釜山~ソウル@韓国冬季自転車ツーリング旅行記

韓国の釜山~ソウル間の走行記録

2017/1/3

image

出発

玄関まで宿のスタッフが見送りに来てくれて親切

image

まずは釜山を抜けなければなるまい

image

その前に噂の日本領事館前の慰安婦像を見学

このあたり警察がたくさんいて怖いです

釜山に着た当日夜にこのあたりで集会やっててなんだろ~と思ってたけど、反日集会だったのだろうか・・・

領事館前には、それとわかる表札がない

image

ボロボロの車のメルセデス・ベンツ・・・本物?

image

韓国の河川敷はだいたい、このように公園のようになっていて市民の憩いの場になってます

image

釜山都心から抜けるのに手間取ったが、暫く走ると田舎に

image

ガソリンの料金は1448ウォン(約144円)と日本(160円くらい)とそんなに変わらない

image

スーパーに行くと白米だけでなく、いろんな種類のお米が売っていてびっくりする

image

ディッピンドッツ・アイスクリームもスーパーで売っていた

これ好きなんだよ~、日本のスーパーでは見たことがないので羨ましい

image

飲食店のなかを覗くと解体前の豚がごろり・・・

image

夜は泥鰌鍋をいただく

日本では珍しい食材

南倉駅付近にて宿泊

2017/1/4

おはよう

image

橋の下で野宿

同じく、橋下に路駐?してたバスがテント撤収してたら動き出したんだけどすごい排ガスの図

日本の排ガス規制はすごい

image

朝はパン

韓国のパン食文化は日本と違っていて、あまりスーパーに種類がない

あっても菓子パンくらいか

コンビニとか下手すると売ってないこともあるくらい

しかしパン屋さんや、市場に行くと手作りのものがいろんな種類はあるので、工場製品ではなく、そういうのを買う文化っぽい

値段は幅があるが、日本より安いものもある、帰る場所は限られのだが少し羨ましい

蔚山

image

ウルサンを抜ける

大きなビルが立ち並び、韓国も発展してるなぁと実感する

image

昼食はトッポギとおでん

各2000ウォン(200円)と500ウォン(50円)と地元相場なのか観光地より安い

image

蔚山の空港脇の土手(サイクリングロード)を走るが掘っ立て小屋みたいなのが立ち並び、農業をしている

image

かっこいい豚の像を発見

韓国は豚食文化が強いと感じる

なんか陵辱物のエロ漫画とかで出てきそうだわコイツ

仏国寺

image

日没前には世界遺産、仏国寺に到着したので観光

韓国は町中で寺を見かけない、どうも山中にある文化らしい

漢字が平気されているのはなんでなんだろうか

image

image

5000ウォンといい値段がする

imageimageimageimageimageimageimageimageimage賽の河原的な?

image

日本よりは中国文化の影響を感じるものも、そんなに違いもなく、この規模の寺なら日本ならあちこちにありそうだし、ちょっとがっかりかなぁ・・・

記念として瓦にいろいろとかけるらしい

絵馬みたいなものだろうか

日本語もあった

image日が暮れる・・・

image

image

晩御飯はカルグクスで5000ウォン

2017/1/5

天気が悪い、別に急がなくてもよいかと逗留を決意

一日、テントで過ごしていたが飽きたので岩窟庵に夕方行く

image

すげぇ坂に風

1500ウォン?くらいしたが、これを自転車でのぼるくらいなら払いますよハイ

image

ここも世界遺産

入場料は5000ウォン

image

天気も悪いし、他に誰も居ねぇ・・・

世界遺産を独り占めだぜ!・・・虚しい

image

image

image

image

この店の店主がいきなり日本人かい?と話しかけてきてびびった

下手な日本語ガイドより上手だったぞ

しばらく日本と韓国のお国柄についてお話した

image

image

image

強風で寒い中、最終バスにて期間

晩御飯はチヂミ、海鮮的な具材が入ってる

image

粉ものだし安いのかとおもったら10000ウォンもしてビビったわ

どうも、韓国ではチヂミって相対的にそう安いものでもないっぽい

2017/1/6

晴れたので出発

image

朝、ウォーキングにきたっぽいおばさんが驚いてたわ

この辺り、日本と変わらんなあ

image

韓国ではこの手のコーヒー自販機が多い、というかコーヒーショップとか多い

値段も300ウォン~500ウォンと安い

しかし、量も味も値段なりかな

これなら日本のセブンイレブンのコーヒーのほうが良いかなぁ…

慶州市街

image

山を下って慶州の国立博物館へ・・・

とても広く、展示物が充実しているのに驚くことに無料である

韓国ではたびたび無料の博物館がある

それは歴史的なもの扱ったものが多いようだ

この国はナショナリズムの風潮がある

image

image

あと日本と違ってほとんどの場所で写真OKなだよね

image

この慶州はゴールデンシティとして売り出しているのだが、ここを首都としてた新羅が黄金をよく使っていたかららしい

image

その後も慶州を適当に観光

image

古墳群に関しては世界的にも有数らしい

image

天満塚に入ってみる

image

名前の由来の衣

天馬が書かれているらしいが、かなり色合いが薄い

image

慶州名物のしっぽのない犬、かわいい

image

伝統的な古い橋を再建中

宮南蚊川之上起月浄春陽二橋というらしく、韓国ではこういった伝統的なものを再建するというのが多いようだ

image

今日も日が暮れる・・・

河川敷からの見晴らしはよく美しい

夜はとても冷え込んだ

駅にてしばらく時間を潰してから野宿した

2017/1/7

おはよう

image

朝起きたらシュラフが凍ってますした

というか世界が凍ってました

image

-4度だし、そらぁ凍りますよね~

寒いわけだわ・・・

image

すごい霧で先がよく見えない

 

image

うまい具合に調和したマクドナルド

image

コーヒーショップ

良洞村

世界遺産巡りである、良洞村へ・・・

image

白川郷を思いだす景観だ・・・

朝早かったので人もおらずとても落ち着いてみれた

image

image

まるで別世界のよう

image

image

image

観光地らしい嫌らしさというのがなく、とても自然体な印象を受ける

これも実際に人が住み、変な小奇麗じゃあないからだろうか

さて、観光したら西へ進みます

しばらく行くと橋が見えてくる

地図をみて予想していて、慶州~大邸の山場かなと思ってたが大した坂でなかったでござる

image

image

橋の上からの眺め

image

韓国陸軍学校

image

ヘリとか迫撃砲とか

夜はemartで時間を潰す

image

シャアザクがこんなところにも

韓国でもガンダム人気あるの?

image

家電売場では君の名はのPVを延々と流していた

韓国で東京新宿の風景を見るってなんか変な感じだなぁ

image

晩御飯はタイムセールになっていたパン

2017/1/8

おはよう

image

今日は大邸を抜ける

大邸

市街地なのに5車線とか韓国の道路は広いよなぁ

image

名前なんか全然知らない場所で、観光客なんか来るの?と思おうけど観光案内所はあって日本語も書かれてた

image

閉まってたけどね

image

たまたま見つけた地元の市場へ

image

隣の人が食ってたのを見て美味しそうだったので、これくれ!!これ!!と言って注文

あとから知ったが、すいとんらしい

5000ウォンなり、おいしかったです

image

東大邸駅

image

立派だなぁ

image

けど、駅前には露天商?出店?が居るのが韓国だよなぁ

お次は大邸で一番大きいらしい西門市場へ

image

どう料理すればいいのかわからないものがたくさん並べられている

右に吊るされているのは雉・・・?

人で大賑わい

image

なんでも2016年に火事があったそうなのだが、

閉鎖するわけでもなく、修理するわけでもなくそのまんま営業していた

さすがっすわ韓国

image

昔の駄菓子屋みたいに、韓国の市場ではよくお菓子の量り売りをしている

どうも、勝手に試食をしていいようで勝手に食べて行っちゃう人らが居た、太っ腹だなぁ・・・

image

餃子かな?と思って食べたら、中に入ってるのは白滝で、思っていた味と違ってびっくり

2017/1/9

おはよう

image

亀尾に見つけて走っていたら、面白いものを見かけた

image

 

image

この洛東江は激戦地だったらしく、それの記念館らしい、入場無料

ウィキペディアによると、朝鮮戦争時に北朝鮮が到達した最南端だそうだ

洛東江 – Wikipedia

image

立派なジオラマが置かれている

image

高台から洛東江を望む

ここで激戦が繰り広げられたのかと、こののどかな風景からは想像が出来ないな

亀尾

亀尾に到着

走っても走っても、工場地帯ばかり出て来る

川の左右の多くがそうなっているらしく、地図でみるとこのあたりが中心部なように思えたのだが生活臭さなくて、なんだか不思議な街に見えた

image

LGの工場もここにあるみたい

金泉駅

夜は金泉駅に野宿

image

反政府集会の様子

夜、駅前で集会がやっていた

image

パククネとかセウォルとか聞こえてきたので、昨今の大統領批判の集会だろうか

image

で、この集会踊ったり歌ったりすんごい楽しそうなの

子どもたちも走り回って遊んでるし・・・

image

お菓子とかコーヒーとかも無料で配ってるし・・・

お祭りかなにかと勘違いしてるだろこいつら

しかも次の日の夜もやっていた、平日なんだけど、19時ころになると人が続々と集まってくる

142という数字がかかれていて、なんだろうかと持っていたが、次の日にみたら143に増えていたので回数なんだろうか

つまり5ヶ月近くやってるのか・・・?

絶対、楽しんでるだろう・・・

最後のあたりでは、千の風になってをハングルで歌って締めていてびっくりした

日本の歌なんだけど、別にOKなのね・・・

どうも、調べたら韓国フェリー転覆事故の追悼行事ではこの曲を流すのが定番なんだとか・・・

千の風になって – Wikipedia

2017/1/10

ソウルに到着する前に今後の行動を決めておきたかったので、なんとなく逗留

近くの市場を散策するとアジアンテイストが感じられてクーロンズゲートっぽくて良い

image

image

でしょ

image

昼はすいとん

魚までついてきてるのに、これで5000ウォンとかコスパ良いなぁ・・・

ところで、昨日の夜は駅内で眠れたのに追い出された

どうも今日は旧正月の時期のKTXのチケット販売日だったようで、昨日は他に何人か同じく泊まってる人がいたのだが、今晩は誰もおらず特別だったらしい

夜は警察に職質されたが、自転車で旅行してる、テント張って泊まってると写真を見せながら必死に説明したら、最後は頑張ってと見送ってくれた

2017/1/11

出発

image

車もめったに走らない、田舎道を走る

image

とても長閑にまったりと走れてよかった

image

しかし、道路脇をみると朝鮮戦争の慰霊碑らしきものがあったりするのが、あの戦争の悲惨さを感じさせる

大田

image

夜には大田まで着き、河川敷にて寝る

image

夜には、せっかくだからとなんとなくロッテリアに・・・

なんだか味付けが日本とは違うような

ポテトの味が薄い、こっちはケチャップにつけて食べるのね

2017/1/12

なんだかどんどん寒くなっていってまいる

まぁ北上してるから当然なんだけども、時期的にもこの頃が一番寒いらしい

世宗特別市

image

そんなわけで、雪だよ!雪!!

うわぁ・・・走る気なくすわぁ・・・

image

道中では非常に大きな建物群見える

この世宗特別市は、かつて盧武鉉大統領がソウルの政治機能を移転させようとして開発した都市なのだそうな

ソウルは38度線から近いので防衛上問題がある、実際に過去、朝鮮戦争時は速攻で占領されているし、北朝鮮側の特殊部隊がソウル市内にまで潜入・破壊工作をしたこともあるようで理にかなっているように思える

そのとき政府機能を移転させるために政府世宗庁舎とかいう物をつくったらしいのだが、調べてみたらそれがどうもそれがこの建物だったらしい

いやぁ、思い出してみてもすごいデカかったよなぁ・・・しかもあれ全部繋がってるようだし

・・・しかし、なんとも韓国らしい気がするがここまでやって反対により頓挫したらしいけど

後にあった韓国人が盧武鉉は良い大統領だったと言っていた、韓国で評価が高い大統領だったのだろうか

結局、雪は間もなく止み、天安市に到着

にしても、どんどん寒くなって辛い

2017/1/13

天安市

おはよう

image

天安にある独立記念館を観光

image

入り口付近にあるすごい立派なお堂

名前の通り日本との関連性が高い施設である

そのため、日本語での解説が充実している

ただ、ソウル市内から少し離れているし、日本人感情的には気持ちの良いところでもないしなぁ・・・

ここに訪れる日本人ってどのくらいいるのだろうか

image

入り口では天安市名物のくるみ饅頭が売ってる、あつあつで美味しい

お約束の竹島とかimage

慰安婦強制連行のジオラマとか

image

慰安所の再現風景も

image

まぁ、このあたりの韓国の歴史感について思ったことは、また別な記事として書いてみたい、時間があったらだけども

結局、丸一日かけて観光したためこの日も天安市に逗留

image

夜はトッポギとスンデ・豚肉の盛り合わせ

山盛りなのにこれで5000ウォン、観光客があまり地方の屋台は安い気がする

2017/1/14

おはよう

image

なんか知らんが駅前でコーヒーを無料で配ってたので貰う

image

朝鮮戦争時の国連を称える施設があったので寄り道、無料である

image

なんでも、このあたりで激戦があったようで、それにちなんで建てられたっぽい

image

係員の人が一人ガイドとして付いてくれて案内してくれた

日本語が話せるわけでないのだが、必死に説明してくれていた

水原市

image

寄り道したダイソーでうまい棒が売っていた

5本で約150円か・・・

夜は水原市にて野宿

2017/1/15

夜中、すんごい音が聞こえて、何?銃声!?怖いなぁ・・・とか思いつつシュラフ車って寝てたんだが向かいの道路で車が事故って大破炎上していたらしい・・・

image

信号機とかが溶けていた・・・

image

image

こっちに突っ込んでこなくて良かった・・・

運転手の人は無事だったんだろうか・・・

image

さて、世界遺産である水源華城へ

image

高台からは水原市の町並みを眺められる

image

そんな高台にあるここから、戦争時は指揮を執る予定だったのだそうだ

なんとも心躍る

水源華城を見学した後はソウルへと向かう

image

橋を渡って・・・

image

ソウル駅に到着

以上、終わり!

日数:13日間
走行距離:650kmくらい?

キムズ ハウス イン プサン 2@釜山宿泊記録

ドミトリー部屋の様子

image

洗濯後は室内にて自分で干す

冬だったが日当たり良好のためよく乾く

image

今の様子、パソコンあり

image

キッチンルーム

image

無料のコーヒーがある、韓国人はコーヒー好きらしい

パントースター、ガスコンロがあり

よく管理されている印象

image

ドライヤーとか、俺はいらないけど

image

ランドリー使用可能だが、時間が11時~15時と時間が厳しい

洗濯のために半日時間を潰すことになる

image

風呂場はトイレ共用

浴槽はあるが栓がなく使えない

image

驚いたのが洗面器を使うと排水口につながってなく下から垂れ流しになって、床の排水溝へと流れていく

水元がシャワーと共同という魔改造されてい

シャンプー類はあり

image

浴室に貼られていたステッカー、謎

詳細情報

宿泊期間:3泊4日

宿泊費:1000円くらい

使用可能言語:韓国語・英語

wifi:良

洗濯:無料にて使用可能、洗剤も貸してくれるが11時からと時間が悪い

食事:近所に小さいスーパーあり、食事処もあるがハングルばかり

予約サイト:agoda

備考:調べた中ではagodaが一番安かった

スタッフ24時間常駐とのことだったが、22時頃になると居なくなる

朝は9時~10時ころに来てる様子

トラブルがあったときちょっと不便

自転車は外に置いてくれと言われたけど、怖いので階段ホールに強引においた

釜山の電気街を適当に散策してみる~

ハッピーニューイヤー!

・・・なのだけど、新年気分というものがまったくない

初詣というのが新年を実感するに大事な行事だったんだなと思いました

あれって神道由来ですからね、たぶん

さて、新年開けましたが、釜山の電気街を散策してきました

釜山・プサン電脳街

こちらの情報を作成してくれた方に感謝

ただ、情報がだいぶ古いものしかないのでメモしておきます

ソミョン電子ランド

image

ガンプラなど置いてある?とかいう情報でしたが、現在はなくなってしまった模様

image

景気が悪いのか、どうも以前よりビル内のフロアを縮小している様子

電気店のエリアは4階?だが3階まででした

西面地下商街

雑多なものが売ってますが、一部、ゲームショップあり

image

店員を見たら赤ちゃんの世話をしながらお客と話をしていて、なだかアジアだなぁと思いました

image

image

他にも何店舗かあります

image

プレステ2はともかく、プレステとかドリキャスとか古いものがワゴンセールに・・・

伽倻コンピューター電子商街

image

ラジオデパートみたいな雑多なエリア

元旦だからなのかimage?

営業している店が

少なかったです

image

image

こんな風にジャンクっぽいものが店先に積んであって雰囲気が出ます

サムスンテナントショップ

image

韓国のあちこちにあります

さすが、財閥

伽倻コンピューター電子商街に向かう道中にて発券

LGテナントショップ

image

こちらも韓国のあちこちにある

伽倻コンピューター電子商街のすぐ向かい

内部の様子はこんな感じ

image

image

LGのショップだけあって、ほとんどがLG製

サムスン製以外の家電もありますが、それも超定番メーカーをそれのみ置いてある印象

そうして、元旦が過ぎていく~

日時:2017/1/1
総走行距離:

韓国のオタクショップなのか?総合家電量販店なのか?ELECTRD MARTをに行ってきた

昼間は海東龍宮寺を観光した後に、帰りに新世界百貨店センタムシティに寄り道する

image

なんでもギネスブックに掲載された「世界最大の百貨店」とのことだ

ホントかよ~、胡散臭いな~百貨店ってところが味噌なの?と思ってショッピングモールの大きさ調べたが、たしかに立派な大きさ

世界最大のショッピングモール一覧 – Wikipedia

293905平方キロメートルなので、日本ではこれより大きいショッピングエリアはないことになる

渡り廊下もあって、建物が繋がっている

自転車で走って、韓国は日本より土地の余裕があるように感じたし、本当なんだろう

image

内部にはスケート場なんかもあったりして、たしかに立派なのは間違いない

image

巣鴨・古奈屋のうどん?

知らないなぁ・・・

image

上を見ると吸い込まれそう

image

本屋を覗く

image

韓国での映画放映前なのに君の名はの本が売ってあった

目の前で持っていく人がいた

image

漫画も店舗入口で売られていて良いポジション、朝鮮語版が多いが

image

日本語版も売っている

 

image

ラノベのエリア

image

SAO(ソードアート・オンライン)はこっちでも人気なのかしら

image

キックスターターのアイディア商品を売ってるコーナーもあった

これは羨ましいな

image

ガチャガチャもたくさんある

韓国オリジナル商品というのはなく、日本のものを逆輸入している印象

町中にもガチャガチャ専門店のようなものを見つけたことがある

こちらの国は100円に相当する硬貨がなく、一番高いのが500ウォン(約50円)

そのため入れる硬貨が多くて大変そう

image

そんな店の一角にはELECTRD MARTとかいう店が

韓国のディスカウントショップemart系列のチェーン店っぽい?

あちこちにある模様

image

アメコミ風のヒーローをマスコットキャラクターに据えているのだが、ちびっこに大人気

image

こんな感じにズラッとフィギュが置いてある

アイアンマンとか、ハリーポッター、ロボコップとかのリアル系なものが多いけども

image

ゲッターとか、マジンガーZとか、右のわからん、テコンVではないよな?

image

TIGER & BUNNYもあったりする

image

かなり大きなフィギュアも置いてあって、力が入ってる

image

と思えば、飲み物も売ってるし節操が無いなぁ

image

ラジコン体験コーナー

image

ストツーとか、ギャラガとか懐かしゲームも置いてある

たしか一プレイ500ウォン(50円ほど)

image

ゲームのラインナップを見ると、閃乱カグラや会います、デッドオアアライブ(表紙が水着)、スパロボとかあって日本製ゲームがわりかし強いイメージ

他、家電とか、パソコンとか、スマホに、カメラとかも扱っている

というわけで、こういうラインナップを見ると日本のソフマップに近いのだろうか

家電量販店も売るものが多角化しているからなぁ・・・

ただ、強烈なマスコットキャラクターで売ってるし、場所も百貨店の中にあるし、客層とか、なんだかおしゃれで、印象としては雑貨屋のヴィレッジヴァンガードのようなものを受けるかな

こうして今年の年末は過ぎていくだなこれが

新年らしいものが全くないなぁ・・・旧暦圏だからね・・・

日時:2016/12/31
総走行距離:

高台からの景観が美しい甘川洞文化村を観光

野宿してたら朝六時くらいに隣の人が起こされてたので、僕も何か言われる前に起きました

喋ると韓国人じゃないとバレるので!

image

釜山駅ですよ~出発ですよ~

チャガルチ市場、BIFFのあたりを観光してから甘川洞文化村へ

この時期の釜山の日の出は遅いです

7時になっても外が暗くてびっくり、しかし人々の生活は早いもので市場は8時ころにはもう大賑わいでびっくりしました

貰った観光地図を見ながら甘川洞文化村に向かったのですがこいつがいい加減でして、迷ってしまいました

勇気を出してそこら辺の韓国人のおばちゃん見つけて場所を訪ねたものの、どこか行っちゃってやっぱり居本人には厳しいのかしらと思ったら、旦那さんを読んできて言葉が通じない者の丁寧に押してくれました

何だよ!すごい優しいんじゃん!韓国人!

しかもなぜか、ボールペンくれたし、謎である

image

しかし、道中、なかなかエグい坂が・・・

こりゃ無理だわと、途中から徒歩にて移動

坂がきついだけではなく、交通量も多い、歩いて世界だった思ってます

image

ちょっとしたハイキングコースらしいし、ハルヒ坂の方が楽かもしれないルート

なんとか到着

image

なんか法王さまが見てらっしゃる

たしか、暗黒面に落ちた方の

image

そして、着いた甘川洞文化村は綺麗だった

image

image

image

image

観光パンフレットで説明されていた芸術的な美しさ・・・ではないと思います

うまく説明出来ないのですが、ごちゃごちゃした雑多な人の生活さんと自然がうまく調和された美があります

一応、芸術の街ということで変なものは色々とあるけど

image

image

image

image

image

ここの有名名所らしい星の王子様はすんごい行列

image

ジャパニメーションは人気ですね

ドラえもんにクレヨンしんちゃん、アトムにワンピース、キティちゃんも日本さん

ディズニーやアメコミと良い勝負してますね

image

ただ、苦労してきた割にはあまり広いスペースでもなく、私的には買い物するものないなぁ・・・となんだか物足りなさは感じました

お昼はピザ

image

せっかく韓国来たのにピザ、けどうまかった

image

なるほどラーメンってなんだよ!

・・・とりあえず・・・

異議あり!

image

帰りは自転車の乗りながら蹴って、なんとかギリギリ勧めるトンネル内の歩道を通ります

ガードレールなしです、向かいから人が来ても終わりです

なんちゅー道路状況じゃ・・・

と、なれない環境に打ちのめされながら、宿に向かいます、しばらく釜山に滞在です

日時:2016/12/30
総走行距離:

博多~釜山 ニューかめりあ乗船メモ@2016年冬季韓国自転車ツーリング記

というわけで新章が始まるぞ・・・

まぁ、これ書いてる時点で既にソウルに着いてるんだけどね

福岡・博多から韓国・釜山とを結ぶカメリアライン、ニューかめりあの乗船記録

船は12:30出発だが11:30頃に出発

国際線だと言うのに、相変わらず俺には余裕がない男である

チケットは通常料金は9000円なのだが、何故か公共交通機関、フェリーの公式サイトだというのに僕のChromeでアクセスすると有害なサイトとしてブロックされるホームページでキャンペーンをしていて運良く3500円にて購入することができたのである

そのため、東京~福岡間を無理な日程で走ることになり、結局、大阪~新門司港はフェリーを使ったので、あれ?結局高くついてない?考えたら負けだ

入り口近くに着くと、周り乗客らから聞こえてくるはハングルばかりで国際線だというの意識させられる

乗客はほとんど韓国人だったように見えた、博多から釜山に渡るには時間的・料金的に悪くない航路かと思うのだけど、昨今のあれこれから韓国は人気がないということなのかしら

image

まずはニューかめりあの窓口へ向かいチケットを発券してもらう

なお、他にも高速船のビートルが同じく福岡~釜山にて運行している

image

お約束の入国申告書(感じが怪しいのもお約束?)と旅行者携帯申告書も渡される

また、写ってないが自転車は輪っかを渡されてそれを付けるよう指示される

まぁ、僕はすぐに落としてなくしたけどな!まぁ問題なかったぞ

帰国のチケットは用意せず、片道だけでの入国だったがこちらも何も言われなかった

image

SBJ銀行がでっかく看板があるのがお土地柄

ここで韓国ウォンに両替できるが、現地についてからATMでキャッシングしても全然問題なかったな

ATMは西日本シティ銀行だけ、手数料等を嫌う人は事前に預けておくように

博多港国際ターミナル中央ふ頭からは最寄りのコンビニ、郵便局は少し離れているので注意←預け忘れて自転車で走ってきた人

ただし、港湾使用料とかいうのを出国手続き直前に払わせやがったりするので、少額残しておくように

image

自転車の積み込みは一般乗船時にそのまま持って乗る

そして船内に入ったら紐だけ渡され自分で牽引させられる

日本だと、必ず船員がやってたのにさすがだわ、これが海外か・・・

X線検査は出国時はなく、入国時だけ行なわれる

荷物を全部降ろされて非常に面倒くさい、自転車本体は通されなかった(たぶん、テンパってたから、よく覚えてないけど)

MSRウィスパーライトインターナショナルのガソリンは電話で確認したところ、破棄するように言われたが入国時にチェックされないので別に大丈夫だったような?

入国時に検査はされるけど、既に下船したあとだしさぁ・・・

まぁ、検査時に怒られるかもしれないので、そこら辺は自己責任で

そして、乗船時は2階から出国手続きをすることになるのだが、ここでもトラブル

自転車をね、2階に持っていけないの

エレベーターはあるけど、自転車がでかくて入らないんだよ!時間がなかったから焦ったね!

そこら辺の港湾スタッフ掴まえて、自転車がエレベーターに乗らないですけどどうしましょ?と相談して、いやそんなはずないでしょ?とか言われたけど、僕の自転車よく見てくださいよ!とか言ったら、しばらく黙り込んで、業務用のエレベーターがあるから、それを載せられはずだとか

その後、行き先にだけ指示されて、勝手にスタッフオンリーのとこ入ってたら、警備員らしい人がいて事情をもう一度話して、業務用エレベーターに乗せてもらうことに

その業務用エレベーターも普段使ってないようで、半分、物置状態になっていて通るのが大変でした・・・主に警備員の人が、ありがとねおじさん!

まぁ、そんないざこざあったとさ

さて、船内の様子

新年間際なので、お正月を意識させる内装になっていました

image

image

カラオケとか、展望風呂とか意外と豪華だけど、夜行船でもないしなぁ・・・

image

船内で使えるのは日本円

ビールがちょっと安い気がするけどこれは韓国の税率になってるんでしょうか?

image

韓国との航路なのだけど、ジャパニーズフードばっかり

image

image

さらば、日本よまた会う日まで

image

出国時には中国の豪華客船見れました

露天に巨大テレビが着いてたりしてすごいっすね、一度乗ってみたいなぁ

image

船内に置いてあったパンフレット

image

簡単な韓国語の案内が書かれていて、これが意外に役に立ちましたよ!

日没近くには釜山に到着

改めて韓国は距離的に、近い国だなぁと実感させられます

そして、船上からの町並みがこれは綺麗なんですよ

image

image

image

さて、面倒くさい入国手続を終えて釜山の国際線フェリーターミナルにて

image

なんかイングラムがいるー

image

コンビニに入ってみたら君の名は

image

旅行案内所もあったが閉まってた・・・

通信会社の一角があって、韓国の旅行者用プリペイドSIM、EGGSIMも買えるのかしらと思ったがレンタルwifiのみとのこと、なんじゃそりゃ

行き成り右側通行になって初めての異国をおっかなびっくりに走って、迷いながらもとりあえず釜山駅へ

image

image

浮浪者なのか旅行者なのかわかりませんが、あちこちで寝てる人が居ました

なので、僕も韓国人のふりをしつつ、この中に混ざって野宿しました

着いて外出て、韓国寒いなぁ・・・とか思ってたんですが翌日のニュースを見ると-3度だったとのこと・・・

そりゃあ寒いわけだわ、いや、僕の装備は0度位までしか想定してないですけど?

どうなる、冬季韓国自転車ツーリング

まぁ、もうソウルに着いてるんだけど

日時:2016/12/29
総走行距離:

宿泊レポ:福岡・博多・ゲストハウスホコロビ一泊二日滞在

適当に博多観光をしてから、宿をとっていたゲストハウスホコロビに向かう

福岡にここ数年で二階来てるがなにげに泊まるのは初めてだったりする

いつも明るいうちに来て、昼間散策して夜は移動するみたいな日程だったから

そして、自転車旅行を初めてちゃんと有料の宿を利用するのは初めてだったりするなぁ

image

さて、ここがゲストハウスホコロビ前

なんだか、マンションみたいな外観であるが、実際、マンションを改装して再利用しているような内装だった

泊まったドミトリーはこんな内装

image

僕は上段に泊まった

同室は韓国人の方らだったけど、ちょっと煩かったかな

かなり厚着していて、冬山にでも行くのかよと思ったが、次の日に理解することに・・・

部屋内にトイレとシャワーがあり共用、なお両方共、一階部分にもある

一階部分はシャワーだけでなくお風呂も使えた!

image

泊まるときはチェックイン時にシーツを手渡されてそれを自分でセッティングする

チェックアウトするときも自分で外して、外のシーツ入れに入れてから出ていく

一階部分にはスタッフが常時滞在してくれている

スタッフの方らはとても親切で丁寧で印象が良かった

今回、自転車旅行を開始してから初めて宿泊した理由は通販の荷物を受け取りたかったから

宿泊する前に、それを訪ねたが快く引き受けてくれたし、引き渡しの際もまったく嫌な顔もされず好印象

場所柄、旅行に詳しい方らだったので、話していても楽しいスタッフだった

一階部分に調理スペースあり

先住の方らが置いて行ったフリーの調味料等が結構あった

博多最安値クラスの宿ながら、洗濯機も無料で使えるよう設置されていて好印象

博多中心部からやや離れているのが自転車乗り的にはネックだが、駅は割合近かった

駅の近くにはスーパーもあり、節約できそう

長期宿泊にも向いていると思う、機会があればまた利用したい良い宿だった

日時:2016/12/28
総走行距離:

自転車旅行記:小倉から福岡到着

天気はパッとしないが、いつまでもここに滞在しているわけにもいかず出発

image

雨が降ったり、止んだりと嫌な感じ

image

レトロな駅舎を発見

image

海老津の天然水

取水しようとしたが有料だったため、諦めた

image

ほんだらけ、青森に居た頃はよく行ったなぁ・・・

九州にもあるのか・・・というか、まだあったのか・・・

image

だんだん晴れてきたなぁ・・・と思う天気だが、この後すぐに雹が降るというミラクル

ヘルメットしていてよかった

博多近郊まで結構来たはずだが、意外と田んぼが多い

image

そして、到着

夜は住宅展示場の軒下をお借りして野宿

日時:2016/12/27
総走行距離:

自転車旅行記:悪天候のため小倉で野宿

雨である、天気が悪い、そんなときは休み日だ

image

ふらふら彷徨いていたら、高台にある人気のない都合の良い貢献を見つけた

テントを張ってゆっくりと過ごすことにする

幸いにしてスマートフォン及び予備バッテリーの残量はしっかりとある

とりあえず、ここら辺さえあれば僕は退屈しないんだなこれが、よい時代である

日時:2017/12/26
総走行距離:

世にも奇妙なTOTOミュージアム探訪記~小倉に行ってきました~

自転車旅行記なのに、あまり自転車っぽさがないな!

まぁそれはそうと、誰でも知ってるトイレのTOTOの博物館

TOTOミュージアムに行ってきました

この、TOTOという名称、なんと東洋陶器の略称なんだそうです・・・知らなかった・・・

image[2]

外は病的なほどまでに白くて清潔感を意識させる建物

入館して早速向かうのはトイレ!ですよね!

image[5]

なんかお皿が飾ってあるぞ・・・ここのトイレ・・・

image[8]

さすがというかお洒落でこだわりが感じます

image[11]

ここも病的なほど白い・・・

けど、TOTO製品の最新商品なんだろうなって思う、見慣れないトイレ機器が備わってます

image[14]

内観はこんな感じよ

image[17]

TOTOのトイレへかける意気込みが書かれてます

image[20]

さすがというか、おみやげコーナーにはトイレットペーパーが・・・

トイレのミニチュアもあって草

image[23]

トイレのペーパークラフトとかあるぞ!すごいな!

image[26]

image[29]

TOTOの過去商品と歴史について、説明されてます

image[32]

トイレとバイクが一体型に・・・なんだこれは!?

便利だな・・・ってそんなわけあるか~い

image[35]

image[38]

image[41]

image[44]

その先にはトイレとか

image[47]

水回りとか

image[50]

海外とかの非常にマニアックな展示がされてます

image[53]

非常に見ごたえがあるのに、なんと入館無料

一度、立ち寄ってもらいたい楽しいところでした

日時:2016/12/25
総走行距離: