タムロンがAPS-Cセンサーに対応した新しい高倍率ズーム、16-300mmを今年の終わりまでに発表か?

Photo Rumorsがタムロンの新しいレンズに関する情報を紹介しています。…
タムロンがAPS-Cセンサーに対応した新しい高倍率ズーム、16-300mmを今年の終わりまでに発表か?

今年の初頭に、自分へのお年玉のつもりでこちらのレンズを購入したのだが
価格.com – シグマ 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [キヤノン用] 価格比較
さっそく、新設計のレンズが販売されるとのこと…
今のところAPS-Cサイズにて250mmでの不満というのはそれほどないが(そもそも使う機会もそれほどない…)
コンデジやネオデジでの光学倍率を見ていると少し寂しくなるときもあるし
なにより、広角側がより広がるのは風景写真が主なので少し気になる存在
問題となりそうなのは重さかなぁ…APS-C専用とのことで無茶な重さにはならないだろうけども
先に述べたとおり、実質、望遠側はあまり使わないので。これ以上重くなるのも困るので悩みどころだ

懐かしのアクシア音楽用CD-R

アクシア、音質/デザインを重視した音楽専用CD-R
家を整理していたら、こんなCD-Rが出てきた…
当時は、う~ん音質が・・・!とか言ってた覚えがあります
今考えると、オカルト科学もいいところなんですが・・・懐かしいなぁ
音楽用CD-Rとデータ用のCD-Rの違いは音楽団体に利用料を払ってるかどうかの違いだけです
そして、その払った利用料が権利者に還元されているかは分かりません
あえて言うなら、太陽誘電等の安心できるOEMならボロい音楽プレイヤーとかでも、しっかり読み込んでくれることくらいか?
わざわざ、利用料を取るくらいのCD-Rなら、OEMがしっかりしている可能性はありますね
さて、CD-Rの方はは古いですし処分しました