カテゴリー別アーカイブ: 2017マレーシア連邦自転車ツーリング

マラッカ観光1日目

マレーシア連邦自転車旅行の記録

マラッカ観光1日目@2018年1月26日

体調はほぼ完調

DSCF6363[3]

それでも、いつも通りに昼近くまで宿でだらだらと過ごしてからマラッカ観光、中心部の世界遺産区画へと向かう

DSCF6364[3]

区画手前の教会を見上げてると、おっさんが英語で写真撮ってやるよ!と話しかけてくるのでお願いしてみる

そうしてたら、また日本語で話しかけられた

白人と日本人の夫婦らしくいろいろと聞かれる、しばし雑談、久しぶりに日本人とこんな話した、いつ以来だろうか、台湾のとき以来?

DSCF6373[3]DSCF6374[3]DSCF6375[3]

↑マラッカの中心部、オランダ広場。真っ赤

DSCF6396[3]DSCF6399[3]DSCF6400[3]

↑セント・ポール教会。ポルトガルによって建てられたが後に占領したオランダ、イギリスによって破壊された

まずは写真でもよく観るオランダ広場とその周辺を散策、思っていたよりも狭い、で次はどこ行けば良いんだと思ってたら小雨降ってきたので近くの大型ショッピングモールへ移動

散策してみるが大きい割にはたいして面白いもののないショッピングモール、ただこの当たりに3つはショッピングモールがあるらしい、良いのか悪いのか

DSCF6440[3]

A&Wレストランがあったので、なんとなしに入って見る

DSCF6441[3]

マクドナルドのダブルチーズバーガーセットより高い値段のチーズバーガーセットを頼んで見る

DSCF6444[3]

食べてみたら普通のチーズバーガーでイマイチ、マックの方が美味いわ

ジュースはA&Wが大ジョッキで出てきたのはさすがよ

天気が回復しの見計らって、また周囲を散策

DSCF6449[3]

↑ファモサ要塞跡 サンチャゴ砦

DSCF6450[3]

↑中には絵売りが居た

DSCF6451[3]

↑ファモサ要塞跡 サンチャゴ砦の裏口

DSCF6464[3]

↑再現されたガレオン船

DSCF6468[3]

↑中は博物館になっていて昔のマラッカを再現している

DSCF6471[3]

↑誰かの像

DSCF6476[3]

↑一番上にある船長室、広い

DSCF6483[3]

↑セットで入れる博物館

DSCF6484[3]

↑ガレオン船の向かいにある博物館で、これもセットで入れる

DSCF6495[3]

↑けれど展示物は何故か軍隊関係、マレーシア海軍?

DSCF6499[7]

↑古い軍船だろうか

DSCF6518[3]

↑マラッカタワー、外から眺めるだけである

最後は中華街へ、どうも今日はナイトマーケットの日らしく出店が出てる、そういえばさっき会った日本人の人も言ってたな

DSCF6523[3]

中国国旗をぶら下げた自転車を2台見かけた

DSCF6524[3]

近くのおっちゃんが、そいつ中国から来たんだよ!って押してくれる、あとで自転車が出てく所少しだけ見かけたが若い人かと思ったら割りと年いった人だった

DSCF6525[3]

↑ボディービルダーか何かのジムの前にあった像、ものすごい存在感

DSCF6526[3]

↑強い

DSCF6567[3]

↑人で賑わうナイトマーケット

DSCF6580[3]

↑のど自慢カラオケ大会

今日の晩御飯、ジュース2RM、ソーセージ4RM、麻芝5RM、ドリアンチェドル7RM

天気も小雨が降ってきてぱっとしないのでさっさと変える事にした

夜は風邪もほとんど回復したでしょう記念と勝手に称して晩酌にホワイトタイガービール、セブンイレブンで2個変えば半額キャンペーンで11.20RMだったのでついつい買ってしまう

さっぱりしていて飲みやすい、ぐいぐい行けてしまう

風邪のひき始め@2018年1月21日~25日

マレーシア連邦自転車旅行の記録

風邪のひき始め@2018年1月21日

DSCF6217[3]

寝るときは暑いくらいだったのだが、夜中、寒くて目が覚めた

そして、起きたら頭がなんだかボーっとする、咳も時折出る・・・これは・・・風邪か・・・?

とりあえず、熱を測ってみようと思って医療品袋を漁るが体温計がない・・・

もしかしたら、今まで一度も使うことなかったし、何処かでこの先も使わないだろうなと思って荷物整理の折に処分してしまったのかも

それに日本に居た頃は具合が悪くなったときに熱を計る習慣がなく、とにかく寝て治すスタイルだったので要らないと思ってしまったのかもしれない

しかし、ここは異国の地だから変な病気に掛かってる可能性もあるので、異様な高熱があるようなら病院に駆け込まないと命に関わる可能性もある・・・

自己判断で勝手に風邪だと決めつけて、命を落とした旅行者の話を聞いたこともある

なので体感じゃなくて、体温測定して自分の今の状態をしっかり知れないというのは結構不安であった

荷物と言ってもたいして重いものでもないのに、なんで捨てちゃったんだろ、僕の馬鹿

とりあえず撤収準備をしつつ10時頃まで気分にまかせつつボーッとしてたら少し楽になった気がしたので出発

通り道から少しそれたところにKokupという街があるらしいので興味に惹かれて行ってみる、どうやら島行きのフェリーがここから出てるらしい

DSCF6219[3]

てっきりすぐ沖合にあるKokup島行きの船なんだろうなと思っていたら、もっと遠くにあるインドネシア領Karimunbesar島行きの船だった

何故かフェリーターミナルのスタッフの人らからとか歓迎された

あまり大きくない街(村?)なのだけど、交通の要衝なだけあって人で賑わっている

DSCF6222[3]

↑食べこぼす前にビニールシートをテーブルに貼ってる中華料理屋

DSCF6229[3]

マレーシアのローカルチェン店、メリーブラウンがあったのでどんな味か挑戦してみることにした

DSCF6232[3]

チーズバーガーセットを注文したが、チーズはチーズの味はするけど何故か半液体状のもので、肉もマレーシアの出店で売ってるのに似た、肉だけど何か独特の味わいがある謎肉だった、これがローカルの味か

フライドポテトもどこかパサパサし過ぎてる印象で、僕的にはマクドナルドのほうが好みの味だった

ハンバーガーを食べたいならマクドナルドに行くけど、メリーブラウンはハンバーガーだけじゃなくてご飯物も売ってるのでマクドナルドと差別化はされているようだ

DSCF6230[3]

↑特徴的な椅子

具合が悪いのに栄養のなさそうな朝食兼昼食を取った後は18時近くまでひたすら走ってへとへとになったので、BenutとTampokという街の間くらいで休憩、そのまま野宿した

夕食は近くのレストランで食べた

ここでも何故か「ありがとう!」「こんにちは」とか言われて歓迎された、マレーシアの人らは簡単な日本語を知ってるようだ、これもルックイースト政策の影響なんだろうか

夕食のメニューはいつものチキンカレーに、アイスティーを2杯、それから店の人が注文してないけど鳥の手が入ったスープと煮込んだ魚の切り身を持ってきてくれて、これで7RM

どうもありがたいことにサービスしてくれたらしい

マレー半島北上@2018年1月22日

DSCF6252[3]

今日も起きたら体調があまり優れないままで、まただらだらと撤収準備を始める

8kmほど走行した先に中華料理屋を見つけた

空腹感はある、ただし食欲があまりわかない、それでも無理にでも食べないと身体は良くならない

DSCF6255[3]

この食欲がなくなるのは、今までも旅行してきて体調を崩したときのパターンだなぁ

自転車乗りにとって食事は大きな楽しみの時間のはずなのだが、今は楽しめない、義務的に食事を接種する

その後もあまり調子が出ず、ぽつぽつ休憩をはさみながら、マレーシアのあまり大きな街がないこの一帯を走っていた

途中、休憩していたら自転車旅行者がこちらに気づくことなく僕を追い越していった

背中の方から一瞬しか見えなかったけど、白人のように見えた、荷物はだいぶ積んでるようだった

本調子でない今、たぶん、僕が彼を追い越すことはないような気がする

夕食はさっぱりした物を食べたい気分だった、しかしマレー人のやっている料理屋は僕が知ってる限り濃い味付けの料理しかない

DSCF6268[3]

だから、中国系料理店を探したのだが残念ながら見つからなかったので、マレー系料理を作ってくれた人には失礼だけどまた義務的に食べた

食堂のテレビでは東京を舞台にした外国の映画が流れていた、題名はTokyoDriftとかそんな名前だったと思う、金がかかってるようなので、たぶんマレーシアの映画ではない

DSCF6269[3]

主人公らしい白人は学生のようなんだが昨今見る機会も減った学ランを着て、学校の屋上で日本人の不良集団っぽいのと喧嘩してた

友人なのか取り巻きには同じく学ランを着た黒人や、喧嘩を見守るヒロインらしいラテン系?の女性もいた、なんとも国際色豊かな学校である

そしてこの映画は題名のようにカーレースを題材にしてるようで、夜は公道レースをやってるっぽい、見てるといろいろな自販機のカットが挟まれたりと、外国人から見た日本というのが垣間見れた気がした、いつかちゃんと見てみたいな

ところでシンガポールを出てから数日間走って気づいたこととして、西海岸側は中国人が多く、あちこちに住んでいる、東だと街以外では見かけなかったと思う

マラッカで風邪を治そうか@2018年1月24日

image[14]

マレーシアによくある廃墟にて起床、天気良し

クアラルンプールまでこのまま走る予定だったのだが、何気なくスマホで調べたらスマトラ島行きの船がマラッカだけでなくクアラルンプール郊外のポートクランから出てるとか出て来る、マジか

もうちょっとしっかり調べてみたら、ちゃんと今でも運航してるらしい、マジか

クアラルンプール行った後にマラッカに戻る・・・という予定を立てていたのだが雑なプランだったのようなので変更して、マラッカ→クアラルンプール→インドネシア(スマトラ島)という自然な流れのプランへ変更する事にした

まぁそれはそうと体調不良の件である、昨日は雨の中漕いだせいか一昨日よりまた悪化してる、その上、朝方寒くて目が冷めたのでちゃんと身体を温めてなかったのも原因なのは間違いない、今この地方は雨季だしこんなんじゃ治らねぇぞ

このまま体調崩したまままインドネシア突入じゃなくて、どこかで治したいよね

DSCF6348[3]

とそんなこんなで安宿調べて突入、久しぶりにシャワー浴びて、歯磨いて、夜まで寝た

晩飯は21時過ぎ起きて散策したら中華パン売ってた、パンなら自分のペースで、スポーツドリンクと一緒に飲み込みやすい気がしたので購入、それ食ってまた寝た、とにかくこの日は寝た

久しぶりにちゃんとしたベッドで寝て感じたのは、どうも自分の体は自分が感じてた以上に疲れてたっぽいな~ってことで、野宿なんか慣れっこではあるのだけど、それでも宿だとちゃんと休めてる感幸せ

会社の先輩が昔、30過ぎたら歳を感じるとか言ってた、俺も若くないってことなんだよなぁ~

風邪は寝て治すに限る@2018年1月25日

風邪を治すため昼頃まで寝ていたが、空腹感を覚えて食事のために起きることにした、たぶん寝過ぎが原因で頭が痛い、しかし風邪っぽさはだいぶ治った気がする

近くに茶藝室に行きチキンライス5RM,さっぱりしていて食べやすい、けどまだ胃にそんなには入れられない感じ

それと外はかなり暑いんだが、少し扇風機に当たってたら寒気がしてきた、やっぱりまだ本調子じゃないな、今日もおとなしくしておこう

というわけで、飯食った跡はちょっと遠回りの道を選びつつ宿へ、けどだいぶ寝たし、頭痛もするのでこれ以上寝るのは勘弁

そういうわけで宿のWIFIに繋いでブログの更新でも・・・と思ったけど、しばらく頑張ったがかなり駄目なWIFIだった

スタッフにルーターをリセットしてもらうとか、時間を変えて試してみるとかするが、一時的に繋がることはあるが繋がらない方がデフォルト、とてもインターネットを楽しめるWIFIではない

マレーシアの安宿は値段なりにWIFIも駄目なことが多い気がするなぁ

結局、スマートフォンでツイッターみたりして適当に時間潰してたら夜になって、晩飯に周囲を散策してたら見つけたクーテーミー4RM食べて、溜まってた洗濯して夜普通に寝た

そういや、持ち歩いてる服のジッパーがかなり駄目になってるんだけど、これどうにか治せないだろうか、調べるとサンポールに漬けろとか出て来るが、マレーシアにはないだろうしな

自転車旅行、ユーラシア大陸最南端に到着@2018年1月20日

DSCF6117[3]

目を覚ますと公園では地元の人らが散歩したり、バスケやったりしていた

とりあえず、朝飯食べながらぼーっと時間を潰して、イオンに行ってみる

よく分からない街のイオンだけど、しっかりイオンだなぁ

image[5]

↑子供向けの遊具、しかしよく見ると・・・

image[8]

↑黄蜂特攻隊!・・・大丈夫なんかな・・・?

image[11]

↑発狂したドラえもん

ピザがセールで安かったので買ってみる1つ2.9RMなところ3つで7.9RM

販売員の何故か非常に親切で電子レンジのあるところまで案内して手伝ってくれた、優しいなぁ

DSCF6131[3]

あと、今回の旅行にて初めてとなるSIMカードを購入

マレーシアの各通信会社の特徴は以下の通りらしい

digi→安めの値段設定だが、田舎などでの電波のつかみ具合はイマイチらしい

maxis→ちょっと高いが、値段分以上に通信容量が付いてくる

x-pax→マレーシアでもっとも電波状態の良い通信会社、値段と通信容量は普通

最初、x-paxが欲しいなと思ったが、探したがx-paxはキャリア店舗がないらしい

何かSIMを使うのに設定する本体の設定が必要だと思っていて、変な場所で買うのが心配だったからキャリア店舗ですることにした

だけど、店員にお願いした所、SIMカード刺すだけで設定をいじる必要はなかったらしい

SIMカードの値段はSIM8RM+トップアップ30RM=38RMで一ヶ月間使える

どの通信会社も1RMトップアップするごとに一日使える仕様らしい、つまり一日の通信代1RM(30円ほど)

そんなこんなで散策してたら居心地よくてすっかり昼過ぎになってしまっていたが、ようやっと出発

DSCF6143[3]

↑たびたび見かけるおかしな建物、何かなと思っていたら給水塔らしい

目指すはアジア最南端、遅くなったので今日はつかないかなと思ってたがなんか付いた

17時30分過ぎに到着したらなんかゲートが閉まってるんですけど

スタッフが居たので話してみたら、この公園、17時30分までで今日はもう終わりだとか言っている

え~、せっかくここまで来たのに!(自分の時間管理の件は都合が悪いから聞こえない)

というわけで、ちょっとだけ入れて!ちょっとだけ!とか言ってみたら、しょうがねぇなぁ写真だけだぞ?とか言いながら入れてくれた

DSCF6158[3]

今度は公園入口に着いたら、出店やってる人が「コングラッチュレーション!」とか言って歓迎してくれる

さっさと最南端を見なければと中に入ろうとしたらチケット売り場があって半分閉まりかけている!

ここでも、今日はもう終わりだぞとか言われてたが、わざわざ自転車で来たんだ!ちょっとだけ中を見させてくれと言ったらチケット売ってくれた

DSCF6159[3]

マレーシア人と外国人価格があって僕は21.20RMだった

更にもぎりの人にも今日はもう終わりだよ~とか言われたけど、けど僕チケット持ってる、買ったぞ!と言ったら、しょうがねぇなぁみたいな感じで入れてくれた

このなし崩しに進む感、いやぁマレーシア人は優しいなぁ

DSCF6167[3]

↑園内にある休憩所

DSCF6173[3]

↑砂浜というか浅瀬の上にある

DSCF6195[3]

↑最南端にあるモニュメント

DSCF6205[3]

↑11メートルも木の根の高さが有るマングローブ

園内を歩いていたら、日本語を話せるマレーシア人に話しかけれられた

久しぶりに日本語を話したが、どこから来たの?いつから旅行してるの?と普段と変わらない会話内容なのが何だかおかしかった

この公園にはキャンプサイトがあるそうで、野宿するなら今日はそこで泊まったらと教えてくれたが、猿がうろちょろしている

イタズラされないか心配だよなと思ってたら案の定、自転車に戻ったら猿がビニール袋を引っ張り出そうとしていた、やっぱり駄目だわ

結局、公園すぐ近くの廃墟で就寝した

シンガポール出国、再びマレーシア自転車旅行@2018年1月19日

シンガポール最終日、再出発

朝、買おうかどうか迷ったbluetoothスピーカーを結局買うことにして、10時近くのショッピングモールへ行く

ショッピングモールは朝10時から開店なのだが平日ということもあってか開いてない店の多いこと

これから出勤、開店をのろのろとはじめている店が多くある

なんかまったりしているなぁと思ったが、日本のショッピングモールもこんなもんだったろうか、あまり行くことがないからよくわからん

結局、店内をふらふら歩いていたら11時過ぎになってようやく開店し始めたので特売品をスピーカーを購入

x-mini xoundbar 38sgdなり、帰って早速使ってみたら小さいくせに音のすごくいいこと、コスパの良い品、さてどうやって自転車に積載しようかな

帰った後も、自転車をちょいちょいメンテしたり今更な準備をしたり、13時頃に準備終了

一番下のボトルケージホルダーを外す→タイヤと干渉するから

トップチューブバッグを交換→ジッパーが壊れた、他の部分もボロくなっていたので

チェンシンタイヤ製の予備チューブを一個貰った

それから宿のスタッフと話し込んでたら14時近くになってしまった

宿には何故か日本語の本(これは宿泊した日本人が置いてった?)や日本語の自転車雑誌が置いてある

スタッフが雑誌を開く、日本人自転車世界一周者の特集をやってるページを見せてくれた、5人で46万㎞走ったらしい

他にもスマホからFacebookページを見せて、いろいろなツーリストを教えてくれる、日本人ってのは何年も掛けて自転車旅行してる奴らがいてクレイジーだなとか言ってた

なので、日本人は長い休みってのは取れないからね、仕事を止めなきゃ自転車旅行なんか出来ないのさ、だから長期化するんだろうね、と説明する

休みってどれくらい?とか聞いてくるので、1~3日くらいかな?(一般的にはGWとかあるけど、僕の職場は基本これくらいだった)と言うと驚いてた

DSCF6088[3]

宿のスタッフにお礼を言って次はチャイナタウンへ

ここでもまた昨日見かけた防水ケースの買い足しと(優柔不断)、シンガポールドルの両替をする

チャイナタウンには下町だけあって両替商があちこちある、USDを購入してレートは1.325だった、本日の市場公定レートは1.320、金融都市シンガポールだからもっと驚く高レートもあるかなと思ったがまぁこんなもんだろうか

image[2]

↑たまたま通りがかったプラナカンミュージアム

DSCF6093[3]

そして、ウッドランドまで高速道路を経由して出国

しかし、ごちゃごちゃ下道より迷わず走りやすいのだけど、高速道路って自転車走って良いんだろうか、他に自転車見かけないので駄目な気もするが警告板もないんだよね

マレーシアには前回三ヶ月居たけど、何も問題なく再入国

ただ、そのとき艦これ島風のストラップを落としてしまったらしい、島風轟沈・・・!うわあああああああ

DSCF6098[3]

↑ジョホールバルへ向かう道

ジョホールバルに出ると道のあちこちにゴミが落ちていて帰ってきたな感、標識も当然マレー語

適当に走ってたら海外線に出て、通行量が少なく走りやすそうだったのでそのまま走る

シンガポールの方を見ると天気が悪く雨が降ってるっぽい、間一髪だったか・・・

こっちは一時小雨になったが天気概ね良好

次はユーラシア大陸最南端を目指して走る

野宿しやすそうな人気のなさそうなら方向を選んで走ってたらBukit IndahというイオンやらTescoやらある賑やかな街に何故か到着してしまった

ジョホールバルのベットタウンみたいなところだろうか、さすがにこの辺りは賑やかだってことだね

どうしようかと思っていたら、街の中心にある公園が静かで東屋があったのでそこで野宿することにした

公園では夜なのに、職員っぽい人が花壇掘り返して整備していて、なんだこいつみたいにこっち見てたな

先日からの足の件は回復したが、左手の小指のしびれは引き続きでキーボード打ちにくい

長時間、ハンドル握ってるせいなのだろうけど、とりあえず、何処か自転車屋見つけて、バーテープ張り替えを試して様子見したいかな、おやすみ

マレーシアには大量に新しい無人商店街がある、つまり野宿が捗る@2018年1月6日~7日

マレーシア連邦自転車旅行の記録

マレーシアには大量に新しい無人商店街がある、つまり野宿が捗る@2018年1月6日

DSCF4180[3]

おはよう、野宿した道路脇の建物

DSCF4188[3]

このあたりは結構賑やかに思える、コタバル~トレンガヌ間に比べて、今日一日でマクドナルドを2件も見かけたし

トレンガヌからクアラルンプールまで続く高速道路を見かけたし交通の便が良い一帯なのかな

足の痛みは引き続いている、ただ左の膝の痛みは改善した、寝るときにちゃんと足を伸ばすよう姿勢に気をつけてみたからかな

ただ、今度は右足首が痛い・・・ストレッチをちゃんとしてなかったからかな、そんな痛み方

終いには左足首もまた痛み出してきたという~

DSCF4203[3]

↑道路脇のジュース屋さん、マンゴージュースにグアバシューズかな?

DSCF4216[3]

今日、珍しくマレーシアでショッピングモールを見かけたので寄り道、タイでよく見かけたような普通のショッピングモールでした

DSCF4225[3]

本屋に寄ったら打上花火の英訳版が置かれていた、多民族・多言語国家っぽいなぁ

本を読むにも言葉の勉強してからになるのか、大変そうである

天気は晴れ、晴れたら晴れたで熱い、くもりくらいが一番いい

台湾走ったとき、マレーシア人が台湾寒いとかいってたんだよなぁ、沖縄より南だぜ、あち~

今日の夜も建築してそのまま人が入ってなさそうな商店街を発見したので就寝

DSCF4259[3]

こういう打ち捨てたらっぽい建物が多いのでマレーシアは野宿がし易い

こういう傾向は中国っぽいんだよな、チャイナマネーで建物をバカスカ作ったものの人が入らず放置してるところが、マレーシアは華僑も住む国(しかも金持ってるっぽいような)

この資本投下は中国人の思考・中国の影響で出来てるんかね、どうなんだろ

クアンタン到着、安宿宿泊@2018年1月7日

DSCF4274[3]

今日も今日とて海が綺麗、海眺めならしばらくぼーっとうたた寝する、至福

天気は晴れ、今日も熱い

予備バッテリーも全て切れたので本日は宿を取ることに

予備バッテリー、ベトナムで購入した韓国製の奴、充電したつもりだったのだが使う前に空になっていた

前回充電してからしばらく経ってるが自然放電したかな?故障?

もう一つの香港メーカーのは何も問題ないのでどっちみち品質管理が甘いかも

50kmくらい走行してクアンタン到着

DSCF4284[3]

大きなショッピングモールを見かけたので入ってみる

DSCF4287[3]

↑賑やかなクアンタンのショッピングモール

そうしたらスターバックスがあって都合よくテーブルにレシート捨てられてあったので、それを使ってちょいっとWIFIを拝借させてもらう

SIMがなくてもこうやってなんとなかなったりする・・・こともある

Booking.comにて30RM(810円ほど)、最安値の宿を予約、モールからも幸いにして近い

マレーシアの宿代はこんなものか・・・タイよりは相場が高いね

せっかくなのでモール内を散策していると、何かイベントをしていた

化粧品会社のかな?何かわからないがみんな偉い着飾ってる

DSCF4296[3]

晩御飯はモール内にあったマクドナルド、ひさしぶりのファストフード、ジャンクフード、うまい

注文したのはビックマック指数で人気?のビックマックセット、値段11RM、そこらの安食堂の倍はするけど日本よりは全然安いよね

さて、このときポテトについてくる調味料でその国の味の嗜好が分かるのだけどマレーシアはケチャップ・チリソース・塩・胡椒となんと全部揃っていた

多民族・多文化国家なのでそれぞれ好みに合わせられるようにしてるのだろうか?ふ~む

どうでもいいがテーブルから手袋落としたら隣に座ってた親父がわざわざ教えてくれた、マレーシア人親切だよなぁ

モールのあとは10分ほど走って宿へ到着

ただ到着したものの空いてねぇ・・・

営業受付時間にたびたび休憩時間が儲けられていて、夜の部は19時からだとよ、けどぴったしに行ったら空いてなかったぜ

こっちの人は時間いい加減、宿のスタッフもいい加減、空いてなくて用がある人は電話してねって張り紙貼ってあるのを何度か見かけた

そして電話するにしてもSIM契約してませんがな~、あ~

DSCF4298[3]

しばらく周囲をふらふらして夜店みたいなとこで飼い食いしたりして戻ると空いてたのでチェックイン

そして、久しぶりの人らしい住環境にて就寝

マレーシアでの初にして連続パンク、SCHWALBE マラソンプラスツアーの寿命ついに@2018年1月4日~5日

マレーシア連邦自転車旅行の記録

マレーシアでの初にして連続パンク、SCHWALBE マラソンプラスツアーの寿命ついに@2018年1月4日

雨が続く~

昼頃に後ろタイア、パンク、修理したらまたパンク、おかしいなとおもいつつタイヤの底を漁るがパンク要因になりそうな異物はやっぱりみつからない

けど、交換したらまたパンク

普通のパンク音じゃなくて、破裂するような(バースト)異常な音

DSCF4080[3]

そしてようやっと気づいた、タイヤの横が切れてて中身がこんにちわしてることに

実はこれ前から気づいてたんだけど、SCHWALBEマラソン見つけるまで頑張ってもらおうと我慢(見て見ぬふり)してた部分

シンガポールにて販売してる店の情報を掴んでいたのでそれまで持ってくれと思ってたが・・・駄目だったか・・・・

予備タイヤを持っていたがモノは試しと思って、バースト時用に持ってきてたタイヤのゴム片を突っ込んで見る

しばらく持ったがやっぱりパンクした、タイヤの端ギリギリが切れてるのでゴムが当てづらい、当てても簡単にずれちゃうんだなぁ

結局、予備タイヤの登場である、パナレーサーリプモに取り替えた

タイヤを変えたらなんとなく、軽くなった気がする

まぁなんかグニグニした乗り心地だったきもするからな、きっと半壊したタイヤのせい、それでスピードが落ちてた可能性も微レ存

結局、パンクの原因特定と修理に3時間も掛かった、そして俺のやる気ゲージを削いだin一部雨の中、午後は幸い曇り空になったけども

そして、しばらく走り続けると、今度は膝がいてぇ、これも半引き生活影響下

それでも、頑張って走り続けてトレンガヌ到着

DSCF4089[3]

日本人墓地と街中を軽く見学

DSCF4103[3]

↑こんな田舎町にまでシェアサイクルが

DSCF4126[3]

夕食は中華街にて中華料理

マレーシア料理より中華料理の方が僕の口に合う、それと中華街は酒類も普通に置いてあるな

DSCF4129[7]

↑中華街のスーパーにて天井まで平積みされているビール

何処にでもあるわけじゃなくて、ある程度の規模の街でしか見かけないのが残念

大半はマレー人がやってるマレーシア料理の店である

ただ中華料理はちょっとだけマレーシア料理より高い気もする(数RMくらいだが)

正確には中華料理が高いというより、街と田舎で飲食店の物価に差があるのかな~って感じ?

夜は街中の適当な掘っ立て小屋で就寝、ちょっと臭い、裏の空き地がゴミ捨て場になってるかな、アジアあるある

臭いのはいやだけど、我慢できるところではある

膝の痛み悪化@2018年1月5日

トレンガヌ出発

朝起きたらそこらを鶏をうろついていてコケコッコー鳴いている、掘っ立て小屋の下にはぬこの@があった・・・臭うなぁとは思ってたがもしかしてこれか・・・

マレーシアは野良犬があまり居ない代わりに、よく猫が彷徨いている、この日の夕食時も猫が寄ってきて餌を強請って来た、大自然猫カフェ状態である

そしてまた当然?ながらタイと違って犬の代わりに猫の@を道路でたびたび見かける、もちろん子猫も

日本ではよくぬこ動画が流行ってるイメージだが、マレーシアの人は動物の生き死にには結構、淡白な気がするなぁ

安全基準は日本より低くて人間でもアブねぇなってところとか、姿そのまんまな鶏肉売ってたりとか、まぁ死臭をを身近に感じるかな

左足の膝は起きたら回復してた・・・と言いたいがちょっと走ったらまた痛みだした

今日は休み休み、騙し騙し走っていた印象、いつもより速度も出ないか

一時は痛くてまったく動かせなかった、それでも少し休んだらまた動かせるようになったのは助かったが・・・

膝の痛みはミャンマー走ってるときとか、今までも軽く起きてたが今回は酷い・・・割りと深刻かもしれない

あと左手小指辺りのしびれが一日続く、今もキーボードが打ちにくくて仕方がない、どっちもとりあえず様子・・・再出発したばっかりであれだが、どこかで数日様子見したい気分である

とはいえ、そこまでビザ余裕はないはずなので走るけど

DSCF4139[3]

↑朝からランニングする地元住民で賑わってる公園

DSCF4157[3]

DSCF4163[3]

マレーシアの海沿いを走る、とても綺麗、この世の楽園・・・という言葉がなるほどぴったり、そんなイメージ

膝を休ませつつ、しばらくボーッと見てしまった、今日は金曜日、イスラム教徒は休みだから家族連れも多かった

旧日本軍は12月8日にコタバルに上陸、南下してこの辺りも通ったのかなと思うがこんな美しい景色をゆっくりみてはいなかっただろう

DSCF4170[3]

盛大に事故って爆発炎上したのだろうか

足が痛い一日@2018年1月3日

起きたら足が痛い、ちょっとした筋肉痛か

しばらくの半引きこもり生活により筋力落ちてるのかなぁ・・・と考えさせられてしまう

あと、軽く頭痛と食欲がない

そういえば、出発前に食べたカレーパンが変な味がした、やばいと思って口から出したが一口くらい飲んじゃったんだよなぁ・・・それじゃないよなぁ

DSCF4060[3]

↑昨日の野宿場所、廃?食堂

DSCF4061[3]

↑マレーバク注意の看板

DSCF4071[3]

↑小腹空いて食べたマレーシアのパン、チョコレートとバターはちみつ味、一個1RMくらいだった

DSCF4070[3]

↑パンを買ったスーパーに置いてあったガチャ、一回50セン(15円ほど)景品は当然、日本製ではなかった、中国製?

DSCF4075[3]

夕食、店の親父がテレビを差して、マレーシアの何処かが洪水になってるのを教えてくれた

今日も天気が悪く、雨が降る降るたまに止む

コタバル郊外にある戦跡記念碑を見る@2018年1月2日

DSCF4044[3]

再出発

しばらくの休憩(沈没・2ヶ月)ののちコタバル出発

天気はよろしくない

来たときの道を戻って、日本軍占領碑を見に行く(コタバル滞在中に知った)

もう少し進んで夜はそこらの廃墟で就寝

2ヶ月半引き生活しての感想

会社止めてから、どっかでしばらく休みたいだらけたいとか思ってたけどそのまま自転車旅行に出ちゃったので、ようやっと出来たなみたい

物価安、ビザに余裕があるのからやっちゃったけど望んでた感じ

理由に前々からやりっておきたかったことをやる~ってのがあるけど、実際やれたかはイマイチ

時間はなくても、やるやつはやる、やらないやつはらない、みたいな

時間がないのは言い訳だぜ、時間は作るものだぜ、というのを時間を無駄にして反面教師的に学んだよな

そんな訳でいろいろ言い訳してやってなかった日記、ちょっと頑張ってみるかなぁ

いざやってみると数十分くらいで書けるし

以前も書いて投げてるけどあのときは肩に力を入れすぎてたかも、今はちょうどいい感じにいい加減に掛けてる気がする

再出発して

なんか前より自転車が、ペダルが重い気がする、半引き生活の影響か

それもあってか、時間の進みも遅く感じる

前なんか、1時間くらいはぼーっとしてたらあっという間に過ぎてたんだが、そうならない、体感的にすすまない

復帰戦は50kmくらい?

シンガポールまで80km/日で計算してたけど、ビザにはもう少し余裕があるのでちょっとくらいは遅くなっても大丈夫

全体的に旅行スキルが落ちてる、続編になって弱くなったようだな、身体が慣れてない、しばらくしたらなれるだろうか、慣れろ

何はともあれ、ビザもないし、今は進むしかない

東南アジアで3回目の盗難被害、さすが@2018年1月8日~9日

マレーシア連邦自転車旅行の記録

東南アジアで3回目の盗難被害、さすが@2018年1月8日

あ~、やられました、また盗まれました、盗難アジアですねぇ

被害はサイコン・パンク修理セット一式(予備チューブ・タイヤレバー・マルチレバー・ニッパー・パッチ数個)・コンパス・温度計

自転車につけっぱなしにしてるものを盗まれた

パンク修理セットは2ヶ所かに分けてるのでまだ持ってるけど・・・これは書い直すものもありますね・・・あ~やられた

犯行時刻はいつだろう?

昨日か今日のショッピングモールで駐輪してたとき、もしくは宿に泊まってるときかな

泊まった宿、マレーシアの安宿にありがちなのだけど2階以上が宿になっているタイプ

1階部分は違う店が入ってるのね、まぁ入居費が安いんでしょうねきっと

つまり自転車を中に入れられないタイプの宿だった、いや、無理してでも入れるべきだったのか?他の自転車の旅行の人はどうしてますか

あー、なんでマレーシアはこのタイプの宿が多いんだ、イケてない国だなぁ(八つ当たり)

物の盗難はこれで3回目、全部東南アジア、そして新年そうそうに1回目、幸先がいいなぁチキショウ

幸いにして金銭的にはそこまで大きい額でなく済みそう

しかし、いつ盗まれたの分からないので状況もよくわからないけど、バッグごととかもっと大きな被害があっても不思議じゃなかったんじゃないかろうか、何、金銭じゃなくて嫌がらせが目的・・・とか?

DSCF4338[3]

クアンタンではイオンビックモールとモスクを見学、午後もだいぶ良い時間になってからゆっくりと出発

DSCF4343[3]

↑綺麗な内部

モスクでは警備の人に見学したと言ったらわざわざ案内してくれた

DSCF4351[3]

モスク内には図書館まで子どもたちが勉強?していた、生活に根ざした宗教

天候はくもりのち小雨、これくらいが涼しくて良い・・・かな?

DSCF4370[3]DSCF4372[3]

晩御飯はクアンタンから南30kmほどにあるペカンにてインド料理、ナンカレー、スパイシーチキンは初めて食べた、日本だと割高感があって食べたことなかったがうめえ

ドリンクも二杯お変わりしてこれで14RM(380円ほど)、ちょっと贅沢したがそれでも安い

夜は食堂近くの警察前の建物(博物館かなにかか?)で就寝(やる気のないざっくばらんな記録)

KualaRompinの街に到着@2018年1月9日

DSCF4379[3]

朝ごはんは中華料理、スープなしワンタンメン

揚ワンタンが入ってたりコタバルのとは具材が違って店ごとのバリエーションを感じてみたり

DSCF4388[3]

今日のお天気は晴れで熱い、黙々と走る

DSCF4389[3]

途中横を見ると大規模に塩を作ってる

DSCF4392[3]

もしくは、森かたびたび町があったり、海が見えたりそんな感じ

DSCF4413[3]

夜はKualaRompinの街に到着、晩御飯はNASI AYAMにフライドポテト、アイスティーで12RM

近くにスーパーにあったのでなんとなく入って散策してみる、こんなよく分からない田舎町なのに結構大きく立派だった、マレーシアの豊かさを感じる

コンセント変換アダプタがあったので、予備として購入した

盗難された自転車道具類も買おうかと思ったが、よく考えたら今まで持ち歩いてツールの規格を正確に把握してなかった、調べておこう

1.5L炭酸買ってがぶ飲み、あとサティを5本買って4RM、つまみにする

夜は運動場横にある公衆トイレの軒下にて就寝

何故、マレーシア人はサッカー日本チームのレプリカシャツを着るのか・タイ系マレーシア人にご飯を奢ってもらう@2018年1月10日~11日

マレーシア自転車旅行の日記です

何故、マレーシア人はサッカー日本チームのレプリカシャツを着るのか@2018年1月10日

DSCF4427

目覚ましに起こされ外を見ると雨が降ってる・・・天気が悪い、テンション上がらん

けど、トイレのスタッフらしき人も来たし、面倒だけどとりあえずテントをたたむ

出発の準備を終えたが、やる気でない、のでぼーっと外をみる

雨は止まないが弱くなってるので、朝食

DSCF4432

適当に食堂に入ったら見つけたナンカレーを二切れ、コーヒーで4.5RM

しばらくまたぼーっと外を見るが雨は降ったり止んだり、俺のなけなしのやる気も翻弄されるがこうしてても仕方ないので行くことに

今日走った所、だいたいは森の中だった、あとたまに坂だったと思うが、さして印象にも残ってない、そんな場所を何度か休憩をはさみつつ雨に耐えつつぼーっと走る

DSCF4449

晩御飯はミー・ゴレン、アイスティー、それと食卓にあった菓子パン3個で7RM

DSCF4450

食堂のテレビにはサッカー、日本vsパキスタン戦が流れていてみんな見ている

店のスタッフの一人は何故かサムライブルーの色した日本ユニフォームシャツを来ている

なんだろ、日本が好きなのか、サッカーが好きなのか、たぶん後者だけど日本にも好意持ってる感じなのかな

このサッカーの日本レプリカシャツ、ペナン島とか他の場所でも何度か見てるんだよなぁ

マレーシアにもサッカーチームあるよね?もしかしてないのか?それで地元に野球球団がない都道府県がジャイアンツ応援するノリで日本を応援してくれてたりするのだろうか?どうなんだろ?

夜は付いた町の外れにヒサシがついて何か使われてなさそうな一角が有ったのでテントを張ることにした

そうしてたら店のオーナーだと言う人が来たけど、ここで寝ていいとのこと、ありがたい

夜も変わらず雨は降り続けてる、今日は一日中雨で嫌になるな、おやすみ、明日ははれにな~れ~、なりやがれ

タイ系マレーシア人にご飯を奢ってもらう@2018年1月11日

DSCF4452

朝目を覚ますと外から雨の音・・・駄目だったかぁ・・・

だらだらと撤収作業をして、Mersingの中心街へ向かう

DSCF4453

朝食はKFC、バーガーセット4.5RM

ハンバーガー小さいなぁ、これでこの値段なのはやっぱり割高感あるよなファーストフード

コーヒーは普通にブラック出てきた、砂糖・クリームはお好みでセルフサービス、久しぶりにブラックコーヒー飲んだような

その後、街をぶらぶら

携帯屋産みつけたので冷やかしにSIMの値段を聞いてみたらX-PAX20RMから、SIMカード10RMにトップアップ値段込みらしい

もうすぐシンガポール入国するんでSIMカードに付いてくる最低限の初期セットだけでいいんだがな、まぁ別になくてもいいか

DSCF4462

結局、朝食物足りなくて2回目食べた

度々見つけて気になってたnasi leamkをいただく

なにかと思ったら脂ご飯という、炊き込みご飯の一種らしい、それにチキンに、なんかチャイを進められたの(珍しく置いてる)飲んでみる、なかなか美味かった

そんなだらだらして11時位になってから出発、雨は続くよやる気でない

本日、人里少なくほぼ森の中、そして地味なアップダウンが続く丘

雨は昨日ほどは強くはないが、止むことはなし

ちょうど分かれ道のところで飲食店見つけたので入店

ナシゴレンと紅茶を2杯いただく、雨で寒い、ありがいたいことに店主が奢ってくれた

それと交渉して店の横の軒下にテントを張らせてもらえた

店主が自分も奥さんもタイ人だと話していて、実際タイ語を母語として使っているようだった

マレーシア旅行していて目立つ人種というとマレー人の他に、華僑、インド人だったけども、そら隣国だからタイ人も一定数いるよなぁ、多言語・多民族国家だよなぁ

ただ奥さん、ヒジャブを被っているので宗教はムスリムなのだろう、タイ人には仏教徒のイメージが強いのでちょっと意外である

宗教がムスリム化してると、タイ人とマレーとの違い、僕には分からないなぁ