カテゴリー別アーカイブ: ダブルキャスト

聖地巡礼記:ダブルキャスト(やるドラ)@新宿・渋谷 もはや跡形もないなぁ・・・

美月との出会いは新宿の歌舞伎町が舞台になっています

ただ、今となっては大きく・・・というか、まったく違う風景になってしまっています

なので、探訪記録というか、個人的なメモですね

ゲームの販売が1998年…記事執筆中の今が2016年なので、もう18年も前ですね・・・18年はでかい・・・(そして、また古い作品の探訪記事ですね)

そりゃあ、日本随一の繁華街である歌舞伎町や渋谷の風景も大きく変わっても仕方がないかなと思います

一方、竹芝や伊豆大島はあんまり変わっていないですね・・・

ダブルキャスト 聖地巡礼  竹芝&さるびあ丸編
とゆうわけで、ダブルキャスト聖地巡礼旅行もとい伊豆大島からさっき帰ってきました 探訪にあたっては喫茶店四季さんの所を参考にさせていただきまし...
ダブルキャスト 聖地巡礼  伊豆大島編
せっかく大島に来たのに泳ぎにいっておらぬ!(まわりはレジャー客っぽいのばっか) ってことで、海のシーンの写真はないよ!・・・一瞬過ぎて実在し...

この辺りは、時間の流れがゆっくりなのかな・・・

主人公も大学一年生の設定でしたから、18歳くらい、それに+18で実在するとしたなら36歳くらい

美月もそれくらいなんですよね・・・う~ん

新宿

歌舞伎町(噴水広場跡地)

image

doublecast-021

ゲーム背景の奥にKが見えますがコマ劇場の頭文字のKです

かつて、この奥には新宿コマ劇場があったのですが、現在はTOHOシネマズ新宿に変わってしまいました

壁にプリントされたゴジラがとても特徴的ですね

4DXの上を行く、最先端の技術、MX4Dが導入されている数少ない最新の映画館らしいです

4DXとMX4Dの違いは?次世代シアター4Dの特徴まとめ | Ciatr[シアター]

そして、手前側には噴水がありました、ゴミ捨て場から拾われた主人公が美月に介抱される、あの出会いの場です

噴水はなんでも、道頓堀よろしく、中に入って乱痴気騒ぎを起こす若者が多かったらしく、それで埋めたてられてしまったのだとか、何処かで聞いた覚えがあります・・・

どちらも綺麗サッパリなくなってしまい、今では、なんとなく歌舞伎町とはそぐわないような、全く別物の清潔な広場になってしまいました

mixiの季節を抱きしめてコミュに、貴重な在りし日の新宿歌舞伎町の風景を、喫茶四季の管理人である悠生 潤氏が貼らています

2016-04-11_11h35_59

[mixi] 季節を抱きしめて | ロケ地

・・・そして、その喫茶四季も、去年・・・2015年2月28日のOCN、PageONサービス終了と共に、消えてしまいましたねぇ・・・

PageONサービスはいつから開始されていたのか、ちょっと調べてみてもわかりませんでしたが、インターネットアーカイブを見るに、1999年にはOCNがサービスを開始して、その前進となる、DreamNetという会社がサービスを提供していた時期もあるそうです

はるの雑記林 新雑記帳 – OCN Page On 終了

つまり、ブログではなく、個人ホームページが全盛だった時代の生き残りのサービスなんですよね・・・

まぁ、今の時代でも容量10MBとか、やる気のないこと甚だしいサービスではあったようですが、当時の遺産のように残されていた廃墟サイトがこれで消滅してしまいました

こちらの方も、水樹奈々さんの新人時代、学園祭ライブの記録があるサイトがページオンにあったそうですが、それが消えちゃうんだなと書かれています(そして今現在、もう消えていますね)

OCNのホームページサービスは2015年2月28日で終了します – 戯れ言

いや、インターネットアーカイブにてURLを打ち込むことで、不完全な形ながら、未だ見ることは出来るのでしょうが、リンク切れになったサイトは、Googleに検索結果から除外されてしまうので、これまた過去のどこかのサイトなどから、URLを発掘して打ち込みしか方法がありません、非常に大変です

ビット腐敗問題という面白い言葉を見つけました

「ネットは広大だわ」といったのは草薙素子ですが、事実、僕はどんな情報でも取り込んでいく、広大な場所で、デジタルデータだからずっと続くようにに思えていました

しかし、今回のページオン終了のように、ページオン以外のサービスも終了、整理され、過去の個人ホームページ全盛の時代の遺産がどんどん消えていってしまっています

ビット腐敗というのは、大雑把に説明すると、時間が進むことで過去のデジタルデータが読めなくなることだそうです(正確にはカセットテープやフロッピーディスクなど、読み取り機器・形式の互換性を将来的に維持しなれけばならないという問題提示らしいけどね)

「インターネットの父」が警告する「デジタル暗黒時代」 – WSJ

「インターネットの父」V・サーフ氏が語るインターネット–その課題と未来 – (page 3) – CNET Japan

インターネットという、情報のるつぼから、古い情報が腐敗し淘汰されていくのはちょっと悲しいですね

今回のサービス終了について、NTTに対して怒っている方も多いようですが、ページオンというサービスも、より優れたサービスを提供している会社は他にもあるようでしたし、また、元国営ではありますが、今は民間企業です

サービス終了にあたり、乗り換え期間告知もしっかりと行っていましたし、ホームページが更新に意欲的な管理者様らは乗り換えることが出来ました

企業としての義務は果たしているように私には思えました

インターネット上の情報を保存しつづけるというのは、一民間企業が負うような義務ではないと思います

もしやるとしたら、それこそ国立国会図書館のような非営利の大きな団体がやるべきことですよね

インターネット・アーカイブ – Wikipedia

・・・と、またまた盛大に話がずれまくりましたが、何が言いたかったかというと、18年の歳月は長いなぁ・・・ということです

渋谷

渋谷ヒカリエ(東急文化会館跡地)

doublecast-033doublecast-034

主人公と映画を見に行ったのは、渋谷ヒカリエの以前にあった、東急文化会館が舞台かと思います

・・・私もかな~り昔に行ったことがあるのですけど、もううろ覚えです

渋谷30th 東急文化会館~渋谷ヒカリエ(定点観測) | ゆきのこ at HOME

こちらに在りし日の東急文化会館の画像が掲載されていますが、奥にある連絡通路や雨よけの柄などが一致していますね

渋谷駅前1964年 : D’s Photo Diary

こちらのサイトに掲載されているのは、東急文化会館のミニチュアではありますが、より分かりやすい構図になっているかと思います

聖地巡礼記:ダブルキャスト@品川区(品川神社)

ソニー・コンピュータエンタテインメントより販売された懐かしのやるドラシリーズ、夏をテーマにしたダブルキャストの舞台探訪をしてきましたので記録に残しておきます

ダブルキャスト オフィシャルやるどらファンブック p24には

「主人公と二村が荷物を背負って登る長い階段は、品川の新馬場近くにある神社の階段をイメージして描かれている」

との一文があります

付近を探してみると、該当しそうなところは品川神社だなと目ぼしてを付けて新馬場に行って来ました

神社名は書かれてませんが、喫茶店四季さんで挙げられてる舞台探訪の写真もここですね

東京都・品川区(品川神社)

長い階段ではあるのですが、さすがに作中のようにとんでもない具合ではありません

ただ、背景画と実物の一致度は微妙ですね~

公式でモデルにした(と思われるようなこと)と言ってくれてなければ誰も分からないと思います

けれどまぁ言われてみれば雰囲気は似てないことないかな・・・?というレベルですかね

ダブルキャスト(やるドラシリーズ)で使われている背景画は似ていてすぐ場所が分かったり、参考程度にしかしてないっぽかったりと様々ですね

上から見る景色はちょっとよかったです

帰りはついでに、品川駅前にあるアンナミラーズ高輪店に行って来ました、初アンミラです

制服が有名なので一度行って見たかったんですよね

ヴァリアブル・ジオでの武内優香の服のモデルとのことですが・・・うーんなるほど、一般店舗の制服→エロゲーという流れはなんだか業が深い

そうか、デザートパイを提供する店か・・・パイ・・・パイね・・・ぱいぱい

なんとも脂肪を強調する大胆な衣装だと思います、一部の方々に人気筋なのも納得

なお、このアンミラ、昔はあちこちにあったみたいですが少し前には、横浜の方も閉店して、現在は日本にはここだけにしかありません

そんなアンミラ、最近、中国の天津に出店したそうですね、天津・・・天津飯?何処それ?一度くらい行ってみたい気もする


より大きな地図で ダブルキャスト を表示

ダブルキャスト 新馬場編

ダブルキャスト オフィシャルやるどらファンブック p24より
「主人公と二村が荷物を背負って登る長い階段は、品川の新馬場近くにある神社の階段をイメージして描かれている」
とのことで新馬場に行って来ました
付近をうろついて見ましたが、該当しそうなところは品川神社でした
神社名はでていないですけれど、喫茶店四季で挙げられてる写真もここですね。



長い階段ですが、都内なのでさすがに作中のようにとんでもない感じではありません


とはいえ、上から見る景色はちょっとよかったです
こうやって、写真で見ると雰囲気が似てないことないかな

ついでに、アンミラにも行って来ました

初アンミラです
制服が有名なので一度行って見たかったので
VGでの武内 優香の服のモデルにもなってますけど・・・うーんなるほど
なお、このアンミラ、昔はあちこちにあったみたいですが
少し前に、横浜の方も閉店して、現在はここにしかありません
そんな、アンミラは今年の秋に中国、出店する予定だったそうですけど
そこに来て、尖閣問題に端を発する反日デモ…
この先どうなるのか分からないので、興味がある人は一度早めに行ってみるとよいでしょう

より大きな地図で ダブルキャスト を表示

聖地巡礼記:ダブルキャスト(やるドラ)@伊豆大島

せっかく大島に来たのに泳ぎにいっておらぬ!(まわりはレジャー客っぽいのばっか)
ってことで、海のシーンの写真はないよ!・・・一瞬過ぎて実在しててもわからんだろうし・・・
部長の館も散策してみましたが、見つかりませんでした・・・
あるなら「海が見える!」って台詞と夜に埠頭に主人公が出てきてること、大きな建物ってことから元町の山側かと思ったんだがね・・・
さすがにこれも実在してないのかな
他は、撮影に使われてる埠頭、丁度二つ、向かいから撮影できるような埠頭ってあるのかな・・・?
確証を持って言えるのは、夜の埠頭のシーンだけです
ただ、このシーンは作中とても印象に残る、私の大好きなシーンなのでこの埠頭にこれて本当によかった・・・

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

背後にうっすらと見える灯台
右側が綺麗だが、埠頭の拡張工事中
この景色が失われる日も来るのか…

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

手前の石壁が反対だが、こちら側にしかなく
職業:魔法使い死亡
代わりにこんな絵画が置いてあり、来訪した旅行客たちを出迎える・・・
さすがゴジラの島!・・・だからなのか?
後ろの建造物は船の待合所で左には階段がある
待合所が結構、綺麗だったので取り壊されたのかもしれない

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

本島の光はさっぱり見えない
近い島だと思ってたが、天気がいい日しか見えないようだ

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

この、シーンの美月は本当に可愛い
けど、GOOD1へ行けなくなる魔のルート
さすがに、ここまで星は見えなかった…

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

これまで、どこにでもある、埠頭にしか見えないので、実在はしないんじゃなか・・・と思ってたのだが
まさにここだと確信を抱くことになある一枚
右下にあるものがこれ何?と資料写真を見て思ってたんだが実在した!
実物を見てもこれなに?って感じだが予想だが、たぶん看板を立てたが老朽化したんで真ん中をくりぬいたとかそんなとこだろ・・・
撮影場所は小さな公園で、園内には昭和天皇ご上陸を祝した碑が置いていました
後ろに寿し光というべっこう寿司がおいしいと評判の寿司屋があります

ダブルキャスト 聖地巡礼  伊豆大島編

せっかく大島に来たのに泳ぎにいっておらぬ!(まわりはレジャー客っぽいのばっか)
ってことで、海のシーンの写真はないよ!・・・一瞬過ぎて実在しててもわからんだろうし・・・
部長の館も散策してみましたが、見つかりませんでした・・・
あるなら「海が見える!」って台詞と夜に埠頭に主人公が出てきてること、大きな建物ってことから元町の山側かと思ったんだがね・・・
さすがにこれも実在してないのかな
他は、撮影に使われてる埠頭、丁度二つ、向かいから撮影できるような埠頭ってあるのかな・・・?
確証を持って言えるのは、夜の埠頭のシーンだけです
ただ、このシーンは作中とても印象に残る、私の大好きなシーンなのでこの埠頭にこれて本当によかった・・・

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

背後にうっすらと見える灯台
右側が綺麗だが、埠頭の拡張工事中
この景色が失われる日も来るのか…

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

手前の石壁が反対だが、こちら側にしかなく
職業:魔法使い死亡
代わりにこんな絵画が置いてあり、来訪した旅行客たちを出迎える・・・
さすがゴジラの島!・・・だからなのか?
後ろの建造物は船の待合所で左には階段がある
待合所が結構、綺麗だったので取り壊されたのかもしれない

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

本島の光はさっぱり見えない
近い島だと思ってたが、天気がいい日しか見えないようだ

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

この、シーンの美月は本当に可愛い
けど、GOOD1へ行けなくなる魔のルート
さすがに、ここまで星は見えなかった…

職業:魔法使い死亡
職業:魔法使い死亡

これまで、どこにでもある、埠頭にしか見えないので、実在はしないんじゃなか・・・と思ってたのだが
まさにここだと確信を抱くことになある一枚
右下にあるものがこれ何?と資料写真を見て思ってたんだが実在した!
実物を見てもこれなに?って感じだが予想だが、たぶん看板を立てたが老朽化したんで真ん中をくりぬいたとかそんなとこだろ・・・
撮影場所は小さな公園で、園内には昭和天皇ご上陸を祝した碑が置いていました
後ろに寿し光というべっこう寿司がおいしいと評判の寿司屋があります

ダブルキャスト 聖地巡礼  竹芝&さるびあ丸編

とゆうわけで、ダブルキャスト聖地巡礼旅行もとい伊豆大島からさっき帰ってきました
探訪にあたっては喫茶店四季さんの所を参考にさせていただきましたありがとうございます!
竹芝はたまに通るので作中そっくりなのは知っていたのですが
別に、特徴的な背景や建築物がそれほど出てくるような作品でもないので、ただ単に伊豆諸島がモデルなってるんじゃ~くらいに思ってました
実を言うと、喫茶店四季のサイトを見ても半信半疑だったのですが(ごめんなさい!)、今回、巡礼にあたり資料を集めて、実際に行って分かりました
あぁ、ここは間違いなく撮影旅行編ででてきた、あの埠頭だな…と
今回は巡礼旅行はとても楽しかったです
ダブルキャストは自分を冥府魔道ヲタク道を歩む、きっかけになった思い出深い作品なので感動もひとしお
今日は竹芝&さるびあ丸の資料画像と取っただ写真だけあげときます
次は伊豆大島編をざっとまとめて、ちょくちょく旅行記を上げながら補足的なことして、しばらくはこのネタを引っ張ろうかと思います…
blogを初めてから、舞台探訪したことを初めてちゃんと記事にしようとしたが
画像のアップロード制限や、資料画像がPSPバグって消えてたり、自分の思い通りのレイアウトで記事作成できなかったり、いろいろ試作交互…難しい
けど、なんとか、形にできたかな?
あと、著作権的にはどうなんだろ
ダメそうだったら、誰か教えてください、修正しますので…
・竹芝編
職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡

職業:魔法使い死亡職業:魔法使い死亡
ゆりかもめに乗れば見えるので、この二つは知名度も高いはず
写真取りに行ってみると以外と再現度が高くてびっくりしました

・さるびあ丸編
$職業:魔法使い死亡$職業:魔法使い死亡
偶然撮れた一枚、適当に作画したかと思ってたのに、結構再現度が高い

$職業:魔法使い死亡$職業:魔法使い死亡
何故か、反対方向から必死に写真取ってた…
色は変更されてますけど似てるよね

$職業:魔法使い死亡$職業:魔法使い死亡
これも反対からなのかな
それっぽいだけなんだけどね、他に見つからなかった
12年前のゲームだし工事されたのかも

$職業:魔法使い死亡$職業:魔法使い死亡
反対方向だよなぁ…これ
ここは船最上階の広場スペースですね

$職業:魔法使い死亡$職業:魔法使い死亡
下通ったときに写真連射しましたが、ちょうどいいアングルがなかったのでこれで代用
いやー、船って結構速いもんなんだと思った
ベイブリッジまで出航してから10分くらい
たしかに、尋常じゃないほど飲む部員たち…スピリタスでも持ってきたのかしら

$職業:魔法使い死亡$職業:魔法使い死亡

11時の出航前に、東京湾納涼船なるものをさるびあ丸でやってるらしい
ここはイベントスペースらしくて、たぶん、写真はその行事装飾だと思う
昔はこんな装飾をしてたのかもしれない