網走~知床滞在記@東日本ツーリング 52日~53日目

網走から知床までの走行記録と知床の滞在記

網走を出て、知床に到着 9月14日

image

今日も朝焼けが綺麗

image

一緒に野宿したチャリダー

これ以降、度々遭遇することになる

他にバイク乗りのよく喋るおっちゃんが一緒だったな

image

網走名物ニポポ人形

網走監獄の虜囚がつくっていて有名になったのか・・・?

デカイ、オホーツクに消ゆだなぁ

image

釣りしてる人が多い

なんでも鮭がよく釣れるらしい

しかも、今年は不良気味で高く売れるんだとか、違法らしいけど

image

読めねぇ・・・

image

ラムサール条件の地、濤沸湖がある原生花園駅や

image

浜小清水駅を通り越して

image

知床へ至る道に・・・

image

image

川を見たら鮭がすげぇ跳ねてやがるの

image

それにしてもいい天気だなぁ、気持ちいいです

今年の北海道、天気悪いから

image

知床八景、オシンコシンの滝

image

ここを過ぎて、斜里町道の駅うとろ・シリエトクに到着

一日で付いちゃった

image

image

image

適当に斜里町内を散策

image

晩御飯はセブンイレブンです

北海道はスーパーがない町がザラ、高いスーパーも多いかなぁ

店で食うよりはビニ弁のほうがまだ安い、それでも高いけど

それでも飲むものは飲む我輩であった

image

と、飯食ってたらキタキツネと遭遇

おねだりキツネってやつですよ!

スキあらば!ってな具合ですごいしつこいのコイツ

エキノコックス怖い

知床観光 9月15日

image

おは知床

image

さ、観光だ

image

知床自然センターへ

image

出入り口で鹿がこっちを見張ってやがる!

まぁ熊も出るらしいからな、たまに、なにここ怖い

image

登って下がって~

image

なにこれ、鹿の角が落ちてやがる!

これって、店で売ってたりするよなぁ

拾ってヤフオクに転売できそう(ゲスい)

image

知床五湖へ

歩道以外の散策路に入るにはレクチャーを受けないとだめです

image

熊の出没記録・・・結構出てるなぁ

image

ちょっと天気悪い

ってか、道中、雨降ってたし

ココらへん、山の天気らしいです

image

image

この辺りにも、昔、開拓しようと人が住んでたらしいです、駄目だったそうだけど

人間ってすごいなと思います

image

半周だけして、ぱっぱと降りて

image

今度は知床を海から見学、クルーザーに乗ります

結構高かった、奮発しちゃいました

image

image

image

熊発見

発見率ほぼ100%らしいです、大自然やばい

image

image

image

滝で発電しているらしい

image

あっという間に突端

image

image

今日も日が暮れる~

image

この日もキツネがよってきて大変だった

この世界の片隅で・聲の形・シンゴジラを映画館で連続視聴してきたので感想でも書く

上記3つの映画を一度に見てきました

視聴順としては・・・

この世界の片隅で>聲の形≧シンゴジラ

の順番でした

視聴前の期待値もこの順番

見終わった感想としても、良さはこの順番かな

この世界の片隅で映画視聴感想

まずは良い映画をありがとうございます

そして、この作品を映画化してくれてありがとうございます

制作発表から長い時間があり途中、クラウドファンディングを行っていたことから大変だっただろうな予想が付きます

漫画この世界の片隅では良い作品です、ですがメジャーな作品でないと思います、それをしっかりと完成させてくれたスタッフらに感謝したいです

さて内容としては・・・

人に勧めたくなる良い映画です

映像化されると音があり、色があり漫画では伝わりづらいものがよりわかりやすくなり、スタッフらはしっかりとそこを表現してるなと思いました

しかし、事前情報として原作ファンから不満も出てるとのことですが見終わって、なるほどな~という感じはありました

原作付き漫画を映画という枠に収めるためにはどうしても削るところが出てくるんですよね

映画は肉付きを減らして、あの戦争があった時代でも人々は逞しく生きていたんだ!という話はより率直に伝わりやすくなってるかなと思いました

なので映画から入るそうにはわかりやすくなっているし、これはこれで正解だと思うのです

ただ僕が思う漫画って、なんかもうちょっと曖昧なものも表現をしていた記憶があるのでそれが原作ファンに不評なのかな

なんかちょっと物足りない感じはありました

95点

聲の形映画視聴感想

漫画原作も良い作品ですし、それを京アニがどう料理するのかが気になりました

基本的に原作部分にストーリーは進み、その部分の表現はさすが京アニだよなと思います

京都アニメーションは理由もなく好きじゃないのですが、スタッフらの技術には信頼を置いています

さすがKanonのアニメ化からのし上がった会社ですわ

しかし、あのボリュームを映画の枠に収めるのはさすがに無理だったか・・・

最後はオリジナルも混ざってきて終わります

僕としては灰汁の多い周辺キャラクターらもこの作品に良い味を付けていたので、それらが見られず終わってしまい残念です

原作者は些細なところまで表現にこだわっていた覚えがありますから

結果として見終わったとき、ストーリーの大筋はなぞってるんですが、ん~なんか違うなぁと感じました

上のこの世界の片隅では物足りないですが、こっちはなんか違うです

つまるところ尺不足から来ると思うので映画じゃあなくて、アニメでもっと時間かけて丁寧にやるべき作品だったかなと思います

余談ですが、この世界の片隅でと一緒で難しい話を扱う作品ですが、上はは落ち着いて見れてなんだか少しづつ胸の奥から湧き上がってくる感じでありましたが、聲の形は終始ジェットコースターの乗ってる気分だった

それはきっと、僕が(もしくは僕らが)今まで棚上げにしてきて触れないようにしてきたものを見せられるからなんでしょうね

70点

シンゴジラ映画視聴感想

上の2つが難しい話だったので気楽に見れました

放映前はテレビはゴジラ押しだった印象なのですが、今は君の名はブームで、日陰者になってしまったイメージ

特撮好きでアニメでのし上がった庵野が実写に手を出したら、新海誠のアニメ作品に負けるという構図は面白いですね

視聴理由は監督が庵野でゴジラだから・・・それだけです

ゴジラが動いているシーンはいいと思うんですよ、ってかそこが駄目だったらどうしようもない

だが大部分は政治劇を見せられるわけで、それがまたつまらない

なんとはなしに昔の特撮を意識しているのかな?という印象があるのですが、私は別に特撮好きでもないしどうでもいい

とかく、日本の映画は予算がないとのことなので、それをどう補うかもまた腕の見せ所なのかなと思いますが・・・

日本で大作映画は難しいですね

大衆娯楽としては君の名はの方が断然面白いです

・・・まぁあれは新海誠先生がウジウジした主人公を採用しなかったことにちょっとだけ不満がありますが・・・

虚淵玄先生が今度はアニメでゴジラをやるとか聞いたので楽しみですね

20点

イオンシネマ・Tジョイ・新宿バルト9・横浜ブルク13・MOVIX・ピカデリーなどで映画チケット代を無料にして見る方法(複数回可)

image

以前もちょろっと書きましたが、僕が映画を見るときに利用しているセコい方法をご紹介します

とあるページ経由にてU-NEXTに申し込むと映画チケットがタダになる!

U-NEXTは動画配信サービスと映画館との連携を強める方針らしく、いくつかの映画館と提携しています

映画を見に行ったときに入り口のところでキャンペーンを行ってるときもありましたね

提携の内容としてはU-NEXTで使うポイントを映画館のチケット代に当てることが出来るというもの

そして、U-NEXTはキャンペーンで常時、無料トライアル&ポイント配布を行っているため映画を見る前に契約していけばただ見れるという寸法です

ただし、ポイントを各映画館のチケット代に当てるためには、各映画館のサイトのキャンペーンページから申し込む必要があるようです(たぶん)

以前、とある映画館のサイトから申込んだときは、イオンシネマのクーポンチケットの発行ページがなかった・・・はず

そこで、キャンペーンを行っている映画館をまとめてみました

キャンペーンサイトへのリンクを張っておきますが、いつ終了するかわかならいので念のためご自身でご確認くださいね

イオンシネマ系列

1800円分のポイントが貰え、1800円・1100円・1000円・500円の各クーポンチケットをポイント消費して貰えます

イオンのイメージ通り、映画館のチケット料金も最初から安いところですね

KINEZO系列(Tジョイ・新宿バルト9・横浜ブルク13など9

1800円分のポイントが貰えます

KINEZO映画館のチケット代決済・発行サービスを提供しているとサイトで、そこに加盟している映画館はU-NEXTポイントを決済に当てられます

加盟している映画館は立地や設備がいいけど、ちょっとお高いイメージ

MOVIX・ピカデリーなど

1300円分のポイントが貰えます、ほかよりちょっと少ないですね

1300円だと映画チケット一枚の値段には足りないのですが、ここから申し込むとどうやら1300ポイントで映画チケット一枚を発行できる仕組みらしいですね

U-NEXTのポイントを購入、経由して映画チケットの決済をすれば映画を安く見れるんですね

そうやって継続利用者を集める戦略なんでしょうか

月跨ぎによる1000ポイント獲得はなくなった模様

image

U-NEXTのシステムとして月跨ぎすると1000ポイントが貰えます

以前は無料トライアル期間でもそれが適用されたのですが、いつの間にか改悪されてもらえなくなってるらしいですね

クレジットカードを変えれば複垢が可能

以前、映画館にてU-NEXTのキャンペーンスタッフに引っかかったことがあります

結構しつこくて、以前、一度契約したことがあるから無理だ、と答えたのですがクレジットカードを変えれば大丈夫だからもう一度契約してくれとのこと

結局、その場は逃げ切ったのですが、その後にまた映画が見たいときに上記のキャンペーンサイトをクレジットカードを変えて契約しています

住所の欄は最初から無いし、名前と生年月日はそのまま書いています、メールアドレスだけ念のため捨てアド使ってますが問題ないです、どうおもクレジットカードの番号だけ見ているっぽいですね

いくつかの映画を見たいときとには、一度に複数の契約も結びましたが問題なかったです

ただ、プリペイドカードは試しましたが駄目なようです残念

僕はクレジットカードが好きで複数枚持ってるから使える手ですが、こんな裏技もあるんだよということで書いておきました

[2016年版]U-NEXTの解約方法について

以前から微妙に解約方法がわかりにくい印象があるのでメモしておきます

解約方法について

まず、左のサイドバーから「設定・サポート」を選択します

image

その後、お客様サポートから契約内容の確認・変更をクリック

image

そうしたら、ご利用中のサービスの中

お手続きの欄に小さく解約はこちらとありますのでクリック

あとはアンケートなどが出てきたりしますが、次へをクリックしていけば解約できます

猿払村~網走@東日本ツーリング 49日~51日目

猿払村から網走までの走行記録

電車で寝る 9月11日

image

久しぶりに晴れた猿払村

image

晴れると気分が良い、テンションが上がってくる

image

image

昨今の天候の悪さの爪痕が伺える

電車で寝れる道の駅、おこっぺにて就寝

網走の目前まで 9月12日

image

おは興部町

まだ9月なのに北海道は既に寒い・・・

image

ここで無料で寝れるだなんて、なんてサービスの良いところだろう

暗くなってから来て、朝早く出たから一銭も落としてないのに

image

image

image

紋別に寄り道、ガリンコ号とかいう砕氷船がドリル付いていてすごいかっこいい!

image

酷い面したアザラシ

image

オホーツクタワーが見える・・・・

きっと冬にくるとまた、きれいなんだろうなぁ

image

サロマ湖沿いを走って・・・

image

湧別町、計呂地とかいう場所、ここにも電車宿が・・・・

image

電波ソングを垂れ流す、道の駅サロマ湖にて休憩

image

かぼちゃが有名らしくついついかぼちゃソフトクリーム買っちゃった

image

だいぶ寒いのにひまわりがある

image

馬も居た

この日は常呂にて就寝

にしても北海道の文字は難しい

網走監獄博物館を見学 9月13日

image

久しぶりにテント無しで寝たら燃えるような空が見れた

テント内でねるとだいたい、明るくなるまで安心して寝てるからなぁ

image

豪華な朝食

image

サイクリングロードがあったので突入!

あまり道が良くないけども、なんか神秘的!

image

サンゴ草群生地、能取湖

image

網走監獄博物館に行く前に洗濯物っす

imageそして突入

image

image

すごく広い、観光には一日掛かる場所でしたわ

image

網走名物ニポポ人形

image

網走川向こうには現役の刑務所がある

image

image

網走駅へ・・・

よるのは道の駅、流氷街道網走にて就寝・・・

利尻~礼文~宗谷岬@東日本自転車ツーリング44日~48日目

利尻から宗谷岬までの軌跡をまとめてみる

天候不良、逗留 9月6日

image

天気が悪くキャンプ場にて逗留していた

同じくチャリダーが一人居たが、テント内にて一日過ごしていたのであまり合わなかったなぁ

image

暇だから図書館を見たり

キャンプ場が町中にあるのですごく便利、こんな立地の良いキャンプ場なかなかないぞ

天候不良にて続いて逗留 9月7日

image

天候回復せず

しかし、一緒に居たチャリダーは午後の船で出ていった

勇気あるなぁ・・・と

夜には地質調査で来た北大生と遭遇、一杯やった

記録的な大雨らしい

礼文島へ渡る 9月8日

image

なんとか天候回復、出発するがすごい風・・・そしてまた雨が降り始める・・・

image

image

それでも根性を出して礼文島へ渡る・・・天候回復せず

昨日までキャンプ場に居たチャリダーとターミナルであったが北端まで行けず諦めたとのこと

image

image

しかし、諦めの悪い僕は強風で転倒しそうになりながらも気合で到着・・・疲れた・・・

スコトン岬は強風過ぎて自転車の乗ってられなくて歩いた、立ってるのもつらいレベル

image

image

こんな場所に家があるのかよ

image

立派な売店もある

image

なお日本の最北端はご存知、宗谷岬

最北端にある島は北方領土の択捉島になる

だからなのか、最北限という言葉が使われていた、上手い言い方だと思う

image

こんなところでも創価学会

image

一般家屋にしか見えない、パチンコ屋・・・

image

天気も悪いし、さっさと稚内に戻ります!

image

最北端の野宿地として有名らしい(利尻で教えてもらった)、稚内港北防波堤ドームにて就寝

稚内にてまた天候不良、逗留 9月9日

image

おは、本当は野宿禁止なのだけどたくさんのテント

まぁ、それいったら道の駅もなんだけどさ

image

image

稚内副港市場を散策して時間を潰す

image

image

これが稚内の資料館っぽくなってるので飽きないんだなこれが

VTR資料とか全部みちゃったぜ!

夜は肉が半額だったし、買いすぎちゃたなぁ

宗谷岬にたどり着く 9月10日

image

衣類を干してる、タイ人夫婦ツーリスト

天気は悪いのだけど予報を見てもしばらく荒れるようで、いつまでも逗留してられないので思い切って出る

image

駅前は祭りだった

image

雨で濡れて寒い・・・

宗谷岬といういと、ラブひな思い出すなぁ・・・

image

image

内部の流氷館

image

ロシアとの国境地帯だからかプーチンのマトリョーシカ人形・・・怖い

image

旧海軍稜とか散策して出発

image

バス待合室にはノートがあるので、来た人は一度覗くと良いと思う

道の駅さるふつまで走って就寝

聖地巡礼記:季節を抱きしめて@国立

やるドラ初期四作の舞台探訪記事を書くための半ばでっちあげ記事である

やるドラの舞台探訪について書かれている、喫茶四季様のサイトによると、季節を抱きしめてで作中で出てくる桜樹駅は国立駅がモデルであるとのこと

なお、だいぶ昔にプレイしているで、こんな記事を書いておきながら実はよく覚えていない

その記事内で(もう10年以上前だ)、中央線の高架化と国立駅の建て替えについて触れられていた

やるドラ紀行

容易には建て替えられないとのことだったが、今の国立駅は建て替えが行なわれてしまい当時の面影がなくなってしまっている

国立駅

とっても立派な駅

マンホールに以前の国立駅の面影が僅かに覗けるくらいかなぁ

聖地巡礼記:ホワイトブレス@鎌倉・横浜

2006年のクリスマス・・・俺は鎌倉に居た・・・

一人でホワイトブレスの舞台探訪を行っていたのである・・・

よくよく考えると、関東に出てきてから初めてした舞台探訪ってホワイトブレスとうたかたじゃないっすか・・・

なんか写真が出てきたのでブログに今更ながら適当にまとめておく・・・

鎌倉

携帯で撮った写真なんですが、なんだかチープなのが逆に味がありますねぇ

2006年となると、まだグーグルストリートビューもない時代なんだよなぁ・・・

変わってないですねぇ・・・このあたり

藤沢

暗くて見えないっすわぁ・・・

横浜赤レンガ倉庫

image

この写真だけ去年のもの、なんか思い出したので

[2016年秋版]改悪が続く海外旅行保険の現状と私が考えた保険プランについて書いてみる。アリアンツ社のグローブパートナーが良いかもしれない

しばらく海外旅行をしようと考えているので海外旅行保険について調べてみた

今のところは一年半ほどを目安に考えているけれど、ここから伸びるかもしれないし、減るかもしれない

そんな訳で、保険契約を結ぼうと調べたのだが、ネット上で聞いていた一昔の状況と大きく変わってきているようなのでまとめておく

改悪その1:5年から最長2年までしか海外旅行保険が契約できなくなった

数年前までは最長で五年まで保険契約が結べる保険会社があり、超長期の海外旅行者に使われていた

保険はシステムとして、長期契約しても帰国したらそれ以降は払わなくて良いし、払いすぎた分は日割り計算で返却してくれるのだそうな

旅行期間が長期化する可能性があれば、とりあえず長く結んでおくことが出来るので旅行者に優しいシステムだった

それが、とりあえず長期で結んでおくということができなくなってしまった

改悪その2:バラ掛けができなくなり、パッケージのみになった

保険をよく知らないひとでも、なんとなくわかるかと思うが保険といっても、どんな事故が起きたときに、いくら支払われるかというのがある

その内容を自分で調整して、要らない保険は減らし、必要な保険は厚くして、財布に相談しつつ自分に最適な保険を組み立てることが出来た

特に携行品損害保険(盗難時の保険)は厚くしたい人が多いようだし、それができなくなったのは残念

改悪その3:大幅な値上がり

保険会社各社が続々と値上がりしているようだ

三井住友海上とあいおいニッセイ同和は10月から長期滞在者を対象に保険料を値上げした。

保険対象期間が30日の場合、保険料はこれまでの1.8倍の3万円。

90日や1年の保険商品もそれぞれ値上げする一方、7日間の短期滞在者の場合、1割値下げし約5000円とした。

MS&AD、長期海外旅行保険を値上げ 円安や治療費高騰 – SankeiBiz(サンケイビズ)

短期旅行は値下げする一方で、長期旅行の保険はかなり値上がりしているようです

社会的弱者、マイノリティーは辛いぜ・・・

インターネット上で検索を掛けても値上がりについては多く引っ掛かる、今年から海外に出る、その界隈の人らの間では話題になっている模様

東京海上日動一択なのか?

各社値上げしている現状の中で良心的な価格設定を維持しているのが東京海上日動なようだ

旅行保険の比較サイトのいくつかで調べてみた

2016-11-27_10h31_00

留学保険・ワーホリ保険・海外旅行保険の比較サイトならi保険

そのうちのひとつで、一年間の契約、安い順にソートしたのが上の画像だ

このように安い保険パックプランは東京海上日動ばかりが出て来る

だから内容が悪いのか?というと東京海上日動の次に出てくる損保ジャパン日本興亜は192410円だが、保険内容を比べてもむしろ東京海上日動の方が良い

今年から出発する人らも、東京海上日動で契約しているようだし、国内の保険会社としてここ一択なのかな

ドイツの保険会社アリアンツ社のグローブパートナーが良いかもしれない

上記のように国内の保険会社は値上がりの傾向にあるようですが、国外の保険会社を利用するという手もあるようです

http://www.gotravelife.com/globepartner/

上記のサイト様で詳しく解説されています(参考にさせていただきました、ありがとうございます)

あまり聞き慣れない保険会社ですが、ヨーロッパの方では有名な保険会社なのだそうです

ざっと内容を簡単にまとめると・・・

メリット(利点)

安い

一年間で708ユーロ=約85000円です(2016年11月27日時点)

EU諸国のみなら更に安くなって540ユーロ=約65000円になります

クレジットカードの付帯保険も有効活用出来る

多くのクレジットカードには通常3ヶ月の海外旅行保険が備わっています

ですが、国内の海外旅行保険のプランですと出国日からの契約が条件付けられているため、あまり有効に活かせません

ですが、このグローブパートナーですと出国後からでもインターネット上で契約が可能とのことで、クレジットカードの付帯保険を有効活用できます

こんな保険があるなら、利用付帯のクレジットカードを作っておくべきだった・・・今更だけどね

長期間の契約が可能

一度に契約可能なのは一年のみにはなっています

ですが、出国後でもインターネット上で契約可能なので、再契約すれば実質的に期間延長することが可能です

・・・むしろマイナーな保険なのでサービス撤退しないかのほうが心配ですね・・・

保険内容もしっかりしている

http://www.acs-ami.com/jp/globe_guarantees-jp.php

詳しくはご自身で確認願いますが・・・

私が見たところ、保険内容を国内の保険会社のものと比べてみましたが、死亡時保険が安く、携行品損害保険がありません

しかし、そこ以外の保険は見劣りしない水準なようです

むしろ、国内だと適用されない歯科診療が適用されたり

この値段ながら、入院・手術費は100%保証(俗に言う無制限ってやつなのかな)になっているのは嬉しいですね

デメリットとその対策

もちろんデメリットも

短期契約が出来ない

日本からですと3ヶ月からの契約のみになります

しかしこれはクレジットカードの付帯保険で約三ヶ月間カバー出来るのであまり問題ないかな

携行品損害保険がない

この保険を重視する人が多いらしいね

しかし実際に保険を受けようとすると盗難時にはポリスレポートを貰わないといけないし、煩雑な手続きも必要になってきます

国内の保険だと携行品保険があるといっても、一番安いプランでも差額が約7万もするわりには、上限10万円までのカバーとなっています

それを考えると安いグローブパートナーを契約して、何か損害が起きたときはその差額でカバーする・・・という考え方も良いのではないかと

何も損害がなければ、差額分丸儲けですし

日本語通訳のサービスがない

国内の保険会社ですと通訳サービスがあるのだそうです(初めて知りました)

重大な事故にあったときはこのサービスがあると安心感がありますね

アリアンツ社のグローブパートナーにはこのサービスがない・・・と上記のサイト様でデメリットと紹介されていました

しかし、東京海上日動のページを見ると3ヶ月以上の保険契約者はこのサービスが適用されないようです

本サービスは、「3ヶ月までの保険期間」かつ「ご契約タイプ(セットプラン)」の海外旅行保険をご契約いただいたお客様にご提供しております。

トラベルプロテクト | 東京海上日動・海外旅行保険契約サービス

ですので、国内の保険会社を選ぶにしろ、海外の保険会社を選ぶにしろ3ヶ月以上、海外滞在する人にとってはデメリットにはならず、言語の壁は自分でなんとかしなければならないということになりますね

そして、グローブパートナーを検討する人は、クレジットカードの付帯保険ではまかないきれない3ヶ月以上の長期滞在社かと思います

高額でも日本の保険会社を選ぶ理由としては、日本人にあった保険サービスが教授することが出来ることのはずなのですが、それが受けられないのは残念ですね(東京海上日動以外の会社は更に高いので調べてないのでわからないけど)

言語の対策としては、その国の日本大使館に電話して日本語が使える病院がないか聞いてみる・・・のもいいかもしれませんね(試してないので教えてくれるかわかりませんが)

また、どうしても通訳が欲しいときには、価格は高いですが電話で英語通訳してくれるサービスがあるようです

http://www.tuyakuphone.jp/

http://www.tellingual.com/japanese/

日本語よりは英語が扱える病院は多いでしょうし、探したとき見つかりやすいのではないでしょうか

この費用は国内・国外どちらの保険会社でも自腹になるかと思いますので、その点でも保険代が元から安いグローブパートナーは魅力的です

自転車旅行にも適用されるとのことです

グローブパートナーでカバーされないスポーツとはどのようなものがありますか?

カバーされないスポーツには下記のものがあります: 登山、ボブスレー、空中競技、ジェットスキー、格闘技等の危険なスポーツ、その他どんなスポーツでも公式競技として参加する場合は、補償されません。

とあるのでスタッフに自転車旅行にも適用されるか電話して確認してみました

そうしたら、自転車旅行にも問題なく適応されるとのことです

多くの人にはどうでもいいでしょうが、一応書いておきます

僕はどう保険契約を結ぶか?

以上のようにデメリットも語られますが、グローブパートナーは長期旅行者にとって十分、検討に値する保険サービスかと思います

僕は、まず当初の3ヶ月はクレジットカードの付帯保険で済ませて(付帯保険のクレジットカードを作っておけばよかった)

その後はグローブパートナーに契約を切り替えてようと思います

欧州に行くときは保険が安くなるので、うまく調整して再契約を結ぼうかと思います

シェンゲン協定加盟国は90日、イギリスなど非加盟国もあるので調整すれば上手く安く抑えられるんじゃないかな、と考えています

http://www.acs-ami.com/jp/globe-jp.php

聖地巡礼記:こちら葛飾区亀有公園前派出所@亀有 連載終了後の亀有を散策してみる

関東の舞台探訪地として普段アニメを見ないような層にも広く知られているものといったら、クレヨンしんちゃんの春日部、サザエさんの桜新町、そしてこちら葛飾区亀有公園前派出所の亀有じゃないでしょうか

いずれも、作品の舞台であることが地域から強く宣伝され、テレビでも度々紹介されていますね

特にサザエさんと、こち亀は年月の長さから世代を越えて愛されている作品でしょう

そんなこち亀なんですが、とうとう連載終了しちゃいましたね・・・

僕はあの漫画って、私が死ぬまでもスタッフが引き継いだりして連載してるんじゃないかと思ってたんで、最後までドッキリなんじゃないかと半信半疑でした

最後読んでないんですけどどんな終わり方したんだろうか・・・

というわけで、連載終了後の亀有がどうなってるか気になったので散策してきました

亀有

DSCF0562

駅前は変わらず両さんがお出迎え

DSCF0563

ウルトラの父もいるぞ・・・育毛剤って・・・

DSCF0565

モデルになったという派出所です、駅前にあります

モデルになった公園とはまた別なところにあるんですよね

DSCF0567

駅前の両さん像

DSCF0569

こち亀パッケージの人形焼のお土産

こち亀パッケージのおみやげはもんじゃとか、昔からあったよなぁ~

DSCF0570

駅構内の柱には両さんの銅像マップが貼られています

DSCF0571

マップを配られていましたが、なんと中国語です!

実際、銅像を回って歩いているとアジア系の外国人が多かったです

日本語マップは見当たらなかったのですが、全部持ってかれちゃったのかな

こち亀って時事ネタとか、ローカルな話題も多いイメージがあるんですが、外国人にどういったところが受けてるのか聞いてみたいなぁ

DSCF0572

連載40周年の記念して作られた両津・中川・麗子像、カラーです

建立が最終回掲載の少し前なので、それに合わせてつくったのでしょうか・・・?

DSCF0575

DSCF0577

DSCF0579

DSCF0580

と、ここで商店街を見たところ

「秋本治先生連載40年間お疲れ様でした!地元亀有は、これからも「こち亀」を応援していきます!」

の文字が・・・地元民に愛される作品・・・いいですねぇ・・・

DSCF0584

DSCF0582

他にもあちこちに、こち亀を見かけることが出来ます

DSCF6430

DSCF6432

そして作中じゃあ派出所があることになっている亀有公園

実際には派出所はなく、公園で子どもたちが遊んでるだけののどかな普通の公園ですね~

DSCF6431

DSCF6434

公園内に両さんの銅像はありますが

DSCF6433

公園の看板も両さん仕様

これからも、亀有はまだまだ長くこち亀で盛り上がっていきそうですね