ラオス人民民主共和国@自転車ツーリング走行記録まとめ

ラオス人民民主共和国を自転車で走行した際のまとめメモ

走行記録

滞在期間:2017年7月16日~7月30日 計15日

走行ルート:カンボジア→カンボジア・ラオス国境~パクセ~サバナケット~ターケーク~ヴィエンチャン→タイ・ノーンカーイ

走行距離:11155km~12131km 計976km

パンク:なし

トラブル:なし

入出国について

ビザ

ノービザにて15日間の滞在が可能

周辺諸国とは違い東南アジアの中では出入国する回数について制限がない(ビザラン規制)国である

といっても、中国側国境とは何もなさそうだし、結局、周辺国が規制しているからビザランは難しいのだけどもラオスだけ特に何も対策を講じてない辺りにラオスの不人気ぶりがあるような気がしなくもない

ビザを取得すれば30日間の滞在が可能

周辺国に抜けるだけならノービザ15日でなんとかなる、縦断するつもりなら30日ビザが必要

ノービザ入国は可能だが出入国税が掛かることがある

カンボジアからラオスに入国する際は2ドル請求された

ラオスがしっかりと情報公開しておらずネットで調べても理由不明、現地にも2ドル請求する旨の張り紙がなかったし、公的なものというよりも、これもどうやら賄賂臭い

Googleマップの口コミを見ても2ドル徴収されるのが普通らしく、これをやっぱり賄賂だと書いている人も居る

少なくとも僕が通過した土日はサービス手数料としてビザ代が1ドル上乗せされるらしくその旨が張り紙あったのだが、これがビザフリーの日本人にも適用されうかも不明、されるのだとしても1ドル差額は何って話になる

出国時に通ったヴィエンチャン近くからタイ・ノーンカーイにあるタイ・ラオス友好橋も通行料が取られる

こっちは機械も整備されてちゃんと政府が発表している公的なものである

土日祝祭日はと早朝・夕方以降は特別手数料がかかってくるので、都合が合うなら平日昼間のほうが良い

入国

カンボジアからラオスに入国

相変わらずカンボジアイミグレーションでは賄賂を要求される

ラオス側でも何故か2ドル要求された

ラオスはタイ・ラオス友好橋では出入国税を徴収してくる国なのでよくわからないがイミグレーション内に2ドル請求する理由について張り紙がなかったので、こちらも怪しいように思える

国境付近には銀行・ATMがある規模の街がないので現金はしっかり用意した方がよい、僕はお金を使い切るよう計算してたのでえらい目に合った

両替所はカンボジア側で見かけた

ラオス・キープのお札が貼ってあったしラオス・キープ→米ドルorカンボジア・リエルへの両替にも対応しているかもしれない(けど念のためラオスからカンボジアに入国する際は余裕を持って米ドルを持参していった方が無難、クロン・スタング・トレンまでATMも宿もないのでそこまで辿り着けるように行動するのが無難、なお道も悪い)

ラオス側の免税店内にも売りなのか買いなのかよく分からないレートボードがレジのところに書いてあったので両替が出来るのか聞いたのだけど、理由は分からないが無理と言われたのでよく分からない、時間が遅かったからなのかなんなのか

カンボジアからラオスへ抜ける陸路国境を賄賂を断って自転車で越える
カンボジアからラオスへ、自転車で陸路国境越えしたときの記録です カンボジア~ラオスの国境、Stung Treng Border Crossi...

出国

ラオス・ヴィエンチャン近くのタイ・ラオス友好橋からタイ・ノーンカーイへ出国

ラオス・キープは最貧国の通貨だけあってかなり弱いらしく、国外では基本的に両替出来ないっぽい

というか、日曜だったのもあるけどビエンチャンでタイバーツに両替するのもすんなり行かなかったんだけど

何故か銀行系の両替所でキープからの両替が断られた

ビエンチャンでなく国境のタイ・ラオス友好橋でも両替所は見かけたけどよく確認していない

銀行系と私設の2つがあったが、私設の方は日曜日だからか閉まっていた

銀行系は開いていたけど、上述するように何故か断られたので本当に出来るか分からない

タイ・ラオス友好橋を通行するには出入国税が必要になってくるので通る前に全部両替しないように注意

タイ・ラオス友好橋を通りラオス・ビエンチャンからタイ・ノーンカーイへ自転車で陸路国境越えをする
ラオス編もノービザ15日間の滞在を終え終了、タイのノーンカーイへと向かいます 中庭に池があったりするのもあって蚊が多かったBackpacke...

食事事情

食事に関してはあまり良い思い出がないな・・・

走っていて適当な食堂に入ると大抵、ライスヌードルの店のだった

不味くはないんだが、そんなしょっちゅう食べるほど好きでもないのに他に店もないので仕方なく食べていて相場は15000キープくらいで安くもないし

お米がある店を見つけたとしても基本的に、日本と違ってもち米、う~んやっぱり口に合わない、ただ腹持ちはすごく良かった

付け合せで出てくる肉や魚を焼いたものや、ウィンナーだったりだし・・・

他にも虫をやっぱり焼いた物を売っていた、店の人が家の庭で捕まえたんだぜ!とか言ってた気がする

なんというか、ラオス料理というのはイマイチだな・・・

またお冷も冷えてないことが店が結構あった、中国文化の影響なんだろうか

周りのタイ・中国・ベトナム・カンボジアって飯が美味いのに、なんとも山の国らしい、山岳料理っぽい豪快というかいい加減というか、そんな料理

これはもちろん地方の話で、街に行くと選択肢が増えるけども

というか、僕が通ったルートでの話だけど、この国で街と呼べるのがあったのはタイ国境付近だけ

そして、そこはベトナムとの通り道になってるのでベトナム語の看板や、欧米系の外国人旅行者が結構居て、そういう人らを狙った店も結構見かけた

水回り(トイレ・飲料水等)

洋式トイレが一般的だったかな

町中のトイレでは2000キープ払う必要がある有料トイレをよく見かけた気がする

道路沿いではガソリンスタンドがトイレを提供していたけど、みんなよく立ちションしている、というか大型バスが停まっていて集団しているのを見かけたときはなんか笑ってしまった

泊まった宿ではカンボジアでも一件もなかったお湯が出るシャワーが多かったかな

飲料水はカンボジアと一緒で食事やドリンクスタンドを利用した際に貰えたけど、一度だけ断られた

宿泊事情

ラオ語でまったく何書いてるか意味不明な国だが、カンボジアにつづいて英語でゲストハウスと書いてあるのをよく見かけた

けど、何故かラオスの宿って見た感じ、立派そうなところが多いんだよな

田舎町で一度、値段を聞いてみたけど1000000キープとやっぱり高かった

ラオスは最貧国の一つだけども、旅行者なんて外国人しかいないだろうから、強めの価格設定

その分、外国人が泊まっても不快にならないような設備になってるんだろう、たぶん

カンボジアは宿は安いけど、その分ボロさはあったからなぁ

ついでに言うと、ラオスのゲストハウスって村外れ、もしくはまったく離れてたりする不便な場所にあることが多かった気がする、

夜道は走りたくないし、これって自転車乗りにはとってかなり不便

そんなわけで素直に野宿してました

よくスコールよけの掘っ立て小屋があるし、人口密度も低いから野宿しやすい国だと思う

ただ、アリは多い、すごく多い、しかも噛んできてこれが結構痛い

自転車事情

ヴィエンチャンでは意外とよくロードバイクが走ってた

店は見かけなかったけど、どこかにあるんだろうな

サバナケットでは小さいけど、街の自転車屋から一歩進んだ感じの自転車屋はあったかな

道路・交通

交通ルール

右側通行

自転車での走りやすさ

カンボジアに続き、道路は片側一車線が普通なのだけど交通量は少なく、クラクションならずまったりと走ることが出来ます

インターネット事情

FreeWi-Fiが使える店はほとんどない

WIFIそのものがあまり普及してない印象、これはカンボジアと一緒

ガソリンについて

ガソリンスタンドをよく見かけた

値段は7000キープくらいだったかな?

なお、カンボジアと違ってこっちのガソリンスタンドはよく地面が舗装されている、そういう地味なところでカンボジアよりはラオスが栄えるのを感じる

気候

雨季でしょっちゅ雨が降っていた

雨の夕方はかなり肌寒くてフリースを着ることもあった

ベトナム・カンボジアと違って、一度雨が降ると長く続くことが多い印象

詳しくはこちら

ラオスの気候と天気 | 地球の歩き方

観光・見どころ

ビエンチャン市内も観光したけど、正直あまり印象に残るものがない

多種多様な動物の群れ

カンボジアでも、ベトナムでも動物が道路で障害物と化していたがラオスは牛だけでなくヤギに水牛?豚も放し飼いにされてたりして、より自由な場所だな

image

お馴染みの牛障害

image

これにヤギが増える

image

水牛?も居る

image

たまに豚も見かける

日本脳炎は大丈夫なんだろうか

お国柄・人柄など印象に残ったこと

文化圏的にはタイの方なんだけど、人柄はベトナムと言うか、中国人っぽいところを感じたかなぁ

言葉・言語

ラオ語

サワディー→こんにちは タイ語とは微妙に発音が違うらしい

カオ→お米 もち米が主流

治安

悪いと感じたことはなかったかな、野宿してたけど被害もなかったし

街ではナイトマーケットがあったり夜でも人がである照史

田舎町はそうそうに店が閉まるので行く場所がない

宗教

仏教で道路で沿いに寺院をたびたび見かけました

ここもフランス統治時代がある国だけども、教会はないんだなぁ

覚えた言葉

ないなぁ

オタク文化

カンボジアに引き続き見かけない

同じく、貧しい国だし、そういった娯楽に使うお金の余裕やラオ語の普及度とかそういったのから

物価覚書一覧

ライスヌードル 10000~20000キープ

瓶ビール(大) 10000キープ

宿・ドミトリー 40000キープ~60000キープ

ペットボトル500ml? 4000キープ

ペットボトル 1.25L 8000キープ

ヴィエンチャンは食堂が高かった

まとめ

ひたすら何もない田舎道を走ってただけの印象のが残る国

山の国だし、山の上を走ってればまた違った印象を覚えたんだろうか

たまに出会う街も、街と言っても規模が小さい

首都ビエンチャンだって、規模としてはより貧しい街であるはずのカンボジア、プノンペンより華やかさで劣るし

そういう人の居なささがラオス・・・なんだろうかなぁ

メコン川沿いをひたすら北上したんだが、向こう側がいつのまにかタイ国内になっていて、たまに見えると奇妙な感じを覚えた

道中に会ったドイツ人のバイク旅行者はラオスでは洞窟や滝とかを周ってるらしい

そういう自然の美しさがラオスの本当の良さなのかもしれないけど、そういった場所は主要道路が外れれたところにあって、未舗装路があったりするっぽいので自転車で行くのは面倒だな

タイ・ラオス友好橋を通りラオス・ビエンチャンからタイ・ノーンカーイへ自転車で陸路国境越えをする

ラオス編もノービザ15日間の滞在を終え終了、タイのノーンカーイへと向かいますDSCF6365

中庭に池があったりするのもあって蚊が多かったBackpackers Garden Hostel

ビエンチャンを出発

出発する前にTalat Sao Shopping Mallで食事とタイバーツへの両替もしていきます

(後日知ったのだが、最貧国の通貨だけあってラオス・キープはかなり弱いらしく国外ではほぼ両替出来ないらしいです

タイの大手両替商スーパーリッチはミャンマー・チャットでも買ってくれるのに、ラオス・キープは0円扱いらしい)

DSCF6386

ただこれが日曜日だったので少し手こずりました

こんな風にタイバーツやUSDドルに両替を行ってない店がちらほらあるのですが、日曜日でも開いてる店がそんな所ばっかりだったんですよ

image

STB銀行の両替所が開いていてレートボードにもタイバーツが書かれていたのですがなぜかここも断られました

キープからの外貨両替には書類が必要だとか制限があるとか聞いたことがあるのでそれで売ってくれないのかもしれない

image

結局、Talat Sao Shopping Mall内を探し回って2階の宝石商店が並んでるところの見えsでタイバーツに交換してもらいました

レートはまぁまぁよかったかな、どうもタイバーツの硬貨がないみたいでちょっとおまけしてもらえました

image

市内からタイ・ラオス友好橋までは約20km、道中は店も多く、あり道もよく整備されていて快適です

タイはラオスの重要な商売相手だからな

途中ではビア・ラオの蒸留工場や

DSCF6396

ラオスのペプシコーラ工場が見れます

DSCF6398

そして、タイ・ラオス友好橋を通り越して・・・

DSCF6501

ブッダパークに到着

はい、みんな大好き!ブッダパークへ到着!

DSCF6407

ビエンチャン市内から遠いから、このためだけに来るのが面倒だった・・・

行った感想としたは、たしかにラオス・ヴィエンチャンってたしかにろくな観光地がなかったし、それを考えると、まぁこれでもまだマシな観光施設なのかな・・・と

さて、今度こそタイ・ラオス友好橋へと向かいましょうか

ところで、タイ・ラオス友好橋を過ぎた途端に未舗装の悪路、これがラオスクオリティ

DSCF6402

タイ・ラオス友好橋へ向かう

実は行きはどこがタイ・ラオス友好橋の入り口か分からずに通り過ぎていた交差点

DSCF6503

てっきり何かの施設への入り口だと思ってた

いや、施設っちゃ施設なんだけども

DSCF6502

ラオス側のイミグレーションへ到着

ラオスではあるが首都近くの主要な出入り口だから大きくて立派な建物である

DSCF6504

自転車はどうやって手続きすればいいのかわらかないので、調べがてらちょっと散策してみる

ATMと両替所

両替所は銀行系と私設の2つがありますね、日曜だからか私設の方は休みで、Phongsavanh銀行の方のみ開いてました

来る前にビエンチャンで両替しようとしたら、なかなか受け付けて貰えず大変でしたがここでならすんなり両替できたんでしょうか?

DSCF6506

東側には食堂や銀行、あとバスのりば?もあったかな

DSCF6508

西側には免税店が並んでいる

この免税店なんだが、出国ゲートの前にも入り口があって、出国してなくても入れる

そして中を伝っていけば出国後のエリアに出れる・・・それって大丈夫なのか・・・?

DSCF6510

そして免税店を通り抜けた出国後エリアでは、出店が立ち並んでいたりして、マーケット的な雰囲気が醸し出されれていた

さすがラオス、緩いなぁ

DSCF6511

日本から送られてたという日の丸が着いたバスが走っている

DSCF1822

道路標識を見るとちゃんと自転車も書かれていている、どうやら普通に走って出ていけるようで一安心

中国・香港では国境を走ろうとして公安に捕まったからなぁ

皇崗口岸から落馬洲へ自転車と一緒に渡る(ついでに公安に拘束される) 5/1
香港と中国を結ぶ出入国検査場としては羅湖口岸がもっとも有名かと思いますけど、いろいろとあった末にから皇崗口岸を通って自転車と中国から香港側の...

DSCF6515

入国側ゲートを見ると人で渋滞している

DSCF6516

料金表

外国人は平日 8時~16時 1000キープ=5バーツ 6時~8時 16時~22時 12000キープ=55バーツ

土日祝祭日 8時~16時 9000キープ=40バーツ 6時~8時 16時~22時 12000キープ=55バーツ

出国より1000キープだけ高いね

レートは1バーツ=230キープ計算らしいけど、端数切り捨てのせいで1000キープ=5バーツなのに、9000キープが40バーツ、12000キープが55バーツとおかしな計算になってしまっている

DSCF6514

バス代は4000キープなり

DSCF6513

さて、どうやら自由に行き来できるようだし、橋を渡るには出国手続きをするのが先決かなと戻ることに

車両用道路を逆走して、出国後エリアから入国後エリア側へと戻ってみる、案の定というかやっぱり何も言われなかった

これ出入国税も出国手続きすらもせずに出られたりしないよな・・・?いや、さすがにチケット買うときに何か言われるはず・・・

・・・よくよく考えるとベトナム~カンボジア間や、カンボジア~ラオス間とかもこんな具合・・・いやもった緩かった気もするし、東南アジアの陸路国境なんていうのはこんなもんなんだろう、きっと

DSCF6507

出国税を支払う所

DSCF6518

料金表

価格は入国より1000バーツ引いた額

外国人は平日 8時~16時 無料 6時~8時 16時~22時 11000キープ=50バーツ

土日祝祭日 8時~16時 11000キープ=50バーツ 6時~8時 16時~22時 11000キープ=50バーツ

今度は逆にラオス人は1000キープ高くなっている、意外にも外国人とわりかし平等に扱ってくれている様子

ラオス人も貧しいのに出入国するのに税金取られて大変だなぁ・・・

一応書いておくと、この出入国税だが橋の利用料という名目で徴収しているがこのタイ・ラオス友好橋はオーストラリアからの援助で作られたものっぽい

そしてタイ国側では何も徴収していない、まぁラオスは貧しいから・・・

DSCF6517

電子ボードが置かれていて本日の出国情報が見れる

一番上が男・女・合計の統計かな、その下は車両数と通行料だろうか、けど1番右端の計算が合わないな

DSCF6519

ゲートがあるのカードを差し込み再度、出国エリア側へ

なお、こんな立派なものをわざわざ作ってあるものの、横に道路へ出れる道があって好き勝手に出入り出来る模様・・・ゲート居るのか・・・?

DSCF6521

そしてもう一度、入国エリア側に道路を逆走して戻る(これなら出国手続き後に両替所にも行ける、キープから両替出来るのはよくわからないけど)

今度は自転車に乗って車両出国用のレーンに並ぶ

そうしたら係員の人が来たので、出国手続きをしたのか、スタンプ確認のために再度、パスポートを提出、何も問題ないので、今度はこそ自転車と一緒にちゃんと無事に出国である

・・・適当にやったが、どうやらこの順番で良かったようだ

タイ・ラオス友好橋を渡る

さらばラオスよ、印象の薄い国だったな

DSCF6522

一方の通行の道になり、交差する道路をまっすぐ進めば、またゲートが見えてくる

歩行者は駄目だけど、ちゃんとバイクと自転車のマークが書かれてあります

車両によっては何か支払い必要ぽかったけど、自転車はそのまま進んでいいよとにっこり微笑みながら身振りで教えてくれたDSCF6523

さっき交差していた道路に合流してタイ国側交通ルールの左側走行になる

道の中央は線路が敷かれている

あまり利用者はいないらしいがしっかり運行していて、通行する時間は橋を封鎖してるんだとか

香港も左側通行だったけど、あそこ狭い地域なので、というわけで日本以来、久しぶりの左側走行の国である、うっかり右側走っちゃいそうだな

DSCF6524

橋の上から眺めるメコン川、そういえばこのメコン川ともカンボジア以来こっちにあっちに何度も渡ったなぁ・・・

そんなメコン川ともこれでお別れかぁ・・・

橋の上には、この橋はオーストラリアがラオスとタイに送ったものだぜ!という碑が英語を中央にたぶんラオス語とタイ語で書かれている

DSCF6529

道路脇に線路の監視所?があった

DSCF6532

タイ側へ入国

タイ側イミグレーションへ無事に到着

DSCF6533

着くとインフォメーションセンターとかあるので、そこで入国カードを貰って記入する

DSCF6536

入国カード

最初わかんなくてそのまま入国手続きしようとしたら怒られた

DSCF6535

入国手続所前には大きな道路標識が

僕が目指すメーソートまでは631㎞かぁ・・・

まぁまっすぐ行かないで寄り道するんだけども

DSCF6534

さて、ここもラオス側と同じで入国手続をしたら、そのまま管理官の脇を抜けないで出国側エリアに戻る、何だか不思議な感じである

そして自転車に乗ってまた道路に出てそのまま通行

今度は道路上でパスポートチェックもなかった

DSCF6537

綺麗で立派な街と道路が続いている、ラオスとはぜんぜん違う

DSCF6539

ノーンカーイを散策する

入国したらさっそくセブンイレブンが見えてくる感動

DSCF6544

トゥクトゥクもなんだか立派

DSCF6546

タイと行ったらこれ、あちこちにある王様の肖像画、不敬罪がまだある国ですし

まだ去年なくなった王様の喪に服しているのね・・・

DSCF6547

さて、こうやってブラブラしているがタイ側国境付近には両替所が見つからなかった

たしかにタイ側からしたら弱いラオス・キープなんか需要がないだろうけども一つもないのか・・・

後日見かけた両替所でラオス・キープという文字があった気がするので、銀行に行けば両替は出来るんだろうけども、銀行がある市街地は国境からは少し離れていて不便である

というわけで国境で両替はラオス側でしか出来ないようなのでさっさと両替したい人などは注意である

DSCF6563

少し走ったら夜市が開催されていてた

地面が舗装されてないところなんでドロドロである

DSCF6572

リモコンとかたくさん売ってて誰が買うのか、商売になるのか・・・

DSCF6564

黒ひげ危機一発とかもこっちにあるのか

DSCF6566

瓶詰めされて売られる金魚

DSCF6570

タイ版金魚すくい

DSCF6571

そして、この充実した食環境、素晴らしきなりタイ

DSCF6573

こうしてタイ初日の夜は過ぎていくのであった

DSCF6562

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2017-02-04
売り上げランキング : 6620

by ヨメレバ

D23 地球の歩き方 ラオス 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2017-06-01
売り上げランキング : 16511

by ヨメレバ

香港ドルはマカオパタカに両替すると3%お得になる!

この間、香港からマカオに行ってきました

その際に気づいたことがあるのでメモしておきます

1香港ドルは1マカオ・パタカの価値じゃない

マカオではマカオパタカを発行・流通していますが、お隣、香港の通貨、香港ドルも普通に使えます

少なくとも僕がマカオ滞在中に香港ドルを断られたことはありません

これは隣、マカオパタカより香港ドルのほうが強い通貨であるのと、香港からの旅行者が多いからだと思われます

こういった弱い自国通貨だけでなく強い通貨が使えちゃうことは、ベトナムやカンボジア、ラオスだと同じアジアの他の国でもあります

マカオ内では、1マカオ・パタカ=1香港ドルで計算されて使われますが、微妙にマカオ・パタカの方が香港ドルより安いんですよ

実際は1香港ドル=1.03マカオ・パタカの価値があります

そしてマカオ・パタカは香港ドルとタッグ(固定)されているのでこの相場関係が崩れることがありません

という訳で、ここで両替商の出番になります

両替所は何処?レートは?

image

マカオ歴史地区、セナド広場のあたりを彷徨いていれば、両替商がたくさん、そんな中にちらほらと香港ドル→マカオ・パタカも取り扱っている店がありました

100香港ドルから両替可能で、どこもレートは100香港ドル=103マカオパタカで取り扱ってました

100香港ドル両替すれば40円位お得する計算になります

まさか固定レートそのままの数字で取り扱っているとは思いませんでした

手数料で1マカオ・パタカくらいとっても良いと思うんですが、どうやて儲けだしてるんでしょうか、それだけ香港ドルが欲しいってことなんでしょうかね

マカオ・パタカに両替するデメリット

そんなわけで香港からマカオに行くときは香港ドルはマカオ・パタカに両替していったほうがお得ですよ!

しかし、もちろんデメリットもあります

まずカジノで使えないかもしれないません

僕が行ったときは香港ドルの看板しか見ませんでした

どうも、マカオ・パタカも使えるカジノもあるようですが(その時は色違いのコインになるらしいです)、どこのカジノでも使えるのかはマカオ・パタカが使えるのか僕にはわかりません

そんなカジノで豪遊するぞ!って人がこんなセコいこと考えないかもしれませんけどね

次に香港ドルはマカオで使えますが、マカオ・パタカは当然、香港では使えません

多く両替して余らせてたら逆に損するかと思います

そんなわけで絶対使えきれると思える金額だけ両替しましょう

個人的にはマカオはそんな広くもないし、宿代も高いし、カジノ遊びは貧乏人には無縁だしそんな長逗留する場所でもないと思ってます

なのでマカオ・パタカがそんな大量に必要なる旅行者はそういないかと思いますが、貧乏人は貧乏人らしくセコセコ節約して慎ましやかに生きましょう!

D33 地球の歩き方 マカオ 2016~2017

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2016-04-23
売り上げランキング : 25191

by ヨメレバ