漫画感想文:恋風

いつもながらだらだらと所感
名作
まぁ、ぶっちゃけると妹萌え漫画なんでしょうが・・・
兄妹だからという言い訳の狭間で揺れ動いていく二人がたまりません
どうしようもない、社会やら両親やら、あるいは倫理やら道徳やら・・・あるいは自分自身に、そんなごちゃごちゃしたもの全てに対して、ときには迷い、ときには苦悩し、逃げだし、そして正面からぶつからずには居られなかった二人がたまりません
最初から最後まで真剣勝負
よー、最後までやりきった!と作者を讃えたい
5巻という短い作品ながら二部構成になっとります
三巻まででいいとの意見が一部で見かけましたけど
わたしゃあそうは思いません
結ばれてもバッド、別れてもバッドなのです
ならせめて・・・ともいえるのは二人が真剣にぶつかった末にだした結論だけなんじゃねーかと私は思えて仕方が無いのですよ
それなら、卑下することも軽蔑することができても、非難することはできねー気がします
たしかに、一部で終わるのも一つの結末としてはありなのだとは思います…けど
けど、二人が本当なら…二部が必要なのですよね
作中にでてくる「さくらがおかゆうえんち」
舞台はあるのかと思ってぐぐってみたら、引っかかりました
桜が売り、作者が京都市在住との関連から見て恐らくここなのでしょう…
ただ、1989年に閉園してますね
思い出してみるとたしかに、携帯電話を所持してる人間がいません
作中には、経営悪化より来年の今頃(春)には閉園するとあります
だから、作中時間は1988年なんでしょうかね…
全巻読破してから、アニメ版があることを知りました
こっちだと舞台は鎌倉っぽいとか・・・今度見てみたいな
2004年のアニメならどこかで聞き覚えがあってもよさそうなものだけど・・・
当時の自分はスルーしてたんでしょうねぇ・・・趣向もかなり変わってきてるのでありそうなことだ
そのうち、アニメ版もみてみたいです

恋風

いつもながらだらだらと所感
名作
まぁ、ぶっちゃけると妹萌え漫画なんでしょうが・・・
兄妹だからという言い訳の狭間で揺れ動いていく二人がたまりません
どうしようもない、社会やら両親やら、あるいは倫理やら道徳やら・・・あるいは自分自身に、そんなごちゃごちゃしたもの全てに対して、ときには迷い、ときには苦悩し、逃げだし、そして正面からぶつからずには居られなかった二人がたまりません
最初から最後まで真剣勝負
よー、最後までやりきった!と作者を讃えたい
5巻という短い作品ながら二部構成になっとります
三巻まででいいとの意見が一部で見かけましたけど
わたしゃあそうは思いません
結ばれてもバッド、別れてもバッドなのです
ならせめて・・・ともいえるのは二人が真剣にぶつかった末にだした結論だけなんじゃねーかと私は思えて仕方が無いのですよ
それなら、卑下することも軽蔑することができても、非難することはできねー気がします
たしかに、一部で終わるのも一つの結末としてはありなのだとは思います…けど
けど、二人が本当なら…二部が必要なのですよね
作中にでてくる「さくらがおかゆうえんち」
舞台はあるのかと思ってぐぐってみたら、引っかかりました
桜が売り、作者が京都市在住との関連から見て恐らくここなのでしょう…
ただ、1989年に閉園してますね
思い出してみるとたしかに、携帯電話を所持してる人間がいません
作中には、経営悪化より来年の今頃(春)には閉園するとあります
だから、作中時間は1988年なんでしょうかね…
全巻読破してから、アニメ版があることを知りました
こっちだと舞台は鎌倉っぽいとか・・・今度見てみたいな
2004年のアニメならどこかで聞き覚えがあってもよさそうなものだけど・・・
当時の自分はスルーしてたんでしょうねぇ・・・趣向もかなり変わってきてるのでありそうなことだ
そのうち、アニメ版もみてみたいです

日記を書くための日記を書く

お久しぶりの更新です
大島旅行記をかくぜーといってからもう2ヶ月近く立ちますね …
その間いろいろと垂れ流したいことはあったのですが、その前に大島旅行かかないとなーと、思いつつダラダラとしてしまいました
とはいえ、そろそろまた垂れ流したくなってきた
しかし、その前にもっと楽してなんか書く方法ないのーとか思ってみた
すぐ書けばいいのに、だらだら回り道をする方法を取るのが俺らしい…
んででた結論が、外での空き時間にちょくちょく書いてけばいいんじゃね?といったもの
その為に方法を検討してみると
1.ノートPCを使う
2.ポメラ購入
3.アドエスを使う
4.iPhone+BTキーボード
1はメモ帳替わりとしては重い、起動に時間がかかる
2は通信機能がないのでブログ更新には不便
3は長文にはさすがにちと不便ということで却下
ということで4を採用
以前、x51vのために買って放置してたStowaway Universal Bluetooth KeyboradというBTキーボードが有るのも理由
ありあわせのもので済んだので、お金を掛けずに済んだし、結局、数回しか使わなかったキーボードを再利用できた
昔買ったときの付属の電池がまだ使えるのにはびっくり
今、この記事は4で書いてるのだがなかなか打ちやすい
接続も簡単ですぐできた
今日の昼飯を食べに出かけた時も、店でパッとだしてパッとしまえた
iPhoneとキーボード両方ともまとめて一つのポケットにつっこめたし、それほど重いとも感じない
携帯性はなかなか良好だ
そして、書いた記事もそのまま、いつでもどこでも投稿できるといいことづくめ
もちろん、大量の画像投稿や記事の引用などするときは不便そうだけど、れくらいなら後からパソコンで少し加筆すればいいだろう
これで今後、俺の脳内垂れ流し記事が捗る…かもしれない
ん?それで大島旅行記どうなったかって?
えぇえぇ、気が向いた時に少しづつ書いていきますよっと…たぶんきっと
特にメモもとってないので結構忘れてそうな気がするなぁ…
だから本当はさっさと書くべきなんだろうけど
今は、他にもあちこち行ったりしてたんでそっちの事を書いてみたいんだよなー