カテゴリー別アーカイブ: 2014富士登山

08_10_38EOS Kiss X6i7666.JPG

2014年富士登山 お鉢巡りをする! 2日目 お鉢巡り→下山

前回、出来なかったお鉢巡りがやっとできました!
けど、テンションは体力が尽きていたので、それほど上がらなかったなぁ…

08_10_38EOS Kiss X6i7666.JPG 08_10_41EOS Kiss X6i7667.JPG 08_10_45EOS Kiss X6i7668.JPG 08_14_01EOS Kiss X6i7669.JPG 08_14_40EOS Kiss X6i7671.JPG 08_16_34EOS Kiss X6i7674.JPG 08_16_43EOS Kiss X6i7675.JPG 08_19_47EOS Kiss X6i7679.JPG 08_20_21EOS Kiss X6i7681.JPG 08_21_58EOS Kiss X6i7683.JPG 08_22_41EOS Kiss X6i7685.JPG 08_23_32EOS Kiss X6i7686.jpg 08_29_08EOS Kiss X6i7688.JPG 08_31_53EOS Kiss X6i7689.JPG

観えるのは、石ころっと、雲の白と、空の青ばかりで
まるで、この世の終わりのような光景です

08_32_29EOS Kiss X6i7690.JPG 08_33_01EOS Kiss X6i7691.JPG 08_33_42EOS Kiss X6i7693.JPG 08_33_46EOS Kiss X6i7694.JPG 08_34_09EOS Kiss X6i7695.JPG 08_34_27EOS Kiss X6i7696.JPG

あぁ…これが、あの有名な富士山頂の郵便局…
住込みで働いてるんだよなぁ~
採算取れてるのかなぁ~
普通の職員が転勤させられるのかなぁ…
…懲罰人事?

08_36_10EOS Kiss X6i7697.JPG

こっちの山小屋(頂上富士館)は人気なし…

08_36_40EOS Kiss X6i7698.JPG

この石碑、明治31年と読むことできます

 

08_37_10EOS Kiss X6i7699.JPG

浅間大社奥宮は残念ながら工事中でした

08_38_52EOS Kiss X6i7701.JPG 08_39_02EOS Kiss X6i7702.JPG 08_39_26EOS Kiss X6i7703.JPG 08_41_39EOS Kiss X6i7704.JPG 08_42_17EOS Kiss X6i7705.JPG 08_43_01EOS Kiss X6i7706.JPG

あ、さっきから移ってる、白いのは雪です
7月だけどまだまだ山頂には残雪があります

 

08_43_35EOS Kiss X6i7707.JPG 08_46_40EOS Kiss X6i7708.JPG

富士山頂にまで登りましたが、日本一高いところにはまだ行ってません
そのための、最後の難所、馬の背がここです

08_46_45EOS Kiss X6i7709.JPG 08_46_50EOS Kiss X6i7710.JPG 08_48_02EOS Kiss X6i7711.JPG

ここから、落っこちたら…おぉ怖!

08_49_33EOS Kiss X6i7712.JPG 08_59_58EOS Kiss X6i7713.JPG

 

もうちっと!

09_00_37EOS Kiss X6i7714.JPG

上から見下ろすとこんな感じ
逆回りだと、ここから降りるんだよなぁ…
登るのも大変だったけど、いや、こっから降りるほうが大変だな

 

09_01_44EOS Kiss X6i7716.JPG

旧富士山観測所に到着
日本一高い所はこの上です

09_07_19EOS Kiss X6i7718.JPG 09_07_52EOS Kiss X6i7719.JPG 09_08_00EOS Kiss X6i7720.JPG 09_08_54EOS Kiss X6i7721.JPG

観測所は、現在、その役目を終えています

09_09_14EOS Kiss X6i7722.JPG

中身はこんなかんじ

09_10_59EOS Kiss X6i7723.JPG 09_11_27EOS Kiss X6i7724.JPG 09_26_31EOS Kiss X6i7727.JPG

9:30

日本最高地点の石碑に到着!
…だが、ここがホントの最高地点じゃないんだな

09_27_48EOS Kiss X6i7730.JPG

なんだぁ!?このち○こはぁ!?
はぃ、電子基準点とかいうやつらしいです
はい、ホントの最高地点はこの、ちん○の横にあります

09_30_36EOS Kiss X6i7735.JPG

写真の下に、薄っすらと赤いマークあるでしょ?
これが、「本物の日本最高地点」です!
案内もなにもないので、知らないと分かりません
登頂したのなら是非、忘れずに見ておいて下さい

これで、「日本一高い路線」と「日本一高い国道」と「日本一深い駅」に並んで、日本一高い所にも行けた…

09_31_18EOS Kiss X6i7736.JPG

まぁ、ホントのホントに、一番高い所は横にある観測所の展望台なんですけどね~
老朽化ため、現在は入れなくなったそうです…残念!

さて、あともうホントに降りるだけですねぇ…

09_34_19EOS Kiss X6i7738.JPG 09_35_27EOS Kiss X6i7739.JPG 09_35_30EOS Kiss X6i7740.JPG 09_35_32EOS Kiss X6i7741.JPG 09_41_10EOS Kiss X6i7743.JPG 09_46_44EOS Kiss X6i7745.JPG 09_49_54EOS Kiss X6i7746.JPG 09_51_41EOS Kiss X6i7747.JPG 09_54_03EOS Kiss X6i7748.JPG 09_59_29EOS Kiss X6i7749.JPG

山頂に溜まった雨水?をポンプで組み上げて貯蔵してるようでした
さすが、山
日も上がり、ご来校時に服装では熱いくらいになっていました
よい陽気に、ウトウトしていしまし、道の脇のそのまんま寝っ転がって2時間ほどかなぁ
またまた、仮眠を取りましたとさ

12_28_58EOS Kiss X6i7750.JPG

12_29_07EOS Kiss X6i7751.JPG 12_29_36EOS Kiss X6i7752.JPG 12_30_22EOS Kiss X6i7753.JPG

念願のお鉢巡りも完了です
それでは、下山道に入ることにします

 

 

 

 

 

04_35_46EOS Kiss X6i7587.JPG

2014年富士登山 富士山頂からご来光を拝む! 2日目 山頂→お鉢巡り

ご来光があがる4:30少し前から、山頂の登山小屋も開き出します
山頂に到着後、ご来光までの待機時間に、急に高山病が辛くなってきました…

04_35_46EOS Kiss X6i7587.JPG 04_36_19EOS Kiss X6i7588.jpg 04_36_20EOS Kiss X6i7589.JPG 04_36_25EOS Kiss X6i7591.JPG 04_45_31EOS Kiss X6i7599.JPG

この、待機時間、非常に高山病が辛かったですけど…
君が代が鳴り響くなか…
富士山頂から、雲割って出てくるご来光は…なんともいえない感動がありました

04_53_11EOS Kiss X6i7619.JPG

目的の一つである、ご来光を終えたので、次はお鉢巡りに…
その前と、休憩&山小屋を散策をしないと持たない…

04_53_14EOS Kiss X6i7620.JPG 05_02_48EOS Kiss X6i7639.JPG 05_08_15EOS Kiss X6i7642.JPG 05_09_43EOS Kiss X6i7644.JPG 05_28_00EOS Kiss X6i7645.JPG 05_52_43EOS Kiss X6i7646.JPG 05_53_01EOS Kiss X6i7647.JPG 05_53_36EOS Kiss X6i7648.JPG 05_56_22EOS Kiss X6i7650.JPG 05_57_11EOS Kiss X6i7651.JPG 05_57_47EOS Kiss X6i7652.JPG  06_00_26EOS Kiss X6i7654.JPG 06_04_01EOS Kiss X6i7655.JPG 06_04_17EOS Kiss X6i7656.JPG  

標高が高いからか、空の青も綺麗に写ります

06_04_26EOS Kiss X6i7658.JPG

ダブルミーニングで、日本一高い自動販売機

06_05_53EOS Kiss X6i7659.JPG

06_11_33EOS Kiss X6i7660.JPG

山頂で喰らうラーメンは美味い…
たしか、800円だったかなぁ
恐らく、普通の袋麺にワカメを乗っけただけです
だが美味い

体力はもう、ほとんど尽きていたのでメシを喰ったら仮眠を取りました

06_19_24EOS Kiss X6i7661.JPG

 

ご来光前後はすごい混んでいましたが、少しするとガラガラだったので
メシを食べてそのまんまごろ~と寝っ転がりました…他にもしてる人が居たので…
怒られるかなぁ~と思いましたが、何も言われなかったです…
ピークを過ぎたら、店側もまったりしてる感じでした

 

06_19_30EOS Kiss X6i7662.JPG

07_58_53EOS Kiss X6i7663.JPG

 

ちょっとだけ、バズだった、山頂の山小屋にある、ヤマノススメのポスターです

2014-07-22 05.17.17.jpg

面白外国人も…
前回登ったときも、そうですがホンっと外国人多いですね~
登山客の何割くらい外国人なんでしょうか…
それだけ、ジャポンのフジヤマは有名なんでしょうね~
とはいえ、観光に来てよく登るなぁ…
本格的な装備の人もいるにゃいるんですが…、明らかな軽装の人もいるんですよね(まぁ日本人でも軽装なのは何人もいましたけど)

2014-07-22 06.15.43.jpg

何に使ってるかよーわからん、仰々しい機械…

 

2014-07-22 06.15.53.jpg

 

富士登山競走の優勝者は毎年、同じ人らしいです…
新宿のバッセンかよ!

08_05_48EOS Kiss X6i7664.JPG

08_05_51EOS Kiss X6i7665.JPG

8:00

さて、十分な休憩も挟んだので、よーやく、もう一つの目標である、お鉢巡りをしてこようかと思います

 

 

2014-07-21 18.41.28.jpg

2014年富士登山 須走口から山頂を目指す! 須走口登山道→山頂

2014-07-21 18.41.28.jpg

 

道中、ガスっていましたけど、須走口に付くまでに晴れました

19_06_38EOS Kiss X6i7537.JPG

須走口に到着したが19時
…家を出たのが13時頃なので、ここに来るまでだけで6時間もしてますねー
せっかくなので、登る前にまわりを散策してみます

19_09_02EOS Kiss X6i7538.JPG

トイレも、この時点で既に200円徴収されます

19_21_36EOS Kiss X6i7541.JPG

登山口にある店も既に、店仕舞いを始めていましたが
もうそろそろ、終バスの時間なので、帰りの下山客で賑わっていました

19_22_11EOS Kiss X6i7543.JPG

 

自販機も既に山価格です

19_21_31EOS Kiss X6i7540.JPG

19:30
須走口を出発

標高は既に2000m、もしかして、さっきのガスって雲…?

ここから山頂3776mを目指します

20_24_07EOS Kiss X6i7552.JPG

 20:30

周りがまっくらで、綺麗な夜空が取れそうだったので道脇にて、休憩しながら
夜空を撮影してみました

20_25_05EOS Kiss X6i7553.JPG

人通りも、まばらで吉田口と違い、須走口はとても真っ暗です
ただ、空を見上げるととても綺麗な星空があります
しばらく、綺麗な夜空をとるために試行錯誤していました

登り始めのときは下山客とすれ違うこともありましたが
既に日没は過ぎているので、急速に暗くなってきていたのですが
しっかりとライトを用意している登山客もいますが、スマホライトで代用しているような集団もいます
山は街と違い足場も、整えられてなくてとても危険です
怪我をしたら動けなくもなりますし、助けを呼んでもすぐ来てくれるわけでもないですし、天候が変わったならヘタすれば命に関わります

予定は狂うものですし、日帰りの予定でも明かりは持っていったほうがよいでしょうね
登山ガイドにも、そう書いてますし

20_26_25EOS Kiss X6i7554.JPG

山の上の方は、登山小屋で明るいです

2014-07-21 21.07.11.jpg

21:00
山小屋に到着
夜ですが、休憩されている方がたくさんいました
名前はよく覚えていないけど…たぶん、長田山荘というところですね
標高はまだまだ、2425m…先が長いです

21_54_21EOS Kiss X6i7563.JPG

22:00
もう少し高所まで行くと
駿河の街の夜景が一望できます
下の蛇行した明かりは、他の登山客のライトですね~
私、体力がないので道中、何人もの人に先を行かれました

まぁ、マイペースでいこう!

22_20_01EOS Kiss X6i7564.jpg

 22:30

もう少し、高所にて撮影
雲の上の世界の見渡せます

2014-07-21 23.02.45.jpg

23:00
ようやく、7合目、標高3090m,太陽館に到着です

 00_05_55EOS Kiss X6i7574.JPG 

0:00

標高3200m
見晴館に到着です
必死に登っていたら、いつのまにか日付が変わっていました
三重から登りに来たのだという、登山客と世間話をしながらまた休憩を取ります

00_01_12EOS Kiss X6i7569.jpg

 日付を跨いでも、駿河の夜景は美しいままです

00_06_26EOS Kiss X6i7575.JPG

 

小休憩をはさみ、また出発

 

 2014-07-22 01.15.04.jpg 

01:00

ようやく、本八合目に到着です
ここまで来ると、他の登山道…吉田口ルートと合流するため、すごい人の数です
夜間登山だし、街頭もないのに渋滞しています!
自分のライトがなくても、他の登山客のライトがすごく明るいので必要ないくらい…

2014-07-22 01.17.46.jpg

 

剛気にも、登山小屋の前でシュラフにくるまって野宿している人もいます
ご来光を観るために、山小屋から出発を始めた団体客もたくさんいました
この時点では、高山病もそれほど酷くなかったんだがなぁ…
ここまで、来れば前の人についていくだけですね

2014-07-22 03.26.49.jpg

3:30
やっと、山頂に到着です…
ご来光がある4:30まで休憩です…
既に山頂は人で埋まっていて、ご来光が見やすいポジションも既に取られていました

17_15_37EOS Kiss X6i7507.JPG

富士登山 in 2014年@御殿場駅を散策してみよう! 御殿場駅→須走口登山道

家を出たのが13時頃に出て、御殿場に到着したのが17時頃

 

ここまで、来るのだけでも一苦労だな、小田原までは何回も行ったことはあったが、御殿場がjr東海だというのを始めてしった

イメージ的には、都民が日帰りでちょっと遠出するところのイメージなので意外だ

17_15_37EOS Kiss X6i7507.JPG

駅構内には、健脚祈願の大きなわらじがおいてあった

 

17_35_15EOS Kiss X6i7524.JPG

 

昔は、ワラジが特産品だったのそうだ

17_16_37EOS Kiss X6i7510.JPG

駅前はちょっとさびしい、アウトレットモールなど郊外に行かないと何もないんだろうか…
駅前に何者ない…というのが地方土地らしいと感じる

17_16_48EOS Kiss X6i7511.JPG

駅舎はなぜか三角になっている

17_21_48EOS Kiss X6i7515.JPG

 

案内板も富士

17_21_15EOS Kiss X6i7513.JPG

意味不明のう○こオブジェが置いてあった

 

17_21_28EOS Kiss X6i7514.JPG

 

どうやら、うん○ではなく、富士さんに浮かぶ雲をモチーフにしてるらしい・・・ぇー

17_24_09EOS Kiss X6i7516.JPG

駅前すぐに観光協会が有る

 

 

 

 

 

17_24_56EOS Kiss X6i7517.JPG

名産品

 

17_27_32EOS Kiss X6i7519.JPG 17_28_27EOS Kiss X6i7520.JPG 17_34_03EOS Kiss X6i7523.JPG

 

駅周辺には、なにもない
…とはいえ、ここからバスに登って山の上にいくと、ぼったくり価格になるから

何かしら腹ごしらえなりしとくべきだけど

 

17_40_34EOS Kiss X6i7525.JPG

この辺りまで来ると、まったく見慣れない駅名も多いなぁ

17_45_25EOS Kiss X6i7526.JPG

 

SL機関車を発見!
昔、このあたりで走っていたものをらしい

17_47_14EOS Kiss X6i7528.JPG

 

この、ごちゃごちゃした配線が萌える!

 

17_47_54EOS Kiss X6i7532.JPG

浜松工場製!

18_07_03EOS Kiss X6i7533.JPG

あー・・・今年も申し込み忘れたなぁ…

18_10_10EOS Kiss X6i7534.JPG

18時になったので、バスに登って山頂へと向かす

 

18_24_19EOS Kiss X6i7535.JPG

ぼく、トーマス!
社内には、富士急に新しく出来た、トーマスの広告があった

 

 

 

 

 

17_15_37EOS Kiss X6i7507.JPG

2014年富士登山 御殿場駅を散策してみよう! 御殿場駅→須走口登山道

家を出たのが13時頃に出て、御殿場に到着したのが17時頃

 

ここまで、来るのだけでも一苦労だな、小田原までは何回も行ったことはあったが、御殿場がjr東海だというのを始めてしった

イメージ的には、都民が日帰りでちょっと遠出するところのイメージなので意外だ

17_15_37EOS Kiss X6i7507.JPG

駅構内には、健脚祈願の大きなわらじがおいてあった

 

17_35_15EOS Kiss X6i7524.JPG

 

昔は、ワラジが特産品だったのそうだ

17_16_37EOS Kiss X6i7510.JPG

駅前はちょっとさびしい、アウトレットモールなど郊外に行かないと何もないんだろうか…
駅前に何者ない…というのが地方土地らしいと感じる

17_16_48EOS Kiss X6i7511.JPG

駅舎はなぜか三角になっている

17_21_48EOS Kiss X6i7515.JPG

 

案内板も富士

17_21_15EOS Kiss X6i7513.JPG

意味不明のう○こオブジェが置いてあった

 

17_21_28EOS Kiss X6i7514.JPG

 

どうやら、うん○ではなく、富士さんに浮かぶ雲をモチーフにしてるらしい・・・ぇー

17_24_09EOS Kiss X6i7516.JPG

駅前すぐに観光協会が有る

 

 

 

 

 

17_24_56EOS Kiss X6i7517.JPG

名産品

 

17_27_32EOS Kiss X6i7519.JPG 17_28_27EOS Kiss X6i7520.JPG 17_34_03EOS Kiss X6i7523.JPG

 

駅周辺には、なにもない
…とはいえ、ここからバスに登って山の上にいくと、ぼったくり価格になるから

何かしら腹ごしらえなりしとくべきだけど

 

17_40_34EOS Kiss X6i7525.JPG

この辺りまで来ると、まったく見慣れない駅名も多いなぁ

17_45_25EOS Kiss X6i7526.JPG

 

SL機関車を発見!
昔、このあたりで走っていたものをらしい

17_47_14EOS Kiss X6i7528.JPG

 

この、ごちゃごちゃした配線が萌える!

 

17_47_54EOS Kiss X6i7532.JPG

浜松工場製!

18_07_03EOS Kiss X6i7533.JPG

あー・・・今年も申し込み忘れたなぁ…

18_10_10EOS Kiss X6i7534.JPG

18時になったので、バスに登って山頂へと向かす

 

18_24_19EOS Kiss X6i7535.JPG

ぼく、トーマス!
社内には、富士急に新しく出来た、トーマスの広告があった

 

 

 

 

 

富士山に登ってきた@計画・準備編 in 2014年

 IMG_5466.JPG

おいらは2012年にも一度、富士登山したことがあったのだが、その時は天気がちょー悪く、豪雨と横殴りの風に気力と体力を奪われた酷いもんだった

そのため、第一の目的だった「ご来光」は、もとより「お鉢巡り」もすることが出来なかった

当時、下山するときは「山はもう懲り懲りだ!二度と登るもんかい!と思っていたんだが

今年になって、「やっぱりご来光がみたい!リターンマッチだ!」となに思ったが、休日が2連休あるのを見た時に思いつき無謀にも再突撃してくることにした!

目的

  • リターンマッチだ!今年こそはご来光・お鉢巡りをするぞ!

計画

  • 天気は超重要!悪い日は決行するな!

前回の経験をいかして天気には注意することにした

富士山山頂の天気 – てんきとくらす [天気と生活情報

こちらのサイトで天気がBかAの日に決行することにした

そこに山があるから…」とか「そこに山があるからじゃない。ここにおれがいるからだ。ここにおれがいるから、山に登るんだよ。」とか

言っちゃわないよな人種は、天気が悪い日はやめとけ!な?痛い目観るよ?マジマジ

  • 夜討ち朝駆けは兵法の基本!お金は掛けたくないから、夜間登山だ!

今回の山も節約志向です!

宿に金を出すくらいなら、山頂でぼったくりラーメンでも喰らえ!

前回は、吉田口から登りましたが、同じ登山道というのもおもしろみがないので、今回は須走口にしました

御殿場駅から出てる路線バスの最終に乗って、日没と同時、19時位からの登山となりました

準備したもの

  • 半袖の肌着
  • 長袖のワイシャツ
  • 厚手の靴下

衣類はポリエステル製の物を用意しましよう!

ポリエステル製なら、ユニクロで売っているものや、ディスカウントショップで売ってるようなものでも大丈夫!

急速速乾素材=ポリエステルのことですよ!

スポーツ用で売られてる衣類はみーんなポリエステルです!

登山では汗は大敵です!じわじわ体力を奪っていきます!

冷えも足元から来るので、厚手物が重宝します

靴の中に砂や石も入ってきますからね…

 

  • フリース
  • ダウンジャケット
(マイケル フィリス)Michael Philis ダウンジャケット(ステッチ幅細) 40699 グレー M 軽量 ライト ダウンジャケット 収納袋付き

柔軟に対応できるよう衣類を持って行きましょう!

ダウンは本来は、濡れに弱いので雨や汗をかくと保温力がオチますが、とても軽くて、収納もコンパクトです!

朝方はとっても!冷えます!実際、今回、全部持っていったもの着ててもご来校前は寒さで震えていました!

結果的に持って行ってよかったです!

  • 雨具

予報では晴れでも、天候が変わりやすいのが山!

実際、今回も予報では晴れでしたが、小雨になる時間帯がありました!

ゴアテックスだなんて、高いものじゃなくてもいいから用意しとくべきです!

また、ウィンドブレーカー代わりにもなるし重宝します!

  • 帽子
  • タオル

山頂付近での紫外線はすごいですよ!

帽子を被っていても、直射日光が当たっていた、顔は数日ヒリヒリして痛かった!皮もむけまくりんぐ!

タオルは汗拭きとして使ってもよし!帽子と組み合わせて被って帝国軍人スタイルでもよし!

マフラー代わりにしてもよし!と重宝!

  • ゼリー系飲料 x6
  • 水 500ml x2
ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個
森永製菓

売り上げランキング: 634

シャスタ産 クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]
春日商会 (2013-07-12)

売り上げランキング: 1

普段、標高が低い所に住んでる人間が、高地に行くと高山病がじわじわと聞いてきます!

そうなると、食欲がなくなってくるんですよ…

よく、登山において、カロリーメイトを薦めている人もいますけど、高山病が聞いてくるとあのパサパサしたものを食べる気力もなくなってきます…

んで、個人的にはゼリー系飲料をすすめときます

水も、上の方は寒いので、高山病とのダブルブローであまり摂取意欲がわかないんですよね…

私が今回、実際に消費した数はゼリーx5 水x500mlでした

参考までに…

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FEEL BOSCOトレッキングステッキ Tグリップ4段スライド式 オリーブ M-9839

素人考えで、軽いほうがいいから持ってかなくてもいいんじゃね?…と思っていた時期が俺にもありました…

登るには足だけでなく、上半身の力も使えますし、足場が悪いところでも、2点だけで立位を取らなくてもいいのは非常に助かります

山に不慣れな人はあったほうがいいですよ!

山を楽しみたい人は現地で、金剛杖でもいいかも

 
  • ヘッドライト
  • フラッシュライト
  • 予備電池x2

今回は夜間登山だったので必須ですね

明るさと利便性的にはヘッドライトがあれば十分かなぁ

ただ、故障時とか電池入れ替えのときとか、真っ暗だと困るので予備としてフラッシュライトも持って行きました

 

  • 携帯電話

念のため非常用に…

人はたくさんいるんで大丈夫かなとは思いますけど

ご来光の時間調べるのにつかったかなぁ…

あと、Twitterで実況しながら登りました

電波は山のどこでもlteでがっしり掴んでくれます

 
  • 地図
 
御殿場駅の観光案内所で、地図を配っていました
都内でも、登山ショップのエルブレスで地図が配っています
ネットでも検索して、プリントしてもいいです
案内板があるし、それほど使わなかったりしますが、念のため持っていったほうがいいです
 
  • カメラ

防水性のもの方が安心感があるけど、軽さ重視なら携帯カメラでもいいし、まぁご自由に

おいらは、写真を取るのが楽しみのひとつなので、デジイチを持って行きました

 
  • 手袋

おっと!忘れてはいけない!

転んだ時に石があったら怪我しますよ!

雨が降ったり、朝方は手が冷えますよ!

  • 登山靴

雨対策として、防水用の物を履いてきました

長靴で登ってる人もいました。

砂や石が靴の中にはいって悩まされたのでそれもありかもなぁ…

  • コンパス

念のため持っていったけどいらなかった

  • 予備バッテリー

携帯の電池が切れたら困るかなと持っていったが、同じく不要だったなぁ…

  • gpsロガー

ライフログとして

片道3時間くらい掛かったので、暇つぶしとして

まぁだいだい、こんなものかな…

登山編へ続く…

2014年おいら、今年も富士の登ってきただ! 計画・準備編

 IMG_5466.JPG

おいらは2012年にも一度、富士登山したことがあったのだが、その時は天気がちょー悪く、豪雨と横殴りの風に気力と体力を奪われた酷いもんだった

そのため、第一の目的だった「ご来光」は、もとより「お鉢巡り」もすることが出来なかった

 当時、下山するときは「山はもう懲り懲りだ!二度と登るもんかい!と思っていたんだが

今年になって、「やっぱりご来光がみたい!リターンマッチだ!」となに思ったが、休日が2連休あるのを見た時に思いつき無謀にも再突撃してくることにした!

目的

  • リターンマッチだ!今年こそはご来光・お鉢巡りをするぞ!

計画

  • 天気は超重要!悪い日は決行するな!

前回の経験をいかして天気には注意することにした

富士山山頂の天気 – てんきとくらす [天気と生活情報

こちらのサイトで天気がBかAの日に決行することにした
そこに山があるから…」とか「そこに山があるからじゃない。ここにおれがいるからだ。ここにおれがいるから、山に登るんだよ。」とか
言っちゃわないよな人種は、天気が悪い日はやめとけ!な?痛い目観るよ?マジマジ

  • 夜討ち朝駆けは兵法の基本!お金は掛けたくないから、夜間登山だ!

今回の山も節約志向です!
宿に金を出すくらいなら、山頂でぼったくりラーメンでも喰らえ!
前回は、吉田口から登りましたが、同じ登山道というのもおもしろみがないので、今回は須走口にしました
御殿場駅から出てる路線バスの最終に乗って、日没と同時、19時位からの登山となりました

準備したもの

  • 半袖の肌着
  • 長袖のワイシャツ
  • 厚手の靴下

衣類はポリエステル製の物を用意しましよう!
ポリエステル製なら、ユニクロで売っているものや、ディスカウントショップで売ってるようなものでも大丈夫!
急速速乾素材=ポリエステルのことですよ!
スポーツ用で売られてる衣類はみーんなポリエステルです!
登山では汗は大敵です!じわじわ体力を奪っていきます!
冷えも足元から来るので、厚手物が重宝します
靴の中に砂や石も入ってきますからね…

 

  • フリース
  • ダウンジャケット

[amazonjs asin="B002XKB9XC" locale="JP" title="SASARI | パチパチしないフリース(クラレ/制電フリース) (男女兼用) ブルー ELL"]

下は真夏日の30度でも山頂は0度だったりします!
柔軟に対応できるよう衣類を持って行きましょう!
ダウンは本来は、濡れに弱いので雨や汗をかくと保温力がオチますが、とても軽くて、収納もコンパクトです!
朝方はとっても!冷えます!実際、今回、全部持っていったもの着ててもご来校前は寒さで震えていました!
結果的に持って行ってよかったです!

  • 雨具

予報では晴れでも、天候が変わりやすいのが山!
実際、今回も予報では晴れでしたが、小雨になる時間帯がありました!
ゴアテックスだなんて、高いものじゃなくてもいいから用意しとくべきです!
また、ウィンドブレーカー代わりにもなるし重宝します!

  • 帽子
  • タオル

山頂付近での紫外線はすごいですよ!
帽子を被っていても、直射日光が当たっていた、顔は数日ヒリヒリして痛かった!皮もむけまくりんぐ!
タオルは汗拭きとして使ってもよし!帽子と組み合わせて被って帝国軍人スタイルでもよし!
マフラー代わりにしてもよし!と重宝!

  • ゼリー系飲料 x6
  • 水 500ml x2
ウイダーinゼリー エネルギー マスカット味 180g×6個
森永製菓
売り上げランキング: 634
シャスタ産 クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]
春日商会 (2013-07-12)
売り上げランキング: 1

普段、標高が低い所に住んでる人間が、高地に行くと高山病がじわじわと聞いてきます!
そうなると、食欲がなくなってくるんですよ…
よく、登山において、カロリーメイトを薦めている人もいますけど、高山病が聞いてくるとあのパサパサしたものを食べる気力もなくなってきます…
んで、個人的にはゼリー系飲料をすすめときます

水も、上の方は寒いので、高山病とのダブルブローであまり摂取意欲がわかないんですよね…

私が今回、実際に消費した数はゼリーx5 水x500mlでした
参考までに…

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) FEEL BOSCOトレッキングステッキ Tグリップ4段スライド式 オリーブ M-9839

素人考えで、軽いほうがいいから持ってかなくてもいいんじゃね?…と思っていた時期が俺にもありました…
登るには足だけでなく、上半身の力も使えますし、足場が悪いところでも、2点だけで立位を取らなくてもいいのは非常に助かります
山に不慣れな人はあったほうがいいですよ!
山を楽しみたい人は現地で、金剛杖でもいいかも

 
  • ヘッドライト
  • フラッシュライト
  • 予備電池x2
今回は夜間登山だったので必須ですね
明るさと利便性的にはヘッドライトがあれば十分かなぁ
ただ、故障時とか電池入れ替えのときとか、真っ暗だと困るので予備としてフラッシュライトも持って行きました

  • 携帯電話

念のため非常用に…
人はたくさんいるんで大丈夫かなとは思いますけど
ご来光の時間調べるのにつかったかなぁ…
あと、Twitterで実況しながら登りました
電波は山のどこでもlteでがっしり掴んでくれます

 
  • 地図
 
御殿場駅の観光案内所で、地図を配っていました
都内でも、登山ショップのエルブレスで地図が配っています
ネットでも検索して、プリントしてもいいです
案内板があるし、それほど使わなかったりしますが、念のため持っていったほうがいいです
 
  • カメラ

防水性のもの方が安心感があるけど、軽さ重視なら携帯カメラでもいいし、まぁご自由に
おいらは、写真を取るのが楽しみのひとつなので、デジイチを持って行きました

 
  • 手袋

おっと!忘れてはいけない!
転んだ時に石があったら怪我しますよ!
雨が降ったり、朝方は手が冷えますよ!

  • 登山靴

雨対策として、防水用の物を履いてきました
長靴で登ってる人もいました。
砂や石が靴の中にはいって悩まされたのでそれもありかもなぁ…

  • コンパス

念のため持っていったけどいらなかった

  • 予備バッテリー

携帯の電池が切れたら困るかなと持っていったが、同じく不要だったなぁ…

  • gpsロガー

ライフログとして

片道3時間くらい掛かったので、暇つぶしとして

まぁだいだい、こんなものかな…

登山編へ続く…