カテゴリー別アーカイブ: Dies irae

聖地巡礼記:Dies irae@港区 アニメ化おめでとう!…そう許されたのだ…

アニメ化おめでとうございます!

アニメ化のため、クラウドファンディングサイトにて3000万円募集のところを3倍超の約9656万円

寄付金額の最高設定である100万円も2名分全て埋まった模様・・・いやはや見事です

UNEEDZONE.jp ユニゾン・ジェーピー

そして、今回、日本のクラウドファンディングサイトでしたが、クラウドファンディングというものが、ちゃんと日本でも受け入れられ成功するんだなぁ・・・と思いました

そう、最近、クラウドファンディング界隈が熱いですね!

CLANNADの英語版販売も、エロゲじゃなくアニメだけど、リトルウィッチアカデミアもクラウドファンディング有ってのものでしたしね!

特にマブラヴ

英語化するのに募集かけて、25万ドル(3000万円)目標だったのに、約125万ドル(1億5060万円)集めてるんですけど

Muv-Luv: A Pretty Sweet Visual Novel Series by The Muv-Luv Team — Kickstarter

5倍だよ!5倍!

余ったお金どうするんだよ!

12000万円も余ってるんだからアニメ化しちゃえよ!

販売すらされてないのに、英語圏の奴らマブラブ好きすぎである

おいらも大好きです(^q^)

クラナドですら、最終的に約54万(6480万円)ですからね~

文化圏の違いに伴う、思想・嗜好の違いがあるでしょうに、それら引っ括めてもマブラブめっちゃ評価されてるんやん~

ところで、Dies iraeといえば、思い出すのはやっぱり販売時のゴタゴタよね

知らない人にざっくりとまとめると、未完成品を売られて、会社側の対応も不誠実だったといところかな

まぁ、エロゲー業界だとあるよね、そんなことも(ぇ

lightの半お抱えのフリーライター(物書きは副業で、本業はサラリーマンなんだっけ、すごいよね)の早狩武志が擁護したはずが、逆に燃料投下して炎上させたりしてたよね

100点か0点・・・って飯野賢治の悪霊でも乗り移ったか?(いや当時は生きてたけど)

まぁ、詳しくは、まだまとめwikiがあるようなので、興味がある方は読んでみてください

Dies irae/light 詐欺商法まとめWiki – トップページ

まぁ、そんないざこざもあったけど、紆余曲折ありながらも、アニメ化まで辿り着いたんだから許された・・・ということでよろしいのかしら

レインボープロムナード

東京レインボーブリッジに付属する、歩行者・自転車が通れる歩道です

そう、お台場に行く際によく使われる、公共交通機関ゆりかもめも通る、あのレインボーブリッジです、あそこ渡れるんですよね

お台場は東京海上にある埋立地で、本土と接しているのは東側のみなので、西側から人力で抜けるには、ここが唯一の道になるという、貴重なルートなのだ

私もコミケのときとかに何度か通ってますが、利便性もさることながら、景色がとてもよいところなのですよ

落ち着いて景色を楽しむには多少、うるさいけどね

正式名称を調べた所「レインボープロムナード」というらしいですが、あまり、この名称は浸透しておらず、レインボーブリッジの歩道・遊歩道・渡れる所とか、好き勝手に呼ばれているようですね

たしかに、プロムナードなんて聞き慣れない単語より、そっちの方が分かりやすいかと思います

撮影はサウスルートにて行いました

image

diesirae-001

細かい所は不一致ですが(手すり・柵の形状・道幅など)

大まかな構図は一緒ですので、恐らくここでしょう

“一致度はあまり高くない”の範囲には収まってるかと

橋上の背景画も、レインボーブリッジが元にされている可能性はありますが、何分、あそこは本当に車のみ通行可能な場所なので、今回、確認していません

誰か、車持ってる人は確認してみてちょ

なお、芝浦側の入り口はこんな感じ

エレベーターに乗って橋上に行きます

image

image

橋上からの景色も見事です

東海汽船に乗って、伊豆諸島へ行くときは、逆にこの端を見上げることが出来ます

image

なお、わざわざ東京レインボーブリッジと東京をつけたのは、我が故郷、青森にある橋を(青森)レインボーブリッジと呼んだりすることがあるから

正式名称は青森ベイブリッジらしいのですが、レインボーブリッジの威光(印象)が強すぎるのか、そんな名称が市民の間では勝手に定着しています

たぶん、そんなケースが日本のあちこちにあるんじゃないでしょうか