カテゴリー別アーカイブ: カメラ

[レビュー]フジノンレンズ XF35mmF2 R WR 防滴レンズが欲しかったのでF1.4から買い換えてみた

image

どうしても防滴対応なレンズが欲しかったのでXF35mm F1.4からかいえ変えてしまいました

開封の儀

マップカメラさんで購入させていただきました

本当は中古レンズが欲しかったのですが見当たらず(Xマウント自体がマイナーなうえに競合があって数がはけてないレンズだから仕方ない)、今回は新品で購入しました

DSCF7431DSCF7432DSCF7433

非常に丁寧な梱包がされています

さすがカメラ屋さんですね

DSCF7434

XF35mm F1.4と見分けづらい箱ですね

DSCF7435

レンズ拭き布と説明書

DSCF7436DSCF7437

本体とレンズフード

DSCF7438

僕の好きなマルミのスーパーレンズプロテクターを装着

こいつもレンズ径が珍しいサイズで中古がなかったので新品で購入した

撥水・防汚付きでコスパ良好!MARUMI DHG スーパーレンズプロテクトを購入したぞ
新しいレンズを購入したので、一緒に保護用のレンズフィルターも購入しちゃいました 僕は普段、レンズフィルターを買うときは、カメラのキ...

image

今まで使っていたレンズのフードはレンズの先に専用のはめ込み口が用意されていましたが、このレンズのフードはレンズプロテクターと同じところ、同じようにねじって嵌めこむので驚きました

スーパーレンズプロテクターは熱いレンズプロテクターなので、自然とフードの長さが稼げて、雨天時に使うとしても少し濡れにくそうですね

使用感について

AFが静か

評判通り、F1.4はじーこーじーこー煩かったですからね

けど、あまり気にならない改善点

AFが速い

これも評判通り

けど、基本的に静物撮影だしあまり私的に必要ではないかも

防滴性について

これは別途記事にてまとめてます

とりあえず、スペック通り濡れても大丈夫だた

F2はF1.4との明るさの違い

F2はF1.4とくらべて気持ち暗い程度かな、くらいであんまり気にはならないです

デザインについて

個人的にはF1.4の方がデザイン好きな、あのヘンテコなレンズフードが好きでした

絞りについて

F1.4よりちょっと重い、けど重すぎるわけではない、ちょうどいい具合かな

まとめ:防滴性を重視するならF2、どうでもいいならF1.4

いろいろと改善はされているものの、結論としてはF1.4とそんな大きく違わないかと思う

そもそもF1.4は良いレンズなわけだし感想としては、

「防滴性を重視するならF2、どうでもいいならF1.4」かなと

その防滴性についても、万一、濡れて壊れたとしてもメーカーは保証してくれない、神経をつかうものだし、そもどれくらいの人に防滴性の需要があるものか・・・

やはり多くの人にはF1.4を勧めたくなる所で、F2に立場は微妙に思われる

欲しがるのはおいらのような、アウトドアユースも考えた物好きだけだろう

フォトギャラリー

自分のような下手っぴな腕の人間でも、適当にとって綺麗に映るのが富士フィルムのすごいところだと思っている

image

image

image

image

image

image

image

image

image

[フォト]X-T1+XF35mmF2での雨中撮影(防滴)テスト

以前から欲しい欲しいと思っていた雨の日用の一眼レフカメラ

今回、X-T1とXF35mmF2という防滴仕様のカメラ本体とレンズを揃えましたので、念願の雨中撮影をしてきました

雨の日用の一眼レフカメラといえばペンタックスとオリンパスのイメージが強く、ネット上の情報を漁っても富士フィルムに関しては情報がかなり乏しいわけですが(まぁマイナー機種だしね)、どなたか検討されている方の参考になればなと思います

フォトギャラリー

さすがAPS-Cサイズの一眼レフカメラ、さすが富士フィルム

改めて書くまでもなく、画質は上々です

防水仕様のコンデジの方がが安心ですし、本体・レンズを揃える面倒くささなくも、故障時の金銭的損害のリスクも低いわけですが、たしかに画質は違うと思います

雨の日の町並みとなんともいえない情緒を切り取ってくれていると思います

ただ、これから新しく一眼レフカメラを購入するならともかく、これだけのために投資するのは金額に見合うかは人によるとは思うけれども

DSCF7444DSCF7445DSCF7446DSCF7447DSCF7448DSCF7449

雨中撮影後の本体のご様子

DSC03771

このように水滴がつきまとってますが、故障もなし

ただ、やはり大御所のペンタックスやオリンパスと比べると防滴性に関しては劣るのかもしれません

具体的にいうとSDカードの収納部のカバーはスライド式なのですが、ロックする機構もなく、ちょっとした力で簡単に空いてしまいます

防水カメラなら(比較するべきではないか?)、水への対策として必ず二重ロックになっています

また、USBコネクタ部のカバーもなんかペラペラしたラバーでちょっと心もとない感じはします

それでも、スペック通り、ご覧のとおり、一応の防滴性はありますけれども、あまり過信はしない方が良いのかもしれません

なお、この間、大手家電量販店、店頭にて富士フィルムからの派遣職員がいたので、富士フィルムが言う防滴性とはどのくらいなの?と訪ねたのですが、たしか霧雨の中で使えるくらいとかいう返答だったかな

恐らく、本社ではもっと過酷な環境での防滴性テストはしているでしょうが、本社からの指示ではこの程度のものとのことです

防滴だろうが防水だろうが、万一、濡れて故障したとしてもメーカーは保証しませんし、使う側にも注意・点検が必要になるので、メーカーの立場としては、なかなか思い切ったことは言えないのもあるのでしょう

そんなわけで、雨の中での使用はどうもメーカーは推奨してないご様子ですが、とりあえず当方は試してみたところ無事に雨の中で使えましたと、そんなお話でした

軽量・コンパクトな三脚を求めた末にゴリラポッドSLR-ZOOM+QHD-33の組み合わせに辿り着いたよ

今まではSLIKのスプリント PRO II 3WAYという三脚を所持していた

三脚は安物を買えばお金をドブに捨てるようなもの・・・なのだそうで、ちゃんとしたメーカーの評判のいい軽量な物を買ったらこれだったのだ

しかし、この三脚、軽量な方といっても1100Gもある、その上結構でかい、つまるところ持ち運びがそれでも結構大変なのだよ

そも、僕のカメラ使用においてあまり三脚が欲しいなと思うことがなかった、それでも夜景を撮りたい時とかあって、まったくないわけでもない

もっと、軽くて小さいミニ三脚でも買おうか?と悩んだすえに買ったのが、このゴリラポッドSLR-ZOOM+QHD-33の組み合わせだ

ゴリラポッドにした理由

DSCF7304

まぁ単純に応用が効きそうだったからだよ

普通、三脚ってのは足の幅を広げてしっかりと地面に設置しなければならず制限がある

加えて、ミニ三脚ともなれば、高さに対しての制限も出てくる

しかし、ゴリラポッドならどうだろうか

滑りづらい工夫された足があるので、足幅を狭めてもある程度、折り曲げ方次第で使い物になる

加えて、普通の三脚では絶対できない、巻きつけるといったアクションで、より固定がしやすくなる

周囲に手すりなどの高さがある構造物があれば、ミニ三脚より高さが確保しやすい

ミニ三脚ではあるが、ミニ三脚の欠点を補う応用が効きそうなのでゴリラポッドにした

QHD-33にした理由

と言った具合にゴリラポッドが魅力的に見えたのだが、素のゴリラポッドSLR-ZOOMは本当にネジ穴が付いているだけなのだ

DSCF7427

これだといくら曲がるとはいえ、カメラの重心の調整がしにくい、そのため自由雲台が一つ欲しかった

そこで、価格コムで安くて、人気がある自由雲台を探したところみつけたのがQHD-33だ

DSCF7417

DSCF7423

以前は、ゴリラポッドSLR-ZOOMにも雲台付きのものが売っていて、当初はそれを買おうかと思っていたのだが、私が購入した時、何故か探しても在庫が見つからなかったというわけもあったりする

この組み合わせてちゃんと使えるのか不安ではあったけど、検索してみたらちょうど先人で既に使われている方もいた、参考になりました

元々、JOBYのボールヘッドは比べてお値段が高い割には、口コミが辛口気味だったのでこれでよかったのだろう

たしかに、JOBYのゴリラポッドの評判はいいが、雲台単体で見るとやはりベルボンの方がイメージが良いわけだし・・・

このQHD-33の良い所はクイックシューが付いていないところだね!

最初、三脚を買うときはクイックシューがなきゃ不便、なかったら面倒くさくて使わない!とか思っていたものだが、実際にクイックシューがあるとカメラにつけた状態というのは結構、邪魔くさいのだ、しかも私みたいな使用頻度の少なかった人間には

また、付けっぱなしにしていたら、クイックシューがあちこち擦れたのが原因か、少しハマりが悪くなってきた、だからクイックシューがあるのは思ったほど便利ではなく不便だったのだ

QHD-33はクイックシューこそないものの、ネジが回しやすいようダイヤルが付いていてこれが実に良い、むしろこれが良い

クイックシューによって劣化してハマりにくくなったり、カメラの取り回しが悪くなるくらいなら、取り付けに少し手間がかかるものの、それでも工夫されたこの雲台の方が僕にはあっているように思える

また、このパーツは今後、三脚部分を手放しても使いませるしね

短いなりの応用法

DSCF7305

下を持って一脚のように使って見た図

DSCF7306

三脚を付けたまま首に下げて見た図

 

 

信頼の一品!予備バッテリーはやっぱりロワジャパン製だよなということでNP-W126を追加購入しました

ロワジャパン製の予備バッテリーを追加購入しました

ロワ製のバッテリーと言えば、純正品バッテリーは高い(割高)ですが、比較してかなりの安価でありながら、信頼性の評判も高く、昔からサードパーティ製(非純正)のバッテリーメーカーとして人気のあるメーカーですね

購入したのは富士フィルム製一眼レフ用のNP-W126という型番ですが、以前にもCanonのPowerShotS90(6年ほど前の機種)を使っていた頃にも予備バッテリーとして購入したことがありますが、問題なく使えています

10ヶ月ほど前にも、同社のNP-W126を購入しており、今回は買い増しになります

今回、購入したのはカメラ用のものですが、パソコン用を始めとして、分解不可能なはずのiPhone用まで、さらには懐かしのPDA用まで、とにかくバッテリーと名の付く商品はなんでもあるんじゃないかと思えるほど、販売している商品の幅が広いのも人気の一因かと思います

2016-05-27_12h59_17

*ロワジャパン バッテリーバンク デジカメ携帯パソコンバッテリー・充電器

モバイル機器だけでなく、掃除機まであるしもう、なんでもござれですね

これだけ、多くのバッテリーを製造・販売している・してきたということは、それだけノウハウがあるということなのでしょう

梱包状態

image

購入すると、このような、素っ気ない封筒に梱包されて送られてきます

低価格で販売されていますが、これもそのための必要最低限の梱包コストということでしょうか

DSCF7638

袋と開けると、プチプチに包まれて、これまた味気のない白い箱に梱包されています

メイド・イン・チャイナと書かれていますね

DSCF7639

箱を開ければ、ようやくバッテリーとご対面できます

と言った具合に、簡素ながら二重に梱包されています

純正バッテリーとの比較、容量が微増

image

純正バッテリーと並べてみた画像

純正品は1280mahなのですが、一方ロワジャパン製品は1500mahと2割弱ほど容量が増えています

ただ、使っていて、あまり容量が増えた分の実感はないかなぁ・・・

ちゃんと測定はしていませんけどね

当たり前ですけど、ちゃんと使えています

富士フィルム製のミラーレス一眼レフはこれからも、使い込んでいくのでバッテリーの方も検証しつつ大事に使っていきたいですね

撥水・防汚付きでコスパ良好!MARUMI DHG スーパーレンズプロテクトを購入したぞ

image

image

新しいレンズを購入したので、一緒に保護用のレンズフィルターも購入しちゃいました

僕は普段、レンズフィルターを買うときは、カメラのキタムラや、中野のフジヤカメラで中古レンズフィルターを探してくることが多いです

何処のメーカーが作ったのかよくわからない、胡散臭い中古フィルターが多いですが、中にはPRO1Dのようなしっかりとしたメーカーの掘り出し物も混ざっています

新品で買うと2000~3000円くらいするような物が、1000円ほどで買えるので、なかなかお買い得感が強いです

ただ、僕が今回購入したレンズってフィルター径がマイナーな43mmなので見つからなかったんですよね

それに、このレンズは防滴機能付きで、カメラ本体も念願の防滴対応ボディに買い換えたので、ここは思いきって新品を買うことにしました

そして、僕はレンズフィルターを購入するときは、MARUMIのDHG スーパーレンズプロテクトを選ぶことが多いです

MARUMI DHG スーパーレンズプロテクトの魅力!

日本の製品なため信頼出来る

日本のモノづくり大国の地位も近年、怪しくなってはきました

Amazonでフィルターを探すと、よく分からない海外製品が引っかかったりしますが、なんだかんだで、まだまだ光学機器は日本が強いです

そんな、日本のメーカー、MARUMIの製品だということは信頼性があります

撥水が付いている

2016-05-01_12h51_15

引用:マルミ光機株式会社:製品情報:レンズ保護フィルター(L.P)レンズプロテクト:DHG スーパーレンズプロテクト

メーカーサイトの製品紹介からの引用ですが、このように撥水機能が付いています

僕は今回、雨中でも使う予定のレンズでしたので、撥水機能があるのは便利でとても魅力的です

防汚機能がある

2016-05-01_12h51_24

引用:マルミ光機株式会社:製品情報:レンズ保護フィルター(L.P)レンズプロテクト:DHG スーパーレンズプロテクト

こちらも、メーカーサイトからの引用

さすがに、こんな意地の悪い汚し方はしませんが、気づいたら指紋が付いている!とかいうトラブルって僕は結構あります

まぁ汚れたら拭けばいいじゃん!って話ですが、すぐに汚れて、コマ目に拭かなければいけないのも面倒です、そう僕はめんどくさがり屋さんです

ですので、防御機能が有ったほうが助かります

機能の割には値段が安い

下記の画像はレンズフィルターの大手メーカーKenkoの商品とを、価格コムを利用して比較してみた画像です

2016-05-01_13h28_23

引用:価格.com -レンズフィルターの比較表(58S PRO1D プロテクター、DHG スーパーレンズプロテクト 58mm、58S PRO1D Lotus プロテクター)

比較したフィルター口径は、エントリー機のキットレンズでも使われているため、人気のある58mmにしてみました

同価格帯の製品としては、店頭でよく勧められることが多い、定番のPRO1Dシリーズがあります

ただ、こちらの製品は残念ながら撥水・防汚機能がないものになります

撥水・防汚が付くものには、PRO1D Lotusという製品シリーズになるのですが、残念ながらこちらは、PRO1Dの上位シリーズの位置づけで、値段も一回り上がってしまいます

ただ、PRO1Dの売りとして、フィルターの枠の厚さが薄いというのがあります

一方、DHG スーパーレンズプロテクトは一般的な厚さのあるレンズフィルターになっています

薄枠のメリットとして、ケラれにくくなるということがあります

ただ、厚枠を使ってケラれるようなレンズというのは超広角レンズくらいなはずです

超広角レンズは、マイクロフォーサーズなら、フィルター口径が50mmくらいの超広角レンズがあるようです

しかし、センサーサイズがAPS-C以上だと、フィルター口径77mm以上と、かなり大口径なレンズになってしまうようです

というわけで、

  • 超広角レンズを購入する予定がない
  • マイクロフォーサーズ使っていない&移行する予定がない

この辺りを妥協できるのなら、機能の割には値段が抑えられているコストパフォーマンスの良い商品です

もし、撥水・防汚も薄枠も要らないのなら、ケンコーはベーシックなモデルとして、MCプロテクター NEOというのを販売しています

値段も一番安いので、それが良いかと思います

ケンコー PRO1 Digital 広角レンズでもケラレないフィルターシリーズ

↑厚枠でケラれて、PRO1Dで解決した方のレビュー

まとめ:多くのレンズはこのフィルターの方が向いているのでは

以上のように、高機能ながら安価な良いレンズフィルターです

MARUMIは、ケンコーに比べて、いまいちマイナーなような気がします

このレンズフィルターの存在感も薄いように思えますが、良い製品ですよ

個人的には、デメリットに該当するような人や状況って少ないと思います

ですので、製品の特徴を理解して上手く使えば、値段と機能のバランスが優れた良いレンズフィルターだと思いっています、おすすめです

FUJIFILM Xマウントシリーズの防塵防滴レンズをまとめてみました@2015年冬版

ちょっとした気まぐれから、防塵防滴を施してあるレンズを調べてたのですが、私が愛用しているXマウントの防塵防滴レンズをまとめたサイトが・・・ない!?!?!

検索トップに出てくる富士フィルムのカタログやサイトはイマイチ見づらいんですよねぇ・・・

こんなの絶対おかしいよ!ということでXマウント版の防塵防滴レンズリストを作ってみましたとさ

Xマウントシリーズ 防塵防滴レンズ一覧(2015年冬)

焦点距離のワイド端が小さい順、同じ場合はテレ端が小さいものを先にしてまとめてみました

価格はAmazonのものがリアルタイムで表示されています、メーカー製品情報ページも併記しておきますので、参考にして下さい

フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR

FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR FUJIFILM フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR

フジノンレンズ XF16mmF1.4 R WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF1655F2.8R LM WR FUJIFILM フジノンズームレンズ XF1655F2.8R LM WR

フジノンレンズ XF16-55mmF2.8 R LM WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR FUJIFILM フジノンズームレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR

フジノンレンズ XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF35mmF2 R WR

FUJIFILM フジノンレンズ XF35mmF2R WR B (ブラック) FUJIFILM フジノンレンズ XF35mmF2R WR B (ブラック)

フジノンレンズ XF35mmF2 R WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR

FUJIFILM フジノンズームレンズ XF50140mm2.8RLMOISWR FUJIFILM フジノンズームレンズ XF50140mm2.8RLMOISWR

フジノンレンズ XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR | 富士フイルム

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

FUJIFILM 大口径短焦点フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR FUJIFILM 大口径短焦点フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR

フジノンレンズ XF90mmF2 R LM WR | 富士フイルム

まとめ:いつの間にか明るく軽い散歩向きな防塵防滴レンズが販売されてる!

35mm判換算約50mmという焦点距離で、F2というボケの表現も出来る明るさ、重量も170Gという軽さの面白い単焦点レンズがいつの間にか出てたんですね!

既に換算約50mmのフジノンレンズは販売されていて持っています

この焦点距離って、一昔前のオールドカメラの標準焦点距離らしいのですが、使い始めたころはズームレンズに慣れていたので、なんだこれ使いづらいなぁ!とか思っていたものですが、慣れてくるとこれがなかなか良いのです

普段とは違った目線で物が見た写真が出来てすごく楽しいんですよね!

しかも、このレンズは軽くて小さいので持ち運びも楽なんですよ

既にあるものとは、小ささと重量は受け継いでいるようですし、明るさは少し劣りますけど、ボケた写真は十分可能な明るさです

明るさの代わりに防塵防滴だから、雨の日でもで生兼ねなく出かけることが可能なのがメリットですね、面白い写真が取れそうです

これからフジ機を買う人はどちらにするか迷うかもしれませんね

この軽さなら、2つとも持って行っても負担にならないでしょうから、そういう選択肢も!あぁ、物欲が・・・!

防塵防滴を売りにしていて、センサーサイズも同じAPS-Cと競合するペンタックスは何故か、この焦点距離で明るい防塵防滴レンズってないんですよねぇ・・・

そして、どうやらオリンパス(マイクロフォーサーズ)にもないみたい

割と人気のある焦点距離だと思うのだけど・・・

ニーズが少ないだろうから、どうしても無難めなズームレンズになってしまうのだろうか

参考:Pentax Kマウント 防塵防滴レンズ一覧 (2015春) | トモデジ tomodigi.com

数値の近い、55mmF1.4のものはありますが、Canonの撒き餌レンズを持っていましてAPS-C機につけて使用していましたが、ちと焦点距離が長すぎて私には使いづらかった経験がありますし、少しの違いですが別な用途のレンズかと思います

って撒き餌レンズにも、新しいのが出てた・・・

ただ、代わりにPENTAXは、数は多いし、焦点距離の長い望遠レンズが充実していますねぇ・・・テレコンまであるし

Xマウントは防塵防滴に限らず、望遠が苦手です

ただ、私は野鳥を取るわけでもなし、短い焦点距離のレンズが充実してくれた方が嬉しいです

というわけで、XF35mmF2R WRはなかなか興味深いレンズなのでした

FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B FUJIFILM レンズ交換式プレミアムカメラ X-T1 ブラック F FX-X-T1B

とまぁ、ここまで書いといてなんですが、富士機唯一の防塵防滴ボディX-T1を私は持ってないんですけどね!ハッハッハッハッ

だって高いんだもん・・・いや、キャノンやニコンのハイエンドやミドルエンドと比べればね・・・安いのは分かってんだけどね・・・

他に、もうちょっと安価な防塵防滴の機種か、ニューモデルが出たりして安くなったりしてくれないいものかなぁ・・・なんて

富士フィルム側としても、防塵防滴レンズを増やしていくのなら、対応したボディを増やすのも課題かと思うのだけど(と自分に都合の良いことを言ってみるのでした

Canonエントリー一眼レフ機Kiss x6iの高感度撮影について@お台場海浜公園から東京湾・ベイブリッジの夜景を拝む

ここから観る、東京の夜景というのはたいそう美しいですが、ここで題材にしてみたいのはCANONの一眼レフカメラエントリー機KISS X6Iについてです

手持ちだったり、レンズが便利ズームだったりという理由もあるのでしょうが、高感度撮影が非常によろしくない・・・

ハイエンドコンパクトデジカメのRX100を手にれて最近、使っているのですが、これがなかなかのもので

それなのに、でかくて思い一眼レフもっとがんばれよと思った

センサーサイズが大きいのだからもっと綺麗に取れてもいいはずなのに、写真を見るととてもノイズが多いです

Canonのエントリー機はセンサーが昔から、ちっとも進歩してない!という人もいます

まぁ、信者間抗争が激しいので話半分に思ってましたが、RX100を見るに、なんとなくそんな気がしてきました

実際、x4から乗り変えて、上がったようには感じなかったし、最新機種の8000Dもネットの情報を漁るにそんなによくなさそうでした

私として思うに、デジタルカメラの成長ぶりは、凄まじい物があるように感じます

今はコンパクト化と高画質を両立させるということに各社、力を注いでおり、特にその分野は顕著で、ワンインチセンサーのRX100が非常に良い高感度性能があるのがよい例で、本当はAPS-Cでももっといい絵が出せるように思えるのですよね

それなのに、そうせずに一眼レフ機の分野では高画質化に対してはたいした性能発展しているようには見受けられません

新商品の付加価値というのが、バリアングルが着いたり、多少軽くなったりですからね

その理由は、商品戦略上において、フルサイズとの差別化をしなければならないからなのかなと勘ぐっています

というわけで、私は最近、APS-C機最強画質と言われ、フルサイズを出さずこのセンサーサイズで頑張っている、富士フィルムのXマウントに乗り換えました

画素数こそ少ないものの、一段上の高感度撮影性能、キレのある絵、何より発色が素晴らしくてとても満足しています

IMG_8819

IMG_8817

IMG_8816

IMG_8815

IMG_8813

IMG_8811

IMG_8810

21_01_10EOS Kiss X6i7166

IMG_8793