カテゴリー別アーカイブ: 東京ゴッドファーザーズ

聖地巡礼記:東京ゴッドファーザーズ@新宿・港区・中央区

さてさて、また古い作品の探訪記録です

今亡き、今敏監督の遺作

タイトルからも分かる通りに、東京が舞台、新宿中央公園に住む、3人のホームレスと一人の赤ん坊に焦点を当てた作品です

舞台探訪をしていると、故人である今敏監督は、この風景を一体、どんな風に思い感じ、考えて見たのだろうかなぁ・・・少し考えてしまいます

今回、作品を見て、すぐに分かった所だけ、探訪してきましたが、恐らく、まだまだ実在する舞台があるような気がします

しかし、この作品の公開が2003年と、記事執筆時で既に13年前であり、失われてしまっている風景も多いことが予測できます

ネットを漁っても、今作品の舞台について、詳細に書かれている記事は見つかりませんし、このような状況の中で、実在するか、まだしているかどうか分からない背景を探すのはなかなか厳しいですね

新宿

新宿中央公園

主人公である、3人のホームレスが住む公園

東京都民の方なら、お分かりでしょうが作中同様に、ホームレスが多い公園として有名ですね

物語序盤で出てきます

この辺りを、もっと探せば、赤子が捨てられてたゴミ捨て場とかあるのかしら?

この辺りのビル街の風景ってあんまり変わってないみたいですよね~

あと、公園もそうそう大きく風景が変わるもんじゃないと思います

image

tokyogodfathers-035

tokyogodfathers-036

都庁を下から見上げる図

作中だと、スクロールして、二画面ぶち抜いています

image

tokyogodfathers-038

今回、このカットを見つけたかったんですよね~

主人公らホームレスの家(というか、ダンボールハウスか、ホームレスだし)です

たしか、作中のカットだと上の都庁の下にある構図だったかと思うのですが、ちょっと嘘が入ってまして

たしかに、都庁の真下に位置的にはあるのですけど、この向きで風景を切り取るとなると、都庁が左端の方に来てしまうので、作中のように綺麗に都庁のしたにあるといった風景にはならないです

image

tokyogodfathers-034

公園北側から都庁を見上げる図

image

tokyogodfathers-046

公園南側の砂場にあるクジラ

作中だと、クジラだけですが、今だとクジラの前にもう一つ、像が置かれているため、作中のようなカットを撮るのは無理でした

13年の移り変わりですね

image

tokyogodfathers-050

新宿中央公園の正面入口

この撮影時、到着したときは昼間の公園をふらふらしている浮浪者さんたちをよく見かけましたが

そういえば、ダンボールハウスらしきものは、公園内にあんまりなかったかも

どっちかというと、ビル街の方・・・、都庁の下とか、橋の下とか雨風凌げそうところでよく見かけました

もしかしたら、公園の方は掃除されてしまい、住処を今は移してしまっているのかもしれませんね

ちなみに、Forestという新宿を舞台にした作品でも、新宿中央公園の浮浪者が出てきてたかな

新宿中央公園はホワイト・アルバム2でも出てきたけど、ここってあんまりロマンチックな場所じゃないよね

どっちかっていうと、薄汚いイメージが僕はあるなぁ・・・

けど、ちょうど、お花見シーズンだったので、僕が行ったときは出店も出て、結構賑わってたな

港区

東京タワー

まぁ適当に撮ったカット

意外と、東京タワーから近い位置でも、ビルに遮られて見えない場所が多かったりします

image

tokyogodfathers-085

赤羽橋駅

東京タワー周辺で、ゴタゴタ揉めてごとを起こしているときの、ワンカット

image

tokyogodfathers-116

中央区

勝鬨橋

ホントは反対方向なんだけど・・・

昔、撮った写真の使い回しです

というか、写真を手がかりにして辿り着いた家というのは、お台場あたりの埋立地、埠頭にあるのかと思うのですが(あの当たり、高層マンションが多いし、勝鬨橋渡ってるし)、あそこまで行くのに、新宿からなら、電車を使えば一時間しないし、徒歩でも一日で着く距離かと思いますが、なかもうえらい時間掛かってますね

image

tokyogodfathers-128