キムチダウンタウンゲストハウス宿泊記録まとめメモ@ソウル

韓国のソウルに滞在したときの記録

宿泊記録

image

自転車は地下の物置に置かせてもらっていた

image

全体的に綺麗

image

部屋には番号式のロッカーが付いているが、押し間違えてロックするとスタッフを呼ばないといけない

・・・のだが、受付に行ってもスタッフがいなくて度々捕まらないときあり

image

珍しいことに施設内にATMがあった

宿泊期間:2017/1/15~2/3

宿泊費:一泊1000円程度

使用可能言語:韓国語・英語・日本語も少し話せるスタッフが居た

水回り:トイレは洋式、紙は流せない

ときおりゴミ箱からティッシュが溢れかえってた

image

安宿としては珍しくタオル付きだったけど、使い切られてることが多かったな・・・

そんなときはスタッフに言うと干してるのをくれたけど面倒くさい

image

シャンプー・ボディーソープ付き

ただ、狭い個室に無理やり3人分のシャワースペースを押し込んでるのでかなり狭い

シャワーはトイレ内にあって鍵なし

他の人とかぶらないように時間調整して使うほうが吉

wifi:各部屋にwifiあるが通信速度が非常に遅くなりつながってないかと思うこと多々あり

洗濯:洗濯機2000ウォン・乾燥機2000ウォンと書かれていたが、合わせて4000ウォンの固定のみ、今回使わなかった

食事:近くにコンビニ、少し歩いたところに飲食店やスーパーあり

調理スペースがあったため、よくスーパーで買い物して自炊して節約していた

冷蔵庫、炊飯器にトースター、ガスコンロと設備は充実している

image

けど、炊飯器使われていたのでフライパンで自炊中の写真

利用者は結構多くて、塞がってるときがたびたびあった

あと、他の人のものを食べないでください!とか書かれてるけど、普通に盗られたので注意

予約サイト:Hotels.com

備考:

聖地巡礼記:ChiSinGura46+1@富士山

富士山周辺を自転車で走った来たので、前々からちょっと気になっていたChiSinGura46+1の背景画について書いてみる

書いてみるのだが、まさか忠臣蔵に関しての記事をわざわざ中国から金盾を乗り越えてアップロードしてすることになるとは、なんとも妙な感覚だな

人生何があるかわからないもんだ

富士見市(南)

考えたことなかったけど、富士山って見る場所によって微妙に形が変わるのな

というわけで、富士見市側からの風景

image

chushingura023

こちら側から見ると、富士山の形は右側がコブのようにボコッとしているのが見えて、背景画と一致している

なので、この背景画は南側のどこかからかの景色を元にしているのだろうな

自分が走ったところではすすきが見られなかったのでて適当なところで撮った写真だけども、富士山周辺にはあちこち、すすきの群生地があると聞くので、背景画のようにすすきが生い茂っているところが南側のどこかにもあるのかしもれない

富士河口湖町(北側)

おまけで北側からの風景

image

早朝の富士山、雪煙が見えて非常に美しい

そして寒い

image

富士河口湖町から富士見市に抜ける道中にて

すすきが生い茂っているところがあったので思わずシャッターを来った

山の形こそ違えども、むしろ全体的にはこちらの写真の方が背景画に似てるように思える

静岡県の国会議員が強そう

面白い選挙ポスターを見つけたのでついでに貼り付けておく

imageimage

後ろにスタンドが写り込んでいてる

この望月よしおとか言うと人、衆議院議員・環境大臣までやってこのノリの良さは好感が持てる

ソウル~仁川港@韓国自転車ツーリング旅行記

前回の続きの残りの部分である

釜山~ソウル@韓国冬季自転車ツーリング旅行記
韓国の釜山~ソウル間の走行記録 2017/1/3 出発 玄関まで宿のスタッフが見送りに来てくれて親切 まずは釜山を抜けなければなるまい ...

2017/2/3

そんなわけで再出発である

image

その前に、ソウル駅前の中国ビザ申請センターに行って、ビザの受取をする

image

旧正月で休みだったのもあってソウル滞在が予定より長くなってしまったが、これぞとばかりで動かなくてよい理由が出来たので、まぁ結構充実して楽し出たりしたよ

image

仁川への移動は河川敷沿いにある自転車専用道路を利用した

非常に走りづらい街中と違って、当たり前だがなんとも快適で通りやすい、ぐいぐい進んでいける

思うに韓国は自転車は交通手段としてではなく、スポーツとしての乗り物という意識が強いんじゃなかろうかな

河川敷沿いは走っていて東京の荒川を思い出すが

image

レストランがあったり

image

コンビニがあったりと、なんとも設備が充実していて羨ましい

image

このような、移動販売&屋台・テントの自転車屋さんもあちらこちらにで見かけた

image

この河川敷が釜山までつながっているらしく、韓国の自転車専用道路地図が多いてあった

北のソウル~南の釜山だけでなく、あちらこちらに繋がっていてよく整備されているのがわかる

こんなに良く自転車専用道路が整備されているなんて全然知らなかった

自転車の国ってイメージあんまりないし、むしろ中国とかGIANTのある台湾とかの方が印象が強い

image

ところどころ雪はまだ残ってるが、少し前よりは断然暖かくなったものだ

image

image

いろいろと変なオブジェがある

image

日沈む・・・

海底が露出したこの工場地帯は一体何なんだろうか・・・

image

そしてインチョンに到着、晩御飯は中華街にて

これから中国に行くのにわざわざ食わんでもと思うが、他にないんだもん

image

ガチャガチャ屋があったから入ったら、ハイスクール・フリートがあった

軍国主義ガーとかよく行ってるイメージだがこれはいいのか

image

ここは朝鮮戦争において資本主義国陣営(国連軍・大韓民国軍)の反撃の転機になった仁川上陸作戦の地なのでいろいろとモニュメントが多い

これは日本人にもお馴染みのマッカーサーの像

2/5

どうもこのインチョンにある、月見島というところ

観光地化を目指したのかあちこちに日本語含めた案内板がある

image

けど、そんな有名じゃないよな?きっと

かつてはモノレール?も通っていたらしき様子もある

image

朝食もインチョン中華街にて

image

韓国式ジャージャー麺のチャジャンミョン

300円だったかな、上手いぞ、甘辛いタレが特徴

日本だと日本式だと盛岡じゃじゃ麺があるし、ジャージャー麺といっても各国ごとにいろんなバリエーションがあるんだな

image

ふと立ち寄った射的屋

的をよく見てみると・・・

image

まさかの北の将軍様、金正恩じゃねーか!

さすが現在進行形で戦争してるだけあるわ~

しかも、人造人間19号のネタ画像まで使われている始末、笑うしかない

image

土曜日だからか駅前で何かイベントやってた

人が並んでるな~と思ったら・・・

image

なんと食事を配ってた!コーヒーも!

もちろん一緒に並んでもらいましたとも

image

さて、インチョン港第二フェリーターミナルに到着

これから中国に向かいます

D12 地球の歩き方 韓国 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2016-10-29
売り上げランキング : 293271

by ヨメレバ

大韓民国冬季自転車ツーリング走行記録まとめ

大韓民国を自転車で走行した際のまとめメモ

走行記録

Screenshot_2017-02-01-02-40-24

滞在期間:2016/12/9~2017/2/3

走行ルート:釜山~慶州~大邸~大田~ソウル~仁川

走行距離:824km

パンク:なし

トラブル:なし

入出国について

ビザ

ノービザにて90日滞在可能

国土の広さから考えて十分な日数がある

今回は釜山~ソウルの縦断ルートだったけれども、これだけの日数があれば韓国一周も可能かもしれない

入国

博多~釜山にてフェリーに乗船して入国

その際の記録はこちらをどうぞ

博多~釜山 ニューかめりあ乗船メモ@2016年冬季韓国自転車ツーリング記
というわけで新章が始まるぞ・・・ まぁ、これ書いてる時点で既にソウルに着いてるんだけどね 福岡・博多から韓国・釜山とを結ぶカメリアライン、ニ...

自転車は別途料金は取られるものの、手荷物扱いで乗客口から一緒に船内に持ち込み

今までは車両と一緒に乗船して、船員が固定してたが、これが海外方式か・・・

フェリーターミナルにて出国審査をする二階に自転車がエレベーターに入らず、スタッフに相談して業務用エレベーターに乗せてもらったがトラブルはそれくらい

大金を現金で海外に持っていくのも危ないので銀行に預けたいところだが、ターミナルにあるATMは西日本シティ銀行のみなので注意

ネット銀行等を使っている人は事前に預けておきましょう

ただし、チケット代を既にインターネット予約してクレジットカード決済していても、燃油特別付加運賃とターミナル使用料が現金で求められるので少額残して置きましょう

フェリー内の売店、自動販売機で使える通貨も日本円

荷物山積みの自転車を持ち込み乗船するとかいう怪しいさプンプンの人間だったわけだが、入国時に、出国のことについては何も聞かれず

荷物検査は入国時のみ、ガソリンボトルのガソリンは事前に抜いておくようにとのことだった

出国

韓国・仁川~中国・連雲港をフェリーにて移動

詳細は別途まとめたい

食事事情

外食が400円~700円くらいでお腹いっぱい食べられて日本より安い

食事の時、セットで色々と副菜がついてくるのだが、韓国は伝統ということでおかわり自由に出来るため、腹ペコ自転車乗りには非常に助かりました!

特にキムチは必ずついてきてたな、さすが韓国だぜ

同じメニューを頼んでも店によって副菜に味や種類の違いがあって面白かったりする

ただ、これらはあくまでサービスなのでやり過ぎると怒られたりするとも聞いたが、少なくとも今回滞在中、拒否されたことはなかった

というわけで、滞在中はよく外食していたが、ソウルのゲストハウスでは自炊もして節約はしていた

外食産業が安いので、食材も必然安いはずなのだがやってみると存外難しい

食文化の違いからよくわからない食品が多いし、豆腐やパスタは日本だと安価で手軽な食品だが、韓国では日本より高い値段で売っている

他にも、こちらでは市場をよく見かけたが、あの広い中で目的のものを探すのは一苦労だし、値段が書かれてないことが多く価格交渉から始めなければならない

というか、スーパーでも小さい店は値段をいちいち書いてなくて混乱する

商品パッケージも当然ながらハングルなので写真だけじゃよく分からなかったりする

飲食店に言って適当に指差すだけより、当たり前だけどもう一段階上のレベルを求めるられるので大変だった

アジア圏は物価が安いので今後も外食が中心かなぁ…

水回り(トイレ・飲料水・シャワー等)

飲用水

水道水は飲用不可だが浄水器が宿やスーパーなど公共の場所ではよく置いてあった

コンビニがあちらこちらにあるが、日本同様に給湯器も置かれているので、何かかったついでに水筒にお湯を貰ってコーヒーをつくったりしていた、寒かったので美味しかったな

トイレ

紙は置いてあるが、個室内ではなく入り口にのみトイレットペーパーしかないところがあったので注意

どうも手拭きの紙と兼用にしているらしい

洋式トイレが一般的、概ねどこもきれいだが、古いところだと洗面台がなかったりした

紙はゴミ箱に捨てるが、良い場所はそのまま流して良い

そんなところはゴミ箱が個室にない

シャワー

泊まった宿ふたつはお湯は出たがどちらも、水の出がいまいちだったかな

日本と比べれば水回りは一歩劣ってる印象

ここ20年ほどで急速に発展してきた国なので、インフラは徐々に改善していってる状況なのかなと思ったり

宿泊事情

野宿する場所には困らなかった

市場は夜はガランとしているが朝は早くから人が活動しだすのでよしましょう

道が広く、脇に路駐しまくっている車とか露天とかで道路が塞がてていることが多いんだが、そんな中に混ざってテント張れそう、やらなかったけど

釜山・ソウルでの宿泊した宿はどちらも一泊10000ウォンほどで日本より安い

それ以外の都市ではまちまちだが、これよりは高い模様

今回、僕は利用しなかったが道中に出会った韓国の自転車乗りの方によると、韓国にはチムジルバンという銭湯があるそうで24時間営業しており、安く泊まることが出来るとおすすめされた

あちこちにあるそうで、特に大きな街には必ずあるとのこと、地元の人に聞けば教えてくれるよと言っていた

韓国式スーパー銭湯「チムジルバン」の利用ガイド | 韓国エステ・テーマ特集|韓国旅行「コネスト」

自転車事情

季節的なものもあるだろうが、自転車はあまり見かけず、見かけてもスポーツ自転車と業務用自転車で半々くらいの割合かな

韓国では自転車は珍しい・・・と出会った何人かの韓国人も話していた

日本と違って道路脇が路上駐車溢れていて、それが一般的になっており、駐車場を探すとかいう面倒な作業がないので使い勝手が良いのだろう

まぁ、走る方は邪魔なことこの上ないが・・・

自転車屋

自転車の数は少ないとは言え、自転車屋は何度も見かけている

ただ、言語の壁や地元民でも知ってなさそうなことから、何処にあるかを探すのは大変そうだな

自転車屋は個人経営の小さな店が多い、以上のようにスポーツ用途の人も多いので、店中にロードバイクが置いてあったりした

ソウル付近の河川敷にある自転車専用道ではビニール屋台や移動販売車をよく見かけた

ホームセンター

予備のネジを全部使っちゃったので、ホームセンターを探したのだが韓国にはほとんどないらしい

それでも、道中にたまたま一店舗あったので入ったのだが品揃えが非常に悪くて、売っていネジ・ナットは6mmと8mmネジと手回しナットだけ

六角ナットが売ってなくてびっくりしたぜ!

自転車に使えるような規格のネジではないな

きっとどこかの市場で売ってる入るんだろうけど、探すのが大変だし、バラ売りしてくれるのかも不明

道路・交通事情

交通ルール

右側通行

そして右折は信号機にかかわらずいつでも自由というルール

なので、信号機が青になったからと思って渡ろうとしても横から車が突っ込んで来るので注意

右折する車が続くと信号機が青なのに渡れない状態に陥る、車優先社会やで~

自転車での走りやすさ

どこでもいっしょだろうが都市部の道路が走りづらいのだが、自転車は少ないくせに歩道に自転車用道が大体あったりする

だから歩道が走りやすいか?というとそんなことはなく露天や屋台、路上駐車、歩行者・・・と障害物が多く、一応、用意されてるだけの印象である

郊外に行くと道路が広く、路肩も十分にあるためとても走りやすかった

ただ、あまり掃除はされてないようなのでパンクの原因になるようなものを踏まないよう注意

あと韓国では野良猫をよく見かけたのだけど、一日で仏さんを3回見かけた

千葉を以前、走ったときの2回を記録更新である・・・南無・・・

ソウルに到着してから知ったのだが、なんと釜山~ソウルまで自転車専用道路でつながっているらしい

なんでも、川があってそこがずーっと自転車専用道路になっているのだとか、NAVERMAPを見るとたしかに確認出来る

なんだよ~日本より全然、環境がいいじゃないか!

ただ、延々と自転車専用道路を走って楽しいかは人によると思うけれども

個人的には異国の町並みのなかを、時折走るくらいのほうが楽しいように思える

地図

韓国は法律の都合上、海外への地図の持ち出しが厳しいらしくGoogleMapが使いづらい

コンビニで検索を掛けても全然出てこなったりする

今でも徴兵制をやってたり・戦争中の国らしいね

というわけで、たぶん韓国内にデーターサーバーがあるんだろう韓国製のKonest地図かNAVERマップが使いやすい

KONESTは観光客向けの地図アプリなようで日本語に対応している

この地図を見るとどこに市場があるかわかりやすい

ただアプリ版は自分の使ってる機種は非対応でインストール出来なかった、ウェブ版は問題なく使えた

そして、竹島の形がズーム倍率によって変わる不思議な地図である

NAVERマップは高機能だがハングル語でしか使えない、韓国人はみんなこのアプリを使っている様子

韓国のお国事情に合わせてカスタマイズされていてGoogleMapより高機能

ストリートビューや、航空写真だけではなく、韓国内のライブカメラと連動していたり、空撮による全天周写真の収集も行っているらしい

何より自転車乗りにとって嬉しいのが、自転車専用道路を優先する自転車ルート検索機能がある

輪行事情

釜山・ソウルの地下鉄(メトロ)・ソウル~釜山を結ぶKTXでは、輪行袋に入れずに自転車をそのまま乗車出来る時間帯というのがあるらしい

ソウルは2017年2月5日現在土日のみ、KTXは何時の便かが決まってるらしい、釜山は知らん

流動的にルールが変化するらしいので要確認

インターネット事情

海外旅行者用のSIMカードが販売されている

ただ、釜山から入国したが一部のコンビニのみとちょっと不便

値段も30日1G3000円とちょっと高めだったので購入しなかった

町中でもしょっちゅうフリーのwifiが飛んでいたため、それでもあまり困らなかったな

iptimeという名前のアクセスポイント名をよく利用していた

ただ、どうもこれ韓国でよく販売されている無線LANのメーカー名なんだが、初期設定でパスワードが設定されてないから、そのまま使っている人のアクセスポイントに接続できてしまうってことらしい

昔、YahooBBがキャンペーン乱発して、配りまくってたwifiルーターがそうだったなぁ・・・

というわけで、本当は駄目みたいなんで自己責任でお願いします

Freeとついているアクセスポイントがあっても、通信事業者と契約している人のみが使えるアクセスポイントがあるので注意

アクセスした後、ウェブページを開くとパスワードを求められます

ガソリンについて

日本とそう変わらない値段、1400ウォンくらいだったかな

ただ、短期の走行予定だったし、出国時にまたフェリーでボトル空するのが嫌だったので、自炊はせずガソリンストーブは使わなかった、なのでガソリンスタンドにも寄らなかった

観光・見どころ

冬季だったからかどこも枯山水みたいな風景だったなぁ・・・

行ってよかった観光地は水原華城と良洞村かな

天安の独立記念館やソウルの戦争記念館に行って韓国の歴史観を知り、日本側と比べて見るのも面白い

お国柄・人柄など印象に残ったこと

反日国家・・・というイメージがあってちょっと怖かったのだが、実際に行ってみると出会った人は非常に親切な人が多くて好印象

一方で、独島のモニュメントはあちこらこちらにあるし、慰安婦像、博物館に行けば日本や豊臣秀吉の非道な行いの展示があるし、説明を読むと歴史歪曲というのも本当にやっているように見えた

そういうのがあるとは知ってはいたが、実際に見るとあ~本当にやってるんだなぁ・・・と、なんというか驚いた

そんなわけで、韓国人は好きになったのだが、韓国政府は嫌いである

気候

今回、冬季だったので寒かった・・・寒かったぞ・・・

釜山から北上するほどに寒くなっていき、ソウル近くの水原市では-10℃だった・・・ブルブル・・・

雪はあまり降らないらしいし、緯度的にもそこまででもないし大丈夫だろう~と思っていたのだが考えが甘かったわ・・・

装備は0度くらいを想定して揃えていたので、大幅に氷点下の世界だったのだが、それでも手持ちの衣類を着込むことでなんとかなった・・・寒かったけど・・・

ただ、軍手を二枚はめたが指先だけは寒くて痛くていかんともし難かった…

手を温めたくても水場でお湯が出ないところも結構あるんだよな・・・韓国・・・

自転車に乗っていて一番冷えるのは指先だと思いましたとさ

言葉・言語

公用語はご存知ハングル語である

僕には象形文字のように見えるので単語がわかっていても、文字の判別が非常に難しい

漢字圏だったなら、ニュアンスでもう少し意味でわかったりすると思うんだが・・・

英語の通用度は日本と同じくらいじゃないだろうか

釜山とソウルの宿・ソウルの中国ビザセンターのスタッフは英語が話せた

博物館などでの言語の優先順位は

朝鮮語>英語>中国語>日本語

といった具合

治安

滞在期間中にトラブルに巻き込まれることはなかった

治安は良いと思うが町中で酔っ払いや、何かわからないが叫んでる人を度々見かけた

酔っ払いが一度だけ話しかけてきて、暴力を振るわれたりはなかったが相手するのが面倒くさかったので、そういう人らとはあまり関わりたたくないな

田舎だと人気はないし、土地は余ってるし良いもんよ

宗教

驚くことに仏教徒よりキリスト教徒が多いらしい

実際に走っているとあちらこちらで教会、それも立派なものを見かけた

どうも朝鮮戦争の影響らしい

オタク文化

本屋に行くと漫画は良い場所に置かれていたかな

朝鮮語版だけでなく日本語の漫画・雑誌もあった

君の名は、が滞在中に公開開始されたのだが放映前から小説版が翻訳され書店に置かれていたな

街中を歩くとあちこちにUFOキャッチャーが置いてあって驚く

UFOキャッチャー専門店だけでなく、路上にも置いてある

出会った韓国人二人が蒼井そら大好きらしくて日本でも人気がありますか?と聞かれた

韓国で大人気らしく「全部見たよ!」と言っていた

ポケモン・ワンピース・クレヨンしんちゃんあたりの日本でも人気作のキャラクターグッズが売っているのはよく見かけたが、それ以外のキャラクターは街中では全く見かけなかったな

韓国の大手ディスカウントショップがemartがソフマップ的なややオタク臭い家電屋、ELECTRD MARTというチェーン店を展開している

韓国のオタクショップなのか?総合家電量販店なのか?ELECTRD MARTをに行ってきた
昼間は海東龍宮寺を観光した後に、帰りに新世界百貨店センタムシティに寄り道する なんでもギネスブックに掲載された「世界最大の百貨店」とのこと...

フィギュアも置いてあるがロボットとか洋物フィギュアとかかっこいい系のみ

美少女フィギュア(しかも専門店)、ガンプラとか濃いものが置いてあったのは韓国最大の電気街(たぶん)龍山電子商街くらい

といっても、ほんの一角にあるのみで、ほとんどは硬派な電気機械関連の店ばかりなのだが

ガンプラは日本語しか書いてなかったから輸入してるのだろう

家電やパソコンなどは、LG・SAMSUNG、車もHYUNDAIにKIAとか、韓国産ばかりな印象

カメラはお国柄らしく日本ではほとんど見ないサムスン製のものが色々と置いてあった

というか、レンズ交換式カメラもつくってたのか、初めて知ったぞ

それでもやっぱりCanon、Nikonが定番で、SONYも頑張っていた

釜山・ソウル以外はほぼ素通りだったので、どこかにオタクショップがあったのかもしれないが、龍山電子商街でもそれほど大きくなかったので、有っても大した店じゃあない気がする

臭い絵のラグナロクとか、ガンホーとかが思い浮かぶ韓国だけど、そういうのはソウルで少しラッピングバスであったかな?くらいで、なんとも海外だなぁ・・・みたいな美的センスの違うものばかりであったがあまり浸透してないのかしら

それとも自分の探し方が悪いので、どこかその手の商品ばかりを扱う市場とかでもあるのかね

まとめ

2週間くらいでササッと終わらせるつもりだった韓国旅行だが気づくと一ヶ月以上居た

そして、海外での年越し、それも旧暦と合わせて二回もという初めての経験をしたが日本ほど大騒ぎしている印象もなく、さして面白いものでもなかったなぁ・・・

どうも一番寒い時期だったらしく、かなり厳しい寒さだったけれども、上に書いたようにとても親切な人が多く出会いに恵まれた

実は韓国にあまり興味はなく中国に渡る前、ついでにせっかくだから走ってみるか!くらいなテンションだったのだけど行ってよかったと感じている

海外を自転車旅行するときに候補としてあがるのは、いつも台湾なイメージなのだけど韓国もなかなか良いんじゃないかと思った

異国を味わえるのは元より、外食費・宿泊費は安い、釜山~ソウルまで自転車道が通っている、短期間で縦断出来る、

ソウルからの帰りもKTXやチェジュ島経由のフェリーで簡単に戻れる、もちろんルートを変えて往復もしていい

中国に渡って上海からフェリーで帰国するルートもあるな

何かと面倒くさそうな飛行機輪行をしなくても良いので、日本一周とかしている暇な自転車乗りの人はついでに一度行ってみても良いのではないだろうか

D12 地球の歩き方 韓国 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2016-10-29
売り上げランキング : 293271

by ヨメレバ