カテゴリー別アーカイブ: もののけ姫

聖地巡礼記事:もののけ姫 屋久島 自然と観光業、共存の難しさか

鹿児島県屋久島は映画「もののけ姫」製作の際にジブリスタッフらが何度も取材に訪れたそうです

これまた、世界遺産として登録されている青森県白神山地と並んで、作品の自然のイメージを作り上げたところなんだとか

現地を訪れるまでは、「別にイメージだけの場所、もののけ姫の森だなんて名前付けちゃってるけど、映画にかこつけて人を呼びたくてそういってるだけだろ」と侮ってたんですが

屋久島の山は、関東の山とはたしか違っていて

苔の蒸している、あの散策路を歩いていると

コダマのような不思議なものが居そうな…神秘的な雰囲気をまとっている場所でした

屋久島

白谷雲水峡

13_41_53EOS Kiss X6i2725-PANO.jpg

太鼓岩の上より

ここから白谷小屋までの間には、昔「もののけ姫の森」の看板があったらしく

この間を、宮﨑駿先生が何度も訪れていて、特にモデルにした場所じゃあないかとのことです

島を見る・歩く>白谷雲水峡

公式サイトによると、往復で5時間と結構な距離があります

私は、途中、食事もしたので片道3時間くらいかかりました

20年前、先生は既に50を過ぎているはずですけど、アグレッシブだなぁ…

 

 12_48_38EOS Kiss X6i2661.JPG 13_07_59EOS Kiss X6i2685.JPG 13_10_24EOS Kiss X6i2688.JPG 13_10_56EOS Kiss X6i2689.JPG 13_22_00EOS Kiss X6i2712.JPG 13_22_38EOS Kiss X6i2713.JPG15_04_20EOS Kiss X6i2800.JPG

 

イメージだから、どこそこが作品で使わて~というわけじゃあないです

写真を見て、もののけ姫の世界観が少しでも伝われってくれれば嬉しいです

 12_41_43EOS Kiss X6i2654.JPG

道の脇に、シカが佇んでいました。

森のなかとはいえ、有名な観光地で人通りは多いので、人にはだいぶ慣れている様子でした。

消滅した「もののけ姫の森」の立て看板

島を見る・歩く>白谷雲水峡

上でもリンクをはった公式サイトではまだ、「もののけ姫の森」の文字を観ることは出来ますが、森のなかの看板は現在、外されてしまいありません

「もののけ姫の森」を消しませんか?: 屋久島自然史研究会

「もののけ姫の森」の最期: 屋久島自然史研究会

 最初知った時は、ジブリ側から抗議でもあったかなぁと思いましたが

環境客増加による、自然破壊が原因で取り外されてしまったそうです

観光業と自然保護を何処で折り合いをつけて付き合っていくかは難しい問題ですね

自然の大切さを伝えるこの作品の影響で、自然が壊されるだなんて、皮肉が効いています

もののけ姫の森を楽しみに行く人は「白谷小屋と太鼓台の間」と覚えていくといいでしょう

まぁ、そうでなくても、歩いていれば、この辺りなのかなとわかると思いますが

世界遺産は期限付き? 富士山に課された2年の宿題  :日本経済新聞

先年、期限付きで世界遺産登録された富士山も、その期限が既に一年切ってますがどうなるんでしょうねぇ

まぁ、こっちは文化遺産での登録という違いはありますが…

言い渡された宿題から、登山客を減らさにゃいかないけど、経済面と衝突する大人の事情から、結局なにも対策されてないように見えますけど…

地元の人らはどう思ってるんでしょうかねぇ

そのうち、危機遺産に登録されてしまいそうですけど、そうなったらなったでまた人が増えるんだろうか…