カテゴリー別アーカイブ: 旅の雑学

ホテル・宿泊予約サイトをランキング付け、使い比べた感想

1年ほど海外旅行を続けて、ホテル・宿泊予約サイトをいくつか使ってみました

それぞれを使ってみた感想からランキング付をここでしてみます

ちなみに僕はアジア旅行しているので、そこで使ってみての感想になります、他地域ではまた違った感想を持つかもしれません

また、僕が選ぶ基準はどれだけ安いランクの宿・ホテルを多く扱っているかなので、その視点から書かせて貰います

1位:Booking.com

image

1位はやはり世界的に超有名大手なbooking.comです

オランダ・アムステルダムに本社を置く海外のオンライン予約サイトです

外国の会社ですし、あまり旅行慣れしてない人には耳慣れない人も居るかもしれません

僕も以前はオンライン予約サイトはオンライン通販でお馴染みの楽天トラベルをよく利用していました

けど、飛行機や高速バスの予約など総合的な旅行商品取り扱ってはいませんが、宿・ホテルの予約のみなら楽天トラベルよりbooking.comの方が取扱数も多く、サイトの使いやすさも上でおすすめ出来ます

・良いところ

  1. 宿の取扱数が最も豊富で、最安値クラスの宿・ホテルの取扱も多い
  2. 口コミ数が多く、宿選びの参考になる
  3. 料金体系が全て込みの状態で表示されるので分かりやすい
  4. 同じ宿でも他のオンライン予約サイトと比べて最安値になることも多い
  5. 宿泊日当日キャンセルでもキャンセル手数料が必要ない宿が多い
  6. サイトの使い勝手がよく分かりやすい

 

といったところでしょうか、とにかく全体的に洗練されている素晴らしいオンライン予約サイトです

悪いところも何か書こうかと思いましたが思い当たらないくらいです

あえて書くなら、同じ宿でも他のオンライン予約サイトの方が安いこともある・・・という当たり前のことくらいでしょうか

とにかく僕的には一番おすすめのホテル・宿泊予約サイトです

ちなみに、今なら初めてbooking.comを利用する人が4000円以上の宿泊予約をすると、2000円分キャッシュバックされるキャンペーンを行っているようです

この機会に一度使ってみてはいかがでしょうか、もしキャンペーンを利用してくれたら僕にも2000円分のクーポンが貰えるので助かります

キャンペーンはこちらから友達紹介キャンペーン

ご予約はこちらからbooking.com

2位:Agoda

image

2位はシンガポールに本社を置くagodaです

アジアに会社があることから、アジアの宿・ホテルに強いと言われています

・良いところ

  1. 宿・ホテルの取扱数が多く、最安値クラスの宿も取り扱っている
  2. booking.comにないような宿を取り扱っていることもある
  3. 同じ宿でも他のオンライン予約サイトよりクーポン・キャンペーン価格で安くなっていることが多い

・悪いところ

  1. オンライン予約サイトの使い勝手はあまりよくない
  2. 支払料金が分かりづらい、決済段階でサービス手数料が加算されることがある
  3. 予約キャンセルすると手数料がかかることが多い印象

 

僕の中の格付けではbooking.comには劣りますが、agodaも良いオンライン予約サイトだと思います

他のオンライン予約サイトを意識しているのか、よくクーポン・キャンペーン価格が適用されて最安値になっていることも多いように感じられます

ただ、検索段階の料金が安くても、実際に支払い段階になるとagodaのサービス料金がそこから上乗せされます

そのため、最終的な支払料金がすぐに分からず、使い勝手はあまり好きではありません

また、予約キャンセルにbooking.comよりシビアな印象でキャンセル手数料がかかる宿・ホテルが多いように感じます

agodaは予約したときにクレジットカード決済で支払いまで済ませてしまう宿が多いよう思います

一方で、booking.comは現地支払いで対応してる場所多い気がします(なお、現地支払いでもクレジットカード情報は万一キャンセルしたときなどのためにか、しっかりと入力を求めらることもあります)

この印象の違いには、手数料の差など何か運営会社の方針が関係してるのかもしれませんね

僕はよく、このagodabooking.comの両方で検索して良い方で予約することが多いです

ご予約はこちらからagoda

3位:Hotels.com

image

3位はアメリカ・テキサスに本社を置くHotels.comです

Hotels.com™ Rewardsという、10泊すれば1泊無料になるというユニークなサービスを行っています

僕は最初、これを聞いたとき安宿に10泊すると1泊高くて良い宿に泊まれるのかな、と期待しましたが、そんな上手い話はなかったです

つまるところ10泊したら使った料金の10%クーポンがキャッシュバックされるという方法でした、残念

・良いところ

  1. 宿・ホテルのは取扱は多いが、最安値クラスはないこともある
  2. 同じ宿でもHotels.com™ Rewardsまで含めて計算すると最安値になるこがある
  3. オンライン予約サイトは分かりやすく使い勝手が良い

・悪いところ

  1. 最安値クラスの取扱数はイマイチ

 

僕は基本的に上で紹介したbooking.comagodaから予約することが多いです

ただ、時期によってはあまり良い宿を取り扱ってないこともあります

そういったときはHotels.comでも検索を試してみるといった使い方をしてます

ご予約はこちらからHotels.com

4位:Hostelworld

image

4位はHostelworldです

・良いところ

  1. 安宿を取り扱ってることもある

・悪いところ

  1. 検索で選択可能な地域が少ない
  2. 宿の取扱数が少ない

 

上で紹介したオンライン予約サイトより、大雑把な住所からでしか調べられなく、また宿の取扱数の少なさも相まって検索しても市街地や現在地から遠い、立地が悪い宿・ホテルがよく出て来る気がします

ただ、たまに変わった安宿も取り扱っている印象です

僕はあまりおすすめしませんが、旅行中会った人でよくHostelworldを使ってると話してる方がいました

旅行する地域によっては使えるのかもしれません

ご予約はこちらからHostelworld.com – 世界中のホステルをネット予約、評価とレビュー

5位:Airbnb

image

 

日本でも話題になった民泊の大手オンライン予約サイト、Airbnbです

・良いところ

  1. 変わった宿の取扱がある
  2. クーポンが貰える
  3. ホテル・宿のオーナーと距離が近く、事前に相談が出来る

・悪いところ

  1. 手数料が高い

 

ホテル・宿の価格が安くても予約しようとすると、高い手数料が必要になり結果あまり安くなりません

また、予約方法も、ホテル・宿のオーナーにリクエストを送る→承認して貰う、と普通のオンライン予約サイトより手順が多いので面倒くさいです

代わりに、オーナー様と直接連絡が取れるので距離が近く、いろいろと事前に相談することができます

宿・ホテルの環境・立地への質問だけでなく、おすすめの観光名所などまで相談に乗ってくれるオーナー様もいるらしいですね

そんなわけで、安く泊まりたい人には向かず、サービスを重視、民泊というものをしてみたいユーザー向けだと僕は思います

Airbnbは初めて利用するユーザーにキャンペーンで3500円のクーポン券を配布しているので、それで一度お試しに宿泊してみるのも良いかもしれません

もし使ってくれたら僕にも1800円のクーポン券が貰えるので助かります

クーポン券はこちらから現地の人から借りる家、体験&スポット – Airbnb

比較サイトの問題店

最近はトリバゴ(trivago)や総合観光案サイト、トリップアドバイザー(tripadvisor)などでオンライン予約サイトを縦断して検索、比較できるサービスが提供されています

image

トリバゴだとこのように表示されます

image

トリップアドバイザーだとこんな感じです

複数のオンライン予約サイトの料金、一番安いオンライン予約サイトを教えてくれます

一見便利そうなのですが、僕が使ってみて感じた不便なところを書きます

  1. 実際に予約しようとすると既に満室で予約出来ない、提示される料金と違っていることがある
  2. 縦断検索している予約サイト(booking.comagoda)で実際に検索するとさらに安い宿・ホテルが出てくることがある

というように、どうも縦断検索しているサイトと情報に時差があるのか、いまいち使い勝手の悪さと情報の正確さに不信感があります、なので僕はあまり使ってないです

ただ、積極的に広告を売っていて今、伸びているオンライン予約サイトなので今後徐々に改善されていくかもしれません

この問題が改善されたら一番使いやすい予約サイトになると思われるので、そうなってくれたら嬉しいですね

ご予約はこちらからtrivago.jp – 世界トップクラスのホテル料金比較サイトトリップアドバイザー: 口コミを参考に、料金を比較して予約

予防接種をラオス・ビエンチャンで安く受けてきました

狂犬病とB型肝炎の予防接種受ける必要があったのでビエンチャンにて予防接種の二回目を受けてきました

ビエンチャンで予防接種を受けられる場所

インターネット上で調べた所情報が2箇所出てきました

一つはFrench Medical Centreです

ラオスのヴィエンチャンで狂犬病と破傷風ワクチンを接種しました|スローハウス新ホームページはコチラ!【チェンマイの日本人ゲストハウス】~タイやチェンマイの観光、グルメ、マッサージ、雑貨の情報満載~

料金は診察代120000キープ(1700円ほど)、狂犬病ワクチン150000キープ(2000円ほど)だそうです

日本で受けるよりはダントツでやすいのですが東南アジアの物価としてはちょっとお高いですね

病院名の通りフランス人が経営している、どちらかというと外国人向けの病院なようです

どうも日本人医師が居るそうで安心感あります

もう一つはマホソット病院インターナショナルクリニック(Mahosot Hospital International Clinic)

SEIZE THE DAY – around the world – ラオスで狂犬病予防接種!と、ラオス人の体力作り。

情報は少し古いですが診察料40000キープ(560円ほど)、狂犬病ワクチン100000キープ(1400円ほど)

マホソット病院は国立病院、つまり所得の低い現地のラオス国民向けの病院なのでFrench Medical Centre安いようです

今回僕はこのマホソット病院インターナショナルクリニックに行ってきました

マホソット病院で予防接種を申し込む

image

こちらがマホソット病院インターナショナルクリニック

マホソット病院敷地内の別棟みたい扱いですね

場所はこちらになります

image

入るとすぐ受け付けみたいなのがありますが、ここは支払い専用みたいで受け付けて貰えませんでした

image

指を指してもうちょっと奥のナースの詰め所みたいなところを行けと行ってるっぽいので、日本のふたばクリニックで予防接種したときに貰った予防接種手帳を見せて「この狂犬病とB型肝炎を受けたいんだよ!」とつたない英語と身振り手振りで伝えますが、向こうも英語はどうもほとんどわからないみたいです

そうこうしてたら、白衣を着たお医者の先生がどうかしたのか聞いてきたのでもう一度説明

何か紙に買いくれて「これを持って9番に行け!」というので向かうことに、なんだかわからないけどお使いクエスト発生です

image

ここが9番の窓口

image

書類を渡したら薬を貰えました

そうしたら、また紙を渡されて「これを持ってレジに行きな!」と言われます

治療するところと薬を管理する所と支払いするところの部署が別れてるんですね~

なんだか面倒くさい・・・

image

レジに行って支払いすると

診察料 40000キープ(560円ほど)

B型肝炎 40000キープ(560円ほど)

このとき、え~こんなに安いの?とか思ってたのですが、よくよく見ると狂犬病の薬が貰えてません

どうも医師の先生に上手く伝わってなかったみたいです

僕はこのことにB型肝炎の予防接種を終わった後に気が着きました

あっれー?注射一回しかしてないよ?なんかおかしいな・・・と思って、上の写真を見返してB型肝炎しかして無いじゃん!って

けど、ナースの人に予防接種手帳を見せてここにサインして!って記録を残してもらおうとしたら、予防接種してない狂犬病までサインしていた・・・

やっぱり、病院は言葉が通じる日本人医師が居るところのほうが安心感あるなぁと思いました・・・

さて、ナースの詰め所?に戻って薬を渡しますそうしたら奥の診察室に連れて行かれて

image

ここでブッチュー!っと注射

image

注射を終えたら、今度こそちゃんと狂犬病ワクチンを打ってもらわなくては!ともう一度、予防接種手帳を見せてお願いします

なかなか手こずったのですが、なんとか意志は伝わったようで目の前にある椅子を指差してそこで座ってまってとのこと

しかし、5分・・・10分・・・15分・・・特に何かしてくれてる様子が見受けれない・・・

ホントにここでこのまま待ってて良いのか不安になってきたので、もう一回受付に言って予防接種手帳を見せてたら、今度は白衣を来た女医さんが来た

さっきの先生と同じように手帳を見せてもう一度説明、どうやら狂犬病ワクチンを打ちたいのが伝わったみたいで、これまたさっきの先生と同じように書類になにかさらさらっと書いてくれてた!

お礼を言ってからその紙持って、もう一度9番窓口へ!

image

今度こそ狂犬病ワクチンです

そして、またレジで支払い

狂犬病ワクチン 97000キープ(1300円ほど)

でした、うん安いですね!

診察料二重で取れないか心配したけど大丈夫でした

2回目の本日二回目のワクチンも問題なく終え、予防接種終了です

しめて合計177000キープ(2400円)でした!

まとめ:あちこち回りたい人が

安く予防接種というとタイ・バンコクのスネークファームが有名ですね

スネークファームの料金は分かりませんが、ラオス、ヴィエンチャンもなかなか安いのではないでしょうか

また、狂犬病は一週間、1ヶ月と間を開けなれければならないワクチンです

その間、バンコクでずーっとだらだらしたいわけではなく、東南アジア周辺を回りたい人は、スケジュールをあわせてビエンチャンで受けれるようにするものいいんじゃないかと思いました

台湾コミケ?PetitFancy26(亞洲動漫創作展)に行ってきたのでレポートしてみる

最近、日本でもなにかと話題になる台湾オタク文化

そんな中の一つに台湾最大の同人イベントであるファンシーフロンティアがあるりますけど、これをよく日本では分かりやすく台湾コミケと呼ぶことがありますね

今回、そんなファンシーフロンティアと同じところがイベントを主催している、姉妹イベントPetitFancy26の方に行ってきたので適当にレポートしてみたいです

活動紹介を読むとそれぞれのイベント内容について説明されてますが中国語なので良く分かりません

ただ、読み取れる範囲だと、どちらも色々と理由を付けて日本の声優呼んで楽しもうぜ!と書いてある気がします

みんなホントに声優が大好きだよな~、何処の国でもオタクはオタクですね!だからまぁ、似たようなものでしょう、たぶん

活動簡介 | Frontier – 開拓動漫

ちなみに、ファンシーフロンティアでは日本語紹介ページを要してくださっていてなんとも日本人にフレンドリーですね~

日本からの同人サークル申し込み方法まで紹介されちゃっています

僕が今回したPetitFancy26でも日本から来ているコスプレイヤーさんを見かけました

1日目

会場は花博公園爭艷館

有名な士林夜市に行く途中の公園である

DSCF6963

入り口にどどーんとでっかく会場案内の看板がある

DSCF7082

けど、入り口エリアではいつもやっている出店が平常運転

DSCF7080

DSCF7085

ここではオタクイベント場所とは思えないほど、普通に市民の憩い空間が広がっている

DSCF6964

この爭艷館の中央広場スペースがコスプレ会場になっていた

DSCF6970

カタログ購入

まずは入場券代わりのカタログ購入

DSCF6969

カタログ中身を見てみる

こちらがペティーファンシーのカタログです

DSCF6975

入場の際に所持してるのを見せるだけじゃなく、中に入ってるチケットをちぎって渡します

DSCF6976

中身を見るとコスプレイベントの広告がありましたが、オーディンスフィアのコスプレイヤーがトップに使われてました

わかってるじゃないか!台湾!

DSCF6977

日本からも福山芳樹、鈴木このみが、今回、特別来賓としてイベントに来ているのだそうです

これはカタログトップなどでも大きく扱われました

台湾コミケの盛り上がりぶりと日本側からの注目度の高さも伺えます

DSCF6978

他のカタログ広告中身はこんな感じ

黒猫のウィズ、ICE on ユーリ

DSCF6979

新人漫画賞開催の告知かな

台湾産の漫画ってあるみたいだけど読んだことないなぁ・・・

DSCF6981

絵、こういうところに乗るものだからレベル高い

DSCF6982

DSCF6987

入場する

さっきのカタログに着いてたチケットを渡すと代わりに手にはんこが押されます

これが再入場する際に使われます、ディズニーランドと同じ方式ですね

DSCF6988

会場内の様子はこのくらい

人で賑わっていますが、コミケほど込んではいないし、殺気立ってもいないし、会場も大きくないです

なんだか、まったりとした空気が流れてます

昔、参加したサンシャインクリエイト、サンクリがこんな感じだったなぁと思い出します

コミケ以外の同人イベントってもう長いとこと参加してないですし、よく分からないですがコミケ以外の大きなコミックイベントくらいの規模なのかなって気がします

DSCF6989

海外でてから数ヶ月・・・

この駄目な空気!間違いない!同人イベントだ!オタクだ!日本の空気だ!

DSCF6990

レベルが高い絵、うっひょー!

DSCF6991

大きなイベント会場

DSCF6999

流行に乗っかってけものフレンズ絵がありました

インターネットがあるこの時代、台湾だって日本と変わりませんね

DSCF7003

進撃の巨人がコカ・コーラとコラボしてコーラを無料で配ってました!太っ腹!

台湾ではよく、「的」を置き換えて「の」にしてるみたいなんですが、進撃の巨人は進撃的巨人になってますね

どうやら、「の」という文字を台湾では可愛いと感じてるそうなのでイメージにそぐわなかったんでしょう

DSCF7011

僕も一本貰いました

デザインはこんな感じ

大量に持ってきすぎて余ったのか最後の方はがむしゃらに通る人に配ってました(笑)

DSCF7061

商業ブースではポスターがめった刺し、侍かよ、ビームサーベルが捗るな

DSCF7014

写真展スペース

コスプレ写真展と、なんと聖地巡礼写真展が解散されてました!

DSCF7024

HALOですね~かっこいい

DSCF7015

裏側、やっぱりかっこいい

DSCF7053

響けユーフォニアムと、ちはやふる、そしてラブライブサンシャイン

DSCF7017

シャーマンキング(マニアックだなぁ)、と花咲くいろは

DSCF7018

きんいろモザイクとアリアですね~

ベネチア僕も行きたいなぁ~

DSCF7019

DSCF7020

僕は友達がいない

DSCF7021

ご注文はうさぎですか?

DSCF7022

有名なけいおん

DSCF7023

ガールズパンツァー

DSCF7029

コスプレ写真展一覧

Re:ゼロは台湾でも大人気ぽかったです

DSCF7026

聖地巡礼写真展一覧

DSCF7027

イベント会場は二つあって、もう一つの方

こちらは小さめ

DSCF7033

商業スペースを見ていて思ったのですが、日本のオタク文化を輸入しているって側面が強いなと思いました

有姫物研究所さんのブース、見て分かる通りこちら商業スペース

ヨスガノソラの春日野穹がいるあたり、台湾人も分かってるな!

そして、Reゼロのレムもやはり居る

DSCF7034

こちらは緑林寮さんのスペース

DSCF7035

台湾でも大活躍の自宅警備員集団NEETさんたち

たしか、もともと日本の2chねらーが悪巫山戯でしたコスプレだったと記憶してますが、それが海外でもこうやって広まってるのを見ると面白く感じますね

DSCF7036

こちらは漫画家の養成所というか学校というか、そんな感じの募集?

DSCF7037

艦これは台湾でも第二斤

DSCF7038

クッションは俺も一個欲しかった

けど自転車してるからな・・・

DSCF7040

この連装砲ちゃんを背負ってる人を割りと見かけます

何年か前に台湾、台北に来たときも町中でバイクに乗ってる人が背負ってました(笑)

DSCF7042

みんな大好き抱きまくら

キャラクターはなんでしょ、オリジナル?

DSCF7043

落書きスペース

こういうのがあるのがコミケのように大きすぎず、殺伐としてないというか、まったりとした空気を感じさせてくれます

なんだか参加者同士の交流が垣間見えて和みます

DSCF7047

こっちは台湾オタクイベントのチラシ

DSCF7051

日本のプライズゲームの景品にでもありそうなちゃちなアニメ柄懐中時計

島風ちゃんのラバーストラップは一番くじのかな

DSCF7054

DSCF7059

人のコスプレイヤーは肖像権とかかんとか、色々とあるので自粛しましたので、犬のコスプレイヤーの画像を載せておきます

犬ですよ~犬、動物です

さすが台湾、日本と違って大らかですよね~

これは大神のコスプレイヤーかな?

DSCF7107

行ってみた感想まとめ

今回、イベントが行われたのは争艶館というところなのですが、調べてみたら床面積は6,000㎡らしいです(参照:Touch The Japan: 2017 第3回 日本の観光・文化エキスポ in 台湾 [出展エリア])

台湾コミケと言われる台湾で1番大きい同人イベント、ファンシーフロンティアもここ争艶館が会場らしいので規模としてはやっぱりこのくらいなのでしょうか(FF30活動場地交通資訊與兩日攤位配置圖 | Frontier – 開拓動漫)

ファンシーフロンティアはどうか分かりませんが、PetitFancyは二日間開催で、参加サークルもほとんどが二日間続投していてあまり入れ替えがありませんでした

なお、僕が参加したことがあるサンクリが行われているサンシャインシティの総面積は12,500㎡だそうです(参照:株式会社サンシャインシティ 展示ホールご案内)

だから規模としては半分くらいですね、ただサンクリってイベントスペース全部使ってたかなぁ・・・よく思い出せないや

そしてご存知、日本最大の同人イベントにして本家コミックマーケット、その会場である日本最大のイベント会場、有明ビックサイトは総展示面積は95,420m2だそうです

ついでに、幕張メッセは総展示面積72,000m²だそうです

はい、段違いですね、倍なんてもんじゃありません10倍以上です格が違います

最近、たびたび台湾のオタク文化!台湾コミケ!ファンシーフロンティアがすごい!みたいな話を聞く気がします

たしかにこの台湾、海外で日本のあの駄目な空気(笑)が感じられたことにはすごい感動しましたけど、とりあえずPetitFancyを見る限りに置いてはまだまだ日本がぶっちぎって変態だと思いました

それに日本のオタクイベントだと、ある程度、規模が大きいのは新しい情報の発信というか新商品の売り込みとかあったりします

しかし、PetitFancyではそういった台湾発のオタク文化の売り込みもあるのですけど、どちらかというと日本のオタク文化やオタクグッズの輸入、販売の方が目立っていたように僕には見えて、そこはちょっとイベントとして寂しく気もしました

というわけで、日本でもてはやされていますが、話で聞いていたほどではないかなというのが行った印象ではありますが、それはそれとしてPetitFancyは殺伐としておらず、みんな自由に楽しんでるのがわかる良い同人イベントでした

何より海外なので、やっぱり日本のオタクイベントとは少し空気の違いがそこかしらに感じられて興味深かったです

海外、台湾だから人が大らか、例えばコスプレだと規制もかなり緩いんでしょう、コミケよりかなり大胆な格好してたり長物を持ってたりと視覚で違いがよく感じられると思います

本当ならここの撮った写真を載せたいのですけどね~、許可を貰ってないので自粛しておきます

そしてコスプレブースは公園内で特に仕切られずにやってるのでちらほら通りかかる一般人、というかすぐ隣で開催されている台湾農作物展?

なんとなく、カオス、アジアンカオス、さすが中華文化圏の国、台湾でもあるぜ、といった具合にお国柄の違いが同人イベントに出ています

いやぁ~、台湾いい国だよなぁ~、いつかはファンシーフロンティアにも参加してみたいですね

萌える台湾読本 2012 (萌えるアジア)[Kindle版]

小泉優,クーロン黒沢 萌えるアジア 2016-12-04
売り上げランキング : 45426

by ヨメレバ

初めての中国ビザ取得メモまとめ@ソウル編

ひょんなことから韓国のソウルで中国ビザを取得することになったのでそのときのメモのまとめ

中国ビザの申請場所

以前はその国の中国大使館に行ったり、招待状が必要なため査証の取得代行会社に依頼する必要があったようですが、2016年から方法が代わったようです

現在は世界各地にある中国ビザ申請センターに行けばビザを発給してもらえるようです

中国ビザ申請については専用のページがあります

中国签证申请服务中心

国と都市を選択することで、そこの中国ビザ申請センターについて調べることが出来ます

例えば日本ですと、東京と大阪にありますね

僕は今回、韓国で発給してもらったのでソウル駅前にあるソウルスクウェアビルディングに行ってきました

image

右の茶色のビルがっソウルスクウェアビルディング

発行してもらうビザの種類と滞在可能期限

発行してもらえるビザは観光目的ですと30日間のLビザのみです

以前は観光目的でも簡単に90日間のLビザが貰えたようですが、現在は基本的に発行の許可が降りないようです(2017年3月3日時点)

申請方法変更前から90日ビザは難しかったようですが、変更後も同じままなようです

ビザ発給までの時間

普通申請・加急申請・普通申請の三種類あり早ければ早いほど高くなります

日本だと、普通申請(4営業日)・加急申請(3営業日)・特急申請(2営業日)

受付方法-査証情報

ソウルだと普通申請(4営業日)・加急申請(2営業日)・特急申請(1営業日)

でした、発給する場所によって必要な時間が違うみたいですね

ただ、僕は旧正月を挟んで休みだったのでえらい時間がかかってしまった

必要な費用

普通申請であれば8000円、加急申請は14000円、、特急申請17000円

ビザ料金表.pdf

オプションを付けるとえらく高くなりますね

ルール変更前は代行会社に頼んでも普通申請は6000円くらいだったような覚えがあります

現地でも滞在延長手続きも厳しくなっていってるとのことですし、中国に行くのは年々、大変になっていってような気がします、国との間に距離を感じますね~

ソウルとだと、日本人は第三国民扱いで55000ウォン(約5500円)でちょっとオトクでした

韓国~中国と行く予定があって時間がある人は、韓国で申請しながら観光するのもいいんじゃないでしょうか

そんなもの好き、他にいるかはわかりませんが

申請に必要な書類

僕が求められた書類は以下の通り

縦48ミリx横33ミリの証明写真

このサイズは中国でしか使われてない変則的な独自規格で、街なかにあるようなスピード証明写真機は基本的に対応してないと思いますので注意

ソウル申請センターに関してはセンター内に有料の証明写真機が置いてありました

一回7000ウォンです

image

写真の移り方についても細かいルールが決められていて、公式にかかれています

www.visaforchina.org/TYO_JP/upload/file/20170125/中国签证申请照片规格要求-新(日文版).pdf

注意してほしいのはホームページにかかれているルールだとメガネを装着したでも可能とのことですが、ソウル申請センターではメガネを外した状態でなければいけないと怒られて撮り直しました

image

たしかに、申請センター受付前に貼られている写真の写り方には、やっつけな修正がされていました

image

けど、証明写真機の前に置かれているのは修正されてなかったんぜ、やんなっちゃうぜ

入国&出国用のチケット

これに関してはダミーの航空券を作成して提出しました

作り方はこちら

初めてのダミーチケットの作り方・購入方法のメモまとめ
中国ビザ取得の際、必要に迫られて初めてダミーチケットを作成したので、用意した際の記録まとめ ダミーチケットとは ビザの発給や、国に入国する際...

仮予約画面をプリントアウトしたもので大丈夫でしたが、日本語の予約画面では駄目だと言われて、英語の予約画面を作り直すことになりました

僕は今回、船で出入国する予定でチケットも当日購入するつもりでした

最初はそう説明したのですが、ならそれを証明するものを持って来いと言われました

けど、私が乗船する予定だったフェリーって電話予約のみなんですよね

運航会社に伝えれば何か証明書をくれるのかもしれませんが、ハングルでそれを伝えるのは非常に難しいですし、何より出国日が全然決まってなかった、このような方法を取りました

中華人民共和国査証申請表

行けばビザセンターに置いてありますので記入

公式ホームページにもpdfが置かれていてダウンロード出来ます

中国ビザ申請表-査証資料ダウンロード

僕はソウルで申請したから日本語版がなかったので、これを見ながら書きました

中国での旅行予定表

これもビザセンターにおいてあります

フォーマットは日付・旅行する街・滞在目的の3つを書かされました

僕は入国も出国も最初からダミーチケットを用意していてデタラメだったので、トリップアドバイザーを見ながら航空券と辻褄が合うように適当に埋めていきました

これはデスクに提出時にほぼノーチェックでしたね~、けど一応必要な書類なんでしょうな

滞在期間中の宿の予約証明書

これはbooking.comから宿を探して予約、予約内容のページをプリントアウトしたものを提出しました

booking.comは無料でキャンセル出来る宿が簡単に見つけられるのでおすすめです

これも旅行予定表とつじつまを合わせて作ります

パスポート

パスポートはビザ発給までの間、ビザ申請センターにてホールドされました

申請中は万一、パスポートの提示を求められたらどうすればいいんでしょうかね、それとも素直にビザ申請中といって通じるんでしょうか

たしか、引換証を貰いましたが、韓国政府が発行したものでもないのに、これがパスポート代わりになってくれるんでしょうかね

また、免税店などで即時還付制度が使えなくなるので注意

書類の申請・提出について

書類を全て作成したら、受付にいく

このとき提出書類に不備がないか軽くチェックしてもらいました

その後、待機番号を貰う

自分の番が呼ばれたら、デスクに書類を提出してちゃんとチェックしてもらう

不備がなければ受取可能日が書かれた引換証を貰い後日また来る

当日の受取について

image

受取可能日になったらまた、申請センターにまた行き、受付でビザ受取のための待機番号を貰いました

ソウル申請センターは申請時とは違う部屋で受け取りでした

呼ばれたらデスクに行き、引換証と申請代金を支払ってパスポートを返してもらいます

提出のときと違ってあっさりいただけました

初めてのビザ申請をした感想しては、提出書類の不備で何度も躓きはしましたが、書類さえきっちり作ってしまえば、あっさりと発給してくれるなと思いました

地球の歩き方 D01 中国 2016-2017[Kindle版]

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド社 2016-04-04
売り上げランキング : 15825

by ヨメレバ

初めてのダミーチケットの作り方・購入方法のメモまとめ

中国ビザ取得の際、必要に迫られて初めてダミーチケットを作成したので、用意した際の記録まとめ

ダミーチケットとは

ビザの発給や、国に入国する際に、不法滞在等を防止するために出国する意思がある証明としてチケット(リターンチケットとも呼ばれるらしい)の提示を求められることがある

短期間の滞在予定なら出国日の予定も立てやすいだろうから素直に出国用のチケットを用意して見せれば良いだろうが、旅行の仕方や目的によって長期滞在になる可能性があったりと、入国する時点で出国日が曖昧な人も居るだろう

しかし、正直に「予定は未定です、必ず出国するので入国させて下さい」と言っても話が通じるとは限らない・・・

十中八九許可が降りないだろう・・・というか、私が中国ビザの申請書を受け取ってもらえなかった、世の中そんなに甘くなかった

最悪のケースだと現地についても出国用チケットがないと入国させてもらえず、そのままお帰り願うケースもあるんだとか

出国日がわからなくて、それでもどうにかして入国したい旅行者が用意する使うかどうか分からないチケットを総称してダミーチケット呼ぶようだ

そう、ダミーチケットとは旅行者が出入国審査官に見せる誠意の証なのである…たぶん

ダミーチケットの種類

一言でダミーチケットというが、仮予約画面をプリントアウトしただけのものと、使う予定はないが見せるためだけにダミーではない本物のチケットを買ってしまう方法の二種類がある

仮予約画面

あくまで飛行機を仮押さえしただけで未決済の状態

あくまでもチケットではなく、予約しましたよという、それだけの画面なのだが緩い場所ではこれでも入国させてくれるらしい

なお、中国ビザに関してはこれでどうにかなった

E-チケット

基本的に決済後にしか送られてこないメールや画面で、そのまま搭乗券になったり、紙の引換券になったりする、あくまでも使う予定がないだけで、≒チケットなダミーチケット

ちゃんと正規に予約した本物のチケットなので堂々と出来るが、決済することになるのでお金が必要になってくる

中南米など一部の国は入国チェックが非常に厳しいらしい

空路で入国しようとした人が、空港で搭乗前に違う航空会社のチケットを、本当に予約が有効な使えるチケットなのかをチェックされたそうだ

そして、ダミーだとわかると搭乗拒否されたとのことなので、そういった国では正規のチケットを確保したほうが無難かもしれない

ダミーチケットが通じなかった悪徳航空会社ビバコロンビア! – しんしょーハイドの世界一周物語

チケットキャンセルについての対応は空港会社によってさまざま

払い戻し手数料が必要だったり、一部返金のみだったり、そもそもキャンセルできなかったり、返金してもらうのにも非常に時間がかかるケースもあるそうで、予約時に確認しておいた方が良い

どうやら全額返金してもらうのはなかなか難しい四津あ

また、いつキャンセルするかも上記のような事例があるので注意したほうが良い

チケットの言語

ネット上の情報を漁ってると、どうも日本語表示のチケット予約画面でもだいたいは問題ないっぽい

ただ、僕がソウルでそうした際は英語表示の画面を用意してこいと突き返されたのでそういうところもある

仮予約状態の画面をプリントしたものだと、○月○日まで入金して下さいとか書かれていたりするので日本語でプリントしたものを渡して誤魔化したいところだが、英文でないと受け付けてもらえないケースもあると思うと難しいところ

私がダミーチケットを用意した方法

銀行決済やコンビニ支払いが出来る航空会社は仮予約が出来る

逆にそういったのを受け付けていない航空会社はクレジットカードの情報を求められて即決済させられることもある

ダミーチケットのため仮押さえしようとして間違えて24万円支払ってしまった人もいるので注意

トラブル発生 : 世界一周散歩旅(・3・)

いろいろと試して、仮予約画面を用意するだけなら旅行予約サイトのenaが個人的におすすめ

旅行予約サイトなので、ANAやJALのような航空会社の単体のサイトより航路が豊富だし、expediaなどの他の旅行代理店と違ってコンビニ決済や銀行振込に対応しているので安全に仮予約画面まで持っていくことが出来る

DeNAトラベルも一見、銀行振込に対応しているように見えたのだが、国内旅行券だけで国際線には対応していなかった

image

仮予約するだいたい、こんな画面が表示される

上に大きく下記期日までにご入金下さいとあるが、ここから下を範囲選択肢して印刷すれば見えなくすることが出来る

他に問題は日本語にしか対応してないことだが、予約画面をGoogle翻訳を利用してウェブページ翻訳すれば英文のものに出来る

Google 翻訳 – Chrome ウェブストア

よく読めば中間にご入金済み金額が書かれてるけど、そこは何も突っ込まれず僕はこれで中国ビザを取得できた

あまりにも簡単に予約画面が作れるので、僕はお守り代わりに行く予定の国のダミーチケットをいくつか作ってしまった

今回、中国ビザ取得のために探したところ大韓航空でも銀行振込による仮予約が出来た

image

こんな画面が表示されます

大韓航空のページからならGoogle翻訳を通さなくてもそのまま英文化出来ます

ただし、一度会員登録してからログインしないと銀行決済は選択できなかった

他にレガシーキャリアだと、JALやANAでも同様に仮予約が出来るようだが、やっぱり一度、会員登録しなければいけないっぽい

死ぬまでに行きたい! 世界の絶景

詩歩 三才ブックス 2013-07-31
売り上げランキング : 6228

by ヨメレバ

[2016年秋版]改悪が続く海外旅行保険の現状と私が考えた保険プランについて書いてみる。アリアンツ社のグローブパートナーが良いかもしれない

しばらく海外旅行をしようと考えているので海外旅行保険について調べてみた

今のところは一年半ほどを目安に考えているけれど、ここから伸びるかもしれないし、減るかもしれない

そんな訳で、保険契約を結ぼうと調べたのだが、ネット上で聞いていた一昔の状況と大きく変わってきているようなのでまとめておく

改悪その1:5年から最長2年までしか海外旅行保険が契約できなくなった

数年前までは最長で五年まで保険契約が結べる保険会社があり、超長期の海外旅行者に使われていた

保険はシステムとして、長期契約しても帰国したらそれ以降は払わなくて良いし、払いすぎた分は日割り計算で返却してくれるのだそうな

旅行期間が長期化する可能性があれば、とりあえず長く結んでおくことが出来るので旅行者に優しいシステムだった

それが、とりあえず長期で結んでおくということができなくなってしまった

改悪その2:バラ掛けができなくなり、パッケージのみになった

保険をよく知らないひとでも、なんとなくわかるかと思うが保険といっても、どんな事故が起きたときに、いくら支払われるかというのがある

その内容を自分で調整して、要らない保険は減らし、必要な保険は厚くして、財布に相談しつつ自分に最適な保険を組み立てることが出来た

特に携行品損害保険(盗難時の保険)は厚くしたい人が多いようだし、それができなくなったのは残念

改悪その3:大幅な値上がり

保険会社各社が続々と値上がりしているようだ

三井住友海上とあいおいニッセイ同和は10月から長期滞在者を対象に保険料を値上げした。

保険対象期間が30日の場合、保険料はこれまでの1.8倍の3万円。

90日や1年の保険商品もそれぞれ値上げする一方、7日間の短期滞在者の場合、1割値下げし約5000円とした。

MS&AD、長期海外旅行保険を値上げ 円安や治療費高騰 – SankeiBiz(サンケイビズ)

短期旅行は値下げする一方で、長期旅行の保険はかなり値上がりしているようです

社会的弱者、マイノリティーは辛いぜ・・・

インターネット上で検索を掛けても値上がりについては多く引っ掛かる、今年から海外に出る、その界隈の人らの間では話題になっている模様

東京海上日動一択なのか?

各社値上げしている現状の中で良心的な価格設定を維持しているのが東京海上日動なようだ

旅行保険の比較サイトのいくつかで調べてみた

2016-11-27_10h31_00

留学保険・ワーホリ保険・海外旅行保険の比較サイトならi保険

そのうちのひとつで、一年間の契約、安い順にソートしたのが上の画像だ

このように安い保険パックプランは東京海上日動ばかりが出て来る

だから内容が悪いのか?というと東京海上日動の次に出てくる損保ジャパン日本興亜は192410円だが、保険内容を比べてもむしろ東京海上日動の方が良い

今年から出発する人らも、東京海上日動で契約しているようだし、国内の保険会社としてここ一択なのかな

ドイツの保険会社アリアンツ社のグローブパートナーが良いかもしれない

上記のように国内の保険会社は値上がりの傾向にあるようですが、国外の保険会社を利用するという手もあるようです

http://www.gotravelife.com/globepartner/

上記のサイト様で詳しく解説されています(参考にさせていただきました、ありがとうございます)

あまり聞き慣れない保険会社ですが、ヨーロッパの方では有名な保険会社なのだそうです

ざっと内容を簡単にまとめると・・・

メリット(利点)

安い

一年間で708ユーロ=約85000円です(2016年11月27日時点)

EU諸国のみなら更に安くなって540ユーロ=約65000円になります

クレジットカードの付帯保険も有効活用出来る

多くのクレジットカードには通常3ヶ月の海外旅行保険が備わっています

ですが、国内の海外旅行保険のプランですと出国日からの契約が条件付けられているため、あまり有効に活かせません

ですが、このグローブパートナーですと出国後からでもインターネット上で契約が可能とのことで、クレジットカードの付帯保険を有効活用できます

こんな保険があるなら、利用付帯のクレジットカードを作っておくべきだった・・・今更だけどね

長期間の契約が可能

一度に契約可能なのは一年のみにはなっています

ですが、出国後でもインターネット上で契約可能なので、再契約すれば実質的に期間延長することが可能です

・・・むしろマイナーな保険なのでサービス撤退しないかのほうが心配ですね・・・

保険内容もしっかりしている

http://www.acs-ami.com/jp/globe_guarantees-jp.php

詳しくはご自身で確認願いますが・・・

私が見たところ、保険内容を国内の保険会社のものと比べてみましたが、死亡時保険が安く、携行品損害保険がありません

しかし、そこ以外の保険は見劣りしない水準なようです

むしろ、国内だと適用されない歯科診療が適用されたり

この値段ながら、入院・手術費は100%保証(俗に言う無制限ってやつなのかな)になっているのは嬉しいですね

デメリットとその対策

もちろんデメリットも

短期契約が出来ない

日本からですと3ヶ月からの契約のみになります

しかしこれはクレジットカードの付帯保険で約三ヶ月間カバー出来るのであまり問題ないかな

携行品損害保険がない

この保険を重視する人が多いらしいね

しかし実際に保険を受けようとすると盗難時にはポリスレポートを貰わないといけないし、煩雑な手続きも必要になってきます

国内の保険だと携行品保険があるといっても、一番安いプランでも差額が約7万もするわりには、上限10万円までのカバーとなっています

それを考えると安いグローブパートナーを契約して、何か損害が起きたときはその差額でカバーする・・・という考え方も良いのではないかと

何も損害がなければ、差額分丸儲けですし

日本語通訳のサービスがない

国内の保険会社ですと通訳サービスがあるのだそうです(初めて知りました)

重大な事故にあったときはこのサービスがあると安心感がありますね

アリアンツ社のグローブパートナーにはこのサービスがない・・・と上記のサイト様でデメリットと紹介されていました

しかし、東京海上日動のページを見ると3ヶ月以上の保険契約者はこのサービスが適用されないようです

本サービスは、「3ヶ月までの保険期間」かつ「ご契約タイプ(セットプラン)」の海外旅行保険をご契約いただいたお客様にご提供しております。

トラベルプロテクト | 東京海上日動・海外旅行保険契約サービス

ですので、国内の保険会社を選ぶにしろ、海外の保険会社を選ぶにしろ3ヶ月以上、海外滞在する人にとってはデメリットにはならず、言語の壁は自分でなんとかしなければならないということになりますね

そして、グローブパートナーを検討する人は、クレジットカードの付帯保険ではまかないきれない3ヶ月以上の長期滞在社かと思います

高額でも日本の保険会社を選ぶ理由としては、日本人にあった保険サービスが教授することが出来ることのはずなのですが、それが受けられないのは残念ですね(東京海上日動以外の会社は更に高いので調べてないのでわからないけど)

言語の対策としては、その国の日本大使館に電話して日本語が使える病院がないか聞いてみる・・・のもいいかもしれませんね(試してないので教えてくれるかわかりませんが)

また、どうしても通訳が欲しいときには、価格は高いですが電話で英語通訳してくれるサービスがあるようです

http://www.tuyakuphone.jp/

http://www.tellingual.com/japanese/

日本語よりは英語が扱える病院は多いでしょうし、探したとき見つかりやすいのではないでしょうか

この費用は国内・国外どちらの保険会社でも自腹になるかと思いますので、その点でも保険代が元から安いグローブパートナーは魅力的です

自転車旅行にも適用されるとのことです

グローブパートナーでカバーされないスポーツとはどのようなものがありますか?

カバーされないスポーツには下記のものがあります: 登山、ボブスレー、空中競技、ジェットスキー、格闘技等の危険なスポーツ、その他どんなスポーツでも公式競技として参加する場合は、補償されません。

とあるのでスタッフに自転車旅行にも適用されるか電話して確認してみました

そうしたら、自転車旅行にも問題なく適応されるとのことです

多くの人にはどうでもいいでしょうが、一応書いておきます

僕はどう保険契約を結ぶか?

以上のようにデメリットも語られますが、グローブパートナーは長期旅行者にとって十分、検討に値する保険サービスかと思います

僕は、まず当初の3ヶ月はクレジットカードの付帯保険で済ませて(付帯保険のクレジットカードを作っておけばよかった)

その後はグローブパートナーに契約を切り替えてようと思います

欧州に行くときは保険が安くなるので、うまく調整して再契約を結ぼうかと思います

シェンゲン協定加盟国は90日、イギリスなど非加盟国もあるので調整すれば上手く安く抑えられるんじゃないかな、と考えています

http://www.acs-ami.com/jp/globe-jp.php

厚木基地(日本国内)のBank of AmericaATMにて外貨キャッシング(米ドル)が出来るか試してみた!

先日、厚木基地にて、基地開放イベントがありましたので行って来ました

厚木基地は日米合同管理の基地でして、中には日本国内ではチェーン展開していない、米軍向けのファストフードチェーンなどがあったります

その際、決済は米ドル、そのためアメリカの銀行であるBank of Americaの米ドル仕様のATMも基地内に置いてあります

せっかく行って来たので、日本本土内(基地内)にある外貨ATMで外貨キャッシング(米ドル)が出来るのか?と疑問に思ったので試してきました

Bank of AmericaのATM外観

DSC03779

こちらが、厚木基地内にある外貨ATM、バンク・オブ・アメリカのものです

見慣れない企業ロゴがありますね、いかにもアメリカらしいというか・・・

内観

DSC03780

内観はこんな感じになっています

VISA、Masterはありますが、JCBの文字がありませんねぇ~

あと、日本国内だとユニオンペイ(銀聯カード)の文字も珍しくありませんが、そちらもありません

というか、MONEYPASSや、AFFNって文字があるけど、逆にこれって何?とか思っちゃう、見慣れない文字が・・・

外貨キャッシングを試してみる

DSC03781

今回は、先日作って手持ちにあったエポスカードを使用しました

payeasyでキャッシング返済ができる、海外旅行者に人気のクレジットカードですね

DSC03783

とりあえず右のカードホルダーにイン、PRESS THIS KEYとか出てくるので押してみます

DSC03785

今度は暗証番号を入れろ!と指示されるので入力DSC03786

Would  You Like Know Your Account Balance?(あなたは、あなたの口座残高を知っているようでしょうか?)

とりあえずYES!

DSC03787

クレジットカードを使用しているので、Frome CreditCardを選択

DSC03788

しかし、何故か

Would You Like a Receipt For This Transaction(あなたは、この取引の領収書をご希望します?)

という画面に飛ばされてしまいます

DSC03789

とりあえず領収書をもらいましたが

Transaction Denied(取引拒否)

For Assistance Call Your Bank(あなたの銀行に問題を問い合わせ下さい)

との釣れない文字が並んでいます

とりあえず、これで一度出ましたが(後ろに列が出来ていたため・・・)

その後も、人の居ないときを見計らって楽天カード(このカードは実際に海外でキャッシングしたことがあります)や、他の操作ボタンも試してみましたが、結果として同じレシートが排出されてしまいました

もしかしたら、システム的に外貨キャッシングが出来ないようにセキュリティがかかってるのかもしれませんね

実は以前に基地内で外貨キャッシングしたことがあります

今回は、厚木基地内では外貨キャッシングに失敗しましたが、以前にも基地開放イベントに参加したことがあります

そのときは、厚木ではなく横須賀基地や福生にある横田基地でしたが、たしか横須賀だったかな?でも、海外ATMを見つけて、外貨キャッシングを試したことがあります

横田基地内には、開放されている部分にはATMがなかったと記憶しています

当時はドル円レートが80円くらいのときだったのですが、基地開放イベントでは一ドル=100円で計算されてまして、こりゃ高え!と思っていたところにATMがあったので試してみた次第

そのときは、なんと普通に外貨キャッシングが成功したんですよね~

ですので、他の基地では外貨キャッシング出来る、もしくは何年も前の話なので、その後、わざわざ私みたいな奇特な人間のためにセキュリティがかけられたのかもしれませんね

まぁ、わざわざ日本まで米ドル持ってくるのも米軍さん、それなりにコストが掛かってるでしょうし・・・

それを米軍関係者でない、日本国民の私が外貨キャッシングをして安価に手に入れられるのも、あちらさん困るでしょうし、変な話ではありますからねぇ

セキュリティがかかったのだとしたなら、それも当然かなと思います

都内から鎌倉に行くには、JRより小田急のフリーきっぷの方が断然安いことに気付く

江の島・鎌倉フリーパス|おとくなきっぷのご案内|きっぷのご案内|乗車・きっぷのご案内|小田急電鉄

鎌倉は、よくアニメの舞台になっていることもあって、気分転換がてらに行くことがよくあるのですが…

いつもJRを使っていた所、ふと思いつきで、もっと安く行く方法がないかと調べてみたところ、小田急からより安いフリーパスが出ていることに気づきました…

料金は新宿からですと1,470円です

これが新宿からJRで鎌倉に行くとなると…

SnapCrab_NoName_2014-9-10_22-7-41_No-00.jpg

と、920円x2=1840

もう、この時点で、JRより安くて絶望してしますが
な、なんとぉ~!いまならもう一つ!おまけで!江ノ電の一日乗車券が付いてきますぁす!

 

江ノ島電鉄株式会社:お得な割引券-のりおりくんのご紹介

これは、江ノ電から単品で買うと600円に相当するものなので…

1840+600=2440円

…はい、千円くらいお得なことになりますね
しかも更に、新宿→藤沢間の乗り降りも自由だそうです
まぁ、途中の駅に何がある、普段乗らない路線なんで詳しくは知りませんけど、人によっては有効活用できそうですね
たま~に、知らない駅で降りてみて散策してみるのも楽しい物デスヨ?

唯一、劣る所と言えば、江ノ電から一日乗車券を買った時とは、割引サービスの施設数が少ないようだ
江ノ島電鉄株式会社:お得な割引券-のりおりくんのご紹介
江の島・鎌倉フリーパス|おとくなきっぷのご案内|きっぷのご案内|乗車・きっぷのご案内|小田急電鉄

ただ、これも少ないと言っても対象外となるのは、宿泊施設や観光地料金の一部飲食店で、差額や実用性を考えると別に問題ないと思われる

補足1

新宿→藤沢単品の値段も調べてみました

SnapCrab_NoName_2014-9-10_22-9-2_No-00.jpg

590円かぁ…X2で1080+600=1680円
乗り降り自由ってなサービス付きで200円安いことに

凄いぞ!小田急!安いぞ!小田急!
小田原に行く際には、それこそ小田急線が安い!のは知っていましたが…

鎌倉に行くにも、小田急で藤沢を経由した方が、江ノ電の切符代を含めても安いだなんて知らなかったよ…

それと、小田急の鎌倉←→北鎌倉間とバスが乗り降り自由の抱き合わせ切符が9/30で終了するとあるけど、それに江ノ電で相当しているものは販売を続けるみたい

江ノ島電鉄株式会社:お得な割引券-鎌倉古都の散策に便利でおトクな切符

ただし、値段は510円から570円値上がりしている。
これは、この切符単体だと長谷←→鎌倉が重複していたのが割り引かれていたからだと思われる
まぁ、個人的な意見だと、鎌倉散策にバスは必要ないと思うし、北鎌倉←→鎌倉間も歩ける距離だし、一往復だけなら切符単体の方が570円より安い

補足2

どうしても、湘南モノレールにのりたいのぉ!大船にも行きたいし、藤沢までの間も移動できなきゃ我慢できないのぉ!
って、人にはJRから、江ノ電一日乗車券に100円足しただけの、700円で切符が出てる
そのときは、小田急で藤沢まで行って買うとしたら、1780円かな
差額は310円だが、この選択肢は意外とありかもしれない
というのも、北鎌倉←→鎌倉の切符は片道140円で、往復するとそれほど変わらないし、北鎌倉には有名な建長寺、大船には大仏や田谷の洞窟といった、B級スポットがあったりするので一度くらいは行ってみるのも良いかもしれない
湘南モノレールの一日乗車券も単品で買うと600円もするしね
ちょっとの値段で交通アクセスがよくなる
ただし、この切符には施設割引がついてこないようだ

補足3

江の島1dayパスポート|おとくなきっぷのご案内|きっぷのご案内|乗車・きっぷのご案内|小田急電鉄

江ノ島電鉄株式会社:お得な割引券-65歳以上の方必見!オレンジワンコインパス
のりおりくんの代わりに、eno-passってーのが付いて1970円のセット券もある
これは、江ノ島を廻るためのチケットで、例によってセットで買うと、新宿からなら200円安くなって、更に藤沢←→片瀬江ノ島の往復チケット(例によって乗り降り自由)も付いてくる
鎌倉観光はしないなら、こっちの方がお得
江ノ島と、鎌倉どっちも観光するなら、これ(1970円)に乗り降りくん(600円)を追加するよりは
江の島・鎌倉フリーパス(1470円)にeno-pass(1000円)を追加した方がお得
更にケチりたければ、eno-passも買わずに、江ノ島エスカーに乗らないで、フリーパスの割引でコッキング苑、展望台、岩屋に入る方法なら、880円で済むはず
2350円…とeno-passセットの1970円に380円で、乗り降りくんをが付いてきて、どっちも観光できる計算になる