聖地巡礼記事:SchoolDays@北府中駅・西国分寺駅

東京西部の方に行く機会があったので以前から一度、行ってみたいと思ってたいたSchoolDaysの舞台に行ってきました

そのときに撮ってきた写真です

北府中駅

Schooldaysで有名な殺人現場、もとい歩道橋、つまるところ鮮血の結末

自然とあの音楽が脳内再生されてしまうなぁ~

かな~し~みの~むこ~へと~

伊藤誠が住んでいるマンション

いや~、勝手に舞台に使われたマンション住人がなんか少し可哀そうですね

場所は伏せとこうかとも思ったけど、個人宅じゃなくて集合住宅だからまぁ、大丈夫かな

作中だと、海の側に済んでる設定ですが、東京ど真ん中、当然海なんかありません

あの辺りの景観は神奈川県鎌倉の由比ヶ浜あたりを参考にしたようですね

西国分寺駅

通学でいつも使われる駅

後年の移植で轢殺シーンが追加されたそうですが、それもここなのかな?

・・・事件現場が増えていく・・・!

まぁ、東京ではよく人身事故で電車が泊まってますがけどね

Schooldaysは、何処か一つの街を舞台したわけではなく、あちこちからの背景素材の寄せ集めで私的には巡礼意欲が萎えるのですけど

強烈なインパクトが残る、ここだけは行きたいと思う印象深い作品だったので聖地巡礼出来て満足


より大きな地図で Schooldays を表示

schooldays

Schooldaysで有名な歩道橋です
場所は北府中駅
以前から一度、行ってみたいと思ってたのよね
向こうの方に行く機会があって、撮ってきたのでそのときの写真



主人公のマンション
いやー、勝手に舞台に使われたマンション住人が少し可哀そうだな
場所は伏せとこうかとも思ったけど、検索すれば他のでも引っかかるので乗せときます

通学でいつも使われる駅
西国分寺駅ですね


より大きな地図で Schooldays を表示
Schooldaysは舞台があちこちからの寄せ集めで私的には巡礼意欲が萎えるのですけど
強烈なインパクトが残る、ここだけは行きたいと思ってたので満足

エアアジア・ジャパン就航にあたって、手荷物料金をちょっと安くする方法を書いてみる

まぁ、ちょっとした小ネタというか裏ワザというか抜け道というか…
ちなみに、これは国際線利用した時の話ですハイ…
国内線で利用できるのかは未検証…
今度利用する機会があれば国内線でも実践してみたいです
エアアジアの手荷物重量の厳密な設定なのですけど
エアアジアのホームページはごちゃごちゃしていて見難く、どこに記載されているのかわかりません。
各、エアアジアについて記述しているホームページ様たちもまちまちで
・バックと手荷物合計10kg
・鞄が10kgまでで、ノートパソコンは別
などなど、書いてることがバラバラです
でまぁ、気になって今年の6月末に国際線を利用した時にスタッフの人に聞いてみたんですよ
その際の解答はというと
・鞄が10kgまで
・他にハンドバック一つok
・ハンドバックは10kg制限に含めず、重さも自由
・重量検査のあとに購入した荷物については大目に見る
とのことです
つまり、どういうことかというと
・ちょっとした、ハンドバックを一つ持っていけば(現地でビニール調達でも大丈夫かも)多少なら10kgオーバーしても問題ない
・空港内で買うならお土産も重量制限を気にせず買える
ということですね、これは荷物をできる限り預けたくない、荷物もあんまり持って歩かない、私みたいな人間には嬉しいことです

荒い画像ですいませんが、実際に、帰国時に10kgオーバーしていたうえに、手荷物の重量チェックしていた際の写真です
ハンドバッグと荷物を分散することでチェックをスルーしました
なお、ハンドバッグは木崎湖キャンプ場で昔貰ってきたものw

重さを測るには、こんなのが便利ですね
実際に私も持ってる機種ですが、本体の重さも40gくらいかな
小さいし、測定結果も正確だしLCCを利用するにしても、日常生活でもひとつ持っておけば何かと便利です
ただ、あくまでもこれは上記にも記述したとおりに、今年の6月末に国際線を利用した時の話です
国内線でも適用されているのか、今後どうなるかも分からないのであくまでも自己責任でお願いします
たしかに、規約内の方法みたいですが、エアアジアの想定外の利用法だと思うので
手提げ袋一つあれば試せるので持っていて、大丈夫だったらラッキーくらいに思っといて下さい
あくまでも非常手段、できる限り10kgで収まるように

エアアジア・ジャパン就航にあたってサービスを考えてみる

昨日から、国内線の運行を開始されましたね
これで、関東圏初のLCC路線、スカイマーク、ジェットスター、エアアジア3社が揃ったわけで日本の空の旅が安くなることを願います
さて、スカイマークは従来の日本の航空会社と比べれば、ただサービスの質を落としただけのような航空会社で
・時間通りには飛ばない
・フライト時間が使いづらい
・椅子が硬い
・マイルがない
といったところですが
エアアジアは、海外資本のLCCだけあって、かなり癖があります
たとえば
・インターネット予約が原則
これはスカイマークもですね
LCCはどこも経費削減のためにインターネット予約ですね
・空港でのチェックインが有料
事前に、携帯電話にバーコードを移すか、プリンターでの印刷が必要になります
今の時代、ANAもJALもどこでもやってるいて、多くの人が利用している便利なサービスですが…
上記の2つだけでも壁に感じるような層はいるでしょうね
まぁ、そんな人たちはこのブログなんて見ないでしょうけど
・座席指定も有料
ビジネスクラスに相当するホットシートが1200円
エコノミーが300円
・いかなる場合でも予約の変更、取り消しには手数料が必要となる
3990yen
・荷物を預けるのも有料
重さによって段階料金有り
しかも、ウェブで予約せずに、当日重量オーバーしたら高い料金設定で追加徴収されますよ!注意
・機内食が食べれる!
当然、有料ですけどね、たぶん料金もソラ高でしょうけど
ここはJALやANAと違って短時間路線でも注文すれば食べれるはずだし、選択肢を残してくれたのはよいことでは?
ちなみ、海外旅行でエアアジアを使っていたときに、私は事前に機内食を注文していたのに、寝てたらすっ飛ばされて出されなかったことがあります
エアアジア・ジャパンではどういった対応になるかはわからないですけど、注意しときましょう
なお、言うまでもなくドリンクは有料
飲みたい人は事前に買っておきましょう
・手荷物も10kg以上は有料
初めて利用した時に、全員ホントに測るの?と思いましたが羽田で国際線を利用したときの話ですがチェックインカウンターでホントに測られました
ここまで読んだ方は「ウェブチェックインなんじゃねーの?」とお思いでしょうが、ウェブチェックインなのに何故かカウンターで発券処理せにゃならんかったのです
ここらのシステムはまぁ、修正されてく可能性が高いですが、まぁ測られる前提の方がよいかと思います
なお、海外では測ったりの測らなかったりの抜き打ち検査でした
さて、ここまでエアアジア・ジャパンのサービスについてざっと書いてみましたが…
さすがは海外の大手のLCCだから、料金設定がより洗練されているというかぶっちゃけ面倒くさいですよね
結局、自分に必要なサービスをあわせていったら、思ったより安くないこともあると思うので注意しましょう
要は最初からサービスがごてごて付いて、高いのか
基本料金が安くて、自分で必要に応じて付け足せるかの違いなので賢く利用していきましょう
なお、私はお金がないので、飛行機はいつもLCCですけど料金にそれほど魅力を感じないのならやはり従来の日本各社の方をおすすめします
というのも、サービスの違いは数あれど、決定的に優位のなのがフライト時刻です
先ほど書いたように、時間にルーズなだけでなく、従来の大手各社はフライト数も多いですし
LCCだと早朝、深夜便を使わなければいけなかったり、乗り継ぎを考えられてないタイムスケジュールや
調度良い時間の公共交通機関がない時間など…なにかしら理由が含まれていることも多いように感じます
LCCを利用する、その辺りも注意して見たほうがよいでしょう