カテゴリー別アーカイブ: 千と千尋の神隠し

聖地巡礼記:千と千尋の神隠し@台湾「九份」逃げろー!JASRACが来るぞー!

この間、台湾に行ってきたのですが、やはり舞台探訪者としては、やはりここ行っておかないとな思い九份に行ってきました

だって!ガイドブックとかにも、デカデカと書いてあるんだもん!

千と千尋の神隠しのモデルになった場所って!

有名な観光地だけあって、もう、実はここ日本なんじゃね?ってくらい日本人が大量に居ました

池袋を歩いていると、聞こえてくるのが中国語ばかりで、実はここ中国なんじゃね?とか思うことあるけど、それの逆な感じで

アクセス:瑞芳駅から、九份へ

DSC01099

九份は、最寄り駅がないので、瑞芳駅から降りて、バスで行くことになります

観光客が多い場所なので、バス停は少し離れていますが、案内が、駅に書かれていて親切なので、迷うことはないでしょう

それに、日本語で会話している観光客がたくさんいたしね、なんとなく付いて行けば、なんとなくどうにかなるよ!

DSC01102

瑞芳駅には、平渓線が日本の鳥海山ろく線との姉妹鉄道になったぞ~という記念デカポップが立ってました

平渓線は、他にも、江ノ電とも姉妹提携をしており、使用済みの一日乗車券が、国を越えて、提携先の路線で使うことが出来るだなんて交流をやってますね~

非常に粋なサービスだと思います

のりおりくんを持って台湾へ行こう!

平渓線に拘らず、台湾鉄道というもっと大きい目で見れば、他にももっと姉妹提携している日本の鉄道があるようです

WIKIの方に詳しくまとめられてました

日台の鉄道の姉妹提携 – Wikipedia

DSC01101

姉妹提携先の、名産・・・ということで、なまはげのお面がありました

・・・まさか、台湾に来てみることになろうとは・・・

DSC01202

そして、バス車内は混んでました

九份を散策

九份は、有名観光地ですが、それほど広い場所じゃあ、ありませんでした

少なくとも、一日滞在する場所じゃあないです

ですんで、午前中は、近くの平渓線を観光して、日没前を狙って来ました

帰りの電車も、割と遅くまで運行しているようで、一時間くらいで付きます

全然、台北市内に宿を取っていても困らない、日帰り観光地ですね

初めてだと、ちょっと、そういう時間配分って困りますよね

DSCF3041

九份入り口

明るいうちは、あんまり雰囲気がないです

DSC01206

けど、暗くなったらなったで、見えなくなるものもあるので、やっぱり明るいうちの九份も見ておくとはいいと思います

DSC01211

やはり、美しいのは夜ですが、標高の高い九份から見える

山と海と町並みはなかなかよかったですよ

DSCF3069

そして、夜になると、あぁ幻想の世界が

人生とは、夢、戯れのごとくなり

DSC01235

と思いきや、ただでさえ狭い通路を、写真を撮る人が塞いでしまい

さらに、歩きにくくなってしまっています

浸って場合じゃないぞ!

DSC01237

モデルになったらしい、建物

DSC01219

建物の入口付近には「千と千尋の神隠し」と「湯婆婆」の文字が書かれてました

まぁ、九份の案内には、ほぼ必ず、モデルに成った件がいっしょに書かれてたから

さすがに現地の人も知ってますよね

DVDも台湾で売ってるし

右の看板は中国語、左の看板は日本語で表記されており、「千と千尋の神隠しキャラクターのお守りを売ってます」と日本語で書かれてます

うん、たぶんそれは、ジブリから許可もらってないよな、たぶん

そして、いつも何度でもが流れてました…逃げろー!JASRACが来るぞー!

DSC01220

白飛びしてる部分はこんな感じ・・・

Oh!ブッタ!

DSC01222

実に、九份九份した感じの一枚

まぁ、なんとなく、モデルになったんだなぁ~というのはわかる

ジブリ作品は、千と千尋の神隠しに限らず、あくまでモデルしたよ程度の似せ具合で一致度は高くないよね

DSC01246

そして、入り口に戻ると、セブンイレブンがあります

ついでに、ファミマも

う~ん、夢幻の世界から、台湾飛んで、日本の現実に引き戻されそうだ・・・

アクセス:九份から瑞芳駅への帰り方

バス乗り場が、降りた所と少し離れていて、ちょっと迷ったん覚えておいたほうがいいかも

地図を貼っておこう

下車した所から、少し登るか降りるかしないといけない模様

スクリーンショット_101715_040023_AM

ついでに、夜の瑞芳を散策して変えるのも面白いかもしれない

DSCF3091

いかにも、ローカルな感じの怪しい食事処があったりして楽しかったぞ!