カテゴリー別アーカイブ: フィギュア17

聖地巡礼記:フィギュア17@美留和駅・摩周湖・野付半島・釧路湿原・利尻島 北海道大自然巡り

つばさ&ヒカルの生活地は美瑛がモデルなのですが超兵器で北海道内を飛びまくっているので、まぁ今回の舞台探訪記事はそのあたりをちょっと掘り下げて見ましょうか

なお、今回の探訪はいささか残念な結果となりました・・・

美留和駅

初っ端に紹介しておいてなんですが、別にここは作中で出てきてなかったりします

けど、今回の探訪の際にかなり楽しみにしていた場所でして・・・

フィギュア17ファンの間では、監督である高橋ナオヒト直筆のつばさ&ヒカルの絵とコメントがあるという意味で聖地であるのですよ

また駅舎も車両を再利用したもので小学生が管理にしているんだとかなんとか、味があるなぁと

image

けど、実際にたどり着いてみると、あれ?なんだかきれいだなぁ・・・と、なんとな~くいやぁ~んな気がして入ってみる・・・

image

中もきれいですわ

image

駅ノートを発見

image

ノートも綺麗で中を開いてみると2015年からの書き込みしかございません・・・

フィギュア17は古い作品ですので、監督の書き込みがあるのは2000年と2002年とのこと

他にないか探してみるも、ノートはこれ一枚しかないご様子・・・

ノートの中身をとりあえず読み進めてみますが、その書き込みの中に「古いノートが盗まれた!」といった旨の書き込みが散見される

同時に中には清掃の際(駅工事の際?)に持ってかれたのでは?駅員の人が何か知ってるのでは?といった意見もあって情報が錯綜している

結局のところ古いノートがどうなったのかはこのノートからははっきりとわからなかった

ただ一つはっきりしているのは、あの監督の書き込みがあったノートはもう美留和駅にないということだ・・・残念である・・・

image

そして後日、諦めきれなかった私は摩周駅に来た・・・

美留和駅の駅舎の整備は付近の美留和小学校がしているとのことだが、JRにおけるは駅の管理は摩周駅になっていたため何か知らないかと尋ねることにしたのだ

とりあえず、窓口にいた駅員をひっ捕らえて、駅ノートについて何か知らないか尋ねるのも今年来た新人らしく何も知らないとのこと・・・

ここで一度諦めかけたが、いやここまで来てそれは出来ないと無理を言ってお願いし調べもらうことになった(迷惑な人だなぁ・・・いやホントありがとうございました)

そして後日、電話が来たが結果は「駅ノートについては摩周駅は何も関わっておらずどうなったのかわからない」とのことでした・・・

残る可能性があるとすれば美留和小学校が何かしっているケースなのですが・・・今回はそこまではノータッチで諦めました・・・警察怖い・・・

ネット上の情報だと、件の駅ノートが確認できる最新の情報は2009年までですね

フィギュア17舞台探訪

投稿者:もか  投稿日:2009年 8月10日(月)19時47分12秒
通報

昨日帰って来ました~(*^^*)
ノート、駅ノートは数多く見ますがこれほど何冊も書き込まれているのは、なかなか無いですよ。
バインダーで複数のノートを閉じてありました。
あの書き込みを探すのに苦労しましたよ(笑)
次の日も美留和駅の前を通ったんですが、駅前の道路工事を始めたみたいで入り辛くなってました。タイミング良かったです。

フィギュア17舞台探訪 | かふぇ あおやま | 249

そして、駅舎の改装は2015年にあったようです

<b>2015年9月16日(水)</b>6℃ 21℃

JR釧網本線「美留和駅」ただいま改修中です。

<a href="http://mizuoka.jp/2015_09.asp">みずおか | ぺーじ /// MIZUOKA | Page</a>

美留和駅の改装についてWikipediaにすら書いてないぞ…

まぁ、どのタイミングで消えたのかはわかりませんが、駅舎の工事というドタバタした時期が挟まっていますし、駅ノートを価値を考えますとどこかで処分されたのかなと・・・

ファンとしては非常に悲しいことですが・・・えぇ、悲しいことですが・・・

摩周湖

5話でマギュアとの戦闘があった場所

霧の摩周湖の異名は有名で私が登ったときもしっかりと霧で隠されていて何も見えませんでしたよ、ええ…

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-23.png" width="600" height="400">

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-24.png" width="600" height="400">

笑っちゃうくらい真っ白、雨も振ってたしかなりきつかったなぁ…

第三展望台はこんな感じだったのですが・・・

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-25.png" width="600" height="400">

けど、幸いにも第一展望はちょっと晴れていた

駐車場も第三展望台は無料だが、第一展望台は優良なのでこっちのほうが晴れやすいのかも?

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-26.png" width="600" height="400">

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-27.png" width="600" height="400">

こっちは店もあって、中に入ると雪ミクさん押し

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-28.png" width="600" height="400">

霧の缶詰とか売っていて商魂たくましい

なお、高地にあるのでめちゃんこ寒かったぞ

渡辺体験牧場

スタッフらがフィギュア17制作にあたりロケハンした牧場らしい・・・のだが今回、摩周湖を下って弟子屈町に入ってるし未探訪…

茨城牧場のモデルの一つと言えるし、興味がある方は探訪してみてはいかがか

摩周湖のドライブ・おみやげ|見て触れて遊ぶ酪農体験|渡辺体験牧場

野付半島

オープニングで出てくる立ち枯れた木にフィギュア17が登っているシーンのところ…

モデルは野付半島にあるトドワラ・ナラワラと言われている、なお根付半島はラムサール条約の地

摩周湖がある弟子屈町からは約80㎞ほどの距離で最寄り空港はどちらも中標津空港となる…

当時は知床もまだ世界遺産登録されてなかったし、そういった立地からモデルになったのかなぁ…?

北海道の東端にあって付近には大きな街も有名観光地も何もない、かなりアクセスが悪い場所

トドワラ

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-29.png" width="600" height="400">

<img title="image" style="margin: 0px; display: inline" alt="image" src="http://dtman.info/wp-content/uploads/2016/10/image-30.png" width="600" height="400">

&nbsp;

この根付半島の自然の目玉とも言えるのはこの立ち枯れた木らしいのだが、年々減少しているそうで、僕が行ったときには既に10数本くらしかなさそうで、かなり寂しい状態だった

これで観光の目玉というのは悲しい

根付半島のネイチャーセンターにも「これも自然の流れで仕方がないこと」といった胸のことが書かれていて保護していく気はなさげ

悲しいことではあるが、僕も同意見でこの態度にはむしろ好感が持てるかな

今日、今の根付半島が見れるのは今日だけといったことも書いてあった、トドワラが気になる人は速く行ったほうが良いだろう

ナラワラ

トドワラに行く途中にある、もう一つの立ち枯れた木が見られるエリア、こちらも同様に年々減少中らしいがトドワラより数が多い

ただし、トドワラほど近くからは見れない

image

なお、この近くでエゾシカが8頭くらいぴょんぴょん跳ねていてびびったわ

釧路湿原

6話にてマギュアとの戦闘があった場所

また、記者の黒田が調査に訪れた場所

釧路湿原には二箇所の観光スポットがありまして、一つは釧路湿原を高台から見渡せる釧路湿原展望台

もう一つが、実際に湿原内を歩けるように歩道が整備されたビジターセンターもある温根内地区

この2つはちょっとだけ距離が離れています・・・といっても車だと大した距離じゃないかな?

・・・えぇ・・・自転車だったから私は疲れましたけども・・・

釧路湿原展望台

image

figure17-kushirositsugen--001

戦闘シーンにて出て来る風景はサテライト展望台からの物かと

温根内地区

imagefigure17-kushirositsugen--004imagefigure17-kushirositsugen--006

まぁ雰囲気は伝わるかなと

利尻島

image

7話にて一瞬だけマギュアが出現したのは利尻富士ですね~

島を一周してきましたが、どこからも山が見えて綺麗でした

舞台探訪してきた所感

といった具合に北海道の自然スポットを回ってきました

異常な成長を続けるマギュア、そこから起きる謎の枯れ木現象といった出来事から、フィギュア17からは北海道の自然賛美的なモチーフを感じとることができます

その北海道の大自然を自分の肌を通じて体感できてきて良かったです

聖地巡礼記:フィギュア17 つばさ&ヒカル@北海道 夏と冬の美瑛を堪能する

フィギュア17・・・もう10年以上も前の作品だ…皆さんは覚えているだろうか・・・?

この作品は、北海道上川郡美瑛町をモデルとしていて、北海道を舞台した作品らしいというのだろうか

視聴すると独特のゆるい時間が流れており、それでありながら、とてもショッキングなアニメ作品に仕上がっている

監督の談による「北の国から+遊星からの物体X」を目指したとのことだから、なんとも酔狂なことだ

このアニメ作品が売れたのか数字は知らないが、今のネット上で話題になることが全く無いのだから、売れなかったのだろう恐らく

だが、断言するが、このアニメは素晴らしい

まぁ、私も青森という僻地でアニメ難民生活を送り、数少ないアニメ入手経路がケーブルテレビのキッズステーションという環境の中で育っていなければ、この作品を知ることはなかっただろうな…

今思うと、プリンセスチュチュもやっていたし、非常に優秀だったな…キッズステーションって…

このアニメは、視聴して特に日付を意識させられることはないが(季節の移り変わりがあるので時間の流れは意識させられるが)、作品をよく見てみると、背景に日付が記されていることがある

それについては、別項のページにてまとめてあるので、興味が有る方は見て欲しい

参照:フィギュア17 つばさ&ヒカル 作中時系列表@聖地巡礼の参考にでもどうぞ | 職業:魔法使い死亡

そして、私は2011年6月15日と2012年2月9日、フィギュア17、10週年の節目ということで、北海道美瑛町の行くことを決めた

それぞれ、D・Dの宇宙船が落ちてきた日(ヒカルとの出会い)とマギュアとの最終決戦の日(ヒカルとの別れ)である

今回は夏と冬、美瑛という街の2つの顔を織り交ぜて、紹介していきたいと思う

旭川空港

1話や13話ラストにて登場することとなる

正面口

外観に関しては、まったく変わらない、10年前の放映時その時の姿を残していた…

17_19_48EOS Kiss X45131

IMG_0075figure17-394

17_23_14EOS Kiss X45135

IMG_0072

figure17-395

17_25_20EOS Kiss X45141

IMG_0073figure17-396

IMG_0069

気温を見ると、冬、3度とあった…

当時はまだ、スカイマークが運行していたため、関東圏からも安く旭川空港へと行くことが出来た

まさか、経営破綻するとは思わなかったなぁ…路線というのはいつなくなるか、わからないものだ

安い路線を見つけたら、行きたいと思ったら、早めに行動することをおすすめしておこう

同じ飛行機に、冬山に行くと思われる重装備の軍団がいたのだが、大雪山にでも行ったのだろうか・・・

屋内

改装されたのか、違いもあるが、DDたちとの別れの場所がそのまま残っていて感動した

IMG_0063

figure17-398

17_36_15EOS Kiss X45146

figure17-401

IMG_0056figure17-400

IMG_0061figure17-407

IMG_0065

figure17-412

IMG_0064

figure17-411

美瑛駅

池に遊びにいったり、翔くんと気球大会に行く時に利用していた場所

なお、池の名前は作中で「ほうのいけ」といってたが、そのような場所は付近にないし、場所は不明

09_22_24EOS Kiss X45165

IMG_0244

figure17-333

09_36_18EOS Kiss X45176

IMG_0250

figure17-326

09_27_30EOS Kiss X45168

IMG_0238

figure17-313

22_51_27EOS Kiss X45160

冬に行った時は、洞爺湖マンガ・アニメフェスタとやらのポスターが駅舎内にあった

萌である

ニングルテラス

11話、最終決戦の少し前に、旭川で手袋を買った後に、遊びに来た所

夏と冬に来ると、対比を肌で感じる事ができる、まるで別な場所のようだった

13_05_14EOS Kiss X45209

13_03_13EOS Kiss X47040

figure17-261

13_11_02EOS Kiss X45211

13_08_24EOS Kiss X47042figure17-245

13_15_20EOS Kiss X45212figure17-247

バス停

北海道には木造のバス停が本当にあった

見つけたのは美瑛ではなく、富良野の方でだが・・・

13_27_01EOS Kiss X45214

figure17-265

美馬牛小学校

夏は関係者以外が小学校に入っちゃいかんだろうと思って入らなかったが

冬は、早朝だったため、思いきって正面まで入ってみた

モデルになったとのことだが、一致度は微妙だ

とりあえず、北国は冬だからといってスケートせんよ、校庭でスキーはしたけどね(青森の場合)

11_05_45EOS Kiss X45196

06_33_52EOS Kiss X46887

06_36_56EOS Kiss X46901

figure17-369

11_09_01EOS Kiss X45203

09_32_15EOS Kiss X46990

美馬牛小学校前のバス停の実物はこんな感じだった

07_11_27EOS Kiss X46947

 

日が登る、美瑛の冬の丘はとても美しかった

帰り際に、登校中の小学生らを見かけた

この日は-10度位まで落ち込んでいたらしく、寒く寒くしかたがなかったのだが

元気そうに登校している子どもたちを見かけて、自分も歳を取ったなとか、北国の人らの逞しさを感じたよ

自分のかつては雪国に住んでたはずなのだが、今となっては遠い昔で、信じられないな

びえい牛乳

2話にて、DDの話を聞いているときに出てくるのが美瑛牛乳

作中だと、主人公らの地域は萌野と設定されているので、美瑛の字が出てくるのはここだけじゃないだろうか

21_19_55EOS Kiss X47069

スーパーフジ

11_55_51EOS Kiss X47134

作中で、オルディナが小鳥を買いに行ったり、スーパー出てきたのをみて、立ち寄ってみたが全然違った

ロールベール

OPで出てくる、藁が丸まってるアレ

なんでも、ロールベールというらしい

10_50_58EOS Kiss X45191

ケンとメリーの木

OPで登場する木

周辺の風景は違う、たしかに木の形は似てる

14_59_12EOS Kiss X45244

冬になると葉は落ちるものの、それでも同じ気だというのは形で分かる

11_01_36EOS Kiss X47113

四季彩の丘

OPに登場

もう一ヶ月ほどすると、名前とOPの通り彩色豊かな丘になるそうだが

時期が悪かったらしく、なんだか、しょんぼりなところだった

10_49_10EOS Kiss X45188

まとめ

美瑛町はとても美しいところだった

14_40_11EOS Kiss X45233

夏の広大な景色も良かった

だが、地方の数が少ない公共交通機関と雪に悩まされたものの、そこに雪が乗っかった冬景色はもっと良かったな

11_06_42EOS Kiss X47115道路でスキーを楽しむ地元の人

06_34_15EOS Kiss X47087

朝方、散歩をしていたら、新雪の上に動物の足跡だけがあった

13_21_29EOS Kiss X47172

ここにいると、誰でも写真家や詩人になれそうな気がしてくる

今回、美瑛周辺のみの探訪だったが

フィギュア17は作中他にもアチコチでてくる、東の果てトドワラや釧路湿原、北炭夕張炭鉱、摩周湖、礼文島、バルーンフェスティバル

特に、美留和駅にある駅ノートには監督自身の書き込みがあるとのことで(近くに茨城牧場のモデルがあるらしい)一度は訪れてみたいものだ

・・・とはいえ、北海道の外れの方に行くのは、時間的、金銭的な制限から難しいんだよなぁ・・・

参照:フィギュア17ゆかりの地へ行くためのリンク集&ヒント集

聖地巡礼記:フィギュア17 つばさ&ヒカル@北海道 夏と冬の美瑛を堪能する

フィギュア17・・・もう10年以上も前の作品だ…皆さんは覚えているだろうか・・・?

この作品は、北海道上川郡美瑛町をモデルとしていて、北海道を舞台した作品らしいというのだろうか

視聴すると独特のゆるい時間が流れており、それでありながら、とてもショッキングなアニメ作品に仕上がっている

監督の談による「北の国から+遊星からの物体X」を目指したとのことだから、なんとも酔狂なことだ

このアニメ作品が売れたのか数字は知らないが、今のネット上で話題になることが全く無いのだから、売れなかったのだろう恐らく

だが、断言するが、このアニメは素晴らしい

まぁ、私も青森という僻地でアニメ難民生活を送り、数少ないアニメ入手経路がケーブルテレビのキッズステーションという環境の中で育っていなければ、この作品を知ることはなかっただろうな…

今思うと、プリンセスチュチュもやっていたし、非常に優秀だったな…キッズステーションって…

このアニメは、視聴して特に日付を意識させられることはないが(季節の移り変わりがあるので時間の流れは意識させられるが)、作品をよく見てみると、背景に日付が記されていることがある

それについては、別項のページにてまとめてあるので、興味が有る方は見て欲しい

参照:フィギュア17 つばさ&ヒカル 作中時系列表@聖地巡礼の参考にでもどうぞ | 職業:魔法使い死亡

そして、私は2011年6月15日と2012年2月9日、フィギュア17、10週年の節目ということで、北海道美瑛町の行くことを決めた

それぞれ、D・Dの宇宙船が落ちてきた日(ヒカルとの出会い)とマギュアとの最終決戦の日(ヒカルとの別れ)である

今回は夏と冬、美瑛という街の2つの顔を織り交ぜて、紹介していきたいと思う

旭川空港

1話や13話ラストにて登場することとなる

正面口

外観に関しては、まったく変わらない、10年前の放映時その時の姿を残していた…

17_19_48EOS Kiss X45131

IMG_0075figure17-394

17_23_14EOS Kiss X45135

IMG_0072

figure17-395

17_25_20EOS Kiss X45141

IMG_0073figure17-396

IMG_0069

気温を見ると、冬、3度とあった…

当時はまだ、スカイマークが運行していたため、関東圏からも安く旭川空港へと行くことが出来た

まさか、経営破綻するとは思わなかったなぁ…路線というのはいつなくなるか、わからないものだ

安い路線を見つけたら、行きたいと思ったら、早めに行動することをおすすめしておこう

同じ飛行機に、冬山に行くと思われる重装備の軍団がいたのだが、大雪山にでも行ったのだろうか・・・

屋内

改装されたのか、違いもあるが、DDたちとの別れの場所がそのまま残っていて感動した

IMG_0063

figure17-398

17_36_15EOS Kiss X45146

figure17-401

IMG_0056figure17-400

IMG_0061figure17-407

IMG_0065

figure17-412

IMG_0064

figure17-411

美瑛駅

池に遊びにいったり、翔くんと気球大会に行く時に利用していた場所

なお、池の名前は作中で「ほうのいけ」といってたが、そのような場所は付近にないし、場所は不明

09_22_24EOS Kiss X45165

IMG_0244

figure17-333

09_36_18EOS Kiss X45176

IMG_0250

figure17-326

09_27_30EOS Kiss X45168

IMG_0238

figure17-313

22_51_27EOS Kiss X45160

冬に行った時は、洞爺湖マンガ・アニメフェスタとやらのポスターが駅舎内にあった

萌である

ニングルテラス

11話、最終決戦の少し前に、旭川で手袋を買った後に、遊びに来た所

夏と冬に来ると、対比を肌で感じる事ができる、まるで別な場所のようだった

13_05_14EOS Kiss X45209

13_03_13EOS Kiss X47040

figure17-261

13_11_02EOS Kiss X45211

13_08_24EOS Kiss X47042figure17-245

13_15_20EOS Kiss X45212figure17-247

バス停

北海道には木造のバス停が本当にあった

見つけたのは美瑛ではなく、富良野の方でだが・・・

13_27_01EOS Kiss X45214

figure17-265

美馬牛小学校

夏は関係者以外が小学校に入っちゃいかんだろうと思って入らなかったが

冬は、早朝だったため、思いきって正面まで入ってみた

モデルになったとのことだが、一致度は微妙だ

とりあえず、北国は冬だからといってスケートせんよ、校庭でスキーはしたけどね(青森の場合)

11_05_45EOS Kiss X45196

06_33_52EOS Kiss X46887

06_36_56EOS Kiss X46901

figure17-369

11_09_01EOS Kiss X45203

09_32_15EOS Kiss X46990

美馬牛小学校前のバス停の実物はこんな感じだった

07_11_27EOS Kiss X46947

 

日が登る、美瑛の冬の丘はとても美しかった

帰り際に、登校中の小学生らを見かけた

この日は-10度位まで落ち込んでいたらしく、寒く寒くしかたがなかったのだが

元気そうに登校している子どもたちを見かけて、自分も歳を取ったなとか、北国の人らの逞しさを感じたよ

自分のかつては雪国に住んでたはずなのだが、今となっては遠い昔で、信じられないな

びえい牛乳

2話にて、DDの話を聞いているときに出てくるのが美瑛牛乳

作中だと、主人公らの地域は萌野と設定されているので、美瑛の字が出てくるのはここだけじゃないだろうか

21_19_55EOS Kiss X47069

スーパーフジ

11_55_51EOS Kiss X47134

作中で、オルディナが小鳥を買いに行ったり、スーパー出てきたのをみて、立ち寄ってみたが全然違った

ロールベール

OPで出てくる、藁が丸まってるアレ

なんでも、ロールベールというらしい

10_50_58EOS Kiss X45191

ケンとメリーの木

OPで登場する木

周辺の風景は違う、たしかに木の形は似てる

14_59_12EOS Kiss X45244

冬になると葉は落ちるものの、それでも同じ気だというのは形で分かる

11_01_36EOS Kiss X47113

四季彩の丘

OPに登場

もう一ヶ月ほどすると、名前とOPの通り彩色豊かな丘になるそうだが

時期が悪かったらしく、なんだか、しょんぼりなところだった

10_49_10EOS Kiss X45188

まとめ

美瑛町はとても美しいところだった

14_40_11EOS Kiss X45233

夏の広大な景色も良かった

だが、地方の数が少ない公共交通機関と雪に悩まされたものの、そこに雪が乗っかった冬景色はもっと良かったな

11_06_42EOS Kiss X47115道路でスキーを楽しむ地元の人

06_34_15EOS Kiss X47087

朝方、散歩をしていたら、新雪の上に動物の足跡だけがあった

13_21_29EOS Kiss X47172

ここにいると、誰でも写真家や詩人になれそうな気がしてくる

今回、美瑛周辺のみの探訪だったが

フィギュア17は作中他にもアチコチでてくる、東の果てトドワラや釧路湿原、北炭夕張炭鉱、摩周湖、礼文島、バルーンフェスティバル

特に、美留和駅にある駅ノートには監督自身の書き込みがあるとのことで(近くに茨城牧場のモデルがあるらしい)一度は訪れてみたいものだ

・・・とはいえ、北海道の外れの方に行くのは、時間的、金銭的な制限から難しいんだよなぁ・・・

参照:フィギュア17ゆかりの地へ行くためのリンク集&ヒント集

フィギュア17 つばさ&ヒカル 作中時系列表@聖地巡礼の参考にでもどうぞ

アニメ、フィギュア17は作品を見ていて、日付を意識させられることはありませんが、背景にあるクラスの黒板や新聞などから、いつの出来事なのか読み取ることができます

以前、舞台探訪のために作中の時系列を調べたことがありました

その時のメモを、改めてエクセルに手直ししたものがこちらになります

表が大きくなりすぎて、当ブログページ内に貼り付けできそうにないので、Googleスプレッドシートへのリンクを貼り、そちらにて公開させていただいています

素人が作ったものなので、見づらいのは勘弁な

間違い等なにかあったら、修正しますのでコメント下さい

・・・こんなドマイナーな昔のアニメの時系列表なぞ、今更作っても誰も見ないだろうなぁ・・・と自分が趣味で作っているとはいえ、挫けそうだったので、誰かの為になったり、何か反応いただければ嬉しいです…

>>フィギュア17時系列表-Googleスプレッドシート

フィギュア17 つばさ&ヒカル 作中時系列表@聖地巡礼の参考にでもどうぞ

アニメ、フィギュア17は作品を見ていて、日付を意識させられることはありませんが、背景にあるクラスの黒板や新聞などから、いつの出来事なのか読み取ることができます

以前、舞台探訪のために作中の時系列を調べたことがありました

その時のメモを、改めてエクセルに手直ししたものがこちらになります

表が大きくなりすぎて、当ブログページ内に貼り付けできそうにないので、Googleスプレッドシートへのリンクを貼り、そちらにて公開させていただいています

素人が作ったものなので、見づらいのは勘弁な

間違い等なにかあったら、修正しますのでコメント下さい

・・・こんなドマイナーな昔のアニメの時系列表なぞ、今更作っても誰も見ないだろうなぁ・・・と自分が趣味で作っているとはいえ、挫けそうだったので、誰かの為になったり、何か反応いただければ嬉しいです…

>>フィギュア17時系列表-Googleスプレッドシート