ってるのを感じさせてくれる話です

聖地巡礼記:BRIGADOON まりんとメラン@根津神社・上野・秋葉原・銀座・神戸・博物館明治村

BRIGADOON まりんとメランは東京都内各地、それ兵庫県神戸や愛知県の博物館明治村などが少しアニメ内で出てきます

僕の舞台探訪の記録をここに残しておきます

ところで懐かしい作品ですね、僕がこの作品を見たのも、舞台探訪したのもだいぶ前だったりしたます

当時の記憶を掘り起こしながら書くので、あやふやところもあるかと思いますがご容赦下さいな

東京都

根津神社

作中とは違うところも多いですがしっかりと名前も出てきてますし、メラン・ブルーが祀られているのはここ根津神社です

鳥居

IMG_2474

brigadoon-047

brigadoon-035

根津神社入口の鳥居です、後ろに白い鳥居も見えますが実際にはないですね

まぁ、もっと奥の中にはあるにあるんですが、ここからは見えません

本堂

IMG_2489

IMG_2504

brigadoon-001

中の本堂です

アングルがいまいちですが、狛犬と賽銭箱を一枚で写そうとしたらこんなアングルになったような覚えがあります

本物の方が作中のお堂より豪華に見えますね、狛犬もちゃんと存在してます

千本鳥居

IMG_2498

IMG_2494

IMG_2493

brigadoon-002

根津神社内にも作中と同様に千本鳥居があります

しかし、アニメ内で出てきた風景と一致度はあまり高くはありません

乙女稲荷神社

image

ここもたしか背景は大きく違いますが、話の流れからメラン・ブルーが祀られていたのはこの乙女稲荷神社だと思われます

image

近くから

image

この穴の奥に、メラン・ブルーが入ったカプセルがあります

文京区・お化け階段

作中で弥生町名所「お化け階段」という場所を通る場面があります

根津神社のすぐ南側にお化け階段にと呼ばれる場所がありますのでそこでしょう、住所も弥生町だし

 

場所

文京区弥生2丁目18番と19番の間を、やや曲がりながら西に上る階段[周辺の地図]

特徴

  • 長さ:40段
  • 傾斜:やや急
  • 形態:途中で折れ曲がる階段

上りと下りで段数が異なることから「お化け階段」として知られる坂道です。

かつては幅が狭く、薄暗い道でしたが、拡幅工事が行われ、手すりもついて、きれいな階段に整備されました。

とはいえ、階段途中で折れ曲がった先が見通せなかったり、階段の一部が上り途中で行き止まりになってしまったりと、独特のミステリアスな雰囲気が今も漂っています。

引用:文京区 お化け階段

と、調べたら文京区のHPに詳しく書かれてました

昔、僕が探訪したときは怪しい個人サイトの情報を参考にしていった覚えがあったのですが、こうやってちゃんとまとめられてるとは・・・

brigadoon-003

image

brigadoon-010

image

brigadoon-004

image

brigadoon-005

image

brigadoon-006

image

brigadoon-007

image

brigadoon-009

まぁ、この作品、昭和ノスタルジーな世界観のある作品ですが、文京区の説明にもあったように開発のためガラッと変わってしまっています

それでも道路の形は似てるように思えます

とはいえ、作中で説明がなかったら背景だけじゃお化け階段だと分からなかったでしょうね

上野

上野動物園

image

brigadoon-014

作中と同じく残念ながら雨の日でした

上野動物園モノレール

image

brigadoon-019

調べたら正式名所は東京都交通局上野懸垂線というらしい、難しい

通称、上野動物園モノレール、なんと日本で一番短いモノレール路線らしい、え~知らなかったわ

そして名前の通り上野動物園内でのみ運航しているモノレールである

そんな理由からか僕の中では存在感が薄い、有るのは知ってるのだが急に上野にあるモノレールとか言われても、あんな場所にモノレールなんかあったっけ?って少し考え込んでしまうことだろう

また、何故か肝心の車両を撮ってない私、雨の日でとち狂ったか

不忍池

image

brigadoon-015

よく分からなかったので適当ですわ

不忍池弁天堂

image

brigadoon-018

少しアングルがおかしいけど気にしない

ところで、不忍池は米たにヨシトモ監督の次のテレビアニメ作品(約10年も後の)、Dororonえん魔くん メ〜ラめらでも出てきていた

あれもブリガドーンとはテイストが違う作品だけど面白かったよ

秋葉原

brigadoon-021

オノデンに、今は無き石丸電気がある・・・

秋葉原電気街の写真素材・ストックフォト。アマナイメージズでは2500万点以上の高品質な写真素材を販売。オリジナルロイヤリティフリー素材も充実。

銀座

DSC00149

brigadoon-022

銀座にある有名な和光の時計台、ここもアングルがおかしいが気にしてはいけない

愛知県・博物館明治村

image

brigadoon-038

昔は東京にあって、今は愛知県・・博物館明治村に移設保管されている旧帝国ホテル

いろいろな作品で使われている人気の高い聖地ですね

僕の写真は博物館明治村に行ったことがないので、東武ワールドスクウェアにあったミニチュア(偽物)を引用してます(適当)

神戸

萌黄の館

image

brigadoon-046

神戸観光名所・萌黄の館

自分で記事を書いておきながら、なんでここが出てきてるかさっぱり思い出せない

神戸は作中途中にて如月萌が引越ししてて大変なことになったな~くらいにしか覚えてない、う~ん

うろこの家

image

brigadoon-045

神戸観光名所・うろこのい家

この背景画はうろこの家から神戸を眺める場面かなと

どのシーンで使われてたかやっぱり思い出せないなぁ~

神戸タワー

image

brigadoon-044

怪獣が出て壊されてたような気もするが、はて?

もう一度見直したいなぁ、BRIGADOON まりんとメラン

容赦ない倉田英之脚本好き

国鉄C11形蒸気機関車

DSCF5695

brigadoon-043

作中で出てくるシーンのあった国鉄C11形蒸気機関車

写真は北海道・苫小牧で撮ったもの、ついでに掲載しておく

聖地巡礼記:世界はiに満ちている(CHiCO with HoneyWorks)・表紙ジャケット@渋谷

CHiCO with HoneyWorksさんの音楽アルバム、世界はiに満ちているの表紙ジャケットは渋谷のスクランブル交差点が使われています

渋谷・スクランブル交差点

DSCF6720

まぁ一目で「ここ渋谷やん」と舞台を特定出来るところですが、背景を比較するとこんな具合です

実際の文字・看板は以下のように置き換えられてますね

  1. 恋のコード→DHC+大盛堂商事ビルの街頭テレビ
  2. アイのシナリオ→サロンパス
  3. ハートの主張→Hisamitsu
  4. 世界は恋に落ちている→QFRONTの街頭テレビ
  5. ユキドケ→三千里薬品
  6. identity→クスリ
  7. 君ガ空コソカナシケレ→Taisei neon
  8. 11月の雨→もんじゃ
  9. color→音楽アルバムの広告(たびたび入れ替わる)
  10. ロクベル→ステーキ&ハンバーグ くいしんぼう
  11. Love Letter→渋谷センター街の垂れ幕
  12. 雪のワルツ→SHIBUYA109ビルの広告
  13. プライド革命→DMMFXの広告(たびたび入れ替わる)
  14. ホーリーフラッグ→QFRONTの街頭テレビ
  15. CHiCO→渋谷駅前
  16. CHiCO with HoneyWorks→クスリのことなら三千里
  17. CWHW→渋谷フルーツ&パーラー西村
  18. HANI(以下判別不能)→TSUTAYA
  19. 判別不能→109

左の帯で隠れてる部分には何もありません

アルバムジャケットだとお洒落なんですが、ここを実際の渋谷の広告名に置き換えてみるとなんとなく笑えるような・・・

昔からある強烈なサロンパスの広告が無くなってるのに、なんとなく違和感を感じてしまう

有名なSHIBUYA109は隠れていて見えそうで見えないですね

ちなみに上の画像は初回限定盤で、こちらは通常版です

それぞれ昼と夜の渋谷スクランブル交差点が使われてます

ちなみに

001

引用元:CHiCO with HoneyWorks、『世界は i に満ちている』詳細発表 | BARKS

このアルバム販売告知に使われている画像の場所は渋谷・スペイン坂

DP9Qr-1U8AA4Zwp

こちらの画像は渋谷モディ前になります

アルバムジャケット意外にも渋谷が使われているイメージ画像あったことに記事作成中に気づいたため、比較画像はGoogleMapから引用してきました

以前、撮影した写真にこの場所は写ってないかと探しても見たのですが見つからず、残念

また渋谷に行くことがあったら撮影して自前の写真に置き換えたいですね~