カテゴリー別アーカイブ: アニメ感想

世界征服~謀略のズヴィズダー~を見終えて…2期はよ来い!

我らがズヴィズダーの光を、あまねく世界に!
消化不良感がパないっす
てっきり、2クールだと思ってました
そして、終盤に1話アバンに繋がる展開を勝手に予想していたけど、俺達の戦いはこれからだ!エンド
スタッフ的にかなり期待したんですが
世界観設定のドンテン返しは、たしかにメテオらしいし、煮え切らない終わり方はたしかに岡村天斎らしいかなぁ・・・
2期を匂わせているけど、伏線の多くが投げっぱなしのまんま、よく分からず、もやもや感だけが多く残って終わってしまったな
それでも馬鹿なノリは面白かったけど、褒められた終わり方ではないよなぁ
2期決定の通知を最後に入れるか、出来ないなら、もう少し綺麗な終わり方は出来なかったのか…

ガールズパンツァー

人気があるのは知ってはいたが、私は近年、流行ったストパンやISも性に合わなかったし
とりあえず、当時、1話だけで切った作品だ
組み合わせが、戦車、と少し違うだけで、また同じようなイロモノだと思ったのだ
だが、今見てきて考えを改める
出奔した娘と姉との対決
母校を守るための戦い
生徒たちの成長
たしかに、素材は戦車と変わっているが…
イロモノどころではなく、こいつ超王道作品でござった
燃えに萌えていた
大洗の町の人々にも愛される理由がよくわかった
そのあたり、今やっている、のうりんと方向性が大きく違うが…あれはどうなっていくかな?
主観視点を交えながらの、戦闘シーンは迫力があり、展開も山あり谷あり、熱い
戦車という乗り物を一括りに覚えていたが、それぞれ個性あり、またなんとゆうか、あの泥臭い戦い方が格好いい
出てくるのは、実在する兵器なので、また、無駄なヲタ知識が増えたような満足感も味わえる
砲塔が回転しない戦車が存在するなんてことすら知らなかった
私は軍事に関してはまったく疎いので戦車に乗るのには、あんな大人数必要だということだって、知らなかった
妙にキャラが立ちすぎてると思ったが、視聴者に一発で覚えてもらうための配慮だったというのが、全部見終えて分かるなぁ
巡礼作品としても、大洗町の出処は少ないが、市街戦、戦車が走る町並みは非常に絵になって印象に残る
おいらも、今度、大洗に行ってみたい

バンブーブレード

伊豆大島旅行記の前にバンブレ見たのでざっと感想を…
いやー、あまり期待してなかった剣道シーンの盛り上がりがすごい
本格剣道アニメーション・・・ってのは謳いすぎだとは思うが、たまちゃんならやってくれって思わせる頂点へ登りつめていく感覚がいいね
それと対比した、ほのぼのとした剣道部も日常もよかったよ
ただ、惜しむらくは中途半端に原作通りにしたことなのかなぁ・・・
オリジナル展開となる19話移行も面白かったし、これはこれで綺麗にまとまってるとは思うんだけれども
私が好きだった、登りつめていく感覚なくなる…なんとゆーかストーリーのテーマが変わっちゃてるんだよね…
まぁ事情を考えると仕方ないか…
倉田さん、好きだから見よう見ようとは思ってたが機を逃すとなかなか見れないよな…
もう放映3年前なのね…
調べたら今年放映する作品で関わるのは、俺の妹と神のみか
神のみは原作面白いよね、俺の妹はタイトルの奇抜さで前から気になってたし
今度はリアルタイムで見ようかな

Angel Beat

放映中は賛否両論で揉めてましたね
まぁ、天下のKey様、麻枝准様が関わってるオリジナル作品なんだから仕方ない
で、私の立ち位置としては良作だと思う
最終まで天使ちゃんマジ天使だった
折り返し地点あたりから面白くなってきたよ
Key作品はOne、Kanon、Airならやってるが、この三タイトルの仲なら、これが一番好きだね
けど、AS姐の言うこともマジ正論
正直、あれー?って思う部分もたくさんあった
その違和感をAS姐は適確に指摘してくれてると思う
たとえば全部見ても、天使ちゃんは敵だといって一般常識もつ人間が銃まで造って、マジ殺り合ってるところから話が始まるのに、なんでこんなことになったのか、その説明も一緒に行動してたら消えるからっていうおざなりな説明しか本編にないし、その後、真相が分かってもスルー気味
しょーもない、ギャグ回だなーと思って見てたら、そこでやったつまらない行動が大きな問題につながったりするし・・・そうなっちゃうと笑えないって
ただね、元々、鍵作品なんてーのは俺は設定や世界観優先にして、シナリオにしわ寄せが来るのよね
つまり、細かいこたーどうでもいいんだよ、気にしてたら楽しんで見れねーぜ…
元から気にしてみたら負けなんだよな
これをAS姐流に言い直すと無神経ってことなんでしょう
私も鍵のそういうところが嫌いですよ
今までの作品だって、いい話だよなーとは思うし、別にこんな作品が人気あってもいいとは思うし、AS姐ほど批判する気もないけど、あまり好きにはなれないんだ
こんな、私がなんでAB!に好意的かというと演出、特にOP
最初に流れる躍動感溢れるあの音楽に天使ちゃんマジ天使過ぎて毎回、引っ張りこまれます、音楽って大事だよね
なんだよ、ストーリー関係ないじゃんと思われますでしょうけど、少なくとも私はあのOPで毎回に引っ張りこまれて、こまけーことはいーんだよな没入感がありました
結局のところ感情移入できたもんがちだからね
冷静に見ればストーリーはたしかに雑だと思いますし
長々と書きましたが、要約すると天使ちゃんがマジ天使なのでAngel Beatは好きです

wolfsrain

以下ちとネタバレ
狼4匹が楽園を目指して旅をするってコンセプトがまた渋い
作品全体の雰囲気や世界観がとてもよかったです
けど、最後までみても舞台背景が結局よく見えてこず、ストーリーに感情移入ができませんでした
狼?花の娘?貴族?楽園?
それとなーく、それぞれの行動から見えるだけ、意味不明で穴あき状態な部分が多いんです
最後も楽園を非常に抽象的なイメージで伝えられて、直前の盛り上がったのでなんかがっかり
まぁ、最後までみただけあってそれになりに面白い部分はあったんですけども

とらドラ!

夜勤明けなのに異様なテンションで眠くないぜIYAっHHAー
そして、一週間の短さにホント驚きますぜ
青春やりなおしてー!かむばーっくHIGHSCHOOL!
という訳で、とらドラ!みました
我が人生、ただの萌えアニメだろーとかラノベ原作だとラノベ臭さがーとか(ラノベ読むのにね!)侮っていると手痛いしっぺ返しを食らうことが何度かありまして
今作もずばりそれです
萌えアニメ的要素を持っていながらも、複雑な人間関係と心理描写シーン織り込んだ青春アニメですこれ
私、青春アニメ好きなのですがというと秒速や海が聞こえるみたいな、大人視点からの回顧録の方が好みなのです
とらドラに関しては、この、大人ぶったりしてても、みんながみんな結局は、大人になれきれずに未熟で不器用で不恰好で、けど前に進まずにはいられない熱が青春時代が萌えアニメ的な部分をおりまぜながらも描かれていて、大好きです、あーしにたくなってきたー
序盤の二人の妙な関係にはじまり、クリスマスから始まる後半までもう目が離せません
途中まではね、この奇妙な関係が心地良いし、大河も竜児もそれぞれの恋をかなえて欲しいし、そうなるのがいいことだとか思ってたんですけどねー
後半の怒涛の展開には翻弄されることされること、どうなることがいいんだろうかもうわけわかめ続き見せやがれー状態
というわけで(どういうわけで?)、名作認定させていただきます
そういえば、竹宮ゆゆこ先生ってわたしたちの田村くんの作者でもありましねー
とらドラの作者の過去作(全2巻)ってことで、昔読んだことがあったのですがすっかり忘れてました
あれも、二股かけた男の修羅場を繊細に書いてました、ってか続編だしてー
話は戻って、とらドラは綺麗に完結してますし、長編な分、物語を広げ深みを出すことに成功してるため完成度は上ですね(まぁ、アニメって言う別ジャンルででなんですけどね)
今度、ラノベの方も買って読んでみよ
基本、一期一会を心情としてるのですが、もう一度この作品に戻りたいです
http://www.ota-suke.jp/news/41383
そうそう、ぐぐってたら今度、とらドラがBlu-ray化されて出そうだとか…
もしかしたら、買っちゃうかもなー
ってかこのメンツでよく勝てたなー

生徒会役員共

萌えアニメと思ったら、下ネタのオンパレード
うっわぁ、くっだらねぇと思いつつも俺こんなの大好きですよ!
明日は23日、変ゼミの4巻販売日ですが特典がアニメ・・・だと・・・?
TAGRO先生の作品がとうとう一応とはいえアニメ化か!という思いとともに、まさか変ゼミだとは…
元の変態生理ゼミナールのときから読んでますが驚きですなー

blood+

ゲームに比べて、ホラーよりアクション部分を全面に押し出したつくりになってますね…
私としては、それでゲームの濃厚な世界観が薄まってるのがなんとも残念
面白かったけどね、なんかあの終わり方もいまいちスッキリしないなぁ
これで一応やるドラ関連は制覇しちゃったのかなぁ…
ダブルキャストに手を出して目覚めてから8年…いや9年かな
+が放送された当時は、やるドラシリーズ復活ぜよ!と思ったもんなんだが…
新作だして欲しいなぁ

デュラララ

最近はアニメあまり見てないのですが、うむ、面白かった
4畳半神話体系も奇抜さと主人公の名演がなかなかのもでしたが
こちらは、個性的な性格付けと世界観が秀逸です
さすが、バッカーノの成田良悟
もろ地元なのもたまらん、アイザックとミリアがでてくるファンサービスもよかった
好みもありましょうが、バッカーノと比べて、分かりやすい作りになってるのも個人的には大きく○ですねー
今回は3巻までのアニメ化なのかな
アニメから原作からのシフトの考えてなのか、伏線も残ったまんまです
そのうち2期ってくれんかなー
そういえば、成田さんってデビューしてすぐに四シリーズも本出してるんですね
作家自身も面白そうな人だな~

Blue Gender 感想

うーむ、、面白かったので一気にに見てしまいました
こう熱い思いと疑問をぶちまけたくなって某ちゃんねるに行ったんですけどスレないんですね
一話見て面白そうだなーと思い、2話も見たらこいつはヤベー、この作品、人が死にまくるぜよ!
・・・といきなりダークな展開してくれたおかげで「こいつ死ぬんじゃない?」と最後までハラハラ手に汗に握らせてくれましたよ
さっきも書いたように某巨大掲示板にスレないし、尼にもレビューがないし
感想でぐぐると厳しい意見も多い、マイナー作品ですが私的にはこれ名作です
昨今にはない、エロでグロでハードな展開に惹かれました
あのコックピットむき出しな重機ライクなデザインも辛坊たまらん
だが、なによりションベンもらしたり、いつのまにかヒロイン以外の女コマしてたり、ちっとはマシになったと思ったら暴走しだす、駄目な主人公が飽きさせてくれないぞ、こんちきしょう!
そんな駄目主人公にいつのまにか、けなげに尽くすマリーンちゃん…な…なんだ、いつのまにか可愛いぞこんちきしょう!
ラストは、ちと無理矢理閉めました!というか意味不明なとこあるのはやや不満ですが、ロボアニメ好きな人は一度見て欲しいなぁ