カテゴリー別アーカイブ: 装甲悪鬼村正

聖地巡礼:装甲悪鬼村正@鎌倉編(鶴岡八幡宮・建長寺・円応寺・鎌倉駅・鎌倉大仏・江ノ島) おまけ:山海堂ポスター・ワンダーフェスティバル2010フィギュア展示

装甲悪鬼村正の主な舞台は鎌倉です

ニトロプラスは有名なメーカーなので、誰かが先に聖地巡礼してそうですけど、どうもまだ誰もしてないみたいですね

善悪相殺、鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬る

ニトロプラス20周年作品に相応しいゲームでした

舞台探訪しきたので、その記録と比較検証画像を記録しておきます

鶴岡八幡宮

鎌倉の有名観光地、鶴岡八幡宮です

背景画には階段左にご神木が見えますけど、写真にはありませんね

実はこのご神木、以前はあったのですが倒壊してしまったのです

鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)のご神木とされる大イチョウは10日午前4時40分ごろ、根元から倒れているのが見つかった。けが人などはなかった。

大イチョウは1219年、鎌倉幕府の3代目将軍源実朝が八幡宮の参拝を終えたところ、この木に隠れていた公暁(くぎょう)が暗殺したとされる伝説から「隠れ銀杏(いちょう)」とも呼ばれる。

800~1千年余りの樹齢とみられ、鎌倉時代に体を隠せる大樹なら現在の木は2代目という説もある。

鶴岡八幡宮によると、同4時15分ごろから、詰め所で警備員が5分おきぐらいに「ドンドン」という音を聞いていた。

同40分ごろに、雷が落ちるような大きな音がしたため外に出たところ、大石段そばの大イチョウが根元から南側に倒れていたという。

鎌倉市消防本部によると、当時は雨はあがっていたが、平均7~8メートルの北風が吹いていた。

大イチョウは根元部分が空洞のようになっていた。八幡宮によると、これまで台風で枝折れしたことなどがあるだけで大きな被害はなかった。

今年は2月に雨が多く地盤が緩んでいたという。神職の一人は「関東大震災にも耐えたのに……」と絶句していた。

asahi.com(朝日新聞社):鶴岡八幡宮の大イチョウ倒れる 「実朝暗殺の舞台」 – 社会

う~ん、残念なことです

しかし、生き残っていた幹は埋め直され、また少しづつ成長しているようです

きっと1000年ほど後には立派な木に戻っているのでしょうね

建長寺

入口にある山門です、三門とも呼ぶそうです

「三門」とは、「三解脱門」の略で、涅槃(悟り)に至るために通過しなければならない三つの関門(空・無作・無相)のこと。

建長寺山門(三門)~三解脱門~

ことだそうで、歴史のあるお寺だから何かご利益ありそうだなぁ

残念なことに中央奥のお堂が工事中でした
同じアングルから撮りたかったのですが、どこから庭園内に入ってよいのか分からず、この写真で妥協しました

円応寺

image
20110225.052
綾弥一条ルートで印象深い円応寺です
実はここの画像、舞台探訪していたのに記事内に含めるのをずっと忘れていた
見直していたら気づいたので掲載させていただきます
image
ちなみに円応寺の解説です

鎌倉大仏

大仏周囲の建物が質素な感じですね

鎌倉駅

image

20110225.070

image

画像は上から順に現在の鎌倉駅・背景画・昭和初期の頃の鎌倉駅の古写真です

現在の鎌倉駅とも時計塔は似ていますが、背景画の鎌倉駅の元になっているのは昔の鎌倉駅なようですね

古写真のほうが一致度が高いです

江ノ島

14_51_14EOS Kiss X46794

20110225.071

鎌倉をブラブラしていたら見つけた、江ノ島の昔の写真です

作中で出てきた背景画と似ていますよね

作中の世界観と合わせて、昔の江ノ島をモデルにしているのでしょう

山海堂

鎌倉の有名な武器屋、いや武器屋ってなんだよ!って思うでしょうが武器屋は武器屋です

IMG_1129

こんな風に鎌倉大仏前という観光するのに優良な立地にあるのに、古今東西の武器防具が置かれているという謎の店です

まぁ、そんな店に装甲悪鬼村正のポスターが飾られています

IMG_1126

IMG_1127

こんな風に装甲悪鬼村正のポスターが、というより大御所先生方のサイン色紙の方が気になりますよね~

エロゲーマーなら知らぬものはいない、TYPE-MOONの武内崇先生

世界的に有名なジャンプ・ワンピースの尾田栄一郎先生

鋼の錬金術師の荒川弘先生に、忍空の桐山光侍先生のサイン色紙もあるぞ

脇にさりげなくデュラララの著者、成田良悟先生のもあるし

参考資料として武器防具を買いに来るのでしょうね、たぶん

偉くなればなるほど資料と称して武器を買い溜められると、なんかRPGみたいだな!

IMG_1128

山海堂さんには他にもニトロプラスの過去作、刃鳴散らすのポスターも飾られてますよ

奈良原一鉄先生繋がりですね、きっと武器刀剣の描写にこだわりがあるからなのでしょう

フィギュア@ワンダーフェスティバル2010

写真を漁っていたら出てきたのでついでに貼っておこうと思う

勢洲右衛門尉村正三世

IMG_0760IMG_0762IMG_0765

勢洲右衛門尉村正三世

非常にかっこいい、けど販売されてないよねこれ

九〇式竜騎兵甲

IMG_0767

九〇式竜騎兵甲

真打に比べて数打は地味なデザインだけど、そこが軍事っぽさが出てて良い、その設定に燃えるよなぁ

image

これはなんだっけ?水中使用?

琴乃の劔冑・瀧澤琴乃・ワスプ

IMG_0815

小説、琴乃の劔冑より

僕は読んでないからよくわからないです

聖地巡礼記:装甲悪鬼村正@網走 あれま!こんなところに景明さんが!

僕の書いた凍京NECROの舞台探訪記事が幾名かのNitroplusスタッフの目に止まり、反応いただけてとてもうれしい私ですが、凍京NECROの舞台探訪がまだ中途半端なものの15周年記念作品から時を巻き戻しまして10周年記念作品の装甲悪鬼村正について今回書かせていただきます

聖地巡礼記:凍京NECRO@池袋 荒れ果てているのは消滅可能性都市だからかもしれない
そんなわけで、ニトロプラスの凍京NECROの舞台探訪記事をしばらく、小分けにして書きますねまぁ、結構、突貫記事ですけどねにしても、我ながらニ...
聖地巡礼記:凍京NECRO@新宿・上野・浅草・荒川・日本橋 なんとラブホテル、実在するのであった
記事を書くのを先延ばしにしてきていて、このままだと書かないで終わってしまいそうなので吶喊でまとめてみようかと思います ところで、当ブログ、...

しかし、装甲悪鬼村正は鎌倉だけでなく京都御所にも行ってるし好きだよな~私も

聖地巡礼記事:装甲悪鬼村正 京都(京都御所・紫宸殿)・鎌倉 おまけ:織田信奈の野望
京都御所の紫宸殿です 紫宸殿は、村正に限らずいろいろな作品でも出てきている気がします 今年だと織田信奈の野望でてましたね 織田信奈の...
聖地巡礼:装甲悪鬼村正 鎌倉編
Nitro+の作品で誰か先に巡礼してそうものなんですが、どうしてか他にいませんよね 善悪相殺、鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬る 2...

博物館 網走監獄

image

景明さん!景明さん・・・じゃ・・・ない?

装甲悪鬼村正のオリジナルサウンドトラック、邪悪宣言のパッケージデザインは網走監獄博物館にある人形をそのまんま引っ張ってきているのですよ

え~、なんかもうそのまんまですね・・・

右側のドアのデザインも、左側下にある扉のロックとか、房名のところとかそのまんま

左上にところはなんと書いてるのか?と気になりますがアップしてみると・・・

image

懲罰執行中と書いてあります

いい、なんとも、装甲悪鬼村正らしくていい

懲罰入り口側の壁が少しいびつですが斜めから見えるように穴があいています、本当の監獄は外から房内の様子が見えるようになっているそうです(脱獄などを懸念して)、プライバシーゼロですね

ところのでこの姿勢・・・正座、そのものにも反省を促す意味は存在しますが、それだけでなくもうちょっと深い意味あるそうで・・・

網走監獄の説明員さんによるとこの人形は反省を意味をしているだけではなく、れっきとした懲罰中の姿なのだそうです

なんでも、懲罰の一つに他の服役囚が作業中にず~っと一日、正座を強制されるというものがあるのだそうで、これはそのモデルにした人形なんだとか

強制されるといっても、刑務官がず~っと見張ってるわけじゃないんですが、たまに見回りに来て正座をサボっていると懲罰期間が伸びるんだとかなんとか、まさに景明さんにぴったしだなぁとか思ったり

また、景明さんの右後ろにある衝立ですが、これはモデルになった場所にもありますが、まぁ薄々何か想像着くかと思いますが、ここに桶があってそこで用を足していたそうです

水洗ではありません、はい、想像通りに臭いです、一日に1回とかそれくらいの頻度でしか捨てなかったらしいです、はい

俗にいうとムショの臭い飯というやつは、こんな環境の臭気のなかでご飯を食べなければいけないので臭い飯といっていたらしいです、はい

村正もそんな部屋で一緒にいて景明さんといて大変だったな・・・

image

内装はこのような風景、木の板がむき出しになっていて作中とはちょっと違いますね

独居房はこんな感じなのですが、雑居房の方を見てみると・・・

image

このように木の板が舗装されて隠されていて白壁になっていて、少しは似ているかなと思います

以上、網走監獄博物館からお送りしました

聖地巡礼記事:装甲悪鬼村正@京都(京都御所・紫宸殿)・鎌倉

ニトロプラスから販売された装甲悪鬼村正の背景には京都御所が使われているものがあります

京都御所には一般人は普段入ることは出来ないのですが、公開日に合わせて京都まで行ってきました

京都・京都御所(紫宸殿)


背景画として使われたのは京都御所の紫宸殿という建物

紫宸殿は、装甲悪鬼村正に限らず、時代劇とか何か別な作品で見たことある覚えがある建物ですね

今年だと放映したアニメだと、織田信奈の野望でも出てました

一般開放は年に一度のみです

それ以外でも入れないことはないのですが、予約制でガイド付きで回ることになるようです、そのため自由に動けないので撮りたいアングルが撮れないかもしれません

他に装甲悪鬼村正の聖地巡礼をされている方で、京都御所を探訪されてる方は見つからなかったのですけど、その理由は日程を合わせにゃならんので煩雑さがあるからかもしれませんね

昔の江ノ島の風景写真

鎌倉をブラブラしていたら見つけた、昔の江ノ島の写真ですが背景画に似ていますね

作中での時代設定とあわせて、、昔の江ノ島の写真をモデルにしているようです

装甲悪鬼村正 京都御所 紫宸殿 鎌倉 おまけ 織田信奈の野望



京都御所の紫宸殿です
紫宸殿は、村正に限らずいろいろな作品でも出てきている気がします
今年だと織田信奈の野望でてましたね
織田信奈の野望のおまけ




ただ、一般開放が年に一度だけ
それ以外だと、入れてもガイド付き予約制のガイド付きらしいので、欲しいアングルが撮れない可能性が…
巡礼者としては、日程を合わせにゃならんので、他に巡礼している人が居ないのは、そのあたりもあって難しいかもしれませんね
以下は、装甲悪鬼村正のおまけ
昔の江ノ島


時代設定とあわせてどうやら、昔の写真をモデルにしているらしいです
作中で出てくる鎌倉駅も同じでようです

聖地巡礼 装甲悪鬼村正 鎌倉編

Nitro+の作品で誰か先に巡礼してそうものなんですが、どうしてか他にいませんよね
善悪相殺、鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬る
20周年に相応しい、とてもよい作品ですよ
鶴岡八幡宮

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

建長寺

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

ナンテコッタイ!工事中です

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

同じアングルからとりたかったのですが、写真のアングルのところは立ち入り禁止でした・・・

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

鎌倉大仏

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

聖地巡礼:装甲悪鬼村正 鎌倉編

Nitro+の作品で誰か先に巡礼してそうものなんですが、どうしてか他にいませんよね
善悪相殺、鬼に逢うては鬼を斬り、仏に逢うては仏を斬る
20周年に相応しい、とてもよい作品ですよ

鶴岡八幡宮

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡
 
 

建長寺

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

ナンテコッタイ!工事中です

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

同じアングルからとりたかったのですが、写真のアングルのところは立ち入り禁止でした・・・

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

鎌倉大仏

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡
 
装甲悪鬼村正 妖甲秘聞 鋼 (星海社文庫)
鋼屋 ジン,なまにくATK 講談社 2015-05-08
売り上げランキング : 7438

by ヨメレバ
2015/06/01
段落手直し