カテゴリー別アーカイブ: 2017マカオ(中華人民共和国)自転車ツーリング

香港ドルはマカオパタカに両替すると3%お得になる!

この間、香港からマカオに行ってきました

その際に気づいたことがあるのでメモしておきます

1香港ドルは1マカオ・パタカの価値じゃない

マカオではマカオパタカを発行・流通していますが、お隣、香港の通貨、香港ドルも普通に使えます

少なくとも僕がマカオ滞在中に香港ドルを断られたことはありません

これは隣、マカオパタカより香港ドルのほうが強い通貨であるのと、香港からの旅行者が多いからだと思われます

こういった弱い自国通貨だけでなく強い通貨が使えちゃうことは、ベトナムやカンボジア、ラオスだと同じアジアの他の国でもあります

マカオ内では、1マカオ・パタカ=1香港ドルで計算されて使われますが、微妙にマカオ・パタカの方が香港ドルより安いんですよ

実際は1香港ドル=1.03マカオ・パタカの価値があります

そしてマカオ・パタカは香港ドルとタッグ(固定)されているのでこの相場関係が崩れることがありません

という訳で、ここで両替商の出番になります

両替所は何処?レートは?

image

マカオ歴史地区、セナド広場のあたりを彷徨いていれば、両替商がたくさん、そんな中にちらほらと香港ドル→マカオ・パタカも取り扱っている店がありました

100香港ドルから両替可能で、どこもレートは100香港ドル=103マカオパタカで取り扱ってました

100香港ドル両替すれば40円位お得する計算になります

まさか固定レートそのままの数字で取り扱っているとは思いませんでした

手数料で1マカオ・パタカくらいとっても良いと思うんですが、どうやて儲けだしてるんでしょうか、それだけ香港ドルが欲しいってことなんでしょうかね

マカオ・パタカに両替するデメリット

そんなわけで香港からマカオに行くときは香港ドルはマカオ・パタカに両替していったほうがお得ですよ!

しかし、もちろんデメリットもあります

まずカジノで使えないかもしれないません

僕が行ったときは香港ドルの看板しか見ませんでした

どうも、マカオ・パタカも使えるカジノもあるようですが(その時は色違いのコインになるらしいです)、どこのカジノでも使えるのかはマカオ・パタカが使えるのか僕にはわかりません

そんなカジノで豪遊するぞ!って人がこんなセコいこと考えないかもしれませんけどね

次に香港ドルはマカオで使えますが、マカオ・パタカは当然、香港では使えません

多く両替して余らせてたら逆に損するかと思います

そんなわけで絶対使えきれると思える金額だけ両替しましょう

個人的にはマカオはそんな広くもないし、宿代も高いし、カジノ遊びは貧乏人には無縁だしそんな長逗留する場所でもないと思ってます

なのでマカオ・パタカがそんな大量に必要なる旅行者はそういないかと思いますが、貧乏人は貧乏人らしくセコセコ節約して慎ましやかに生きましょう!

D33 地球の歩き方 マカオ 2016~2017

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2016-04-23
売り上げランキング : 25191

by ヨメレバ

関閘(マカオ)から拱北口岸(中国)へ徒歩で自転車と境界を越える 5/12

拱北口岸を徒歩で自転車と一緒に通ってきました

拱北口岸は中国二番目に大きい口岸だそうです

一番目は羅湖口岸、三番目は皇崗口岸とどちらも香港なので、つまりマカオで一番大きい口岸ということですね

拱北口岸到着

DSCF9488

朝からすごい人でごった返しています

DSCF9490

ポルトガル統治時代を忍ばせる門

この口岸の解説は1849年と100年以上前からあるそうで出入り口にまで歴史を感じられますね

修学旅行生らしきちびっこたちがグループで見てました

中国・マカオ・香港、どこの学校の子らでしょうかね

DSCF9494

一日の入出境人数や、今日の利用者数が表示されてましたがドンドン数字が上がっていきます

DSCF9495

かっこいいマカオ警察

あまり共産国家的でない絵

マカオを出境する

DSCF9496

エスカレーターがありますが自転車では登れないのでエレベーターで移動

他にも自転車を持って移動してる人はちらほら居ました

DSCF9497

ATMがたくさん、なんとなく金持ちマカオっぽい?

DSCF9498

案内看板に罰約室とかあって、なにそれ怖いDSCF9499

すごい広くていくつもレーンがあるんですが実際に使われてるのは一部分のみ

パスポートとマカオ入境時に貰った紙を提出してあっさり出境

DSCF9500

なおよく出入りするだろう地元民らしき人はsuicaみたいなICカード(電子通行証)を持ってピッと機械に当ててスッと通ってました

一国二制度のもとに出入国検査場がありますし、多くの国の国民はマカオ・香港と違い中国のビザフリーがないので入国するのが大変なわけですが、自国民に対してのこのあたりの対応はなんとも形式的だなぁと思ったり

香港同様、荷物検査もされませんでしたし

拱北口岸内部を移動する

DSCF9501

そして中国側の出入国検査場まで移動

それなりにこの間、距離があるんですが、自転車持っている人は自転車に乗って移動していてなんとも中国らしいいい加減さを感じるようになってきましたよ!

DSCF9503

そして、やっぱり免税店もあります

DSCF9504自動販売機もありましたが、やっぱりマカオ価格

中国側の出入国検査場を通過する

DSCF9502

中国側の入出国検査場はレーンが異常に狭くて自転車で通るのに苦労しました

もうちょっとバリアフリーを考えて欲しい

車椅子の人とかどうしてるんでしょうかね~

なんとも、中国側に来たなぁといった印象

パスポートを提出して、マカオ・香港と違い今度は入国スタンプをポンッと流れ作業的に押されて無事に中国に入国

RIMG2527

出口前には案内ロボット的なのが置いてありました

誰も使ってなかったし、使い方もわからないけども

脇にはX線検査の機械がありましたが、やっぱり素通りしても何も言われず

DSCF9505

中国側の出入国検査場の全景

DSCF9506

出入り口にはセブンイレブンがあります

DSCF9507

珠海市の町並みが見えます

珠海市はビールで有名なんでしょうかね

日本でも有名な青島ビールや日本企業のキリンビールの工場もあるそうです

麒麟啤酒(珠海)有限公司

マカオの方が生活水準は高いかと思うのですが、中国側の方が建物はきれいなんですよね~

ただ、どことなくチープさを感じる、そんな物価が安い中国へ再入国です

さて、これからベトナム国境の街、東興市を目指して走ります

ターボジェット(船)にて香港からマカオへ自転車と移動する 5/10

香港の道は狭いし、二階建てバスが走ってるしで、走りづらいです

そこら辺は省略して、フェリーターミナルについたところから

港澳客輪碼頭

DSCF8842

僕が今回行ったのは香港島側のフェリーターミナル、理由はベトナムVISAを貰いに行ったから

入り口が分からずにうろうろしてましたが駐車場の真ん中にエレベーターがあって、それを使って上に登ります

DSCF8843

高速船がたくさん行き来してます

チケット購入

DSCF8852

中はこんな感じ

ヘリコプター移動もあるんですね~、成金チックだわ、さすがだわ香港マカオ

DSCF8853

機械端末もありましたけども

DSCF8855

僕は窓口で直接買いました

自転車を載せられるか?と聞いたらOKとのこと

ただ、一本遅い船に変更されました、たぶん自転車を積み込む時間を考えてでしょう

なお、マカオには2つフェリーターミナルがあります

北のアウターハーバー(外港)と南のタイパです

この北と南は別の島で橋で繋がってはいるものの自転車では通れないです

そして街や世界遺産など見どころが多いのは北なので、特に理由がなければ北に行くのが一般的

南にも巨大カジノがあって見るだけでも面白いのですが、無料シャトルバス出ているので、それを乗り継いで行くことができます

DSCF8859

料金は164香港ドル

ターボジェットに乗船する

DSCF8860

DSCF8864

先程見た、船着き場側の建物へ

DSCF8866

途中にて荷物預け所があって自転車代を払うように言われます

・・・やっぱり別料金が必要だったかぁ・・・

中国の船では無料だったので、なんとなく、こういうところできっちりと取るものを取るのが先進国らしいというかなんというか・・・

DSCF8865

手荷物料金は細かく決められていて、ちゃんと自転車も書かれてます

DSCF8867

料金は65香港ドル

結局、合計229台湾ドル(約3300円)

ちなみに、マカオ・パタカでも支払い可能なようでした

マカオ・パタカの方が安いので、そっちで支払ったほうが3%ほどお得です

DSCF8868

そのあと一階部分でエレベーターが見つからず、係員にエレベーター何処って聞いたらエスカレーターで降りろとのこと

いやいや、そんなの危険だから!無理だから!と言っても、いいから行け、NO!という押し問答を何度かした後に結局、僕だけ特別待遇でスタッフエリアらしきところを通して船着き場に

う~ん、いいぞVIP待遇、金持ちになった気分だ、ありがとうございます

DSCF8869

そんなこんなで一番乗り

DSCF8870

荷物置き場があるのでそこへ自転車を

これが65香港ドル分の料金

席は荷物置き場の横にされた

船員のおじいちゃんが日本語を少し喋れていろいろと効いてきた

DSCF8871

RIMG2496

期待していた船上の風景だけども、中国だからなのか、運が悪いのかガスがかかっていてほとんど何も見えない

wifiも飛んでたけども遅くて使い物にならなかった

マカオに到着

DSCF8872

そんなこんなで一時間ほど、あっという間に到着

たぶん自転車で香港からマカオに移動しようとすると2~3日かかるはず

その分の食費>運賃かと思うので、お金を節約出来たということで

さっきまでVIP待遇がどうとか言ってたのに、実際問題みみっちい人間ですよ

DSCF8873

外人だらけですな~

中国人って香港がそういうところって知ってるのかなぁ

DSCF8874

同じ中国なので入境

DSCF8875

さっそくポルトガル語を発券、さっぱりわからん

DSCF8876

サイパンだな、なんとか読める

DSCF8877

立派なフェリーターミナル

DSCF8878

SIMカードの自販機

DSCF8880

DSCF8881

観光案内所とパンフレット

他にも両替所があった

DSCF8882

道路は香港と同じく左側通行か・・・

ちょっと走るとあちこちカジノだらけでさっそく驚くのであった

マカオ(中華人民共和国)自転車ツーリング走行記録まとめ

マカオを自転車で走行した際のまとめメモ

走行記録

滞在期間:2017年5月10日~12日

走行ルート:香港→マカオ→中国

走行距離:6520km~6532km

パンク:なし

トラブル:なし

入出国について

ビザ

ノービザにて90日間滞在可能、十分すぎる

入国

香港からターボジェット(船)にて入国

ターボジェット(船)にて香港からマカオへ自転車と移動する 5/10
香港の道は狭いし、二階建てバスが走ってるしで、走りづらいです そこら辺は省略して、フェリーターミナルについたところから 港澳客輪碼頭 僕が...

出国

徒歩にて中国出京

食事事情

香港の食文化の影響を強く受けている印象

マカオ料理なるジャンルがあるらしいがエッグタルトくらいしか食べなかったし、見かけなかったな

もっといい店に行かないと置いてないんだろうか?

スーパーに行っても置いてあるのものがまた、香港とは少し違った気がする

なんかよく読めない文字が書かれたジュース(ポルトガル産?)や、中国産のものも香港より多いような・・・

マカオの方が中国の影響が強いから?

物価は香港と同じか、むしろちょっと高い、つまり日本と同じか、むしろちょっと高いくらい

水回り(トイレ・飲料水等)

街中のトイレは紙が付いてなかった

金持ちが行くカジノのトイレは当然付いていた

水はやっぱり飲めません

宿泊事情

高い、阿呆みたいに宿代が高い

香港や東京とか土地が高いとか言うけども、そんな所より全然高い

Booking.comで検索を掛けたとき、下が8000円くらいからでビビった

別に時期が悪かったとかではなく、昨今のマカオの宿事情がこんな物らしいので行かれる人は注意されたし

自転車事情

狭い地域のマカオだが市内に何店舗か自転車屋がある

出境した中国側にもたくさん自転車屋がある

道路・交通

交通ルール

香港と同じく、そして中国と反対の左側通行

自転車での走りやすさ

香港と同じようなものかと思ってたが、存外走りやすい道だった

バイクも多いし、気持ち道も広めかもしれない

マカオは面積に対しての人口密度が高いと聞くが、香港は

インターネット事情

中国本土のインターネット規制からの開放!

香港ほどではないけども、FreeWi-Fiは飛んでる

また、観光案内所に行くとFreeWi-Fiスポットのパンフレットも置いてあった

ガソリンについて

どっかでメモった気もしたが忘れた

自炊したくなる物価の高さではあるが長くいる場所でもなければ、火を使えば人に見つかって通報されそうな場所だな

気候

暑い

観光・見どころ

東洋でありながらポルトガルの影響を受けた建築物、世界遺産群はまた香港とも違った趣を感じられて楽しい

そしてカジノ!今じゃあラスベガスより経済規模が大きいらしい、ベネチアンは迷うほどデカかった!

どういうものか想像はつくだろうけども、それでも日本にはない文化なので一度見て欲しい

最低5000香港ドル(約45000円)からの台とかあってビビるから

まぁマカオ来たらこれだわなぁ~という二大定番だね

あとはドッグレースが意外と楽しかったなぁ・・・馬より身近な生き物なので、なんというか親近感が湧く催しかな

今現在、存続の危機だというのもあって興味を引いたんですよね

数年後なくなってるかもしれないそうなので、行くのならお早めに

お国柄・人柄など印象に残ったこと

街は古臭くてボロボロ、香港とは違う、中国に近いかもしれない

いや、中国も最近は高層マンションの建築ラッシュだったので、むしろ中国よりボロいかもしれない

そんな一方でカジノエリアはド派手にライトアップにギンギラギン

そしてまた、香港・マカオと国境を越えて中国に入ったときの物価が違うこと、世の中の格差を感じる

ベネチアンというか、カジノは本当に力を入れてるんだなと感じる

中国人は見栄っ張りだと思うのだけども、中国本土ではその見栄の裏側が透けて見える

あの国をハリボテと一言で評してる人がいたけども、なんとも納得してしまう

そんな中国が本気を出して見栄を張るとこうなるのかと、なんとも驚いてしまう

働いてる人で白人・そして白人っぽい顔つきをした人をちらほら見かけた、ポルトガル系の方?

あと、短い滞在時間ながら、マカオの自転車乗り?の人に走ってたらビールを貰った、それもアサヒビールを日本!

本当にありがとうございます

言葉・言語

広東語である

一国二制度の元、今なおポルトガル語が公用語である

標識等にポルトガル語が使われているのが面白いがさっぱり読めないな!

実際の話者はほとんど存在しないらしい

そんな訳で、英語の優先度は3番目になる

治安

まぁ、良いんじゃないだろう、よくわからないけども

特にカジノエリアは警備が厳重そうだなぁ

宗教

町中に道教のお供え物とか見たりしたけども、印象的なのはやっぱり教会だよね

お祈りしているマカオ人も見かけたけども、どのくらい居るんだろうか

覚えた言葉

なし

オタク文化

image

ゲーセンでガンダムをやる人たち

image

中野ブロードウェイにありそうなフィギュアショップ

ってか、チョイスが渋いなぁ

image

ガンプラとか

image

子供が書いた絵がぬらりひょんの孫

まとめ

走行記録と言っても実際のところは10kmくらいしか走ってないのだけども

マカオは自転車で走るような場所じゃないしなぁ・・・東京の1区くらいの広さしかないとかなんとか

つまるところ、ただの観光記録である

なんやかんやで3日間(実質一日半)いたなぁ

物価の高さ(特に宿代)から一泊で出ていく自転車乗りが多い気がするので、一日多く滞在したな!

まぁ、見るところを見るだけなら丸一日あれば足りる場所に感じるわけで、それをもう一泊したのは初日は午後にマカオに到着したという中途半端な時間だったわけだけども

結局、なんとなく時間が余って宛もなく街をプラプラ歩いてたような気もするが楽しかったよ