カテゴリー別アーカイブ: ゲーム

幻想水滸伝2のクリア完了後感想@15年の月日を経て初めてみたベストエンディング

幻想水滸伝2は、だいたい15年くらい前くらいだったろうか

当時、プレイステーションでプレイしたのだが

攻略本もなしに遊んだので、当然ながら、108星を集めることなんかできなく

普通のエンディングを見て終わっちゃったんだよね

この前、なんとはなしにPSP版の幻想水滸伝1&2を見かけて

ベストエンディングを見てなかった、未練のようなものを思い出して

時間がないというのに、ついついプレイを初めてしまった…

とても、久しぶりにプレイしたけれど、やはり幻想水滸伝2は素晴らしいゲームだなと感じた

とても悲しく、よく作られているストーリー

友人同士、戦争という大きなうねりに巻き込まれ

求め目指すもの願うもの、戦う理由は、ふたりとも

ただ平和な世の中だというのに

運命のイタズラか、戦争という渦の中で足掻いていくうちに

二人は、それぞれの勢力のリーダーとなってしまい

それでも、仲間たちから受ける期待の、そして希望の存在として

争っていかなければならない

大切なモノは、今でも、三人であのキャロの街で過ごしたあの時間なのに・・・

そんな、悲しい戦争の過程と、結末は

プレイヤーのこころにとてもよく響く

やはり、今でも、幻想水滸伝2のストーリーの出来は秀逸だ

細かいところまで、作りこまれているゲームシステム

RPGではあるのだが、ゲームの本筋としても重要な。戦争の場面は

SLGになっていて、より戦争場面というのを理解しやすくなっている

また、ゲームのストーリーとしても、関係ない部分に

仲間を集めることで、発展していく、城システムや

料理イベント、目安箱や、風呂、探偵システムに、ミニゲームなど・・・

旧作主人公が出てくるだなんて、おいしいイベントもあるし!

しかも、操作可能で、最後まで連れてけるし!

ちょっとした、お遊び要素と、そのつめ込まれた密度がすごくとても驚かされる

ゲームにあったドット絵

PSという時代において、2Dゲームというのは時代遅れなグラフィックではるのだが

このゲームにおいては、ドット絵はとてもマッチしているし

決して、手を抜いているとは思わない

それに、幻想水滸伝1と比べれば、とても進化しているのもわかったし

手抜きではないキャラクターたち

ゲームストーリーを進めていても、同行者がいろいろと場面にあった台詞を言うのだが

108人+αも居るのよ!

それに合わせた、それぞれ台詞が用意されているはずなので、

たしかに、大勢としての、ストーリーの重要な部分に絡んでこないキャラクターも多いのだけど

ただ、キャラクターを用意しただけではない

ゲームシステムの部分に絡んでくるキャラクターも多いしね

とても、手間が掛かってるよね

それに、サブキャラクターたちにも、強い存在感がある

特に、悪としての存在を最後まで貫き通し、最後まで圧倒的な強さでプレイヤーを翻弄したルカ様は

もっと、RPG界の中で語り継がれてもいい

まとめ

RPGというジャンルの中では、FFやドラクエ、テイルズとか・・・

そんなのと比べると、いまいちマイナーなシリーズゲーではあるのだけど、やっぱり2は面白いよなと思った

まぁ、3で、世界観を監修してた、プロデューサーが抜けてしまったらしいので・・・

それ以降は、あまり評判もよろしくなければ、なにか世界観も過去に戻ったり

なんだか、迷走しがちなような印象を受けるので

それが手痛かったのかなぁ・・・

そんなのものあって、メジャーになれなかったんだろうな

[PS3]ニーア・レプリカントをプレイ完了後の感想。人間の愚かさはどうあっても変えられない

なんか、続編が決まってるらしいですが、この内容でどういった続きになるんでしょうかね…

新作の公式サイトも出来ていて、トレーラーも上がっていて、PVに出てくる、主人公?らしい少女がなんか、もっこりしていて、男の娘じゃね?とか言われてますが…

銀髪でもっこりだと、両性具有のカイネと共通していますけど、スタッフインタビューを見るとそこまで直接的な繋がりもないようだし・・・

そういや、ゲシュタルト版だと、カイネの台詞が消されてないとのことですが、どんな言葉喋ってるんでしょうか…気になる

さて、プレイした理由ですが

シナリオの出来がめちゃんこいい!

キングダムアンダーファイアの攻略wikiだったかで、そんな評判を聞いたのが、ニーアをプレイするキッカケだった

プレイを終えた、今のシナリオ面について評価すると

悪いとは言わないが、正直、そこまで絶賛するものなのか?というのが感想ですが、非常に上手いと思います

以下、ネタバレを含みつつ書くので、プレイしてない人はそっ閉じ

ゲームのシナリオについて

シナリオの構成として、一周目と二周目で「視えてくる物が違う」というのは、とても上手な演出だと思う

ただ、依頼されたから、ヨナを助けるための行きがかり上、ボス個人に対してではんく、マモノという種に対する主人公の漠然とした憎悪

殺すという行為に、さして深い動機がないことが多かったボス的たち

それを、彼らの声を聞くことが出来る、マモノと同化している2周目のカイネ編、彼女の視点から観た世界

そこには、とても皮肉な残酷だ運命のイタズラが隠されていた

一周目をプレイしていたときには、ニーアたちらの種に危害を加える敵を倒す

そこには、そんな正義があったはずなのに…

何かしら決断するときには少し深く考えよう

こちらにも、理由があるように、向こうにも何かしらの理由があるはずなのだ

その少し深く掘り下げて考えることが、いかに私達が普段できていないのかおらず、行動し傷つけているのか

このゲームのキャッチコピーは「一人の為に、全てを滅ぼす」だが

まさに、人間の考えの浅はかさ、エゴイズムの強さを感じさせてくれるゲームだ

とはいえ、これは仕方がなく、むしろ当然のことにように思える

これは、私らの世界に例えると、熊やライオンに人格を認めるようなものだろう

実際に、ゲーム内では狼のマモノが出てくるしね

言葉が通じないそれらを対等の存在として扱えるだろうか?

少なくとも、私はゴキブリ退治をするときに相手の感情を考えたことなんかないし、これからもないだろう

スタッフがプレイヤーに問いかけ、試している

このゲームはABCD、全てのエンディングを見ても世界観設定についてよく分からない

そして、主人公の視点から見ると、妹を助けめでたしめでたし…というゲームの大目的を達成した時点で終わるため

一見、グッドエンディングっぽく見えなくもないのだ

だが、先にも書いたとおり、キャッチコピーが「一人の為に、全てを滅ぼす」なのだよ

これは、プレイヤーすらをも騙しに来ていていて

単純に、ゲームを進めていくだけでは、分かりやすい答えが明示されていないため、そこで終わってしまう

しかし、一周目に対する、2週目のように、更なる真相が隠されていた

妹と仲間たちのみが大切というエゴ、マモノに対する憎しみに捕らわれ、思考停止に陥った主人公の…人の浅はかさを表すような、とても皮肉がこもったシナリオであるが

スタッフは、ゲームを終えた後に、より視野を広げること、思考停止を辞めること、能動的な行動をすること、少し掘り下げて深く考えることを

最後に、プレイヤー側に、今までのシナリオテーマや主人公の否定とでもいうような行動を求めてくるのだ

そして、答えを導き出したところで、本当は妹のヨナも救えてなんかおらず、世界の滅亡は主人公が原因で確定していて、救済はなぞなく、どうあっても結末が変えられない真相と、絶望しか無い

これが、ニーアのシナリオで最も優れている部分で恐らく本質で、私が評価を低くした要因はこれかな

まぁ、今はネット上に世界観設定や考察にまとめられたページがあるので、検索すればすぐ分かるのだが…

読み進めていくと、実は後味が悪かったり、ユーザーに嗜好を求める作品というと、アニメ化もされた新世界よりや、同人ゲームからコンシューマー移植までされたひまわりや

未だによく理解出来てない非常に難解なRemember11とかまぁあるけどね

アクションゲームで、そんな思考を求められるのも珍しんじゃなかろうかね

まぁ、思考が浅はかなおいらとしては、もっと分かりやすく、ゲーム内で明示してくれたり

ヒントをくれたりしてくれたほうが良かったなと

考察系ゲームが苦手な現代的なぬるオタですから

設定資料集にしか書いてないことも多いらしいですね

主人公の髪型の理由が、昔、売春してたからとかなじゃそりゃ

なかなか、エグい裏設定書かれてるみたいですね

ただ、小ネタ的な、シナリオ本筋に関わるような重大なことは書かれてないのかな?

どうなんだろ

音楽について

全体的に、クオリティが高く、印象的なBGMが多い

グラフィックについて

PS3の中ではイマイチらしいけど、そもそもあんまり最近のゲームプレイしないからわかんね

最近、プレイしたのも幻想水滸伝や、FFTだしなぁ…

少なくとも、そんな悪いようには思えないんだがなぁ

PS3「大神 絶景版」をクリア@こんなゲームが作れるなんて日本のゲーム業界もまだ大丈夫だな!

・・・と思ったのだが、このゲームを制作した「クローバースタジオ株式会社」は既に解散してしまいないらしい

駄目だ!日本のゲーム業界\(^o^)/オワタ

カプコンの子会社らしいのだが、まぁ、カプコンからの業務命令によるものだとか

他の代表作を見ると

ビューティフルジョーにゴットハンドとある…

どっちも、名前に覚えがあるレベルの作品だし

なかなか評判が良かった覚えがあるのだけどなぁ…プレイしたことはないけど

そうなると、この大神にしても、なかなか売れてるヒット作を出してたはずなのになぁ

解散の理由
クローバースタジオ株式会社は、独創性のあるタイトルを創出することを目的に家庭用ゲームソフトの開発を行ってまいりましたが、グループ全体の選択と集中により、効率的な開発展開を図るため、同社を解散することといたしました。

株式会社カプコン | プレスリリース 2006年度

と、プレスリリースにはあるが、これだけじゃあ、よく分からないよね

まぁ、大きな会社だからいろいろとあるのだろうきっと

wikiには、このゲーム製作時の社長である稲葉敦志氏がカプコンから独立して新会社(現プラチナゲームズ株式会社)を立ち上げたとあるが…

従業員独立という言い回しもされているので、複数名かもしれないが・・・

おそらく、従業員64名の中のごく一部だよな・・・

誰が、どのくらいこのゲームに貢献したとかは分からないが…

既に、別のチームってことだよなぁ…

この社長が退職してまもなく、チーム解散の告知があるから、きっと何か揉めたのだろうきっと

和のテイストの心地よさ

相変わらず、作品の内容には関係ないことをだらだら書く所から始まってしまったが

この作品の、良さは和を強く感じさせる作風だね

日本人なら誰もが知ってる、竹取物語、ヤマタノオロチ伝説、浦島太郎、里見八犬伝・・・

いや、ごめん、里見八犬伝はよく知らないや

というか、そのあたりの知名度を配慮してなのか、だいぶ改変されてたような・・・

ま、まぁ、そういった、日本人の心に共感を抱かせてくれる味がある

人気のあるゲームはたくさんあるし、日本のゲームだから、舞台が日本の設定になってることも多いけど

そういう、和を感じさせてくれるようなゲームって、他はホラーゲームの零シリーズくらいしか思いつかないや

独特の浮世絵風の色合いで表現されている世界は、とても美しいと感じる

適度な難易度

私はヌルーゲーマーなんだけど、調度良いくらいヌルくてやりやすかったです

ホントのホントにゲーム下手な人でも簡単に進めるんじゃないでしょうか

こんなの物足りないぜー!って人もいるんでしょうけど

個人的には、ちょうどいい塩梅に世界観を楽しめてよかったと思います

・・・ただ、やりこんではいない、一周しただけなので、徹底してやれば難しいのかもしれませんが

一周した感じはそんなところ

まとめ

長く皆に愛され、何度も移植されてるのが分かる作品でした

幻想水滸伝1をクリアしたので感想でも書くか

久々に、ふとやりたくなってプレイ

ホントは2をやりたいんだけどね

店頭とかで名前を見ると、ふとやりたく瞬間が今まで何度もあったのだ

ただ、その前に、1をやっておこうかなってね

データコンバート機能があって、2に引き継げるからね

PSPに移植されてるので、今でもプレイしやすいのは助かる

1は昔、プレイしたけど途中までやって投げちゃった思い出

2から入ってたので、1はいろいろと不満を感じる所が多かったんだよなぁ・・・

久々にやったけど、当時も思ったが、PSのゲームなのにグラフィックはそれ以下…

ゲームシステム的にも、時代を感じる不親切さが辛い

1については、いろいろと追加された、SS版があるけれども

PS版のほぼベタ移植みたいだ

と、不満もあるけど、トントン拍子によく進んでいくシナリオと、敵の強さに合わせて超速でレベルが上がっていく、戦闘システムがテンポが良くて、とても良いと思います

よくある、超大作系のRPGみたいに、世界を救うために主人公らが闘うのではなく

もっと局地的な、水滸伝の名前にふさわしく、国の興亡を描いているのがいいよね

そして、キャラクターが重視される昨今の風潮の、先駆け的な存在かもしれないな…

まぁ、キャラクター多すぎて、ほとんどのキャラクターはストーリ的には関係してないが・・・

だいたいとは、数口しか話してないぞ…

ラスボスも序盤にちょろっと出てきただけで、なんだか存在感薄いしな…

今見ると、和と洋が違和感無く混じってる世界観も面白いもんだな

復活イベントはあっさり過ぎていて拍子抜け

と、今でも本作はシナリオの評価が高いがようだが

個人的には、面白いけど、絶賛…ってほどではないかなと

このゲームは108星を上手く集めて、グッドエンディングに辿り着くのが目的のゲームでもあるが

108星を集めるのは、攻略本がないと、非常に難易度が高い

そして、昔、私が1及び2をやったときはインターネットなんてものが我が家になかった

それが、ベットでごろ寝しながら携帯ゲーム機で動かし、スマホで攻略情報を見れる

お金を出さずに、簡単に情報が手に入る、グッドエンディングに辿り着ける…

…よい時代になったなぁと思いました

それでは、2にこれから行ってきます

ゲーム感想文:奈落の城@日本一ソフトウェア

前もっていっときますが、攻略サイト見てパッパと真EDまでみた感想なんで突っ込みどろこはあるかも
前作もやっとりまして、推理ものとしてこのシステムの自由度が高さはとてもいいと思います
けど、親切さがないとこは大きく減点
コントローラーでマウスポイントを選んでいちいち人に話しかけるのも面倒だし、終わったら初期配置に戻ったりかったるい
繰り返しプレイ前提なのに継続スキップができないのも不便
まぁ、バグ取りが甘いまま販売しちゃう会社だもんな・・・
ついで自由度が高いくせして、ルート縛りなぞしてやがります
解けた謎の度合いやタイミングによって事件やエンディグ変わるとかして欲しかった
シナリオ上、わざわざ縛る必要性も感じませんでしたし
せっかくの良さを殺してませんかい
キャラクターにも前作ほど魅力を感じる機会が少ない
ワトソン役の日織があれじゃあなぁ
んで、致命的なのがシナリオ
攻略見たとはいえ、苦労してクリアしたのに超展開で締めやがりましたよ、エロゲーでもないのに
推理も納得がいきませんぜ
一作目が好きでしたので非常に残念です
販売当時、バグが話題になりクソゲー扱いされてましたが、バグがなくても十分、酷い出来だと思います
いつのまにか、全三部作ってことで続編がでとりますね
がっかりはさせられましたが、こーしたADVの数そのもが少ないですから頑張っては欲しいんですが…
まぁ気が向いたら3作目やるかな…いつになるかわからんけど

ゲーム感想文:BLOOD THE LAST VAMPIRE

やるどらシリーズのファンなのですが、これだけ積んでたんでとうとう手を出しましたですよ
個人的にはダブキャスに次ぐ面白さだと思います
ただ、残された謎が多いこと多いこと
ストーリーもいいのですが、この重厚な世界観に魅せられます
メディアミックス展開を狙った作品ながら、核となるゲームがぽっしゃたせいでいろいろ丸投げのまま終わってないか心配ですが…
今度、他メディア作品にも手を出してみましょうかね
何はともあれ、俺の青春に一部分を担ったやるドラシリーズを全部やっちゃいましたなぁ…
シリーズ復活してくれないかなぁ