GoogleAdSenseが停止されないようSimplicityの関連記事をWordPress Related Postsに置き換え&簡単な方法を紹介

WordPressテーマをSimplicityに変えて非常に満足しているのだが

一つ気になったのが、スマートフォンでの広告の表示の見え方だ

私はGoogleAdSenseを記事の一番下と関連記事の下に表示させるように設定している

まぁ、一つのコンテンツの終わりに、広告を置くことで注目してもらいやすくする、オードソックスな手法かと思うのだが

記事によって、関連記事がなく表示されないものがあるのだ

そのとき、表示する機種によってはGoogleAdSenseが一ページ内に2つの広告が出てしまうことが分かった

スクリーンショット_092215_050914_AM

GoogleAdSenseはモバイルコンテンツ向けのポリシーとして、それを認めてはいない

私が確認したところ、iPhone6 plusのような、画面が大きい機種ではそうなってしまうようだ

シェアボタンを大きくして、なんとか対応しようとしたがダメだった

特定の記事の、特定の機種という条件下でしかならないとはいえ、最近は画面の大型化が進んでいる

Googleがルールに非常に厳しく、恐ろしいのは「アボセンス」という単語で検索をかけるといくらでも出てくる

この間も、アカウント停止祭りがあったし

可能性は低いとは思うのだが、アカウント凍結という、最悪の事態にならないように、関連記事の表示の機能を、テーマにではなく、プラグインに任せて対策することにした

…いやまぁ、Simplicityの関連記事の関連付けは同一カテゴリから抽出しているのだから

そこは、しっかりと記事を書くとか、カテゴリの再分類をちゃんとしろよ!という意見があれば、まさにごもっとではあるのだが

・・・まぁ、人間誰でも、うっかりはあるので、転ばぬ先の杖である

それに、カテゴリーの再編が割と大変そうなんだよなぁ…

必要なプラグイン

  • WordPress Related Posts
  • PHP Code Widget

試してみたところ、WordPress Related Posts も、基本的に関連付けられたカテゴリーの記事を表示する仕組みのようだが

見つからないときは、他のカテゴリから、とにかくなんでも、設定した数の記事を表示してくれるようなので

Simplicityで起こる「記事は見つかりませんでした」という表示がされることがない

なお、WordPress Related Postsの設定方法については下記を参考にさせていただきました、感謝

投稿記事に関連記事を表示するWordPressプラグイン「WordPress Related Posts」 | nekonomemo.net

置き換えの手順

  • 外観→カスタマイズ→レイアウト(投稿・固定ページ)

「関連記事の表示」の設定があるかと思うのでチェックを外す

  • 上の記事を参考にWordPress Related Postsを設定する

 

  • 外観→ウィジェット

「投稿SNSボタン下」に「PHP Code」ウィジェットを配置する

WordPress Related Postsの表示にはPHPコード使うため、普通のテキストウィジェットだと表示してくれなかった

そのため、PHPコードをウィジェットで使えるようにするプラグインが必要だった

ウィジェットにはWordPress Related Postsを表示するための記述

<?php wp_related_posts()?>

 

を記入する

 

これで、関連記事の表示部分をWordPress Related Postsに置き換えることが出来る

スクリーンショット_092215_050557_AM

こんな感じになりました

まとめ

これで、非情なるアボセンスをくらわないように対策することが出来た

今回、私が置き換えした目的の副産物であるが

WordPress Related Postsの関連記事表示の機能は、さすが専用のプラグインだけあって

Simplicity標準のそれより、一歩、凝った設定ができるようになっている

関連記事の表示方法のさせ方を変えて、画像と記事タイトルのみをタイル型に並べるようにしてみたのだが

個人的にはこっちの方がシンプルで、同じスペースに多くの関連記事を表示できるから好みかな

また、このプラグインは表示させたい関連記事を手動で設定することもできるのだとか

GoogleAdSenseの件を抜きしても、よりブログのカスタマイズ性が向上し、なかなか良いと感じるので、試してみてはいかがだろうか

[amazonjs asin="4844334166" locale="JP" title="ブログ飯 個性を収入に変える生き方"]

[WordPressテーマ]Simplicityに乗り換えたら記事のサムネイル一覧が崩れたので修正したよ

まぁ、別に特別なことをしたわけではないですが…

Simplicityテーマをインストールして画像のアスペクト比が狂うときにやって欲しいこと

Simplicityの公式サイトにて説明されている方法をそのまましただけです…

Regenerate Thumbnailsをインストールして実行しただけ…

修正前のブログのサムネイル一覧

スクリーンショット_092115_093534_PM

Stingerから乗り換えたのですが、元の画像をむりくり4:3のアスペクト比に圧縮したような感じになってますね

アスペクト比が狂って、微妙に気持ち悪くなってしまってますし

画像も、よく意味が分からなくってしまってます

修正後(Regenerate Thumbnailsを実行した後)

スクリーンショット_092215_015050_AM

画像の中央部分を4:3に切り抜いたのかな?

まぁ、正常な状態ではありますが、元のサムネイル画像が悪いということが発覚

あうち!

いや、分かってたけどね…

う~む、もうちょっと綺麗なサムネイル画像も考えた方がいいのかな

検索流入じゃあ、あまり関係なさそうだけどね

関係があるのは、ブログ内の回遊とSNSなのだけど、そこまで影響力ってあるのか?

修正前の画像が大きなサイズの画像をむりくり表示してるだけなら、ページサイズも少し減ってるのかな?

そこまで、調べてなかったなぁ

サムネイル画像設定はSimplicityだと標準機能

今まで、記事内で一番上にある画像を自動でサムネイルに設定してくれる

Default Thumbnail PlusとAuto Post Thumbnailというプラグインを使用していた

どうして、2つ使ってるのかは、よく覚えてないが、Windows Live Writer投稿時に、サムネイルを自動設定するようにプラグインを試行錯誤結果だったような気がする

Simplicityには、その機能が標準で付いてるとのこと

Stingerにも、一からあれこれ設定しなくてもいいように標準でいろいろと機能は付いていたが

Simplicityは、そういう側面が輪をかけて進化しているなぁ…と乗り換えて設定をいじっていて思う

Stingerも良いテーマだったとは思うが、私のようにプログラムについて基本ちんぷんかんぷんな人間にとっては

ボタン一つで、設定できるように簡略化されていて、今までよく設定方法が分からないで諦めていたことが、簡単に出来るのは非常に助かる

また、標準ではやや重たいWordPressテーマプラグインなのかもしれないが

結果として、多くのプラグインを動かさなくてよくなるので、ページサイズの削減や、不可の軽減に繋がるのではなかろうか

ただ、Default Thumbnail Plusを無効化してみたところ、NO IMAGEの嵐となってしまった…

スクリーンショット_092215_022850_AM

Default Thumbnail Plusは、サムネイルが設定されてない

記事にサムネイル画像を付けてくれるだけのプラグインらしい

つまり、表示はするけど、設定まではしないので

プラグインを無効化して、テーマ標準機能だけを使いたいときは

Auto Post Thumbnailプラグインにある、一番最初の画像をサムネイルに設定してくれる

Generate Thumbnails機能を使う必要があるのかもしれない

今まで、自分で設定してきたサムネイルもあるので、それが上書きされないか心配だが説明を読むと

Note: Thumbnails won’t be generated for posts that already have post thumbnail or skip_post_thumb custom field set.

注:サムネイル ​​はすでにポストサムネイル ​​または持っているポストのために生成されることはありませんskip_post_thumbカスタムフィールドのセットを。

とあるから、安全なのかな?

ただ、今まで、特にサムネイルを考えて、記事作成してこなかったからなぁ…

Default Thumbnail Plusで、適当な画像を設定してあげる方が幸せな気もするな

それに、「アイキャッチを自動設定」の説明に

(※サーバーのphp.iniのallow_url_fopenがOffの時は外部サーバーから画像を取得できない可能性があります。)

とある

もしかしたら…と思い、私が使ってるwpxの仕様について調べてみたところ

どうやら、allow_url_fopenは使えないようになってるそうだ

wpXサーバー simplexml_load_fileが使えない原因と対処法 | トレンドアフィリエイト初心者がブログで稼ぐ方法とコツの仕組み

これも、のちのち何かトラブルに繋がらなければいいが…

 

ドミノピザが半額クーポンを全員に創業30週年記念でバラ撒き中!晩飯は決まりだな… ~9/27

スクリーンショット_092115_075051_PM

日本で最初の宅配ピザのドミノ・ピザが創業30週年を迎えます。

30年の感謝の気持ちを込めて、今ならLサイズピザが全品50%OFF!

…とのことです

まぁ、別に30週年じゃなくても、ときおり、1500円になったり、1000円割引になったりするような

割引率が高いクーポンを、よく配っているような気がしますが

面倒くさいことをせず、誰でも、全品が50%オフになるクーポン券を簡単に貰えるのはなかなかいいんじゃないでしょうか

Lサイズピザは、私の食事量だと2回分になるので、一食分あたりのコスパも半額価格ならそんな悪くはないかと思います

食べ残した分は、いつも冷蔵庫の保存しておいて、次の日オーブンを使って温め直してますが

これだと、味もそんなに落ちてないように感じます

…ということで、今夜の晩ごはんは、ドミノのピザに決定!

Lサイズピザ全品50%OFF!!創業30周年記念感謝祭!|ドミノ・ピザ

おすすめのピザ

なお、私のおすすめはアメリカン・スペシャルです

スクリーンショット_092115_080715_PM

だって一番安いから

変にゴテゴテといろいろ乗っかってる、工夫を凝らしたピザより

こってりとしてた、ピザらしい味わいをシンプルに楽しめる、この商品が大好きです

生地は、もちろん、もちもちとした食感、噛みごたえのあるレギュラークラスト!

薄っぺら~い、ウルトラクリスピークラストも嫌いではないんですけどね…

あれって、なんだか、食後の満足感というか、満腹感が物足りないんだな!

[WordPressテーマ]Stinger・Simplicity・マテリアルの速度を計測してみた

現在、Stinger3を利用しています

ホンノ、一年前まではWordPressテーマとして、Stingerが鉄板の地位を築いており、大人気だったように思えるのですが

最近、調べてみると魅力的なテーマが他にもいろいろと出てきているようなので

乗り換えを検討中です

ブログの表示速度はSEO上、重要でGoogleの検索順位やユーザーの引き戻り率も関係してPV数にも大きく影響するとのことなので

とりあえず、試しに気になるテーマの速度測定をしてみました

計測はしてみたものの、デザインやウィジェットが仮配置の状態でバラバラですし

ちゃんと、設定すればもう少し、結果が前後することになるかと思います

なので、あくまで、数値は参考程度に思っておいて下さい

Stinger3

まずは王者、Stingerから

GTmetrix

スクリーンショット_091615_023716_AM

3~5秒くらいのバラつき

pingdom

スクリーンショット_091615_023833_AM

ちょっと、評価がGTmetrixより厳し目になりました

それでも4~8秒くらいでしょうか

Simplicity

標準状態のシンプルさと、カスタマイズ性の高さが売りとのことですが

GTmetrixでは、Stingerと比較して、遅い結果が出ることが多いのですが

pingdomでは、検討しており、同じくらいのロードタイムの結果が出ることが多かったです

計測ツールごとの個性でしょうか

ただ、実際にブラウジングしても、違いがよくわからないくらいにサクサク表示はされます

GTmetrix

スクリーンショット_091615_024708_AM

Stingerより、ちょっとページ表示時間が眺めの5.2秒

もうちょっと、時間がかかることもありました

スコアは少し悪くなってますね

pingdom

スクリーンショット_091615_025033_AM

こちらはStingerとほとんど変わらず4.54秒

スコアは逆に少し良くなっています

マテリアル

非常に面白いテーマで、カテゴリーごとに分けて表示してくれます

ブログでは仕組み上、どうしても、最新の記事一覧が目立ってしまいます

プラグインで工夫するにしても、人気の記事一覧を表示させるくらいでしょうか

一つのジャンルに特化したサイトならそれでもよいのですが

私のブログのように、ごっちゃになってしまっているサイトですと

一覧のジャンルがバラけてしまって、あまり美しくありません

ですが、この方法だと、カテゴリーごとに分けた、整理した状態で表示してくれるので、とても見栄えが良く

また、多くの記事がトップページに表示されるため

他のテーマより、埋もれがちになってしまう古い記事が目立ちやすいのにも、非常に好感が持てます

また、このデザインなら、私のブログに検索から辿り着いてくれた方が、他のジャンルの記事にも興味を持ってくれやすくなるように思えます

と言った具合に、非常に高機能なテーマかと思うのですが

それ相応にというか…重いです…

計測結果だけでなく、実際にブラウジングしていても、たしかにレスポンスが悪くなっているように感じます…

GTmetrix

スクリーンショット_091615_031113_AM

何度計測しても、8秒くらいのより下のページロードにはなりませんでした

明らかにStingerより重いです…

ただ、何故かスコアはSimplicityより改善されています

pingdom

スクリーンショット_091615_030533_AM

こちらも、同様に明らかに表示時間が増えています

点数も大きく下がって64点です

記事ページ計測結果

あまりにも遅いので、記事ページの計測も試しにしてみました

しかし、記事ページだから、特別、速く表示されるということはなく

ほとんど変わらない計測結果となってしまいました…

GTmetrix

スクリーンショット_091615_032315_AM

上にある、トップページ計測より遅いページロードですが

上の計測中でも、普通に10秒オーバーしていたので、まぁこんなものよ…

pingdom

スクリーンショット_091615_032515_AM

こちらも、ほぼ変わらない結果に…重いです…

まとめ

マテリアルは非常に優れたテーマかと思いますが

と同時に、それ相応の、高速化が求められる難しいテーマなのかもしれません

冒頭でも、述べたように表示速度の早さはブログ運営に置いて重要です

Stingerのカスタマイズ性の悪さには、少し気になっていたので

しばらく、Simplicityを試してみようかなと思います

ルート化とプラスエリア化@Xperia Z Ultra c6833での手順のメモ書き

ズルトラを購入後、そのままルートも取らず、利用してきたのだが

思う所あって、今回、プラスエリア化することに踏み切った

プラスエリア化を行うためには下記のサイト様を参考にさせていただきました

偉大なる先人に感謝

Xperia Z Ultra C6833 ルート・プラスエリア化備忘録

[Xperia Z Ultra C6833]band19 LTE プラスエリア化の覚書 |

この、お二方のサイトを参考に、手順を通りにすればほぼ問題ないのだが

実際に、私が試してみて、少し躓いたところがあったので、以下、メモとして書き留めておく

プラスエリア化した経緯と理由

購入して一年ほどだが、都市内での日常生活において利用する分には

対応しているバンド帯域には全然不満を感じなかった

だが、この間、白馬旅行にいった際にドコモエリア内のシールが貼ってあるのに、通信アンテナが全く立っていないという経験をした

私はこの機種をとても、気に入っていている

最初みたときは、「ちょっとデカすぎないか?」と思ったのものだが

実際に使い始めてみると、ポケットには絶妙にピッタシとはいるので持ち運びには全然不満がない

ブラウザで巡回するなど、今までスマートフォンでやっていたことでも、やはり画面がデカイほうが見やすいし

それ以前は、スマートフォンで読む気がしなかった、電子書籍も解像度が高く、これくらいの画面サイズなら読む気にさせてくれる

ファブレットの中でも大きめのサイズの機種だが、実に、このサイズがちょうどいいと思える

だから、今後もしばらくは使い続けていく予定だ

とはいえ、旅行が趣味なので、今後も、田舎の方や山の方などに旅行に出かける可能性は高い

今や、依存していると行っていいほどインターネットとスマートフォンの組み合わせは外にいても欠かせないツールになっている

機種は変えたくないが、通信できる環境は欲しい

rootを取るというのはセキュリティ的に不安を感じるし

文鎮化のリスクもあるというのは怖かった

また、とてもややこしく面倒くさそうであった(実際、先人の方のサイトを参考に試しても大変だった)ため躊躇していたのだが

どうしても、環境を欲しいためプラスエリア化に踏み切ることにした

Androidバージョンを4.4.4からロリポップにアップデートしなかった理由

最新のlolipop(ver 5.0や5.1のシリーズのことね)にアップデートしても、rootは取れるし、プラスエリア化も問題はないようなのだが

私は、あえてバージョンを上げずにプラスエリア化することにした

理由は、ロリポップにバージョンアップした人の感想を聞いていると

どうも、新しいOSだけあって、C6833の動作が重くなったり、操作感が悪くなったりと評判があまりよろしくないからだ

C6833にもともと有った、不具合・・・

スリープ死や敏感過ぎる静電式タッチパネルによって、頻発する誤タッチが改善されていれるのなら

それでも、バージョンアップする理由にはなるのだけど、そういう話も聞かないし

そのまま、アップデートしないことにした

参照

z ultra(c6833)lollipop化 (後日談あり) – ヘ音記号のひとりごと

【Xperia Z Ultra日記】ロリポップは来たけれど… | やわなべ.net

AndroidSDKの場所

Download Android Studio and SDK Tools | Android Developers

のページ下にある、SDK Tools Onlyよりダウンロード

Java Development Kit(JDK)の場所

Java SE – Downloads | Oracle Technology Network | Oracle

元の環境変数のPathの値のメモ

AndroidSDKをインストールするにあたって

コマンドプロンプトですぐに、開発プログラムを叩くため?に

環境変数のPathの値を書き換える必要があったのだが

元の値をメモしてなかったため、分からなくなってしまった

調べたら、どうやら、これがWindows7の環境での、元の値っぽい

「%SystemRoot%¥system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%¥System32¥Wbem;%SYSTEMROOT%¥System32¥WindowsPowerShell¥v1.0¥」

デバックモードをオンにする方法

設定→端末情報の中にある「ビルド番号」を連打

そうすると、数字が出てきて減っていき、最後には開発者なんちゃらかんちゃら~、みたいなポップアップが出てくる

そうすると、設定の中に「開発者向けオプション」の項目ができている

中に入ると「USBデバック」の項目があるので、オンにする

私は、開発者向けオプションを開いただけで、終わったと思いこんで、ムダな時間を使ったので皆は注意してな!

ADBドライバのインストール方法

c6833を普通にPCに繋ぐと、MTP転送モードになってしまうため

SDKを使った通信をするためには、機種に合ったドライバをインストールしなければならないらしい

そのドライバをインストールする方法だが、3通りあるよう

だが、何故か、私の環境だと上から試したがダメで標準のドライバをイジる方法でなんとか認識した

面倒くさいやり方だが、直接、ドライバーを値を書き換えて、端末を認識させるやり方なので、確実性は高いだろうし

どうしてもダメなときは、この方法をためしてみるのが良さそうだ

PC コンパニオン(PC Companion)をインストールする

PC コンパニオン ダウンロードサイト

からあげ隊長さんのページからリンクが貼られているサイトに書かれてあった方法

インストールするだけでよいそうなので、一番お手軽・・・認識しなかったけどな!

SONYの開発者向けページからドライバーを持ってくる

Developer World(開発者向けドライバー配布サイト)

参考にしたページではXperia Z2のドライバを使用していたが

検索をかけてみたところ、C6833のドライバーもあるようだ

けど、ドライバーに互換性があるのかな?どっちでもいいのかも

このドライバーをSDKのある

「~\android-sdk\extras\google\usb_driver」にフォルダごと投げてしまえばいいらしい

うちの環境じゃだめだったけど…

SDK標準のドライバを編集する

SDKインスール時に付属する、ドライバーをいじって強制的に認識させる方法で、上と比べるとちと面倒くさい

こちらの方のページを参考に設定させていただいた

上でも開いた「~\android-sdk\extras\google\usb_driver」にある

「android_winusb.inf」を直接いじる

デバイスマネージャーを開いて、端末を見つける必要があるが

自分はMTPなんちゃらかんちゃら、ってところにあったかな

端末が正常にSDKに認識されるようになると「AndroidPhone→Android Composite ADB Interface」という項目が新しく出来ている

私は上記の2つの方法が試して、ダメだったのだが、この方法でなんとか認識した

参照

メーカー毎のADB/USBドライバー配布リンク先 Approid大好き

オットセイの記録簿: c6833のsdk環境構築の話 自分がうまくいかなかったこととか

adb で Android 端末を認識させる : Android開発ログ

要注意!対応させるBand帯域を間違えないで!

参考にさせていただいた、からあげ隊長さんのページを見ると、どうも間違えた値で、書き換えてしまっている様だ

たしかに、THE BOOLEE STREETさんところのサイトには、答えの値が書かれていないので、間違えてしまうかもしれないので、以下に注釈を書き留めておく

対応させるBandのおさらいなのだが

3G(WCDMAやUMTSとも呼ぶ)で対応させるのはBand6(docomo 800Mhz帯域)

LTEはBand19(ドコモ 800MHZ帯域)の2つ

からあげ隊長さんが書き間違えてしまっている、問題なのは、LTE帯域の方で、QXDM Professionalで値を編集することになるのだが

「262144」の値はLTE BAND19のみを有効にさせた時の値なので注意

…まぁ、THE BOOLEE STREETさんところのページでちゃんと書かれているので、両サイトをしっかりと読めば間違えることはないと思うのだが…

THE BOOLEE STREETさんのところでは、元の値にバンド19を追加で有効にさせたときの値が書かれていないので、それで勘違いしてしまったのかも

c6833が元から対応しているLTE Bandは1.2.3.4.5.7.8.20

これにBand19を付け足した時の答えの値は

2進数だと「11000000000011011111」なので、10進数に直すと「786655」なる

THE BOOLEE STREETさんは最終的にLTE Band1.3.4.8.19に対応させたとあるが

これは、たぶん、海外でのマイノリティなバンド帯域を省いた設定なのかな

もともと、海外で販売されているSIMフリー端末なので余計な電波を多く拾おうとするため

もしかしたら、効率が良いため電波のつかみ具合がよくなるかもしれないが、マイノリティなエリアで使う予定がある人はやめておいた方がいいかも

なお、このときの値は

2進数だと「01000000000010001101」、10進数だと「262285」が答えになる

なお、国内で現在、使われていて、本製品が対応している帯域は、LTE Band 1.3.19の3つ

これのみを有効にするときは値は

2進数だと「01000000000000000101」なので、10進数だと「262149」になる

もう一度書くがが、使う周波数帯を絞るため、効率がよくなり、電波掴みがよくなるかもしれないが、これだと完全に国内用の設定なので、考えて、自分にあった設定をしよう

LTE Band 21 対応の可能性

参考にさせていただいた、両者のページには書かれていないが

調べてみたところは、C6833はLTE Band21にも対応している可能性があるようだ

Band21はdocomoで使われている帯域のため、有効化することでアンテナの掴み具合がより良くなるだろう

もし本当なら、対応させるように設定した方が良いことになる

「あるようだ」と曖昧な書き方なのは、ネット上で検索をかけても信頼性の高そうな、はっきりとした検証がされているページがないから

どうやら、現在、どのBand帯域を掴んでいるのか調べるには割と面倒な作業が必要らしい

とりあえず、au版のSOL24はしっかりとBand21が掴めてるらしいが…まぁ、元から通信に使ってるチップが違うだろうしなぁ…

B21のみ有効化して、外出してみれば分かるのだろうけど

ほら、こんな、危険で面倒な作業、何回もしたくなかったので…

まぁ、手順は分かったから、暇があったら今度、試してみるかも

とりあえず、確実性の高い情報でなかったので、迷ったが私は、Band21も有効化する設定してみた

Band21を有効にしたいときは、2進数で21桁目の数字を1にすればいい

私は結局、元から有効だったLTEBandに19と21を追加する設定にて運用する個にした

そのため、値は

2進数だと「111000000000011011111」、10進数だと「1835231」で設定することにした

10進数のときの桁が一つ増えているが、問題なく設定することができた

2015-09-15_06.43.46_091615_010828_AM

とはいえ、これだと単に設定上、Band21を有効化だけなのかな…

真似してプラスエリア化しただけなんで、そこらあたりの事情はてんでわからないが・・・

B19に対応させるにあたっても、差分のRFNVを突っ込んだのだから

Band21を使うのにも、対応した、RFNVファイルというのを入れておかないと、ちゃんと通信されないかもしれない

もしRFNVを持ってくるとしたら、Band19と同じくSO-02Fからに対応したファイルを引っ張ってくることになるのかな

【マイナー周波数】スマホでプラスエリア Part4©2ch.net

どの、ファイルがBand21関連のものかは、ここ書かれていた

もしBand21が有効化されていなければ、これをいれれば通信できるようになるかもしれない

…まぁ、入れた所で、前提条件としての、本当にBand21に対応できる端末なのかがよくわからないのだが・・・

とりあえず、今、掴めているバンド帯を調べるところからはじめなければならないのだが、調べてみたら大変そうだな…

それに、情報が少ない方法なので、もしかしたらBand21を有効化したことで、なにかしら問題が発生する可能性もあるな

何かあったら、また追記しようかと思う

参照

【マイナー周波数】スマホでプラスエリア Part4©2ch.net | ログ速@2ちゃんねる(net)

羊頭狗肉な四方山話 : プラスエリア化のフィールドテスト

 

世紀末物の原点!映画「マッドマックス2」を観たので感想でも書く@モヒカンが出てくるとテンションが上がるよな!

この間、1の方のMADMAXを観たので、続いて2を視聴してみた

そうそうこれだよ!これ!

俺が見たかったのは、こんな感じの映画なんだよ!

なんというか、もはやマッドマックス1とは別物の映画になってしまっている…だがそれがいい

シリーズ物の映画だと「やっぱり1が一番おもしろいよ!」と言われることがある

それもそのはず、シリーズ化するほどに売れた(認められた)作品なのだから…

だが、これは間違いなく2のほうが面白いな

世紀末物の世界観に大きな影響を与えたというのも、観ていてよく分かる

モヒカンはもう、北斗の拳のモヒカンそのものだし

リーダーのヒューマンガスはなるほど…

あれはジャギさまだわーどうみてもジャギ様だわー

核戦争後の世界という設定もそうだし

北斗の拳がいかに、大きな影響を受けたのかがよく分かるなぁ…

この映画が作られたのは、1981年

冷戦のさなかで、核戦争というのも現実味を帯びていたし

オイルショックにも近い時期だから、エネルギー問題というのも非常に身近な問題だと

当時の人々らには、そういう実感が持てる部分のある設定だったのだろうかね

映画がはじまると早速、モヒカン様がヒャッハーしてる

いいぞ!実にいい!やはり世紀末物にはモヒカンが似合う!

しかし、そういう実感を覚えるのだが、それって後の影響作品からおいらが影響受けてるからなんだよな

つまり、順序が逆なわけで…めぐるめぐるまわるまわる

武器だって、モーニングスター!ボウガン!火炎放射器!

お約束ですね!

あの登場人物らの衣装センスの絶妙さ!

ボロボロだけど、使えそうなものを、間に合わせて寄せ集めた感じ

それでいて、何故かマッチョな男のビキニアーマー!イヤッホー!

いやぁ~、濃ゆい濃ゆい

そして、ラストのカーアクションの熱さ!!!

トラックVS暴走族集団と、前作みたいな必殺仕事人的な(みたことないけど)爽快感はないが

手に汗握るってやつですね!

北斗の拳では雑魚集団になりますが、もうダメじゃあ~というのを何回も味あわせてくれました

なんかもう、混沌としているのに、不思議と全てが絶妙にブレンドされて、実にまとまりのよい映画になっているんだよな!

ホント不思議!

なるほどな~、こりゃ~、多くの作り手に大きな影響を与えたというのも納得の一本でしたわ

いやぁ~面白かったです!

映画「タクシー」を見たので感想でも書くか

これって、フランス映画だったのか

有名なシリーズにもなってる映画だが

カーレース物というか、とにかく車にはまったく興味が無い僕

まぁ、映画というジャンルの中で、そういったものを見たことがないので

食わず嫌いのようなもんなので、借りてみた

・・・結果言うと、やっぱり車は興味ねぇや…

カーアクションのシーンにあまり、心動かされるようなことはなかったなぁ

どっちかってーと、凸凹な二人がベンツの強盗団を特定していく、探偵部分の方が面白かったかなぁと

映画「マッドマックス」を見たので感想でも書くか

ちょうど今、最新作の怒りのデスロードが公開中ですが、1作目の感想ですよ

アメリカ映画かと思ってましたが、これってオーストラリアの映画なんですね

たしか、マッド・マックスってあれだろ、モヒカンがヒャハーする映画だろーと思っていたら違っていて拍子抜けした

あれって、2が元ネタなのな

北斗の拳が好きなのだが、あーいった世紀末物の世界観の元ネタになった作品らしいから一度は見ておかないとなぁ

ということで、今度、2の方を借りてこよう

さて、感想の方だが

まぁ、悪くはない程度のものよ

割と過激なシーンがあるのには驚いた

DQNな暴走族共に絡まれた不幸な警官が復讐するというシンプルなストーリー

アクションシーンは結構、見応えがあったかな

悪鬼羅刹の如く、不道を犯す暴走族どもを抹殺していくシーンはスカッとした

あの最後の火をつけるとこ好き

まぁ、復讐鬼と化した後は、警察から車を勝手に持ち出し、私刑だし

それ以前から、捕まえずに何故か事故らせまくらないと気がすまないのも、どーかとは思うが

いや、悪人に人権はないのだ

まぁ、なんだか、おいらの常識とはちょっと剥離はあるが(まぁ、そういう世界なんだろう)

それでも主人公は善人ではあるし

勧善懲悪ものっぽいかも

ところで、おいらのなかのアメリカのイメージって

ちょっと過激ではあったが、だいたいこんなイメージなんだかどうだろう?

こーゆーならず者たちがたくさんいるイメージなんだよな

PS3「大神 絶景版」をクリア@こんなゲームが作れるなんて日本のゲーム業界もまだ大丈夫だな!

・・・と思ったのだが、このゲームを制作した「クローバースタジオ株式会社」は既に解散してしまいないらしい

駄目だ!日本のゲーム業界\(^o^)/オワタ

カプコンの子会社らしいのだが、まぁ、カプコンからの業務命令によるものだとか

他の代表作を見ると

ビューティフルジョーにゴットハンドとある…

どっちも、名前に覚えがあるレベルの作品だし

なかなか評判が良かった覚えがあるのだけどなぁ…プレイしたことはないけど

そうなると、この大神にしても、なかなか売れてるヒット作を出してたはずなのになぁ

解散の理由
クローバースタジオ株式会社は、独創性のあるタイトルを創出することを目的に家庭用ゲームソフトの開発を行ってまいりましたが、グループ全体の選択と集中により、効率的な開発展開を図るため、同社を解散することといたしました。

株式会社カプコン | プレスリリース 2006年度

と、プレスリリースにはあるが、これだけじゃあ、よく分からないよね

まぁ、大きな会社だからいろいろとあるのだろうきっと

wikiには、このゲーム製作時の社長である稲葉敦志氏がカプコンから独立して新会社(現プラチナゲームズ株式会社)を立ち上げたとあるが…

従業員独立という言い回しもされているので、複数名かもしれないが・・・

おそらく、従業員64名の中のごく一部だよな・・・

誰が、どのくらいこのゲームに貢献したとかは分からないが…

既に、別のチームってことだよなぁ…

この社長が退職してまもなく、チーム解散の告知があるから、きっと何か揉めたのだろうきっと

和のテイストの心地よさ

相変わらず、作品の内容には関係ないことをだらだら書く所から始まってしまったが

この作品の、良さは和を強く感じさせる作風だね

日本人なら誰もが知ってる、竹取物語、ヤマタノオロチ伝説、浦島太郎、里見八犬伝・・・

いや、ごめん、里見八犬伝はよく知らないや

というか、そのあたりの知名度を配慮してなのか、だいぶ改変されてたような・・・

ま、まぁ、そういった、日本人の心に共感を抱かせてくれる味がある

人気のあるゲームはたくさんあるし、日本のゲームだから、舞台が日本の設定になってることも多いけど

そういう、和を感じさせてくれるようなゲームって、他はホラーゲームの零シリーズくらいしか思いつかないや

独特の浮世絵風の色合いで表現されている世界は、とても美しいと感じる

適度な難易度

私はヌルーゲーマーなんだけど、調度良いくらいヌルくてやりやすかったです

ホントのホントにゲーム下手な人でも簡単に進めるんじゃないでしょうか

こんなの物足りないぜー!って人もいるんでしょうけど

個人的には、ちょうどいい塩梅に世界観を楽しめてよかったと思います

・・・ただ、やりこんではいない、一周しただけなので、徹底してやれば難しいのかもしれませんが

一周した感じはそんなところ

まとめ

長く皆に愛され、何度も移植されてるのが分かる作品でした

聖地巡礼記:キャプテン・アース@葛西臨海公園 ハナちゃんかわいい

ハナちゃんかわいい

うん、このアニメについての感想はそれ以外、言うことはない

あぁ~、褐色で黒髪ロングで巨乳で白ワンピースなんて反則なんじゃあ~

って、前も書いたなこれ

私的には、この作品、後日談的な話が少しあると、だいぶ綺麗に終わってくれるような気がするんですけどね~

そんなわけで、種子島巡礼アニメにして神奈川や東京と、関東圏あちこち出てきますが、今回は葛西臨海公園です

おしい!もう一つ橋を渡ると、向こうはディズニーランドで千葉なのに!(何

葛西臨海公園駅

DSCF1834

captainearth-204

この作品、鎌倉首都圏外郭放水路でもそうでしたけど

カメラ内におさめるのは難しいです

まんま、トレースしているわけではなく、その場所をモチーフにして書いています

部分のみのトレースをして、付け足すなどしてる様子です

スクリーンショット_090415_024343_AM

captainearth-205

駅ホームから撮ってみたのですけど、もっと上から俯瞰するような風景ですね

もしかしたら、観覧車内から撮れば、似たような構図になるかもしれません

公園正面入口

DSCF1832

captainearth-203

というか、同じ噴水が上の駅写真にも写ってますね…

駅を出てすぐ目の前が葛西臨海公園の正面入口です

駅と公演の境界に当たるので、こういうときって、どう見出しをつければいいか迷いますね…

噴水の形がぜんぜん違います

実際は、もっとちびっ子が遊べるようなフラットなデザインになってます

葛西臨海公園

公園はかなり広いので、おおよその位置が分かるように見出しをつけておきます

まぁ、気が向いたら、地図を作ります

公園西端

スクリーンショット_090415_023801_AMcaptainearth-216

公園西橋から、首都高と荒川を撮った写真

今回の戦闘場所は荒川河口みたいです

…あのへんって、そんなに深さがあるのかなぁ…

西なぎさ

DSCF1971

captainearth-209

上の公園の俯瞰背景を観るに、葛西臨海公園内の西なぎさと呼ばれる部分に大学がある設定のようです

西なぎさは、人工的な島になっていて、橋で繋がっています

島の向こうは、東京湾が広がり、海水浴場になっています

上の写真の通り、一致度はあまり高くないですね

・・・というか、実際にそんな場所にあったら潮風や台風の時、大変なことになりそうな気がします…

東南側

DSCF1986

captainearth-200

葛西臨海水族園の西側から取ると

なんとなく、似たような風景の写真が撮れました

うしろに、観覧車もピッタシ入ってます

葛西臨海水族園

DSCF1840

captainearth-211

水族館の正面入口です

日曜日なのもあって、すごく混んでました…

DSCF1844

captainearth-212

ここは、左右反転しているようですね

通路端にある、台座は片方にしかありませんが、反対になってますから

DSCF1848

captainearth-213

水族館内への入り口

半球の特徴的な形してますねぇ~

DSCF1866

DSCF1956captainearth-214

上の写真は台形型なのが一致してます

下の写真は左右に柵があるのが、一致してますね

作中の背景はハイブリッドしたものっぽい気がします

防災と葛西臨海公園

葛西臨海公園に防災設備と、その紹介のコーナー新しくできていました

DSCF1968

私が、前にここに来たのって東北大震災の前日なんですよね…

あの日は、俺妹ポータブルの巡礼で来ていました…

御存知の通り、あの地震は津波による二次被害が印象的でした

ここも、海辺でも、東京湾内だから津波の心配はいらないのでしょうが…

ここに来ると、なんとなくですが、あの地震の日を思い出します

その震災がもたらした物が、こうして日常の中に紛れ込んでいるのを観ると

改めて、あの天災の影響の大きさを考えさせられます