玄米は思考がシンプルになる食べてりゃ死なないコスパ良好食

image

最近、玄米をよく食べている

近所のお米屋さんでは在庫を玄米の状態で持っていて、購入後のその場で精米してくれる

僕は漠然と今までお米は白米という思考に囚われてきたが、精米という行為はよくよく考えてみると、本来食べれるものをを捨てているわけで・・・

また、玄米の方が栄養価が高いとも聞く、ふとこれって実はとってももったいないことしてんじゃない?ともったいない精神を発揮して食べてみたのが始まりなのだが、これが実に良い

玄米食のメリット

言うほど不味くないぞ!玄米食

まず玄米のイメージとして不味いというのがあった

たしかに白米と比べれば硬い食感なのだが、これは好みの範囲だと思う

言うほど不味くなんかなく、十分常食に耐えれる食べ物だ

少なくともオートミールなんかよりずっといい、だって日本人だもんね

調べてみると、昔の玄米というのは匂いなど付いてたらしい

恐らく、今ほど技術が高くなく、お米の品種改良がされてない昔の時代、玄米が推奨されていた戦争の前後くらいは本当に不味かったのかもしれない

しかし、時代は変わって玄米食も美味しくなったってことなのかもしれない

栄養価が素晴らしい玄米食

玄米ってやつは、全粒穀物という穀物類になるらしい

この全粒穀物ってやつは人間が生きていくために必要な栄養素が多く含まれている素晴らしい食べ物なのだそうだ

同じく、味について悪名高い麦が原料のオートミールもこの全粒穀物って奴なのだ

西洋の麦、東洋の米、どちらの文化でも主食としてきたものは元を辿れば全粒穀物、どこの文化でも自然と栄養価の高い食物に行き着いたのはなかなか興味深いね

wikipediaにはこんな文章が書かれている

玄米は完全食といわれ、玄米(と塩)だけで必要な栄養をまかなうことも不可能ではない。しかし、デスクワーク中心でカロリーを使わない現代人の場合、タンパク質を摂取するために十分な量を食べると炭水化物が多すぎ糖質過多になってしまい、米だけではタンパク質が足らなくなるので、動物性食品の摂取が必要になっているのである。

玄米 – Wikipedia

昔の人(具体的な時期は置いとく)はお米を主食にして(雑穀を混ぜたりしてたらしいけど)、少量の漬物や味噌汁だけで生きていたらしいね

逆に白米ばかりを食べていた江戸の人の方が体調を崩すしたらしいし(江戸病)、白米食が原因で日露戦争のときも軍隊は脚気に苦しんだとか聞く

他にも白米食が原因で糖尿病になる人も多かったとか

とりあえず玄米食べてれ完璧!というわけではないようだけど、優れた栄養価を誇る、素晴らしい食物なのは間違いないようだ

思考がシンプルになる玄米食

食事をするときは健康バランスを考えて、野菜だ、肉だ、もう一品追加したらどうだと思考する人も多いだろう

しかし、玄米の栄養価の素晴らしさは上述したとおりほぼ完璧なので、そんなことを考える必要がなくとてもシンプルなのが良い

僕はとても優柔不断な正確で、食事のことを考えたとき、あれも食べたいな、これも食べたいなと目移りしてしまう正確なのだ

それが、とりあえず玄米をメインに食べよう、気が向いたらもう一品くらい何かつけあわせるか!的ないい加減でとてもシンプルな思考でも、健康が維持できる

また、炊飯器に入れてスイッチを入れるだけだからとても楽だし、副食も基本的に要らないから残り物はどうしようとか消費期限のことを心配する必要がなく無駄が出にくく、これってとても面倒くさくないのだ

とってもお得だぞ!玄米食

上で書いたお米屋さんでは1kg380円で売っているのだ

だいたい何処もこれくらいの値段じゃないだろうか

この料金は白米より高い

玄米ってやつは、白米を生成してない(手間がかかってない)食べ物のはずなのに健康プレミアムでもついているのか何故か高くなってしまう、謎だ

しかし、玄米を主食として食事生活を考えた時この料金はとても安いといえる

人間、一日に食べる量なんて、米三合くらいなもんなんじゃないだろうか

一合150gなので、これって1kgの半分、約500gだ

お金に換算すると190円/日で生きていくことが出来る、とっても安い

まぁ、さすがにこれだけじゃあ侘びしいのでちょっとした付け合せは僕も良くしているけど、それを考えてもとても安上がりだ

そして、ネット通販で買えばもっと安くなる

また、玄米ってのは消化悪い食べ物だ!って言われる

実際、それでお腹を壊す人も居るらしいが、僕は問題ないから通常、健康な人には大丈夫なんじゃないだろうか

消化悪いってのは、つまり腹持ちがいいから空腹感に悩まされることもない

食べ物が少ない昔ならいざ知らず、過食気味になりがちな現代人にはこれってとても良いことなんじゃないかな

まとめ:みなさんも一度試してみてください玄米食

電気の力を手に入れて24時間活動できるようになった現代人は何かと忙しく、面倒くさいことが多い

食事とは人間三大欲求で重要な部分なのかもしれないけど、自分で実践してみると意外にもシンプルな玄米食での生活ってのは上々だ

たしかに玄米意外のもの、外食とかすると美味しいのだけれど、そんな日の翌日、なんとなく怠さみたいものを感じるような時が最近ある、歳もあるのだろうけど、それだけ玄米食での生活ってのが健康的なのかもしれないな

そんなわけでおすすめです、皆さんも一度、実践してみては如何でしょうか

お金かからないしね

畜生!自転車が盗まれたのでやったことを書いておく

image

愛車が盗まれた人!手を上げて!

はい・・・私です・・・

やられました・・・見事にやられちゃいました・・・マイガッ!

上のが我が愛車です、見つけたひとはご一報下さい・・・

盗まれた状況

会社の駐輪場に置いてました

・・・鍵?えぇ付けてませんでしたorz

もう何年もこの状態で盗まれていなかったので安心しきっていました

自転車盗難はある日突然、颯爽と舞い降りるわけですね…嫌だわぁ・・・

実は自転車盗難多発地帯だった我が社

あれ?あるべきものがあるべき場所にないぞ?

まずやったことは会社の人たちに聞きこむこと

自転車が盗まれちまった!と話をしたら意外と、あ~君もやられたの?みたいな反応でした

社内周知が全くされてないというか、会社に知らせず私的に警察に届けに行ってるので伝わってないだけで会社の駐輪場から自転車を盗まれている人が何人もいるようでした

無知とは恐ろしい…

とりあえず警察に盗難届を出してきました

image

幸いに?購入時の書類を保管してあったので、その中に防犯番号と製造番号が書かれていました

これを持参して、家の最寄りの交番へ行き手続きをしてきました

気持ち的に盗まれた場所付近の交番に直接、この鬱憤を訴えたい気もしましたが、この広い東京でどこまで自転車が移動されているかわかりませんし、そうなるとまた管轄もまた違ってくるし、結局、何処に訴え出ても変わらないかなと・・・

書類があったからか淡々と手続きは進み、すぐに終わりました

「自転車見つかりますか?」と一応聞いてみましたが「う~ん誰かの管理地にあったり、変な場所に置かれっぱなしになってたら通報があったりしてそこから盗難自転車が見つかったりはするけどどうだろうねぇ・・・」といったようななんとも心許ない返事をされてしまいました・・・

まぁそうだよね、警察が駐輪自転車を検査しているのなんて見たこと無いし・・・撤去するのは区役所がよくやってるけど・・・

まとめ:防犯意識の大事さを痛感しました・・・

盗む人こそが悪いわけですけど、盗まれる側も意識をしっかりと持たないとなとね・・・思いましたよ

今回は勉強代だと思っています・・・

実はもう一台自転車があるんですよね、今度はしっかりとした鍵を購入して、地球ロック、盗まれないよう注意していきたいです・・・

盗まれてから5日ほどですが、警察から連絡は今だありません、これは出てこないかもわからんね・・・orz

[レビュー]OSTRICH F-702 フロントバッグ(レインカバー付き)の使用感想メモ

image

今の自転車業界は防水型バッグが絶賛されている

主に印象深く使われているのはサイドバッグだが別にフロントバッグにも防水型がないわけではない

たとえば、それこそ大御所オルトリーブのアルティメット

他にも有名所だとモンベルもドライ フロントバッグってな名前の防水型フロントバッグを販売している

ちなみにこれ実物見たけど、補強版がなくて防水生地を繋ぎあわせただけの安っぽいつくりで、ふにゃふにゃしている

万一落とした時、ぶつかった時、中身に衝撃がダイレクトに行くんでイマイチだね

同価格で平行して別なツーリングフロントバッグが販売されているのも理解できるイマイチさだよ

やっぱりモンベルってあんまり自転車屋ってイメージはないね

自転車ツーリング的にはテントや防水スタッフバッグとかの方が使えそうというかイメージがあるかな

軽量なストラリッジテントに

設営が超簡単と有名なムーンライトテント

安価で広く信頼性のあるクロノスドームとか・・・ってテントばっかじゃねーか!

まぁ、話を戻して僕はOSTRICHのF-702 フロントバッグを使用しているのでその使用感想を書いてみようと思う

OSTRICH F-702 フロントバッグ使用感

東京→青森自転車ツーリング旅行記2013年 6/25~29
我が故郷は青森である、新幹線で帰ったことはまだない なんだよ~、新青森駅だなんて不便なところに駅作りやがった奴はよ~ 新青森駅→青森駅へ...

と偉そうに書いてみたものの、自転車ツーリングでちょろっと使ってみただけなんだけどね

良い所

14.5Lの大容量!

でかい、他のフロントバッグを見ると小さっ!って思うのよ

日常用の肩がけカバンとして使えそうなくらいはでかいね、使わないけど

防水バッグてのどうしても、防水性を保つための工夫がいるからか、容量的には劣るのが一般的に思える

その点、悪い言い方だけど、ただの生地(といっても帆の丈夫な奴だけど)を使ってるOSTRICHの商品は大きい物が多いね

上番のマップケースは超絶便利!

上の画像を見ての通り、地図を挟んでいるんだがね

この地図は道の駅や観光案内所で無料でもらってきた地図なわけ、これをガンガン版で使えたのは便利だったかな

大きくて、成型がしっかりしているから使いやすいんだよ

GPSはないけど、ここにコンパスを入れてもいいね

また、ビニール素材だからここは濡れても浸水しにくいのは良かった

しっかりと成型されていて丈夫

この間、正面と左右には板が入っていて、ちょっとやそっとの衝撃じゃあ中の物を守ってくれそうで安心感がある

またそのお陰でヘニャヘニャしてなくて、型くずれしにくいので使いやすそうだ

収納ポケットが多い

左右に一つづつ、後部に2つもある!

ちょっとした小物を入れるのにはすごい便利だ

特に濡れても良い物をね

着脱がアタッチメントで簡単に使える

肩がけとして使える

ストラップが標準で付いてきて肩がけで使える。また脱着しやすい

この辺りはほかのフロントバッグでも多いかな、中には鍵付きのものものあるね、個人的には使いづらそうだなと思うけど

その上でかいんだよねこれ、よく使う、持ち歩くもの突っ込んでおくのにはとてもいいかな

駄目なところ

防水ではない

防水性の生地を使ってないので長時間濡れた状態だと中に染みこんでくる可能性大

レインカバーも付属してきているが正面・上面・左右側面しか守ってくれないため完全ではない

といっても、帆布の丈夫な生地を使っているから、雨即浸水ではないよ、結構、染みこんできにくいかな

このレインカバーは鞄についたアタッチメント利用した、どちらかたというと使いやすさを重視したものなんだよね

より完全な防水性が欲しいなら、市販のレインカバーを購入した方がいいだろうな

image

それでこれは耐水テストをしてみたところ

この状態で多少放置してみた

上面のビニール素材がなんだか防水性を発揮しているわけだが、この水流だと、左右脇の隙間から中にちょっとだけ浸水してしまっていた

浸水しやすいのは両脇かららしい

そして、これがレインカバーはつけたところ

image

両脇をカバーしているので、所見だと「意味有るの?」とも思ったものだが、たしかにレインカバーとしての役割はある程度果たしているらしい

ただ、この状態で放置していたら・・・まぁ洗面器でテストしたからというのもあるわけだが、今度は恐らく底面からなのか?浸水して水が溜まっていた

image

き・・・きたねぇな・・・

濡れては不味いもの。万全を帰すのならやはり、防水性のスタッフバッグなりなんなりに突っ込んで収納しておくべきだと思う

まとめ:防水ではないけどを妥協できればいいフロントバッグなのだ!

防水性にさえ目を詰めれば使いやすさをとても考えられていて良いかばんだと思う

といっても、ツーリングも長期化していけば雨天時のことはどうしても考えないといけない要素だからなぁあ・・・

昨今のチャリダーは防水性を気にかけるのがデフォルトスタンダートであり、OSTRICHってメーカーは一昔前のチャリダーが使っていたイメージがあるかな

フロントバッグはその使い勝手の良さから、よく使うもの・・・電子機器とか入れるだろうから悩ましいところ

防水性を重視するのはこのあたりに、昔と今での旅行スタイルの違いが強く出てるかなと思う

私としても、ここに今度のツーリング時には一眼レフカメラやモバイルバッテリーを入れてみたいなと思っている

けど、そこは戦術と腕かな・・・(ぇ

というわけで、モンベルの防水性を歌ったスタッフバッグ、アクアペルスタッフバッグを今度、使ってみたいなと思っている

容量が14.5Lなのでちょうどいい塩梅に15Lのスタッフバッグ売っているし

なお、昔の人に言わせるとゴミ袋に突っ込んでおけば大丈夫だそうだ

秋葉原の魔界!噂の自動販売機を見てきたよ!

秋葉原に変な自動販売機がある・・・

そんな噂を聞いたので見てきました

場所は肉の万世の裏、中心部からは少し離れた場所なので、こりゃあ気付かないわなぁ

噂自動販売機

DSC03806

正面入口にはいきなりこれ

こんなところで、小便はともかく、こんなところで大便なんかする人いるのか・・・?

しかも股間とか書いてるし・・・

DSC03808

毎日毎日、地震です・・・東日本大震災のときかな?

DSC03815

他にも変な看板が・・・

DSC03816

昭和の切符に風鈴・・・斬新なラインナップ

DSC03817

だけでなくモノレール。。。謎

DSC03818

さりげなくクワガタとカブトムシが混ざってるんですが・・・

焼き鳥缶が霞んで見えます

DSC03820

何故か鈴が売ってる

DSC03821

ポップコーン!薄味しかないわ

DSC03822DSC03823

謎の箱と、よくわからない商品説明

 

DSC03825

海外の謎の缶詰も

DSC03826

 

意味がわかない

 

 

 

DSC03827

しかも結構いい値段するんですよ・・誰が買うの?

DSC03830

非常食セット

DSC03831

ローソクまで売ってるぞ!

DSC03832

物持ちが良すぎます!

DSC03835

やっぱり鈴だけでなく、歯磨き粉まで・・・ピカポット?

DSC03836

いくつも売っているカブトムシ・・・ホントに買ったら出てくるんでしょうか・・・怖いなぁ・・・

非常用の充電池も売ってましたが、停電時も動いてるんでしょうか・・・

東京→青森自転車ツーリング旅行記2013年 6/25~29

我が故郷は青森である、新幹線で帰ったことはまだない

なんだよ~、新青森駅だなんて不便なところに駅作りやがった奴はよ~

新青森駅→青森駅への移動時間があれば八戸→青森駅への鈍行列車使ってた頃とそんな変わらないんじゃないだろうか?

しかもソッチの方が鈍行だから安いだろうし

というわけで、このダメっぷりが実に我が愛すべき青森らしい

そんな我が故郷、青森に一度、自転車で帰ってみたいなぁ~とかいう妄想が以前からあったので実践した記録がこれである

大雨で大慌て、茨城県筑波へ突入である(6/25)

image

旅行時の装備

以前、房総半島を回った時より進化しているのが分かる

房総半島・自転車ツーリング記@一日目 木更津で観る夕焼けはめちゃくちゃ綺麗だった!
これは2013年1月19日~23日までの5日間、東京から三浦半島を周り、銚子まで行った際の記録である 今更だけど、なんとなく書きたく成った...

DSCN0016

なんとなく、国道を走るだけじゃあつまらないと思って、茨城県筑波山を経由しようと模索

走っていると見慣れないうどん屋を発見

だが、まだ東京都内なんだよなぁ・・・こんなチェーン店あるのね

のちに蒲田の方でも見かけた

DSCN0021

道中偶然見つけたキッコーマンの醤油工場

下道を走るとこういった発見があるから楽しいねDSCN0025DSCN0027DSCN0030

雨が酷い

視界が悪い

この橋あたりが茨城県への県境だったかな

 

DSCN0033

雨具は着ていたけど、空の冷えはどうにも収まらない

見つけた幸楽でラーメン、280円

学生時代は美味いと思って食べてたが、社会人になった今食べると不味いなぁ・・・

けど、体が温まってやっぱり美味い

DSCN0036DSCN0035

地酒のコーナーにはうめてんてー

DSCN0037

地ヒーローがプリントされた自販機

道の駅で野宿(6月27日)

05_28_08EOS Kiss X41694

雨で濡れてずぶ濡れだったので、自転車に衣類を引っ掛けて乾かしている図05_28_19EOS Kiss X41696

たまたま見つけた店の軒先で休ませてもらいました

ちょうど、休業日だったのか早めに休めた

07_27_39EOS Kiss X4170206_04_33EOS Kiss X41701

筑波山を登って筑波山神社へ07_45_18EOS Kiss X4171007_45_25EOS Kiss X4171107_47_24EOS Kiss X41712 - コピー07_50_38EOS Kiss X41714 - コピー07_52_08EOS Kiss X41716 - コピー08_08_55EOS Kiss X41717 - コピー08_15_19EOS Kiss X41722 - コピー08_15_59EOS Kiss X41723 - コピー08_18_04EOS Kiss X41724 - コピー08_18_36EOS Kiss X41725 - コピー08_22_06EOS Kiss X41729 - コピー08_23_06EOS Kiss X41730 - コピー08_24_35EOS Kiss X41731 - コピー

誰も人が居なかった、時間が早かったからかな

とても昭和臭い、ローカル08_26_14EOS Kiss X41733 - コピー

高いので見晴らしが凄くいい08_54_05EOS Kiss X41737 - コピー

真壁へ突入

09_31_53EOS Kiss X41740 - コピー

自然が綺麗だ09_32_00EOS Kiss X41741 - コピー

まさかのセイコーマートがあってビビる

ここは北海道だったのか?09_53_24EOS Kiss X41748 - コピー09_53_55EOS Kiss X41749 - コピー09_54_21EOS Kiss X41750 - コピー09_54_47EOS Kiss X41751 - コピー10_06_33EOS Kiss X41756 - コピー

真壁の博物館を散策10_31_09EOS Kiss X41758 - コピー10_31_18EOS Kiss X41759 - コピー

博物館前の肉屋のコロッケ美味いです10_47_21EOS Kiss X41766 - コピー

とあるエロゲーの聖地巡礼でした15_09_44EOS Kiss X41774 - コピー15_09_48EOS Kiss X41775 - コピー

次は益城町へ、益城駅

無駄に立派、田舎ってこういった無駄にカネかけた豪勢な建物が一つはあったりするよなぁ・・・15_10_23EOS Kiss X41776 - コピー15_11_17EOS Kiss X41777 - コピー

陶芸の名所らしいが、全然興味ない

ってか初めて知った15_38_55EOS Kiss X41780 - コピー

七井駅、自転車で帰ることがなかったら一度も来ることはなかっただろう駅16_21_35EOS Kiss X41781 - コピー

ローカル感あふるるデイリーヤマザキ17_27_12EOS Kiss X41785 - コピー

ココ、コンビニ、見慣れない17_40_54EOS Kiss X41788 - コピー

鳥山駅、なんとなく入ってみる17_44_11EOS Kiss X41790 - コピー17_44_35EOS Kiss X41791 - コピー17_44_37EOS Kiss X41792 - コピー17_47_32EOS Kiss X41793 - コピー17_47_35EOS Kiss X41794 - コピー

田舎の落ち着くローカル感17_59_27EOS Kiss X41798 - コピー18_46_37EOS Kiss X41801 - コピー19_10_51EOS Kiss X41802 - コピー

メシを食う前に写真をとっとこうとしたら怒られた

しかも食べれなかった20_11_00EOS Kiss X41806 - コピー

結局、スーパーで特売を見つけて夜食にした

またまた雨で大疲れ/6月28日

07_13_09EOS Kiss X41808

また、雨の日である07_13_57EOS Kiss X41810

DSCN0038

鮎が売っていたので食べた、うぐぅ

久しぶりに食べたけど美味いなぁ・・・07_26_58EOS Kiss X4181107_42_21EOS Kiss X41812

何故か、観光地に有る地味な配色のコンビニ群、なんかあるのここ?08_11_09EOS Kiss X418142013-06-28 08.51.40

次は道の駅で、変わり種のアイスクリーム

どんどんお金が飛ぶぞぉ~DSCN004510_58_00EOS Kiss X4182110_58_28EOS Kiss X4182210_59_21EOS Kiss X4182411_01_14EOS Kiss X4182611_01_17EOS Kiss X4182711_01_30EOS Kiss X41829

栃木と福島の県境にある神社、神秘的な雰囲気があるが、俺はこの時うんこしたくって仕方なかった!11_31_03EOS Kiss X41833

山間の道から街中へ、帰ってきた気持ちがあるがなんかつまらないDSCN0047

何故か寿司を食べる俺、見慣れないチェーン店があったのだよ

2013-06-28 12.27.5412_28_39EOS Kiss X4183412_31_08EOS Kiss X41835

そして、白河町へ・・・この街にはそう・・・!12_32_25EOS Kiss X41837

小峰シロちゃんが居るのだ!12_34_59EOS Kiss X4183812_35_03EOS Kiss X4183912_50_53EOS Kiss X4184012_51_03EOS Kiss X41841

白河城は工事中で入れませんでした・・・12_51_09EOS Kiss X4184212_52_01EOS Kiss X4184312_56_09EOS Kiss X4184812_58_03EOS Kiss X4185112_59_03EOS Kiss X41852

城下の売店は萌えていますぞ!殿!12_59_15EOS Kiss X4185312_59_28EOS Kiss X418552013-06-28 13.02.49

観光案内所もちゃんと小峰シロ押し13_03_17EOS Kiss X4185713_04_52EOS Kiss X4185913_05_40EOS Kiss X4186013_05_58EOS Kiss X41862

白河駅へ・・・

ここには上に張った、新幹線が通る、大きな新白河駅と、東北本線が通る、ローカルな白河駅へ、2つがある13_06_18EOS Kiss X4186313_06_21EOS Kiss X4186413_11_31EOS Kiss X4186615_00_13EOS Kiss X41880

北上開始

15_10_09EOS Kiss X4188215_27_44EOS Kiss X4188515_27_47EOS Kiss X41886

エロゲーオタなら名前を知っているだろうシーガル、ついつい見つけて記念写真取っちゃった、てへぺろ16_28_12EOS Kiss X41887

アサヒビールの工場を発見

あー酒が飲みたい18_59_30EOS Kiss X41891

八重の桜、萌え酒

なんでも萌化する日本大好きです19_05_38EOS Kiss X4189219_05_40EOS Kiss X4189319_05_43EOS Kiss X4189422_01_47EOS Kiss X41895

暗くなってきたところに道の駅があったので野宿

夜間も開いていて、綺麗でコンセントもあってとても快適でした

他にも野宿している人が一人居たかな、何も話さなかったけどね

定食左左久でザーカイ定食を食す(6月29日)

05_58_26EOS Kiss X41897

朝食は道の駅内にあったコンビニメシ

まどまぎサイダーがつかれた体にしみる!06_27_23EOS Kiss X41899

天気が悪い

07_08_05EOS Kiss X41902

高台からの景色が美しい07_32_57EOS Kiss X4190407_34_09EOS Kiss X4190507_36_32EOS Kiss X41906

福島駅着

青春18切符で一度来たことがあるので人生二度目、いつも青森に帰るときに通りすぎていた土地です

07_38_54EOS Kiss X41907

駅前をぶらぶらしたけど特に何もない場所

10_21_12EOS Kiss X4191012_56_14EOS Kiss X41911

ヤマザキパンの工場を発見13_41_35EOS Kiss X4191213_42_28EOS Kiss X41914

仙台近郊に到着

14_07_48EOS Kiss X41926

シーガルをまた発見、記念写真を何故か撮るオイラ14_34_18EOS Kiss X4192714_34_23EOS Kiss X4192814_48_42EOS Kiss X41930

仙台駅への道を迷いつつも、仙台市内に到着

交通公園があるのが政令指定都市らしいか?

15_36_43EOS Kiss X41934

中古パソコン屋を発見

けど、秋葉原相場に慣れていてると、高いとしか思えない値段でやる気を無くす15_43_51EOS Kiss X4193616_18_41EOS Kiss X41954

仙台駅に到着

記念写真

17_37_19EOS Kiss X41955

仙台に来たといえばここでしょ、定食の左左久17_58_16EOS Kiss X41956

ザーカイ定食美味いっす!18_50_27EOS Kiss X41957

かなり苦しかったけど、頑張って食べた

コストパフォーマンス抜群だぜ!

牛タンとどっち食べるか迷ったけど、左左久のおばちゃんが優しくて自転車で青森に向かってる!っていったらペットボトル一本くれた!ありがとう!

18_56_36EOS Kiss X41961

帰る頃には天気が悪くなってた、雨です19_19_24EOS Kiss X41963

検索して見つけた、銭湯に入浴

普通に暮らしてたら絶対、交わらない人たちとともに過ごすひととき、なんか不思議

21_27_44EOS Kiss X41964

なんかの鉄塔が光ってました

潰れたガソリンスタンドにて宿泊してこの日は終了

おにぎりをもらった!ありがとう!(6月30日)

06_18_57EOS Kiss X41966gaa

ガソリンスタンドから出発する愛車の図

2013-06-30 06.33.142013-06-30 06.33.252013-06-30 06.33.272013-06-30 06.33.482013-06-30 06.34.2406_35_41EOS Kiss X41968

朝飯は見慣れないテンポがあったので、突入

リーズナブルで美味しかった!

東北の方ではチェーン店としてあるみたいだが、故郷青森で見たことがない

08_13_56EOS Kiss X41978

仙台を脱出

09_24_45EOS Kiss X41982DSCN0050DSCN0052DSCN0054DSCN0056DSCN0057DSCN0058DSCN0059DSCN0060

東北へ続く国道沿いにはこういった、ドライバー向けかと思われる、休憩所が何箇所もあった

10_11_38EOS Kiss X4198310_11_42EOS Kiss X4198410_11_50EOS Kiss X4198510_22_19EOS Kiss X4198610_24_25EOS Kiss X4198710_29_54EOS Kiss X4198810_35_18EOS Kiss X4198910_55_35EOS Kiss X4199310_55_46EOS Kiss X41994

元炭鉱の街の無料博物館があったので、なんとなく寄ってみる

結構、お金を掛けた凝った内容の展示なのだがボロい

昔、景気のいい時期に作っちゃって持て余しているんだろうなぁ

オイラ以外に人はまばらだった

こうやって、この地域で震災の資料を目の当たりにしないと、なかなか実感がわかない東京都民の僕でした

10_57_39EOS Kiss X4199611_00_33EOS Kiss X41997

納豆餅とかいうゲテモノ臭いのがあったので食べてみたが、意外と普通に美味い!

まぁ、納豆ってごはんにかけて食うものだもんね11_21_53EOS Kiss X42001

12_41_05EOS Kiss X4200212_43_54EOS Kiss X4200313_19_38EOS Kiss X42004

放射能検査しましたという、手紙の雑な文字が逆に、切実さを感じる13_19_46EOS Kiss X4200513_31_07EOS Kiss X42007

昼食のラーメン

この店の人が自転車で帰っているっていったらおにぎりくれた!ありがとうございました!13_46_56EOS Kiss X4200813_50_18EOS Kiss X4201113_50_37EOS Kiss X42012

このげんき満点食堂って店です、ありがとうございました!13_50_43EOS Kiss X4201314_29_26EOS Kiss X42014

田舎の風景→地方都市→田舎、青森まで延々とこの繰り返しの風景15_04_02EOS Kiss X4202315_05_11EOS Kiss X4202415_05_54EOS Kiss X42028a

雨が降ってきたので、展示していた電車内で休憩

17_12_23EOS Kiss X4203517_13_10EOS Kiss X4203817_13_26EOS Kiss X42039

この田舎感が堪らんよね

17_47_41EOS Kiss X4204417_49_38EOS Kiss X4204818_03_25EOS Kiss X42049

一ノ関駅へ到着

世界遺産平泉の隣、平泉を見学したいのでこの辺りで夜を過ごすことを決意18_03_44EOS Kiss X4205018_05_32EOS Kiss X4205218_05_48EOS Kiss X4205318_06_24EOS Kiss X4205418_07_19EOS Kiss X4205518_09_26EOS Kiss X4205618_25_21EOS Kiss X4205718_26_06EOS Kiss X4205918_26_58EOS Kiss X4206018_32_11EOS Kiss X42062

新幹線の停車駅だけあってか、結構栄えている

18_35_19EOS Kiss X4206318_58_24EOS Kiss X4206518_59_16EOS Kiss X4206819_01_03EOS Kiss X4207019_06_17EOS Kiss X4207219_14_39EOS Kiss X4207419_19_13EOS Kiss X4207519_19_22EOS Kiss X42076

2013-06-30 19.37.38

もらったおにぎり

この日はこれを夜食に、公園に泊まる

平泉を観光する(7月1日)

06_32_35EOS Kiss X4208506_32_43EOS Kiss X42086

道中、お仲間?発見

07_51_26EOS Kiss X4210908_15_44EOS Kiss X42119

綺麗で立派な、平泉駅08_16_05EOS Kiss X42120

天井を見たら、燕が居た08_16_41EOS Kiss X4212708_17_51EOS Kiss X4212808_17_57EOS Kiss X4212908_38_34EOS Kiss X42134

名所の一つ、毛越寺へ・・・

08_44_12EOS Kiss X4214008_48_14EOS Kiss X4214208_54_35EOS Kiss X4214909_15_02EOS Kiss X42187

09_15_27EOS Kiss X4218909_16_44EOS Kiss X4219209_17_11EOS Kiss X42194

広い庭園だなぁ・・・くらいで特に大きな感動もなし・・・10_57_45EOS Kiss X42240

11_10_27EOS Kiss X42245

ほっかほっか亭も平泉仕様のおとなしい色合いになってます

弁慶いるし

11_23_20EOS Kiss X4224911_35_44EOS Kiss X4225311_36_40EOS Kiss X4225511_41_26EOS Kiss X4225811_43_28EOS Kiss X4226211_44_34EOS Kiss X4226411_46_04EOS Kiss X42265

個人的に、いまいち世界遺産としてパッとしないイメージの平泉ですが人で賑わってました11_50_50EOS Kiss X4227312_03_55EOS Kiss X42274

目玉の金の建物は、こうやって更に外郭に建物を立てられて保存されています12_05_16EOS Kiss X4227512_11_14EOS Kiss X4227712_12_55EOS Kiss X42279

東北に、昔こんな賑わっていた場所があったんだなんて知りませんでした

青森なんか道の奥とか言われるくらいの辺境地なのに

15_03_59EOS Kiss X4229715_28_58EOS Kiss X42301

この駅で、変な酔っぱらいに絡まれたのもいい思い出

19_19_48EOS Kiss X4232219_46_14EOS Kiss X42324

道脇にちょうど良さそうな建物があったので宿泊DSCN0102

先客が既にいます

DSCN0104

一方オイラの装備はこんな感じね

とうとう、青森県に突入する(7月2日)

08_08_06EOS Kiss X42329

半田屋をまた発見

朝食に冷麺を食べたけど、量が少なくイマイチだった、やすかったけど08_58_47EOS Kiss X42330

盛岡駅に突入

09_06_10EOS Kiss X42333

おみやげが萌えている

どこも萌えグッズは一つあるねぇ・・・

12_31_50EOS Kiss X42341

この日は、今回の旅行中珍しく快晴、すっげーキモチイイ

12_43_39EOS Kiss X42342

カレーうまいです、そして、青森県に突入ですよ奥さん13_22_48EOS Kiss X4234313_27_07EOS Kiss X4234613_27_21EOS Kiss X42347

ここでもやっぱり萌えているぞ

13_28_22EOS Kiss X42348

くるみ餅、昔食べた気がするがよく覚えてなかったので買っちゃった

美味しかったよ

13_42_55EOS Kiss X42349

同じ自転車旅行者、ご覧のとおり装備がほとんど自転車専用装備ではなくビニール袋という猛者っぷり

こんなんでも度は出来るんですよと言われてますね

自転車も名前の聞き覚えがないメーカーでした

まぁ、旅行者というよりは浮浪者というのが正確といいますか・・・

函館行くためのフェリー代をねだられました

14_10_04EOS Kiss X4235414_14_29EOS Kiss X4235715_04_51EOS Kiss X4237215_05_26EOS Kiss X42373

ひたすら移動してきた国道4号線、最高地点はたったの458メートル

それでも最高地点と言われると嬉しくなっちゃうなぁ

15_23_25EOS Kiss X42377

ふらりと寄った店、自転車旅行者はよく見かけると話されてました

16_00_12EOS Kiss X4238916_01_17EOS Kiss X42392

映画のロケ地になっていて有名らしい

17_38_56EOS Kiss X42426

安い、東京でも見かけない安さ50円

ただし常温でしたけどね

18_37_39EOS Kiss X42437

殺人事件が起きそうな温泉

19_57_37EOS Kiss X4244320_01_02EOS Kiss X4244720_03_09EOS Kiss X4244820_06_05EOS Kiss X4245021_01_08EOS Kiss X4245121_53_07EOS Kiss X42455

お酒と一緒にバーベキュー、最高やで!

そして一日は終了ですよ

青森到着(7月3日)

04_09_35EOS Kiss X42460

真っ赤な夕日~

06_48_04EOS Kiss X42463

青森名物工藤パンシリーズ

07_48_14EOS Kiss X4246407_48_22EOS Kiss X4246607_48_26EOS Kiss X4246707_49_33EOS Kiss X4246907_50_01EOS Kiss X4247007_54_07EOS Kiss X42484

田舎の駅舎って癒されるわぁ・・・

07_56_55EOS Kiss X4248607_57_23EOS Kiss X42488

ご神木なのかしら?

木に合わせて天井が切り抜かれている

DSCN0107

珍しい、ダチョウの卵

DSCN0109

酒餅、ほのかに甘い、味はイマイチ

11_04_16EOS Kiss X42491

11_05_04EOS Kiss X42493

伝統的な南部織の実演

11_17_28EOS Kiss X42494DSCN0111DSCN0112

ゲーセンがあったけど人が居ないどころか電気が付いてないぞ・・・

DSCN0124DSCN0125

珍しい自動販売機

DSCN012916_18_24EOS Kiss X4249516_19_45EOS Kiss X42496

七戸十和田駅、新幹線駅に到着16_23_26EOS Kiss X42504

鉄道むすめ多いなぁ・・・

16_23_49EOS Kiss X4250516_26_11EOS Kiss X42510

当たり前だけど、新しい駅なので綺麗です

けど立地がなぁ・・・

こんな変な場所に作る青森県民は終わってるな

16_26_38EOS Kiss X4251216_28_59EOS Kiss X4251716_29_26EOS Kiss X4251816_29_57EOS Kiss X42519

ゆるキャラ?

16_30_54EOS Kiss X4252016_31_05EOS Kiss X4252116_33_07EOS Kiss X4252316_33_23EOS Kiss X4252416_36_54EOS Kiss X4252517_49_38EOS Kiss X4253417_50_29EOS Kiss X42536

ここまで来ると、故郷に帰ってきたぁ!という気がしなく物ない

このなんともいえない、パッとしない風景が青森だわ

17_50_35EOS Kiss X4253717_50_39EOS Kiss X4253917_50_41EOS Kiss X4254017_51_05EOS Kiss X425412013-07-03 18.08.4019_26_40EOS Kiss X4254620_23_00EOS Kiss X4255120_39_38EOS Kiss X4255320_41_19EOS Kiss X4255720_42_18EOS Kiss X42562

浅虫にて唐突な大雨、だけど青森駅を目指して急ぐ

最後の最後でパンクして真っ暗な中、大雨の中、パンク修理したのは最悪な思い出

22_13_51EOS Kiss X42566

青森駅到着、Fin

XPERIA Z ULTRA C6833に起きている不具合につてのメモ

まず経緯について

以前使っていたC6833が突然の故障、画面に映し出される映像が乱れ「あれ?おかしいな」と思いとりあえず再起動→そのままお亡くなりに

音とUSBをパソコンにつなぐと認識はされたのでどうやら、ディスプレイの故障らしい

残念ながらC6833は海外製品なので修理に出すのは諦めて、Acend g620という、Huaweiの5インチスマホに乗り換えて使っていたのだが、やはりズルトラのあの大画面が恋しくなり出戻りと相成った

EXPANSYSでの販売も終了しているし、根強い人気がありなかなか値崩れしなかったズルトラだが、中古市場で少し値段がこなれて来ていたのでヤフオクで中古品を(σ・∀・)σゲッツ!!

・・・しのたのだが、この中古品、いろいろと不具合が発生しているのでメモしておく

オークショントラブルに巻き込まれたともいえるなぁ・・・まぁこの手の事が心配なら保証のあるショップで入手するべきなんだよね、という話でも有る

発生している不具合

LTE通信が出来ない(出来ても非常に不安定)

起きている不具合で最も致命的なのがこれ

以前のC6833はAndroid4で運用していたので、5からのAPNサーチ問題に引っかかっている可能性もある

けど、問題解決方法を試してみたが改善する様子なし

同じような現象が起こっている人が居て、対策を打っていたが未解決らしい

なお、心なし、以前の端末よりも電波のつかみ具合が弱い気もする

マグネット端子からの充電が出来ない

以前使っていた端末はmicorusbの蓋が破損して最終的に取れて防水性がなくなった

ネット上を見るによくある不具合らしい

トイレにぼっとん経験者としてはこれはよくない

なので、今回からはマグネット端子からの充電を試してみた

のだが、マグネット端子から充電しようとすると端末が落ちる、必ず落ちる

マグネット端子の向きを間違えると同じような症状があるとのことだが、何度も確認したがそれはない

出品者に確認したら、当方では使えていたとの回答あり、だが俺は使えないぞ

ネット上に検索をかけたけどÇ6833で同様のトラブルが起きている人は居ないみたいだね

元々、ソニー独自規格のこれ、不具合が多いみたいだねぇ

逆向きに差し込んだら壊れるとかホントやめて欲しい

かといって、防水キャップが貧弱だっていうねぇ・・・

まぁ、キャップが壊れないよう大事に使っていくしか無いな

一応、このキャップ簡単に自前で交換できるらしい、けど1000円超えの結構いいねで売られていて買う気がしないわ

数百円くらいなら予備で買っておきたいけども・・・いつまで使うかわかんないからねぇ

NFCが使えない

スイッチからオンにしてもすぐに切れる

試しにテスト機能を使ってチェックしたがやはり不具合を確認した

これもc6833では他に起きてない不具合

けど,NFCで起きている不具合で検索を書けたらxperiaの引っかかること・・・

やはりソニーは脆いのか・・・

GPS機能に不具合確認(実施は使える)

同じく、端末のテストチェックにてGPSにも不具合が確認された

しかし、実際は問題なく現在地を掴んでいる、よくわからん

オークショントラブル:root済み端末だった

上記の不具合を確認、チェックしていたらroot済みだったのを確認

出品者に問い合わせしたら、プラスエリア化のために以前、その手業者に手渡したとのこと・・・

まぁ、商品説明の欄に変な文章があったのだ

SIMフリー機なのに、使用するにはルート化とプラスエリア化が必要だとかなんとか

よくわかってない人なのかな?とスルーしていたのだが、驚くことにどうやらこれで説明責任を果たしていた模様・・・ぇぇ・・・

その際に、専用のアプリを入れて削除と初期化しないように指示されたとのこと、したら電波を掴まなくなるのだとか

ん~?もしかしてSupersuのことかしら?

とりあえず、上記の不具合はrootしてなんかいじったせい?なのかなとflashtoolをつかってOSを更新することで、まっさらな状態を試みる

なお、rootしたせいなのか、xperia pc companionからのリカバリーは失敗

5.1.1じゃあなかったのだが、標準のアップデートも降りてきてなかった

ソフトウェアの更新をしようとしたら既に最新ですとか喋りやがる始末ですよ

んでもって、最新版にしても改善せず

修理業者に問い合わせた結果

何かの参考にでもなればと、非公式の修理業者に問い合わせてみた

返答としては修理不可とのこと

原因としてはソフトウェア的なもの、基盤の故障が考えられてどちらも対応外になるらしい

最新ファームを焼いたことでソフトウェア的なトラブルは回避されたはずなので(たぶん)、恐らく基盤が一部壊れているのかも?

まとめ:とりあえず使えるから使います

こんな感じでいろいろと不具合のあるババ端末を引いてしまったよ

出品者が不具合については隠していたのか気づいてなかったのかは判然としないが、ルート化については業者に初期化しないよう言われていたから、端末を手放すにあたってしたのを隠してたっぽいように思える、はっきりと書いて欲しかったかな

ルート化済みの端末ってマイナス要因になってる気がするが、プラスエリア化済み(本当にしてるか未確認)の端末ならオークション価格としては、本当はプラス要員になるはずで堂々と書いてもいいことなんだけどな

伝え聞く業者の言い分ってのがよくわからないねぇ

rootを取って、プラスエリア化しても端末初期化は問題なかったと思うんだけどなぁ

なんか想定外のトラブルが起きたときの予防線とか?

まぁ、その辺りも、OS更新で初期はされたはずなんで不具合には関係ないとは思うんだけど・・・

上記の件を伝えて相談してみたところ結果として一部返金となったので、まぁ不具合はあるものの相場より安く端末を手に入れることは出来るし、面倒くさくもあったのでいいかなと

というわけで、オークションは自己責任の世界だけど、皆さんも何かあったら出品者に相談してみるといいよ、と思いました

LTEが使えないってLTEモデルである必要性が・・・とかは思うけどね

けれどまぁ、データ通信はできている、3Gは遅いけどイライラするほど不便でもないかな

海外で使う分にはもんだいないべ

なにより、ズルトラのこの大画面を享受できているし、前端末より処理速度が速いし、寿命だけが心配ではあるけどこのまま使い続けていく予定

というわけで、みんなもオークショントラブルには気をつけてね

7年使用!ミズノ ベルグテックEX ストームセイバーははコスパ良好の安くて良いレインウェアですよ

DSCF7522

雨具としてゴアテックス素材は人気が根強い

と同時に、本当にゴアテックス素材だけが良いのか?他の類似商品もそう変わらないのではないか?という討論がされる

今回、僕がミズノのストームセイバー(現行の5ではなく3)を7年も使ったのでその感想を書いてみようかと思う

ベルグテックEX ストームセイバーとは?

ミズノから販売されているゴアテックスの類似品

同社のサイトによると富士登山使用率ナンバー・ワンらしい

日本一高い山ではあるが、ベテランの登山者より富士は一見さんとか初心者が多い山な印象なので、富士登山のために、かといってゴアテックスほどのお金を出せない層が買っているんじゃないかなと

購入の経緯

池袋のある登山屋で雨具が欲しいと言われたら、ゴアテックスを案の定提案されたが、高いから安いのないと聞いたところ提示された雨具、まさに初心者

登山用具店でもよくおかれている定番商品に思えるが、紹介の仕方はやはりゴアより一歩引いた扱いをされているように思える

7年間の使用履歴

登山にも使ったが、どちらかというと旅行やツーリングでの使用

もちろん、雨中でも使用した(せざる終えない環境になった)ことは何回もあるが、ウィンドブレーカーとしてのほうがよく使ってたかな、旅行の際には一着あると非常に便利

image

バイクツーリングでの使用

午後からの6時間ほど、山を登っていたら土砂降りにあい酷い目にあったが無事に持った

それより、寒さが酷かった・・・

購入から2年目のことだ

image

image

商品のウリにも有るように案の定、僕も富士登山で使ったことがある

登り始めから雨の酷い一日だったが無事に持った

購入してから3年目のことだ

image

自転車ツーリングでも使用したかな

このときは何日か雨が強い時があったけど、無事に持った

購入から4年目のことだ

一日中、雨中に居るような酷使した思い出はだいたい、これくらいしかないけれども使用の範囲ではしっかりと雨具の役割を果たしてくれていた

他にも旅行だけではなく日常的にも、自転車通勤をしているので雨の日は着ることが多かった

ただ、ここ2年ほど(5年目)はさすがに防水性が落ちてきて、雨の日に出歩くとしめってるような感覚が出てきていた

それでも、ほとんどメンテナンスなぞしてなかったし、短時間なら持ったし誤魔化し誤魔化し今でも使っている

価格を考えれば十分元を取ったじゃないだろうか

ゴアテックス素材の耐久性・機能性は持っていないのでなんともいえないが、低予算でしっかりした雨具が欲しいの人にはおすすめできる雨具だと思っている、とりあえず5年ほどは使えるはずだ

というわけで、新しいのを買いました

DSCF7538

上述の通り、防水性に難が出始めたので新しいものを購入した

ゴアテックス素材も考えはしたがやはり高い、今までの使用経験から信頼できる雨具だと知っているし、一種、相棒めいた感覚さえ覚えているので、もう一度、ストームセイバーにした

サイズはXLサイズにした

以前はMサイズだったのだがあまりにもぴったし過ぎて、防寒具を着るとパンパンになるので大きい物が欲しかった

色は万が一の事を考えて、目立つイエローにした

また、3>5になるにあたって軽量が図られ100Gi以上軽くなっている、やったね!

ミズノ(MIZUNO)ベルグテック・ストームセイバーIIIレインスーツ メンズ – アウトドア&フィッシング ナチュラム

DSCF7542

他、新機能としてフード収納というのがあったので試してみたDSCF7557

こうやってくるくる巻いてフード内に入れる

少しでも軽くしたいときにはいいかもだが、袋に入れるほうが楽だし、雨具が直に擦れるので耐久度が落ちそう

それにフードも結構引っ張って入れたので破損が心配だ、たぶん使わないだろうな

DSCF7559

丸めただけの旧3と並べてみた、分かりづいらが多少、コンパクトにまとまっているDSCF7547

広げてハンガーに掛けて見たず

DSCF7548

ファスナーはykkの撥水ファスナー、止水じゃない

DSCF7543

ファスナー部分はボタンで止めて隠しますDSCF7552

裏面のシーリング加工部分

DSCF7549

胸ポケットはメッシュになってベンチレーションになっている

開けたままにしていると汗や熱が逃げやすい

安いゴアテックス雨具だとここもゴアテックス生地になっていたりする

メッシュポケットって破れやすくて耐久性に難があったりするが、以前の雨具ではまだ壊れてない

で、このポケットの位置が3>5で変更されている

古いのは

DSCF7554

ファスナー近く、内側にポケットがあったため、反対側の手を突っ込んでた

DSCF7553

新しいのは外側よりで同じ側の手が突っ込める

これが改良かというと、正直、どっちでもいいような気がする

といか、慣れないでまだ、以前の癖で使おうとしちゃうなぁ

DSCF7550

裾部分はゴムで引っ張ってしばれるようになっている

ここは変更点なし

DSCF7555

首襟のフード収納部はマジックテープに変更

より、フード収納しやすくなっている

DSCF7556

また、フードもより立体成型されたのか使いやすく改良されている気がする

と、以上のようにより使いやすく改良されているのに気づいた、ミズノも頑張っているな、新しいこの雨具、大事に使っていきたい

けど、流石に次は一度比較してみたいし、ゴアテックスを買うかも

他、今後は今までより酷使して使う予定なので、何かあったらブログに書く予定

[感想]劇場版ガールズアンドパンツァー@エンターテイナーとしての水島努力を発揮したアクション映画の名作

ツイッターを見ていると最近みんながいってるんですよね~[ガルパンはいいぞ]って

なんかもうシュプレヒコールみたいでしょ

それに、異例のロングラン、興行収入がまさかのまどマギ超え、すごい

だから見てきたんですよね、滑り込みで、映画館で、4DXで

まぁなんというのかなぁ・・・感想を簡単に言うなら『ガルパンはいいぞ』

水島努監督、エンターテイナーとしての傑作

ガルパンはね、TV版は見てるんですよ。

その時の感想としてはあ~、王道的にで良い作品だなって好感触、だけど絶賛するほどではなかったわけです

けど、劇場版はすごいいいね、原作の良さを更に発展させている

実に頭空っぽにして楽しめる

けど、そこはね、昨今多い日常物とか、女の子牧場とかね、言われるような作品とは一緒なんですよ

海外だと、可愛い女の子が可愛いことをするアニメとかいわれてるらしいね

じゃあ、ガルパンは何が違うのかって言うと、美少女ってものがこの作品の良さを突き詰めたときおまけに近いんだよね

食玩のお菓子みたいなもんなんだよ

無碍にするわけじゃあないが、メインとなる戦車戦があって、この子らが引き立っているんだよな

だから、作中、大事なはずのキャラクター付け(美少女)がシンプルになっている

生徒会組だとか、風紀委員組だとか、年少組だとか、他チームはお国柄を強調する形になっていて人数が多いながら覚えやすい

今回出てきた、ラスボスだってまさにそれだよね

作品内で分かる要素を挙げてみようか

  1. 恵まれた容姿(ロリ)
  2. ボコが好き(可愛らしさの強調)
  3. 戦車道の家元の娘(西住流の主人公との因縁付け)
  4. 社会人チームを倒すほどの実力者(強敵という印象付け)

な、くらいなもんしか思い浮かばない、実際中盤と終盤以外では出番があまりない

しかし、彼女が劇場版のラスボスに相応しいのは誰も否定しないだろう、だって戦車で強いから

後半の悪魔の如き無双っぷりは実にとても印象に残る、そう、戦車で強いキャラクターだからあの個性豊かな(色物も)キャラクターたちの中で実に強い印象を作る

設定面だってシンプルにまとめられて、負の要素を省いたものになっている

今回、映画見て知ったけどあれ実弾使ってたのな、人が外に顔出しているし、あんな横転しまくっていて、そりゃ無茶だろとか思うけど、だが謎の超技術で人が死ぬという血なまぐさい要素を配した

そして、学校を救うために頑張るという、単純にして共感しやすい目標よ

そう、戦車道はあくまでもスポーツなのだ

他をシンプルにすることで、頭空っぽにしてとてもとても純粋に単純に戦車戦を楽しむことが出来る、アクション映画を楽しむことができた、水島努監督のエンターテイナーとしての実力の遺憾なく発揮されているなぁと思いました

これらの要素もシンプルに一言でまとめると「ガルパンはいいぞ」になるんでしょうね

初めて4DXで映画を見た感想

最近増えてきたねぇ、けど初めて使ってみました、高いだよね

正直、映画の内容を純粋楽しむには向いてないシステムだなぁと思った

煙幕とか水しぶきとか、単純に見るのには邪魔だよね

とはいえ、映画館でしか体験できない経験と考えるとどっちがいいのかなというと難しい所ではあるが、個人的には料金的に普通の映画のほうがいいかな

二回目の人とか、好きな映画があれば行くべきかと思うけど、2回もみたくなる映画なんてそうそうないんだよなぁ

シムーンを久しぶりに見たけど嫌いになるかと思ったら、ますます好きになった

作品とはいつまでも変わりません

ソフトを再生すると、ゲームを起動すると昔と同じ映像が、音楽が、キャラクターが出迎えてくれます

しかし、環境の方はどうなのか

技術の進歩がより優れた映像を音楽を

そして、ストーリーテラーたる脚本家たちも昔を越えようと、より趣向を凝らした作品を作ることを仕事としています

それは絶対的で偉大で神聖的ですらあった名作を貶める行為なのです

僕ら消費者はそんな環境の中で生きて優れた新しい作品を求め続けています

だから怖いのですよ、昔大好きだった作品を見返したときに、あのときの感動を思い出すことが出来るのか

シムーンを見返した理由は偶然のようなものだった

この間、小笠原諸島に行って来ました

片道25・5時間、僕は船の中での暇つぶしにと部屋の片隅にあった昔買ったシムーンの小説版を持っていくことにしました

これは、きっと僕が電子書籍として愛用していたC6833がタイミング悪く、壊れていなかったら持って行かなかったでしょう

引っ越しのときに、この小説を処分しなかった自分の偶然もあります

船中でこの本を読まなかったら、アニメを見返すことはなかったでしょうね

あの感動を忘れるだなんてまったくの杞憂だった

序盤は製作者の方も言ってましたが少しアクセルが遅いですね

けど、初視聴時は全く意味不明だった1話、今見返してみるとアムリアの台詞の切実さ・鮮烈さが1話にして実にこのシムーンという作品を表しているなと思いました

そして、どんどんとこのシムーンの世界観に引きこまれています

改めて、少女性、ただそれを表現するためにこの作品は最上の舞台設定を、音楽を、ストーリーを用意しているなと、そう思いました、素晴らしいです

昔見たときの感動を思い出せるか、それはまったくの杞憂でした

いや、もっと好きになったといい

全員が女性として生まれていくるという設定も、この世界においてはかつては全員が少女であり、永遠の少女になりたかった・・・そんな彼女たちの選択、その純粋さ、崇高さ、高潔さをより伝えるためのものだったのでしょうか

僕もこの作品を見た時と比べると大人になりました、いや大人になるしかなかった

僕は大人になりたくなかった人間です、いろんなもののシガラミを抱えるのが嫌だったのです

それが最近が大人も悪くないなと、そんな風に思うようになりました、なんたることでしょうか

そんな彼女たちより不埒で不純な僕ですが、いやだからこそ永遠の少女という道標を得ることが出来た彼女たちが羨ましかった、彼女たちの純粋さが眩しかった

けれど、少し違うのかもしれませんね、アーエルとネヴィリルは彼女たちだけの永遠の少女になったわけでなく、僕の・・・いやシムーンファンたちにも、強く刻まれたのかもしれません、あの時を思い出すための道標として、僕も彼女たちのようになりたいものです

作品を通して自分を見つめなおす、そんな得難い経験がこのシムーンで出来ました

そんな臭い台詞で、今回の駄文を締めくくらせていただきます

カメラバッテリーだってUSB充電する時代、LCD付きで純正品より高機能なPCATECのモバイルチャージャーを買ってみた

DSCF7827

携帯電話だって、携帯ゲーム機だって、ノートパソコンだって今やUSBから給電する時代

カメラだってUSB充電に対応しなくちゃいけない時代だと思うの

そこら辺、XPERIAやPSVITAなどモバイル機器を作ってきたノウハウがあるソニーはわかっていて、ソニー系のカメラはコンデジだろうが一眼レフだろうがUSB充電に対応しているものだけど、大御所のCanon、Nikonはじめ他のメーカーはまったく対応してないよね

USB充電のメリット

USB充電が出来ることによるメリットはいろいろとある

  1. スマートフォンなどとケーブル・電源を共有出来る
  2. モバイルバッテリーから給電出来る(予備バッテリーになる)
  3. それのためにコンセントを一つ占有しなくてよい
  4. バッテリーチャージャーを持ち歩かなくて良い

 

万一、出先でカメラの電池が切れたとしてもスマートフォン向けの充電スタンドを使えば良い

コンビニに行けば緊急充電キットも売ってるし、スマートフォンのためにと充電セットを持ち歩いているかもしれない

現代人にとって、USB充電出来るのは大きなメリットだと思うんだけど、カメラ会社というのはどうも思考がアナログだな

や、だからソニーが良いというわけでもないけどさ

光学機器ってのはアナログな技術の積み重ねが大事だとも聞くし、ライバルとなる新興の外国企業が存在しない業界だから新しいことをやりたがらないのかね

というわけで、Amazonで売っていたNP-W126をUSB充電できるバッテリーチャージャーを買うことにした

結局、モバイルチャージャーは持ち歩かなくてはいけないけど、1~3のメリットを享受することが出来る

同梱物

image

商品の中身には、簡素な説明書と本体、MicroUSBケーブル一本、これはデータ通信が出来ない充電専用ケーブルだった

PCATEC製モバイルチャージャーはLCD付き

image

手のひらサイズの大きさ

上部にはLCDが付いていてこれはメーカー純正にもない大きな特徴、どのくらい充電できているかが確認できるようになっていて便利

それでも、富士フィルムメーカー純正品とそんなに変わらないに大きさに思う

USB入力は2Aまで対応

image

裏面を見ると注意書きやら、技術適合マークやらが

USB入力はUSBで可能な出力としてはほぼ上限の2Aにまで対応している

充電時間を比較してみる

PCATEC製モバイルチャージャーは商品説明を見ると約2~3時間となっている

バラつきがあるのは入力出力によるものかと考えられう

富士フィルム純正モバイルチャージャーのBC-W126は調べた所、約150分となっていたのでさすがにコンセントから直取りする純正品の方が速い模様

それでも、USB2A入力ならばたった約30分しかない違いなので許容範囲なのでは?

そもそも、夜間中に充電するのだとしたらどっちでも関係ない

重量を計測してみる

image

重さは28Gで軽い

同じコンセプトの商品で、WELLSKY製モバイルチャージャーがある

そちらは28gの軽量を売りにしてたが同じ重さだ、それならLCD付きのPCATECの方が良いように思う

まとめ:荷物が減ったが耐久性が心配

富士フィルムのモバイルチャージャーはACアダプタが付いてくる古臭いやつである

これがCanonだったら、モバイルチャージャーに直接コンセントついていて持ち歩きはし易いんだがなぁ・・・

ACアダプタは結構かさばるし、重いのでこれがあれば楽になる

充電時間は長くなるが、それでも最長3時間なので、まぁ寝てる間に充電しておけば問題ないんじゃないかな

ただし、よく知らないメーカーなので耐久性だけがイマイチ心配

軽いので予備を持ち歩いても良いかもしれない、予備バッテリー同時充電も出来るようになるし