カテゴリー別アーカイブ: 2014富岡製糸場

世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ! 途中下車タダだからせっかくだから吉井駅降りてみよう!

IMG_8561.JPG

 

乗車の際に買った、往復見学割引券
規約を見ると、一階のみ下車が無料と書いてあります
せっかくなので、適当な駅で一度降りてみることにしました

IMG_8562.JPG

吉井駅です
…正直、なにがあるのかさっぱりわからない
とりあえず、うろついてみます

IMG_8563.JPG

駅前の自販機はコーラ500ml百円で安い

IMG_8564.JPG

駅舎内

IMG_8565.JPG IMG_8566.JPG

多野藤岡三十三観音…?
こういう、マイナーな観光名所(特に田舎の)って廻る人っているのかなぁ…

IMG_8567.JPG

 

駅前の風景

IMG_8568.JPG IMG_8569.JPG

どさん子というと、伊豆大島にもある、謎チェーン店…?

いや、あっちはどさん娘か…
どさんこ – Wikipedia
おい、調べたら、これだけ名前が似てるのに別の運営会社だぞ

そして、どさん子は、新島もあるという、やっぱり謎チェーン店…だな

IMG_8570.JPG IMG_8576.JPG IMG_8577.JPG IMG_8578.JPG IMG_8579.JPG IMG_8580.JPG IMG_8581.JPG IMG_8582.JPG IMG_8583.JPG

結局、駅周辺にあるのは酒店と大判焼きの店くらいだろうか

時間さえあれば郷土資料館に入ってみてもよかったんだけどね
吉井郷土資料館 | 高崎市

IMG_8584.JPG IMG_8585.JPG 

高崎に到着
せっかくなので、高崎でラーメン喰ってから帰ったのでした

おわり

世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ! 富岡製糸場→寄り道しながら駅まで

 

 

IMG_8532.JPG

 

駅の周辺はあまり店がないです…
これから発展するのでしょうか…

 

IMG_8533.JPG IMG_8534.JPG

レトロ感が…

IMG_8535.JPG

観光案内所は2つあります

IMG_8537.JPG

といっても、向こうと違って休憩所みたいところ…かなぁ

IMG_8538.JPG IMG_8540.JPG

食堂の昭和臭さも凄いです

IMG_8541.JPG IMG_8542.JPG

今回行ってみて、思ったのは、富岡製糸場が今回、世界遺産に選ばれたのは、住民の努力が大きいのかなぁ…って気がします
前々から、観光した人がよく言っていたように思えますが
つまらなくないけど、凄いぞ!って迫力もない

世界遺産!ってネームバリューにはちと負けている印象を覚える観光名所だなぁ…と
もちろん、これは素人考えで、知識人な方らには相応しい理由があったんでしょうけど
…都内から日帰りできる世界遺産…としての立地はおいしいですね
ただ、あまり観光地化されてない素朴な町並みや
往時を知る地元の有志の方が、無料でガイドツアーを行っていたりと…印象はとても良かったです

IMG_8543.JPG IMG_8544.JPG IMG_8545.JPG IMG_8546.JPG

別に富岡製糸場だけでなく、関連した建物は工場外にもあるみたいで…
ここも、昔は蚕の保存場だったみたいです
まぁ、世界遺産でもなんでもないですけど

IMG_8547.JPG

町役場

 

IMG_8548.JPG

駅舎が立派ですけど、それに合わせてか張り切って、駅前も工事しちゃってます
ストリートビューで観る2012年時の駅前って、ホントただの田舎の駅なんですよねぇ…

IMG_8549.JPG

駅前の児童館
近所のおばさんらしき人らが世間話に花を咲かせていました

IMG_8550.JPG

軽食も取れます、お値段もやっぱりリーズナブル

IMG_8551.JPG

テレビに出たこともある肉屋さんだそうです
フライドポテトや、からあげとか…
食べ歩きができるように売っていて
学校帰りの高校生が買い食いしていました

IMG_8552.JPG

コロッケとフライドポテトを頼んだのですが…、ポテトがないってんで、コロッケだけ頼んだら、なんかやたらとスクリューポテトがあるからそれにしろと薦められました…
いや、コロッケだけでいいから、と訂正したら、嫌~な顔された…

IMG_8553.JPG

IMG_8554.JPG

IMG_8555.JPG IMG_8557.JPG IMG_8558.JPG IMG_8559.JPG IMG_8560.JPG

さて、腹ごしらえもしたし帰ることにします

 

14_40_05EOS Kiss X6i6816.JPG

世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!工場内見学1

コチラの続きです
世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!富岡製糸場正門→工場内見学1 | 職業:魔法使い死亡

昨日、世界遺産に正式に登録されたことが、ニュースで流れていました
実際に行って、ニュースを見て、富岡の地元住民に愛されてるなぁ~と思いました
富岡製糸場の世界遺産には地元住民の努力の成果が大きい気がします

14_40_05EOS Kiss X6i6816.JPG
続いては工場内見学

14_41_16EOS Kiss X6i6817.JPG

14_43_20EOS Kiss X6i6819.JPG

14_44_25EOS Kiss X6i6820.JPG

14_46_35EOS Kiss X6i6821.JPG

14_46_39EOS Kiss X6i6822.JPG

14_46_44EOS Kiss X6i6823.JPG

14_48_44EOS Kiss X6i6824.JPG

14_48_49EOS Kiss X6i6825.JPG
こういった、ごちゃごちゃした配線は萌える!

14_49_28EOS Kiss X6i6826.JPG

14_49_36EOS Kiss X6i6827.JPG
昔の工場内の写真
富岡製糸場は「産業世界遺産」です
恐らく、富岡製糸場といって思い浮かべる光景は工場内にズラーっと並んだ機械かと思います
「あんな機械が昔から動いて、この日本の発展に貢献していたのか!」
・・・と思っていたのですが
間違いじゃあないんですけど、正確でもなく、あの機械は昭和41年頃から稼働していたものです
モロ戦後です
開業当時は、人力でやってました
んー、なんだかなー

14_49_47EOS Kiss X6i6828.JPG

14_50_26EOS Kiss X6i6829.JPG
こういった、広いスペースを確保できる建築も西洋式を取り入れた結果なのだそうです
それまでは、大黒柱ない建物なんて考えらなかったのだとか

14_54_02EOS Kiss X6i6832.JPG
この機械は昭和62年まで稼働していましたが、ここより少し離れた工場では今でも現役で動いてるのだとか!

14_54_04EOS Kiss X6i6834.JPG

14_55_28EOS Kiss X6i6835.JPG

14_56_56EOS Kiss X6i6836.JPG

14_57_44EOS Kiss X6i6837.JPG

14_59_31EOS Kiss X6i6838.JPG
左に鏡がありますが、昭和天皇陛下が映られたありがた~い鏡なのだとか
昭和天皇が工場見学の際に使用したらしいのですが、何分当時の天皇陛下は神様です
そんな、神様が使用した鏡を我々も使うのは恐れ多い!とのことで、ず~っと倉庫に仕舞っておいたのだそうです

14_59_48EOS Kiss X6i6839.JPG

14_59_53EOS Kiss X6i6840.JPG

15_00_28EOS Kiss X6i6841.JPG

15_00_45EOS Kiss X6i6842.JPG

15_01_09EOS Kiss X6i6844.JPG
工場正面から

15_02_59EOS Kiss X6i6845.JPG

15_05_43EOS Kiss X6i6846.JPG

15_07_07EOS Kiss X6i6847.JPG
東倉庫の一部は、富岡製糸場の資料館になっています

15_09_04EOS Kiss X6i6848.JPG
なんに使っていたわからないが、レトロな機会

15_36_26EOS Kiss X6i6862.JPG
富岡製糸場の世界遺産登録の価値について書かれています
要約すると「アジアで西洋式の建築・産業を取り入れた貴重な建物だよ~」ってことだそうです
産業革命は英国が発端ですし、産業遺産として世界遺産登録を目指すなら当然ですし
産業革命と近代化が世界と日本にもたらした恩恵と影響も理解できるんですが
何分、歴史が浅いですから世界遺産だ!とか言われても違和感を感じてしまいます
もちろん、世界遺産と一言でいっても、区分が細かく分かれていて、その中でも近代化に貢献したということでの登録なのは分かるのですが・・・
うーん、これは世界遺産=歴史があるという先入観から来てるのかな

ちなみに、近年、同じく世界遺産登録された石見銀山は文化遺産登録です

他の産業遺産はこちら
産業遺産 – Wikipedia

富岡製糸場についてはこちら
富岡製糸場と絹産業遺産群 – Wikipedia

15_37_11EOS Kiss X6i6863.JPG

15_41_13EOS Kiss X6i6865.JPG

15_41_31EOS Kiss X6i6866.JPG

15_42_00EOS Kiss X6i6869.JPG
今年の大雪で、倒壊してしまったそうです
復旧予定とありますが、こりゃ無理だろ…
立て直しになるのかなぁ

15_44_26EOS Kiss X6i6871.JPG

15_44_34EOS Kiss X6i6872.JPG
青空に映える

15_45_08EOS Kiss X6i6873.JPG

15_46_07EOS Kiss X6i6874.JPG

15_47_40EOS Kiss X6i6876.JPG
社宅だそうです
敷地内にあるとか、通勤は楽そうだが…

15_47_58EOS Kiss X6i6877.JPG

15_49_35EOS Kiss X6i6878.JPG

15_49_50EOS Kiss X6i6879.JPG

15_49_54EOS Kiss X6i6880.JPG
入り口まで戻ってきました

15_51_40EOS Kiss X6i6886.JPG

15_51_31EOS Kiss X6i6885.JPG

15_51_46EOS Kiss X6i6887.JPG

15_52_48EOS Kiss X6i6893.JPG

15_54_02EOS Kiss X6i6895.JPG

工場見学を終えて、駅に戻ります

13_12_03EOS Kiss X6i6776.JPG

世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!上州富岡駅→商店街→富岡製糸場正門

こちらの投稿の続きです
世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!赤羽→高崎→上州富岡駅 | 職業:魔法使い死亡

13_12_03EOS Kiss X6i6776.JPG
駅舎はとても立派なのですが、駅前は普通の住宅街です
富岡製糸場のネームは有名なので、観光地化されてるのかなと思っていたのでちょっと拍子抜け
やっぱり、群馬のローカル線沿いの観光地なんだなぁ

13_16_52EOS Kiss X6i6777.JPG
てくてく

13_18_06EOS Kiss X6i6778.JPG
商店街らしき通りが見えて来ました

13_26_26EOS Kiss X6i6779.JPG
観光案内所
ここでも、無料のレンタサイクルがあります
ただ、見る場所なんて富岡製糸場くらいだと思うのですけど…
一応、観光マップには女工の墓地とか乗ってたと思いますが、大して期待できなさそうなところでしたの今回は外しました

富岡 (群馬県富岡市) – 世界遺産登録見通し「富岡製糸場」のある街、富岡の街並みと二町通りの遊郭跡 – 新日本DEEP案内
検索したDEEPさんところの、記事が引っかかった

あとで、工場見学のとき聞いたのですけど、富岡製糸場は国を挙げての事業でしたが、外国人が居るなど・・・人が集まらなかったのだそうです
当時は、ワインを飲んでる外国人を見て、生き血をすするといった、迷信が広く信じられていたのだとか
そのため、全国の市町村から半ば強制的に、公金を使って人を出させたのだそうですが
行きのお金は出したけど、帰りの駄賃までは出してもらえなかったのだとか
当時は、飛行機も新幹線もない時代ですし、地元まで戻るのも結構な額になるため、ここで骨を埋めていく人もいたのだとか

・・・あれ?けど、当時としては結構な給金を貰えたとも、聞くし、そもそも製糸業を広げるための工場だし矛盾しているような?
まぁ、そういう人も居たのかな

13_26_33EOS Kiss X6i6780.JPG

13_27_16EOS Kiss X6i6781.JPG
商店街も、やっぱりあまり観光地化されてる雰囲気は薄く
昔ながらの昭和の空気が漂ってます

13_43_49EOS Kiss X6i6782.JPG
レトロ感溢れる、メガネ屋さん
3階部分の展望台が木造になっていて、とても趣がある

13_57_09EOS Kiss X6i6783.JPG
地元、上毛新聞が富岡製糸場に関する診療を展示しています
入場無料
あまり人が来ないようで、美人なねーちゃんが暇そうにしていました
この建物も、病院だった建物を再利用しているのだそうです
訪れた人のインタビューして新聞に掲載しているのだそうです
私もお願いされたのですが、お断りさせていただきました
新聞に乗りたい方は、どうぞ綺麗なねーちゃんを助けてあげて下さい

けど、よく考えると新聞に乗るだなんて、小学校以来ないはずだい、いや貴重な経験として試してみてもよかったかなぁ

14_00_25EOS Kiss X6i6784.JPG
富岡製糸場正門に到着!

10_13_16EOS Kiss X6i6760.JPG

世界遺産登録の8日前に、富岡製糸場に行ってきたよ!赤羽→高崎→上州富岡駅

2014年6月13日
世界遺産登録も間近・・・という日に、ふと思い立ち日帰りで行ってるみることにした

・・・富岡製糸場はおいらの中では、その内行ってみたいリストの中に一つに入っていた
というのも、以前、バイクに乗って、上信越自動車道を走ったことがあるのだが時間の都合上、立ち寄る事ができず、悔しい思いをしたのが強く印象に残っているためだ
この日は沖縄の方で台風が出来たとか、降水確率も40%ほどあったので天気に不安があったのだが
ここ最近、あまり出かけて居なかったのもあって勢いで行ってみることにした

10_13_16EOS Kiss X6i6760.JPG
10時頃に赤羽駅を出発!

の前に、東口で腹ごしらえ
グルメレポート 赤羽 立ち食いそば・うどん 百万石 | 職業:魔法使い死亡

12_21_56EOS Kiss X6i6761.JPG
赤羽駅から湘南新宿ラインで、高崎へ…
のはずが、電車を間違えて小山方面に…
電子掲示板の定刻通りに乗ったつもりだったんが
電車が遅延していたので、もしかしたら一本間違えて乗っちゃったのかも…
大宮の次の駅で気づけたので、すぐ引き返えせた
次の電車が高崎行きで、時間ロスもあまりなくすんだので助かったぁ

2014-06-13 12.23.21.jpg
高崎駅着
観光案内所には、世界遺産登録までのカウントダウンが!

12_27_16EOS Kiss X6i6762.JPG

12_27_20EOS Kiss X6i6763.JPG

富岡製糸場の最寄り駅は上州富岡駅
高崎駅jr改札を出てから、外にあるローカル線、上信電鉄に乗り換えることになる

12_27_38EOS Kiss X6i6764.JPG

12_28_03EOS Kiss X6i6765.JPG

jr改札口と比べて、閑散としたホーム

12_30_15EOS Kiss X6i6766.JPG

券売機にてチケットを購入
富岡製糸場を見学するつもりなら、上信電鉄が販売している抱き合わせチケットがおすすめ

上信電鉄 - 富岡製糸場にお越しの際はお得な割引きっぷをご利用ください!
440円も安くなる…のだが、上信電鉄の元運賃が高すぎぃ!
30分ほどで、大した距離もないはずだが1,580円もする
日本一高い路線とか言われているらしい
事実ではないらしいんだが、そう言われるのも分かるくらいに、jrと比べると高い
まぁ、基本、赤字のローカル線だからしゃーないんだろうが
こうでもせにゃ、潰れかねないだろうし、世界遺産の可否には、まさに社運がかかってたんじゃなかろーか

なお
>②往路・復路それぞれ1回に限り途中下車ができます。
とあるので、時間が余ってる人、ケチな人は降りてみるのもいいかと
駅によっては、なんと無料レンタサイクルもあるとのことだ
といっても、たいしたものがなさそうなのはお察し

>③乗車券は見学記念としてお持ちいただけます。
写真は券売機から買ったもの
どうやら、リンク先にあるような洒落たチケットを買うには、窓口で買わないといけないらしい

12_30_33EOS Kiss X6i6767.JPG
電車内
もう、まもなく世界遺産だけれど
富岡製糸場の見学のために乗車したような人はあまりおらず、ほとんどが地元の人っぽかった
平日だったけど、道中、大学の最寄り駅もあるし、利用客はまぁそれなり

13_07_25EOS Kiss X6i6768.JPG
電車に乗ってると、マンナンライフの工場っぽい建物がいくつか見えた
マンナンライフといえば、あの有名な殺人兵器、こんにゃくゼリーの会社
電車も、マンナンライフのラッピング車だし、本社がこのあたりっぽい

13_08_33EOS Kiss X6i6769.JPG

上州富岡駅着

13_08_43EOS Kiss X6i6770.JPG

13_09_16EOS Kiss X6i6771.JPG

13_09_41EOS Kiss X6i6772.JPG

天気予報じゃあ、雨が降るかも~とのことだったがピーカン

13_10_07EOS Kiss X6i6773.JPG

13_10_21EOS Kiss X6i6774.JPG

13_10_30EOS Kiss X6i6775.JPG

駅前は、なんてことない普通の住宅街なのに駅舎だけ、すごい立派
富岡製糸場の名前は有名、それだけ市が観光に力を入れてるってことなんだろう
世界遺産登録という目標も掲げていたし、頑張っちゃんたんだろうなぁ~
世界遺産になれてよかったね

富岡製糸場見学編に続く…