ミャンマービザをカンボジア・プノンペンで取得、値上がり・受取日まで変更がありました

ミャンマービザを旅行の日程上の都合でカンボジア・プノンペンで申請・取得してきました

ミャンマービザは2016年末に変更があり、世界的にビザの値上がりを行ったようです

そのあたりも含めて、ビザ申請時のことを記録しておこうかと思います

営業日・営業時間

image

営業日は月曜から金曜日の平日

僕は最初行ったときミャンマーの休日だとのことで閉まっていて、二度手間でしたので皆さんは気をつけて下さい

営業時間は 9時~12時 14時~16時です

午前はビザの申請のみ、午後はビザの受取のみを行っています

ミャンマービザ取得までの流れ

image

・ミャンマー大使館外観

カンボジアビザはミャンマー大使館で取得できます

場所はイオン・プノンペン店の近くにあります(後述)

DSCF3410

入口に守衛が居るので中に入れてもらいましょう、入館証を貰えます

image

まっすぐ進んでビザ申請所に入ります、質素な内装ですね

image

こちらがミャンマービザ申請書です

写ってる紙の下にも、用紙があって、全部で計3枚必要と少し大変です

4×6の写真が必要ですが、昔作って余ってたサイズが全然違う証明写真でも問題なかったです

自分の身長、体重、ミャンマー滞在中の宿泊場所、果てはカンボジアにはいつ来たか等、細かくいろいろと記入する必要があります

1番面倒だったのが仕事に関する欄で職業名だけでなく、会社のことや、仕事内容についても記入しなければなりません、もちろん英語で

僕はかなり悩みつつ、合ってるかどうか分からない(たぶん合ってない)適当な英語で頑張って記入しました

施設内にWIFIはないのでスマートフォンにインストールしている英和辞典が役に立ちました

事前にGoogle翻訳あたりで文章を用意してきたほうがスマートかと思います

なお、かなり頑張って記入したのですが、それでも何を聞かれてるか分からない欄がいくつかあったので無記入で提出しましたが何も言われませんでした

提出時にもちゃんとチェックしている様子はなかったです、もしかしたらもっと適当な内容でも良かったかもしれません

DSCF3414

申請書を提出するのと一緒にパスポートは預けます(ホールド)

ミャンマービザの受取は3営業日後でした

僕の場合だと6月27日(火)提出で、6月30日(金)の午後14時~16時に受け取りになってます

以前は申請から受取までに一週間(5営業日?)ほどかかっていたようなので早くなってますね

image

施設内には観光案内地図が置いてあります

これ、ミャンマー国内では有料らしいので一応、貰っていきました

DSCF4150

こちらが実際に貰ったミャンマービザです

ベトナムやカンボジアはシールを貼るタイプなのですが、ミャンマービザはハンコでした

シールタイプと比べてなんとなく貧相に見えます

料金

シングル28日で40米ドルでした

カンボジアは自国通貨のカンボジア・リエルよりUSドルのほうが流通しているので通貨を手に入れるのには困りません

なお、2016年に改正されるまで、ミャンマービザは半額の20USドルで申請できました

そのときに40米ドルを基準に世界中の大使館で値上げしたようで、もしタイでミャンマービザを取るにしても今はそれくらい必要なようです

いつのまにかアンコールワットの入場券も大幅に値上がりしているし、なかなか東南アジアも観光するのにお金がかかるようになってきてますね

地図

まとめ

あまり、カンボジアでミャンマービザを取る人も少ないかと思いますが、僕みたいに日程の都合上、必要な人などの参考になれば幸いです

なお、大使館の近くの病院では日本より安く予防接種出来るので、こちらも必要な方は行ってみてはどうでしょうか

2017年6月、カンボジア・プノンペンで予防接種してきました ワクチン料金と病院の感想ついてレポしようと思います 日本人医師がいる病院、ケン...

カンボジアビザをベトナム・ホーチミンシティで取得、賄賂対策でお金を節約しよう

ベトナム・ホーチミンシティのにてカンボジアビザを取ってきました

その時の記録をメモしておきます

ホーチミンシティでカンボジアビザを申請する理由

カンボジアはアライバルビザがあるため、基本的には国境で1ヶ月ビザを発給してもらうことが出来ます

それでは、何故、わざわざホーチミンシティにあるカンボジア大使館まで行く手間と時間を掛けるのかというと、カンボジア国境のイミグレーションはとても評判が悪いからです

具体的にいうと、入国審査官・バス会社のスタッフなどが手数料代などと称して上乗せした金額を要求してくるからです

といっても、日本人からしたら微額(こちらの国の人からしたらそれなりの収入)なので、気にならない人は素直に払えば良いと思います

しかし、僕は払うのが嫌だったので手間と時間を掛けて、お金を節約する方を選びました

日本の時給から考えれば、損してるとは思うのですが僕って今、無職(=時給0円)ですしね

申請可能な時間

image

営業日は月曜から金曜日、平日が営業日です、他に祝日は休みだと予想されます

営業時間は午前・7時30分~11時30分 午後14時~17時までとなってます

ビザの申請は午前中に申請すれば、当日の午後に受け取れまので、早い時間に行くのをおすすめします

取得までの流れ

カンボジアビザはベトナム・ホーチミンシティにあるカンボジア大使館で行いました

ハノイにもカンボジア大使館はあります、そちらでも申請できるようですが詳細は分かりません

ただ、だいたい同じかなと予想します(両方、場所は後述)

image

カンボジア大使館外観

カンボジア大使館は他国の大使館が並んでいる通りにありました

外からだと、どれがカンボジア大使館の建物なのかわかりにくいですflag-of-cambodia-1159274_640

これがカンボジア国旗です、アンコールワットを国の象徴としています

国旗を知っていれば見つけやすいと思います

image

ビザ申請所の案内看板があるのでしたがって進みます、っていうか要らないほど小さい建物が一つあるだけなんですけどね

image

たなびくカンボジア国旗と、なぜかあるバスケットゴール

image

カンボジアビザの申請場所

横に屋外プールなんかあって意外と豪盛なんですが水は入ってなかった

image

こちらが申請用紙です

4×6の写真が必要なのですが、僕は昔作って余っていた、全然サイズ違いの証明写真で提出しても何も言われませんでした

日本の職場とか、滞在目的とか、出入国日とか、どこの国境から入って、どこから出国するのか?など記入欄は多いですがパスポート番号や名前など大事な所と、分かるところだけ適当に記入すれば問題ないと思います

僕はわからないところは無記入で出しましたが、何も言われませんでした

というか、ほとんど書類内容を確認せず受けとっているように見えました

ビザ受取のとき、後から何か言われることもなく、何も問題なしでカンボジアビザを発給してもらえました

なんというか形だけですね~

さすが東南アジア、まぁそうだろうと予想してましたが

なお、ベトナムビザは記入した入国日からビザが有効になりますが、カンボジアビザは入国日から換算なので、そんなトラップはないです、心配無用です

image

書類を提出するのと一緒にビザも預けるこて(ホールド)代わりに引き換え証を貰います

僕の場合だと11時30分、午前の営業時間ぎりぎりに提出して16時に受取でした、受取に掛かった時間は4時間半ですね

空き時間は適当に大使館の周りをプラプラ散歩してました

例えば、少し歩くとアジアで一番歴史があるサイゴン動物園がありますし

2017年6月、カンボジア・プノンペンで予防接種してきました ワクチン料金と病院の感想ついてレポしようと思います 日本人医師がいる病院、ケン...

日本で受けるよりは安いので予防接種してくるのもいいかも

午後、時間になったら受取にいってお金払って終了です

料金

米国ドルで30ドルです

ベトナムドンの料金表は貼ってなかったです

ただ、ネット情報だと70000ベトナムドンで支払いできるとありましたが、当方では未確認

まぁ、どっちみちカンボジアではUSドルの方が、国が発行しているカンボジア・リエルより広く流通しています

なので、事前に多めに両替しちゃってもよいと思います

それに僕のときは70000ドンより30ドルのほうが安かったです

ベトナム・ホーチミン市内でレートの良い両替所 | アジアトラベルノート

僕は施設両替所でベトナムドンをUSドルに変えてから行きましたがレートもかなりよかったです

地図

ホーチミンシティ・カンボジア大使館

ハノイ・カンボジア大使館

まとめ

そんなわけで国境でゴタゴタ揉めたくない、暇な人は事前にビザ取得してきたらいかがでしょうか

タイ・ラオス友好橋を通りラオス・ビエンチャンからタイ・ノーンカーイへ自転車で陸路国境越えをする@タイ・ラオス友好橋、通行手数料料金表付き

DSCF6365

ラオス編もノービザ15日間の滞在を終え終了、タイのノーンカーイへと向かいます

僕が宿泊してた宿、Backpackers Garden Hostelの写真

中庭に池があったりするのもあって蚊が多かったです

ビエンチャンを出発

出発する前にTalat Sao Shopping Mallで食事とタイバーツへの両替もしていきます

(後日知ったのだが、最貧国の通貨だけあってラオス・キープはかなり弱いらしく国外ではほぼ両替出来ないらしいです

タイの大手両替商スーパーリッチはミャンマー・チャットでも買ってくれるのに、ラオス・キープは0円扱いらしい)

DSCF6386

ただこれが日曜日だったので少し手こずりました

こんな風にタイバーツやUSDドルに両替を行ってない店がちらほらあるのですが、日曜日でも開いてる店がそんな所ばっかりだったんですよ

DSCF6384

STB銀行の両替所が開いていてレートボードにもタイバーツが書かれていたのですがなぜかここも断られました

キープからの外貨両替には書類が必要だとか制限があるとか聞いたことがあるのでそれで売ってくれないのかもしれない

DSCF6385

結局、Talat Sao Shopping Mall内を探し回って2階の宝石商店が並んでるところに両替商もやってる店があったのでタイバーツに交換してもらいました

レートはまぁまぁよかったかな、どうもタイバーツの硬貨がないみたいでちょっとおまけしてもらえてサービスが良かったです

DSCF6389

市内からタイ・ラオス友好橋までは約20km、道中は店も多くあり、道もよく整備されていて快適です

タイはラオスの重要な商売相手だからね~

途中ではビア・ラオの蒸留工場や

DSCF6396

ラオスのペプシコーラ工場が見れます

DSCF6398

そして、タイ・ラオス友好橋を通り越して・・・

DSCF6501

ブッダパークに到着

はい、みんな大好き!ブッダパークへ到着!

DSCF6407

ビエンチャン市内から遠いから、このためだけに来るのが面倒だった・・・

行った感想としたは、たしかにラオス・ヴィエンチャンってたしかにろくな観光地がなかったし、それを考えると、まぁこれでもまだマシな観光施設なのかな・・・と

さて、今度こそタイ・ラオス友好橋へと向かいましょうか

ところで、タイ・ラオス友好橋を過ぎた途端に未舗装の悪路、これがラオスクオリティ

家の基礎を車に乗せて運んでるし、ガタンガタン揺れてて壊れないかとこっちが心配だったよ!

DSCF6402

タイ・ラオス友好橋へ向かう

実は行きはどこがタイ・ラオス友好橋の入り口か分からずに通り過ぎていた交差点

DSCF6503

てっきり何かの施設への入り口だと思ってた

いや、施設っちゃ施設なんだけども

DSCF6502

ラオス側のイミグレーションへ到着

ラオスではあるが首都近くの主要な出入り口だから大きくて立派な建物である

DSCF6504

自転車はどうやって手続きすればいいのかわらかないので、調べがてらちょっと散策してみる

ATMと両替所がある、両替所は銀行系と私設の2つがありますね、日曜だからか私設の方は休みで、Phongsavanh銀行の方のみ開いてました

来る前にビエンチャンで両替しようとしたら、休日だからか閉まってる両替所が多くて面倒だったので、国境で両替できたのならここでしたほうがよかったかもな~

DSCF6506

東側には食堂や銀行、あとバスのりば?もあったかな

DSCF6508

西側には免税店が並んでいる

この免税店なんだが、出国ゲートの前にも入り口があって、出国してなくても入れる

そして中を伝っていけば出国後のエリアに出れる・・・それって大丈夫なのか・・・?

DSCF6510

そして免税店を通り抜けた出国後エリアでは、出店が立ち並んでいたりして、マーケット的な雰囲気が醸し出されれていた

さすがラオス、緩いなぁ

DSCF6511

日本から送られてたという日の丸が着いたバスが走っている

DSCF1822

道路標識を見るとちゃんと自転車も書かれていている、どうやら普通に走って出ていけるようで一安心

中国・香港では国境を走ろうとして公安に捕まったからなぁ

皇崗口岸から落馬洲へ自転車と一緒に渡る(ついでに公安に拘束される)
香港と中国を結ぶ出入国検査場としては羅湖口岸がもっとも有名かと思いますけど、いろいろとあった末にから皇崗口岸を通って自転車と中国から香港側の…

DSCF6515

標識を見ると自転車のレーン表示はあるけども、何故か閉鎖されていた

DSCF6516

入国側ゲートを見ると人で渋滞している

タイ・ラオス友好橋@ラオス入国手数料・料金表

外国人は平日 8時~16時 1000キープ=5バーツ 6時~8時 16時~22時 12000キープ=55バーツ

土日祝祭日 8時~16時 9000キープ=40バーツ 6時~8時 16時~22時 12000キープ=55バーツ

出国より1000キープだけ高いね

レートは1バーツ=230キープ計算らしいけど、端数切り捨てのせいで1000キープ=5バーツなのに、9000キープが40バーツ、12000キープが55バーツとおかしな計算になってしまっている

DSCF6514

バス代は4000キープなり

DSCF6513

さて、どうやら自由に行き来できるようだし、自転車はどこから出国すれば良いのかはわからなかったけど、何はともあれう橋を渡るには出国手続きを済ませないとなと思い戻ることに

車両用道路を逆走して、出国後エリアから入国後エリア側へと戻ってみる、案の定というかやっぱり何も言われなかった

これ出入国税を払わずに、出入国手続きすらもせずに出入りできないか・・・?

・・・よくよく考えるとベトナム~カンボジア間や、カンボジア~ラオス間とかもこんな具合・・・いやもった緩かった気もするし、東南アジアの陸路国境なんていうのはこんなもんなんだろう、きっと

出国管理場

DSCF6507

出国税支払い所

DSCF6518

タイ・ラオス友好橋@ラオス出国手数料・料金表

価格は入国より1000バーツ引いた額

外国人は平日 8時~16時 無料 6時~8時 16時~22時 11000キープ=50バーツ

土日祝祭日 8時~16時 11000キープ=50バーツ 6時~8時 16時~22時 11000キープ=50バーツ

今度は逆にラオス人は1000キープ高くなっている、意外にも外国人をわりかし平等に扱ってくれている様子

ラオス人も貧しいのに出入国するのに税金取られて大変だなぁ・・・

一応書いておくと、この出入国税だが橋の利用料という名目で徴収しているがこのタイ・ラオス友好橋はオーストラリアからの援助で作られたものっぽい

そしてタイ国側では何も徴収していない、まぁラオスは貧しいから・・・

DSCF6517

電子ボードが置かれていて本日の出国情報が見れる

一番上が男・女・合計の統計かな、その下は車両数と通行料だろうか、けど1番右端の計算が合わないな

DSCF6519

ゲートがあるのでカードを差し込み再度、出国済みエリア側へ

なお、ラオスらしからぬこんな立派なものをわざわざ作ったのに、車道へ出れる横道があって好き勝手に出入り出来そうだった・・・ゲートの意味あるのか・・・?

DSCF6521

そしてもう一度、入国エリア側に道路を逆走して戻る(これなら出国手続き後に両替所にも行ける)

今度は自転車に乗って車両出国用のレーンに並ぶ

そうしたら係員の人が来たので、出国手続きをしたのかパスポートスタンプの確認をされた

何も問題なかったので、これで無事に自転車と一緒にラオス出国完了である

タイ・ラオス友好橋を渡る

さらばラオスよ、印象の薄い国だったな

DSCF6522

一方の通行の道になり、交差する道路をまっすぐ進めば、またゲートが見えてくる

歩行者は駄目だけど、ちゃんとバイクと自転車のマークが書かれてあります

車両によっては何か支払い必要ぽかったけど、自転車はそのまま進んでいいよとにっこり微笑みながら身振りで教えてくれたDSCF6523

さっき交差していた道路に合流してタイ国側交通ルールの左側走行になる

道の中央は線路が敷かれている

あまり利用者はいないらしいがしっかり運行していて、通行する時間は橋を封鎖してるんだとか

香港も左側通行だったけど、あそこ狭い地域なので、というわけで日本以来、久しぶりの左側走行の国である、うっかり右側走っちゃいそうだな

DSCF6524

橋の上から眺めるメコン川、そういえばこのメコン川ともカンボジア以来こっちにあっちに何度も渡ったなぁ・・・

そんなメコン川ともこれでお別れかぁ・・・

橋の上には、この橋はオーストラリアがラオスとタイに送ったものだぜ!という碑が英語を中央にたぶんラオス語とタイ語で書かれている

DSCF6529

道路脇に線路の監視所?があった

DSCF6532

タイ側へ入国

タイ側イミグレーションへ無事に到着

DSCF6533

着くとインフォメーションセンターとかあるので、そこで入国カードを貰って記入する

DSCF6536

入国カード

最初わかんなくてそのまま入国手続きしようとしたら怒られた

DSCF6535

入国手続所前には大きな道路標識が

僕が目指すメーソートまでは631㎞かぁ・・・

まぁまっすぐ行かないで寄り道するんだけども

DSCF6534

さて、ここもラオス側と同じで入国手続をしたら、そのまま管理官の脇を抜けないで出国側エリアに戻る、何だか不思議な感じである

そして自転車に乗ってまた道路に出てそのまま通行

今度は道路上でパスポートチェックもなかった

DSCF6537

綺麗で立派な街と道路が続いている、ラオスとはぜんぜん違う

DSCF6539

ノーンカーイを散策する

入国したらさっそくセブンイレブンが見えてくる感動

DSCF6544

トゥクトゥクもなんだか立派

DSCF6546

タイと行ったらこれ、あちこちにある王様の肖像画、不敬罪がまだある国ですし

まだ去年なくなった王様の喪に服しているのね・・・

DSCF6547

さて、こうやってブラブラしているがタイ側国境付近には両替所が見つからなかった

たしかにタイ側からしたら弱いラオス・キープなんか需要がないだろうけども一つもないのか・・・

後日見かけた両替所でラオス・キープという文字があった気がするので、銀行に行けば両替は出来るんだろうけども、銀行がある市街地は国境からは少し離れていて不便である

というわけで国境で両替はラオス側でしか出来ないようなのでさっさと両替したい人などは注意である

DSCF6563

少し走ったら夜市が開催されていてた

地面が舗装されてないところなんでドロドロである

DSCF6572

リモコンとかたくさん売ってて誰が買うのか、商売になるのか・・・

DSCF6564

黒ひげ危機一発とかもこっちにあるのか

DSCF6566

瓶詰めされて売られる金魚

DSCF6570

タイ版金魚すくい

DSCF6571

そして、この充実した食環境、素晴らしきなりタイ

DSCF6573

こうしてタイ初日の夜は過ぎていくのであった

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2017-02-04
売り上げランキング : 6620

by ヨメレバ

D23 地球の歩き方 ラオス 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2017-06-01
売り上げランキング : 16511

by ヨメレバ

香港でベトナムビザを取得する方法・料金などについて

2016年5月に香港でベトナムビザを手に入れましたので取得方法や料金ついてレポして見ようと思います

ビザ取得までの流れ・方法

香港でベトナムビザ手に入れるには在香港ベトナム総領事館(Consulate General of the S.R. of Vietnam in Hong Kong)に行く必要があります

DSCF8059

香港島の繁華街の中にあるGreat Smart Towerというビルの15階にあります(詳細な場所・地図は後述)

僕が行ったときはビルは工事中で場所がわかりづらかったです

DSCF8061

15階に上がると目の前がベトナム総領事館になります

DSCF8064

エレベーターの横にビザ申請のための髪とペンが置かれてますので記入します

DSCF8063

申請用紙がこちら

申請できるビザは1ヶ月シングル・1ヶ月マルチ・3ヶ月マルチ・その他、とあります

値段は覚えてないですが、たしか3ヶ月マルチはかなり高かったです

ベトナムビザ申請の面倒くさいところは入国日を決める(記入する)必要があります

たとえば1ヶ月ビザで取るなら、記入日から一ヶ月間しか滞在できません

記入日より前には入国できませんし、記入日より後に入国するなら、遅れた分l滞在日数が減ることになります、面倒くさい

また、3cmX4cmの証明写真が必要です

僕は以前撮った証明写真の残りを持ち歩いていて、それを使いました

サイズは違ったんですけど、ハサミで切ってサイズ調整しても顔は見えるので試しに提出してみたら何も言われませんでした

物価高な香港だと、証明写真も高そうなので節約にもなりました

もし証明写真を撮る必要があるのなら、香港より中国・深セン市の方が安いと思われるので、観光がてら行ってみるのも手だと思います

DSCF8228

さて、記入を終えたら中の受付に行って書類を提出、引換券を貰いましてしょう

そして、パスポートは預けます(ホールドされます)

つまり、香港から出られません、なのでビザ申請中は深セン市やマカオに遊びに行くことが出来ないので注意

RIMG2494

ビザの受取は3営業日後になります

僕は5月4日(木)提出して受取は5月9日(火)でした

ビザの受取はスムーズですぐ終わりました

営業時間

DSCF8060

営業時間は

月~金 9:00~12:30 and 14:00~17:00までになります

お昼休憩があります、祝日も休みです

僕が申請に行ったとき運悪く中国の連休中に当ってしまいしばらく閉まってました

お陰で二度手間になったし、当初の予定より香港滞在日が長くなりました

祝日・連休に当たったのって、ベトナムビザのときだけじゃくなくて、中国ビザ・ミャンマービザ申請のときもなんですよね~

皆さんはこんなことにならないよう、祝祭日にはお気をつけ下さい

ビザの料金・申請に必要なもの

560HKD(30日シングルビザ・8000円ほど)

証明写真(3cm x 4cm)

在香港ベトナム総領事館の場所・地図

Consulate General of the S.R. of Vietnam in Hong Kongの場所

広州市で安くベトナムビザを手に入れる

ところでベトナムビザは香港より少し北にある、中国の都市、広州市でも申請できるようです

しかも、ビザ料金は中国人価格で安いという話です

今回、ベトナムビザを申請するにあたり、広州市のベトナム領事館に問い合わせメールを送ってみました

しかし、返信がなく、本当に安いのか料金を確認することが出来ませんでした

仮にビザ代が安くても、移動費やら滞在費やらかかりますので、ビザ取得だけを目的にするのなら総合的には香港で取った方が安いとは思います(僕もそうしましたから)

まぁ、広州市を観光しがてらベトナムビザを取る方法もあるらしいという話でした、参考までに

聖地巡礼記:織田信奈の野望@京都(京都御所)

アニメ・織田信奈の野望には作中、京都御所の風景が出てきます

年に一度ある公開日に行ってきましたので、そのときに撮った写真を掲載しておきます

京都・京都御所

通路

京都御所の外縁だったかな

奥のテントは中にはいるのに荷物チェックをしているところです

紫宸殿

日本の古い政治の中心地、紫宸殿、天皇陛下がおわした場所ですね

時代劇なでなんとなく見たような覚えがある場所です

織田信奈の野望だけでなく、いろいろな作品に出てきてる場所だと思われます

たとえば、装甲悪鬼村正とかね

ニトロプラスから販売された装甲悪鬼村正の背景には京都御所が使われているものがあります 京都御所には一般人は普段入ることは出来ないのですが、公...

聖地巡礼記:月姫@新宿・渋谷・銀座・日比谷・中野・練馬・蒲田・狛江・越谷 おまけ:同人サークル時代のTYPE-MOON所在地探訪

今まで書いた月姫聖地巡礼の記事をまとめてみました

それと、記事がかなり陳腐化していて、かなり見づらかったり構成がおかしかったりとかなり恥ずかしかったので加筆・修正しておきます

どうでもいいですが記事名の都市の順番は僕がなんとなく気分で付けた東京地域ランキングになっております

練馬区のとある中学校

ご存知、志貴くんの通う学校です

練馬の平和台付近の学校です

他サイト様が名前は控えているようなので念のため出さないでおきます

学校正門

IMG_2609[3]

bg_01b[2]

よく聖地巡礼している、絵と実物にどれくらい違いがあるのか気になるところではあるのですが月姫の場合は写真を加工したものなので、今と昔でどれくらい変わってるかな?というのが注目するべきところでしょうか

そして、見比べてみますと、かなり古い作品でありますが、まったく同じ構図ですね~

学校なんて場所はそうそう変わる場所ではないですからね~

bg_03b[3]

こちらの構図は中から撮ったものですね

さすがに人気がないとは言え、無断で敷地内に入るわけにはいかないので画像なし

だいたい同じ場所なので参考までに背景画だけ貼っておきます

学校裏

IMG_2615[3]

bg_05a[2]

作中ではたしか校舎裏として出てきてた覚えがありますが、実際は学校正門入ってすぐ左の脇道でした

ここも本当は学校内からの写真ですが上記の通りなので以下略

やっぱり背景画と写真に違いは見られないですね~

そういえば、写真に写ってる自転車、BROMPTONは僕のです、今はもう処分しちゃったんですけどそうか~まだこの頃は持ってたのか~

英国製のイカした折りたたみ自転車で、アニメ・けいおんのOPに出てきたりもしてました、うん今は関係ないですね

学校校庭

IMG_2619[3]

bg_02a[2]

学校正門からぐるーっと周って、住宅街のようなところに入り、こんなところから学校見える場所あるの?ってところから撮りました

残念ながらネット越しに撮影です、これもやっぱり学校敷地内からの写真なのでしょう

少し見えづらいですが、やっぱり変わってないですね~、良いことです

廊下(学校内)

image

bg_10b[2]

後日、学校内の探訪にも行ってきました

月姫に限らず、同じくTYPE-MOON作品のFate/stay nightの背景もこの中学校が使われているという話なんですよ

という話ではあるんですけど、僕の知る限り校内を探訪したという人を知らないし、本当かどうかよく分からないのですよ

さすがに学校施設内なので探訪は諦めていたですが、秒速5センチメートルやロボティクスノーツの舞台になっている種子島中央高校は申請すれば、すんなりと敷地内に入ることが出来ました

なので、もしかしたら、この中学校も何かしら中を見る方法をあるんじゃない?と探してみたところ、なんだか学校内に入れそうなのが・・・(曖昧な表現)

とりあえず電話で確認したところ、敷地内に入って大丈夫と許可をいただけたので行ってきました

とはいえ、あまりカメラ出してパシャパシャ撮るのも気が引けたので写真は適当なのは勘弁して欲しい

この背景とか本当はもう一区画先ですね

階段(学校内)

crOC8tGxM_XpMOy1511620174_1511620200[3]

bg_07b[2]

この階段も場所が違いますね~きっと

けど雰囲気は似てるかな、手すりが外側に付いてますね

階段の風景はFate/stay nightでも使われていると聞いた気するけどよくわからないなぁ

銀座~有楽町駅・数寄屋橋交差点前

IMG_2625[3]

bg_26a[2]

銀座と有楽町ってどちらも有名で別個の名前になってますけど、実際歩いてみる感覚としては同じ場所なんですよね、東京って密集してるんでこんな場所が度々あります

まぁ、そんな場所にある数寄屋橋交差点前です、こりゃまたすごい名前だ

江戸城(皇居)のすぐ近くですからね~、歴史を感じさせてくれるネーミングセンスです

そんな場所にデカデカと掲げられ光る不二家の看板、レトロ感のある配色なのがまたたまらない、一体いつからあるんだろうか

日比谷・日比谷公園

噴水

IMG_2668[3]

bg_28a[2]

銀座・有楽町駅から少し東にあると日比谷公園に着きます

すぐ隣は日本の中心地、官公庁街のある霞が関です

更に道路一本渡ると法務省、東京高等裁判所のある地区です

きっと僕がこうして、のほほんと聖地巡礼なんかしてる間にも、これからの人生の重大な判決・岐路を言い渡されてる人々がいるのでしょう

なお、誰でも傍聴出来ますので、一度行ってみるのも良い人生経験になるのではないでしょうか

それはそうと、この写真、撮ったのが夜なんですよね~、見づらい

2008-12-23 20-26-56[7]

日中の写真ってないの?と思って探したら、こんなのならありました、かなり前ですが

通路

DSCF5542[7]

bg_27a[2]

噴水から日比谷公会堂へと繋がってる、その道路

ここもさして変わってない・・・どころかまったくと言ってよいほど同じではないでしょうか

道路の補修跡までそのまんまです

DSC08418[7]

そういえば、公園内をふらふらしていたら看板を見つけたのですが、ここが伊達政宗、終焉の地だそうです

仙台旅行に行ったときに、向こうで祀られている位牌なり見たことがありますが、これは知らなかったなぁ

渋谷

ビックカメラ渋谷ハチ公口店

IMG_2822[2]

bg_86[5]

レンが走っていた街・通りですね

この背景って、それ以外で使われてないですよね、たぶん

季節外れの雪が降っているという、異常さを伝える背景画、シーンだった覚えが、それゆえに使用回数が少なくてもなんだか印象に残ってます

街路樹が邪魔ですね、背景画の方は枯れてるように見えるので冬にとった写真でしょうか

看板など、些細な違いはありますが建物はそのまま残ってますね

渋谷にはビックカメラは2つありますので注意、東口店じゃなくハチ公口店の方です

渋谷マルイ

IMG_2660[3]

bg_25a[2]

う~ん、柱の形状が少し変わってるかな

それ以外は同じに見える

人通りが多い場所ですが、変な人には着いて行かないようにしてくださいな

新宿・新宿住友ビル前

2008-12-25 18-58-48[3]

bg_29a[7]

手押ししてて気づいたのですが新宿の背景画、貼り付けてなかったのね!うっかりしてた!

うわ!山ほどある中から昔の写真探す面倒くさい!って思ったけどすぐ見つかった、助かった

というわけで、新宿住友ビルディング前です

ここはたしかネロとの戦闘があった場所だったかな

左の建物の中にあるあれは・・・何?・・・なんか卑猥な形に見えるな・・・

あと右の気の麓に社が出来てますね、GoogleMapで調べたら恋弁天というそうです・・・恋、恋か・・・二次元となら・・・

なんでも、出雲大社に行くのと同様の利益があるのだとかいう現金な社だそうです

中野・住宅街

image

bg_23b[3]

住宅街の一角、奥まったところにあります

普通気付かないよなぁ、よく発見したよな

石垣は一致しているけど、電柱は変わってますね

こんな風に住宅街の一角に埋もれ発見されてない、消えてしまった月姫は舞台ってあちこちあるんだろうなぁ・・・

狛江(アルクェイドのマンション)

狛江市にあるマンションです

こちらも詳細な場所は念のため控えておきましょう

マンション入口

IMG_2791[3]

bg_12a[2]

女性、それも一人暮らしの方は変質者に注意しましょう

家に帰るときは背後に気をつけて、誰も着いてきていないことを確認してから家に入りましょう

特に家の周囲にCameraをBringしてAroundしてる輩はアウツなので今すぐ通報しましょう

上階

IMG_2804[7]

bg_13a[2]

姉さん事件です、あなたを犯人です

同人サークル・はいぺりよんより販売された同人グロゲー3M -Marionettes manipulate the marionette #D...

ここって十七分割の事件現場ってだけじゃなく、他のグロ同人ゲーにも出てきます

何故、みんなはこの平和なマンションを事件現場に仕立て上げたいんだ?

画像を比べると、今は落下防止のためにネットがありますね

安全性が上がってるところがなんだか現代っぽいのかと思います

越谷・横田診療所(時南医院)

IMG_2856[2]

bg_67[2]

越谷にある、個人宅と思われる建物・・・っと思ってたのだけど、どうも現役バリバリの診療所だったらしい

僕のブログを参考に月姫聖地巡礼されて、記事を書いてリンク貼ってくれた親切な人が居たんですよ

月姫 聖地巡礼 その2 : Angler – 陸より出でて魚釣るもの –

それを読んで気づきました、個人宅でないなら名前を書いても問題なさそうですね

しかし、なんで個人宅なんかと思ったのか・・・と思い返してみたのですが、僕が行ったときって2012年の正月頃の話なんですよね

とても趣のある建物(オブラートに包んだ表現)に、平日なのに営業してる様子がない

けど裏庭の方からは生活感が漂ってる・・・というのを見てそう勘違い・・・したのかなぁ?

それと当時、この病院らしいという目星を付けたときに、インターネットで情報を探してもあまり出てこなかったような覚えがあるのでそれもあるのかも

今も名前で検索してあまり情報が出てこない(別な病院が引っかかったりする)ですけど、YouTubeに病院内のインタビュー動画なんか上がってるのね

まぁ何はともあれここも、ほぼそのまま残ってますね、嬉しいことです

蒲田・ネパール・インド料理シャングリーラ(SHANGRI LA)

image

bg_90[2]

蒲田にある、ネパール・インド料理シャングリーラという店です

GoogleMapで検索するとレストラン シャングリーラなぞというお洒落な名前が出てきてしまいます

しかし、歌月十夜にて暴走したシエル先輩のイメージが強すぎるのでこの店を紹介する上でインドとかカレーとかいう言葉を使わざるおえない・・・

image

僕、このインドカレー屋のことはこの間まで全然知らなくてですね

この店のことも上で書いた方の記事で知りました

料理の方はとても美味しかったです

食べログやGoogleMapのレビューでも高評価されてお店です

おまけ:同人サークル時代のTYPE-MOON所在地探訪

同人サークルだった時代のTYPE-MOON所在地に行ってきました

正確な場所は書きませんが、この場所は上で書いた蒲田のカレー屋シャングリラや、同じくTYPE-MOONの別作品、Fate/stay nightで背景が出て来る梅屋敷商店街のすぐ側にあります

特に積極的に、Fate関係の聖地巡りをしていたわけじゃあないですが、近場に行ったついでに寄っていたら 神戸、聖蹟桜ヶ丘、幕張と有名所はひと...

Fate/stay nightも当初は同人サークルから、同人ゲームとして販売される予定でしたからね

これは僕の予想ですが、その2つの背景が出てくるのはここで開発されていたからなのかな思ってます、制作会社の周辺の風景を使う例って度々あるし

ですので、奈須きのこ先生や、武内崇先生らがこのインドカレー屋に来てたのかな、この商店街に買い物に来たのかなと思いながら探訪するとよりいっそう楽しめます

まぁ、月姫の背景は某会社の背景素材集から多数引用されているので探せば見つかったりするのかもしれませんけど、もしそうだったらちょっと残念だな

IMG_4767[2]

さて、実際に来てみましたが、なんとも普通のアパートでなんだかコメントに困るな

IMG_4773[2]

部屋番号が書いてないので、何処がどの部屋かいまいち分からないのですが、たぶん一番奥の部屋がTYPE-MOON跡地なはず。

正直言って、かなりのオンボロビルです

けど、ここの場所からのし上がって今や、ヲタクの聖典と化しているFateシリーズが始まったのかと思う感慨深いものがありますね

今は、恐らくTYPE-MOONとはまったく関係ない方が住んでいるようです。

住所については、ここでは書きません

しかし、昔は公表されていたことなので、検索をかければ見つかるかもしれません

ところで何故、住所が公開されていたかというと、今は何もかもがインターネットを通して行なわれますが月姫が販売された当時はまだそんな時代ではなかったからだそうです

じゃあどうしていたのかというと、販売当初は即売会での販売以外に、手紙・はがきを通して受注・発送を行っていたのだとか

なんとも趣があり、そんな方法で通販していたこととか、あのTYPE-MOONがそんなことしてたとか、いろいろ考えられないですよね~

今の時代はAmazonでポチッとなすれば何でもすぐ来ますから

同人サークルも作品の販売は自サイトからはもとより、AmazonやDL販売サイトに流通させることが普通の時代なってますからね

月姫の聖地・背景についての所感

月姫は今でこそ存在感が薄くなってしまいましたが販売当時はオタクの間でとても話題になった作品です

しかし、写真を流用した背景画ということから舞台が必ずあるにもかかわらず、特定されていないものがいくつもあるのが現状です

月姫は今となってはもう10年以上前の古い作品ですが舞台探訪してみると意外と変わらずにそのまま残ってます

だから、まだ特定されてない聖地も、余り変わらずに残ってる可能性は高いと思うのですが残念でなりません

これが後年、販売されたFate/stay nightや同じく話題になった同人作品、ひぐらしのなく頃に(背景に写真を使っている点も同じ)はまたたくまに舞台が特定されていきました

それではこの違いは何かというと、話題になった当時のインターネットの普及率の違いだと思うんですよね

Fate/stay nightとひぐらしのなく頃には販売時、ネット上で熱く語られ、情報交換され、そして捜索されてたようなそんな印象があります

逆に言うなら、今の時代にまた話題になり月姫というブランドが復権することがあるのなら何処かの誰かが特定してくれる可能性は高いのではないでしょうか(完全に他人任せだけど自分一人じゃどうしようもないです)

つまり何が言いたいかと言うと・・・

奈須きのこ先生!早く月姫リメイクとまほよの続きとDDDと月姫2のシナリオ書いて!お願いします!

地図

マレーシア・コタバル、太平洋戦争開戦の地、パンタイ・ダサール・サパ(Pantai Sabak)と戦争博物館に行ってきました

2017年10月に太平洋戦争にて最初の戦闘が起きたマレーシア・コタバルのパンタイ・ダサール・サパに行ってきました

ネットで調べてもあまりパンタイ・ダサール・サパについて情報がないでそれも併せてレポしておきます

なお、wikipediaからの引用でパンタイ・ダサール・サパと書きましたが、他にサバク海岸、サバクビーチなど呼ばれているようです

パンタイ・ダサール・サパ(Pantai Sabak)の風景・景観写真、行った感想

DSCF3448

スルタン・イスマイル・プトラ空港です

最初、場所が何処にあるかはっきりしてなかったので、とりあえず旧日本軍が上陸した海外は空港の近くにあるとのことで行ってみて周囲を散策する

DSCF3449

結果としてこの路地を先に進んだところにありました

DSCF3450

曲がり角にはイスラム式?のお墓が並んでいます

DSCF3451

本当にここでいいのかなと不安になりつつ住宅街らしき道を進んで行くと看板が見えてきます

DSCF3453

一応、看板はあるものの、観光地としてはまったく賑わってはいませんけどね

ここから1.5km先になります

DSCF3452

看板をクローズアップ

ゼロ戦と日の丸、マレーの虎ことマレー作戦の司令官山下奉文と英国側司令官アーサー・アーネスト・パーシバルが描かれてますね

あとHistorical Site of World War 2、怪しい日本語で「歴史的Pantaiクアラ朴Amatの第二次世界大戦の場所」とあります、まぁニュアンスで伝えたいことはなんとなく分かる

Pantai Kuaka Pak Amatともありますが、どうもこれは地域名なような気がします

いろんな名称がありますが、どれが正しいのでしょうか

どうも、この辺りのビーチ、ちょっと移動すると地域名が変わるみたいなんですよね、日本で呼ばれるサバク海岸はもう少し東になります

この辺り一体に上陸したと思われるので、日本人に語感の良いサバク海岸が定着したのかもしれませんね

DSCF3454

指示された通りに道を進むと川沿いになります

DSCF3455

民家もあり、どロカールです、小さな商店とかもあります

DSCF3456

しばらく行くとと橋が見えてきます、ここまで来たらもうすぐ

DSCF3458

橋上からの風景、東南アジアっぽい

DSCF3460

橋を渡る碑が見えます

流されたとも聞きましたが、どうも新しく作られたようです

DSCF3468

碑をクローズアップするとマレー語で書かれてます

翻訳するとこんな感じです

Laman pendaratan(上陸地点)

Jepun 1941(1941年に日本が)

Kuala Pak Amat(プラウ・パック・アマット)

7 Disember 1941(1941年12月7日)

11.45 Malam(夜11時45分)

でいいのかな

プラウ・パック・アマットとまた違う名前が出てきましたね

DSCF3463

近くには廃屋があります、人気のない海岸です

DSCF3471

せっかくここまで来たので記念写真

DSCF3472

DSCF3473

 

DSCF3475

DSCF7092

海岸の写真、ご覧の通りなにもないです

しかし、かつて日本から遠いこの地に日本軍が上陸し大東亜戦争の火蓋が切って落とされたかと思うと何とも言えない心境になります、黙祷

DSCF3483

ちなみに、帰りに寄った自転車屋のオーナーが戦中の頃の話をしてくれました

ある日、いきなり大量の飛行機が飛んできてびっくりしたとか言ってたと思うのですが僕の語学力じゃよくわからなかったです

パンタイ・ダサール・サパ(Pantai Sabak)の場所

改めて見るとGoogleMapにもスポット登録されてました

看板のある場所

ビーチの場所

GoogleMapにはプラウ・パック・アマット(Pulau Pak Amat)という名前で掲載されています

戦争博物館

パンタイ・ダサール・サパの次はコタバル市内にある戦争博物館(第二次世界大戦記念館)へと向かいました

ちなみにここのスポットはGoogleMapでは

  1. Bank Kerapu
  2. Bank Kerapu Second World War Memorial
  3. War Museum

の3つの名前で登録されています、ややこしいですね

銀行とあるのは、昔の銀行の建物を再利用してるからです

DSCF3631

博物館外観、マレーシア国旗がたくさんあります

DSCF3491

マレーシア人料金と外国人料金が設定されています

外国人・大人4RMなのですが、マレーシア人子供料金の1RMで入れました、何故?

同じ経営の周囲の博物館はプライスボード通りにしっかりと4RM取られてます

DSCF3492

件の謎のマレーシア人子供用チケット・・・なにげに英語が書かれてるんですね

DSCF3493

中に入ると、マレーの虎、山下奉文の人形があります

博物館展示の流れとしては

第一次世界大戦概要→第二次世界大戦概要→マレー作戦→日本の統治と日本敗戦→いろいろあってマレーシア独立

だったかと思います

DSCF3513

DSCF3514

DSCF3515

旧日本軍、コタバル上陸時の写真

DSCF3522

旧日本軍上陸後3日目に取られた、上陸した当時のビーチ

DSCF3532

銀輪部隊(自転車部隊)の写真

DSCF3534

DSCF3535

自転車の展示、当時の銀輪部隊が作った本物でしょうか?

DSCF3536

DSCF3537

武器らしきものの残骸

DSCF3540

上陸記念碑、レプリカです

本物はコタバルから少し離れた南にある街、Machangの学校敷地内あるそうです

GoogleMapから学校スポットを開くと、本物の上陸記念碑の写真も登録されていて見ることが出来ます

DSCF3547

日本軍が残していった装備

DSCF3548

日本軍人の写真、後ろにチハ

DSCF3549

旭日旗とガスマスク、インパクトのある写真ですね

DSCF3550

水筒、アイロンなど

DSCF3556

泰緬鉄道のレール、レプリカ?本物?

何でこんな所にあるんでしょう

DSCF3557

泰緬鉄道のちず

DSCF3602

英国軍が残していったもの

DSCF3621

独立宣言のところのエリア、各州の旗が並んでいる、奥にあるのは桜?

DSCF3630

入り口

DSCF3633

表には解説碑があります

DSCF3634

続いて博物館横の広場、ここは自由に入れるみたいでした

大砲

DSCF3635

何かのスクリュー

DSCF3636

電探、すごくデカイ、英国軍が使ってたものですかね

DSCF3637

内部、なんかかっちょいい

DSCF3640

トーチカ

DSCF3644

DSCF3648

戦車

何でここにあるのかわからないですけど、結構最近ものじゃないでしょうか

古くて珍しそうなものを適当に展示してるだけだと思います

あと、この博物館の裏手にはマレーシアの武器の歴史を扱った別館があるので、それも関係してるのかな

DSCF3657

旧日本軍がコタバル上陸に実際に使ったボートらしいです

後年、近くで見つかって展示されることになったようです

DSCF3660

博物館正面にある、マレーシア独立記念碑

僕が行ったとき、丁寧に色が塗り直されてました

DSCF3667

何かよく分からないけどアニメチックな絵の看板

戦争博物館の場所

カンボジア・プノンペンで安く予防接種!ワクチンの料金は?ケンクリニックに行ってきた!

2017年6月、カンボジア・プノンペンで予防接種してきました

ワクチン料金と病院の感想ついてレポしようと思います

日本人医師がいる病院、ケンクリニックに行ってきた

僕が行ってきた病院はケンクリニックというところです

なんでも「カンボジア初の日本人医師によるクリニック」なのだとか

参考:ケン・クリニックーカンボジア初の日本人開業医 KEN CLINIC Cambodia

ケンクリニックに決めた理由は、カンボジア・プノンペンでここ以外に予防接種出来るところがわからなかったからという消極的な理由です

恐らく、探せばローカルな予防接種が可能な病院はあると思うのですがすいませんが僕は分かりません

ここがケンクリニック

小さい建物ながら警備員が入り口にいてセキュリティがしっかりしてました

場所はこちら→https://goo.gl/maps/jS9bMMtMgQ92

なお、この通りに牛角がありました

内装も綺麗です

在留邦人向けのフリーペーパーが置いてました、読んでみましたがなかなかおもしろかったです

年利5.5%のドル預金なんか心動かされます、日本人デスクもあるそうですし

お医者先生は日本人でしたが、看護婦さんはクメール人らしくちょっと片言な日本語を喋ってました、もちろんどちらの方もとても親切でした

客層は日本人が主でしたけど、クメール人らしい人も居ました

受付して問診票書いて、先生に質問されてワクチンをぷすっとな、で終わり、何も問題なし

料金

病院に予防接種料金表が置かれていましたので写真を貼っておきます

2016年11月26日作成のもの、最新の料金は病院にてご確認下さい、参考までに

A型肝炎 68USD(7500円ほど)

B型肝炎 15USD(1600円ほど)

AB型肝炎混合 75USD(8200円ほど)

破傷風 9USD(1000円ほど)

狂犬病 20USD(2200円ほど)

日本脳炎 60USD(6600円ほど)

ロタウィルス 40USD

腸チフス 19USD(2100円ほど)

肺炎球菌 145USD

ヘモフィルスインフルエンザb型 27USD

ポリオ 12USD(1300円ほど)

MMR 25USD

水疱瘡 65USD

5種混合 80USD

まとめ:スケージュール次第ではプノンペンで受けるのは全然あり

以前と同じことを書きますが、僕は海外旅行に出る前、2016年にバックパッカーに有名なふたばクリニックさんで予防接種受けてきました

そのときの料金を調べてみましたが、日本で受けるより全然安い値段です、何故か、日本脳炎だけは高いですが

また、以前記事で書いた、ベトナム・ホーチミンシティのロータスクリニックと料金を比較してもワクチンによってはかなり安く接種できるものがあります

ただ、それでもどうやら、有名なタイ・バンコクのスネークファームの方がもっと安いようです

しかし、ワクチンによっては次の接種に期間が必要なものもあるので、スケージュールの都合からカンボジアで受けるのもありだと僕はおもいます

2017年6月にベトナム・ホーチミンシティにて予防接種してきました、日本で受けるより安かったです ワクチン料金と僕がいった病院についての感...
格安予防接種が出来ると有名なタイ・バンコクのスネークファームで予防接種してきました 行き方とか受診の仕方などは他のブログ様で腐るほど書かれ...
狂犬病とB型肝炎の予防接種受ける必要があったのでビエンチャンにて予防接種の二回目を受けてきました ラオス・ビエンチャンで予防接種を受けられ...
D22 地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2017~2018
地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2016-12-17
売り上げランキング : 66736

by ヨメレバ

ベトナム・ホーチミンシティで安く予防接種!ワクチン料金はいくら?LOTUS CLINIC(ロータスクリニック)に行ってきた

2017年6月にベトナム・ホーチミンシティにて予防接種してきました、日本で受けるより安かったです

ワクチン料金と僕がいった病院についての感想をレポしておこうかと思います

ベトナム・ホーチミンシティにある予防接種可能な病院

僕が今回、調べてベトナム・ホーチミンシティで予防接種が可能だった病院は2つ

LOTUS CLINIC(ロータスクリニック)とラッフルズメディカルホーチミン

たぶん、他にも予防接種可能な病院はあるのでしょうが、何故、この2つが候補になったのかというと日本語が通じるからとのことでした

なので摂取したいワクチンがあるか?料金はいくらか?を電話で確認すること出来たため、安心だし楽でした

そして確認したところ、ラッフルズメディカルホーチミンさんの方は現在、日本人医師が一時帰国しているとのこと、料金も高かったため、LOTUS CLINIC(ロータスクリニック)さんの方に行ってきました

参考:www.lotus-clinic.comベトナム:日本語が通じるクリニックlインターナショナルSOSジャパン

LOTUS CLINIC(ロータスクリニック)に行った感想

クリニックはとても立派なビルの中に入っています

場所はこちら→https://goo.gl/maps/WxzYec2jKYN2

なんとも、ベトナム人と比べて金持ちな日本人相手の病院なんだなぁと思わされます

クリニック入り口、日本の普通の病院にしか見えませんね

内装もさすがに立派です

電話したとき、実はちょっとつっけんどんな印象があって怖かったのですが実際行くとすごく親切でした、ちなみにこのときに予約してから行きました

受付をすませて、問診票を書いて、しばらく待ちます

利用客も日本人ばかりでした

日本人クオリティで子供の遊び場や、日本の雑誌が置かれていて気が利いています

在留邦人向けの情報誌もあってこれがなかなか面白いので行かれる方は読んでみると良いでしょう

僕が読んだときはベトナムと日本人の結婚式マナーの違いが書かれてました、マナーを気にするあたり日本人っぽいですよね~

しらばく待ったあと、先生に呼ばれて、もう一度質問されてからワクチンをぷすっとな、先生もとても紳士な人で好感が持てました

帰るときも領収書を封筒に入れて渡してくれました、あと病院カードも作ってくれます、なんとも日本人クオリティなちゃんとした病院でした

料金

病院から予防接種料金・スケジュール表を貰いましたので掲載しておきます

2017年4月作成のものなので最新の情報は病院にご確認下さい、参考までに

  • 診察料420000VND(2100円ほど)
  • A型肝炎966000VND(4830円ほど)
  • B型肝炎840000VND(4200円ほど)
  • AB型肝炎混合1218000VND(6090円ほど)
  • 破傷風273000VND(1370円ほど)
  • 狂犬病777000VND(3885円ほど)
  • 日本脳炎441000VND(2205円ほど)
  • 腸チフス546000VND(2730円ほど)
  • ロタ2058000VND
  • 髄膜炎987000VND
  • 水痘777000VND
  • MMR441000VND
  • ポリオ331000VND

 

なお、僕がラッフルズメディカル ホーチミンに電話で確認したときの料金メモはこんな具合です

診察料 初回1687000VND(8350円ほど) 二回目以降は83700VND=約468.5円
a型肝炎 なし
b型肝炎 なし
a/b型混合肝炎ワクチン 695000VND(3975円ほど)
狂犬病 あり 386000VND(1930円ほど) 残り6本今後入ってくる予定なし

初診料も高いですし、在庫を見てもロータスクリニックさんの方が余裕があるようです

二回目以降の診察料は安くなるので在住してる方向きでしょうか・・・

まとめ:スケージュール次第でベトナム・ホーチミンシティで受けるのは全然あり

僕は海外旅行に出る前、2016年にバックパッカーに有名なふたばクリニックさんで予防接種受けてきました

そのときの料金を調べてみたのですが、日本で受けるよりは安い値段です

ただ、日本人向けに開業している病院なので料金も相応に高く、日本よりすごく安いというわけでもないです

これがベトナム人がよく行くようなローカルの病院ならもっと安いのだろうと思うのですが、言葉の壁があるので難しいです

とにかく安く受けたい人は有名なタイ・バンコクのスネークファームをおすすめします

ただ、ワクチンは物によっては次の接種に期間が必要なものもあるので、スケージュールの都合からホーチミンで受けるのもありだと僕はおもいます

2017年6月、カンボジア・プノンペンで予防接種してきました ワクチン料金と病院の感想ついてレポしようと思います 日本人医師がいる病院、...
格安予防接種が出来ると有名なタイ・バンコクのスネークファームで予防接種してきました 行き方とか受診の仕方などは他のブログ様で腐るほど書かれ...
狂犬病とB型肝炎の予防接種受ける必要があったのでビエンチャンにて予防接種の二回目を受けてきました ラオス・ビエンチャンで予防接種を受けられ...
D21 地球の歩き方 ベトナム 2017~2018
地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2017-07-06
売り上げランキング : 4305

by ヨメレバ

SNSとブログの連携情報伝達表を作って、集客とかSEOとか考えてみた

個人が情報発信をするのが当たり前の時代になりましたが、その情報発信するツールにもいろいろな物があります

定番のものだとブログ、Twitter、Facebook

最近人気のInstagram、一昔流行ったmixi、他にもTumblr、Google+といったマニアックなものまでとたくさん複数使いこなす人も多いです

そして、これらの情報発信ツールは今は連携機能を設定出来るものも多く、複数のサービスに一度で同時に投稿出来るようになりました

しかし、それ故に複数のサービスを使い連携していると「今、どんな流れで連携しているんだっけ?」と全体図がわからなくなってきます

というか、僕がわからなくなりました

そんなわけで、僕が今使ってるSNS及びブログの情報伝達経路を図にしてみました

まぁ、こんな連携方法もあるんだなと参考程度に見て下さい

僕は情報発信はブログを中心に据えて考えています、なので

赤枠サービス→サービスとブログで相互リンクしている

黄枠サービス→サービスからブログに一方通行のリンク(バックリンク)

というように図を使いました

あと、僕がサービスの利用状況も書いておくと、fc2blogとamebaBlogはWordPress(当ブログ)に移る前に使っていた旧ブログですね、万一迷って旧ブログの方に飛んでしまった人のために新ブログのURLだけ書いてます

Tumblr、ミクシィ、Path、Google+は今は利用頻度は低いけど連携だけしてる状態です

WordPress.comはWordPress(当ブログ)にあるSNSとの連携外部サービスですね、一応ブログの機能と分けて図にしました

MirrorBlogとGmailはただの当ブログのバックアップ先なだけで非公開です

結局、主に利用してるのはBlogとTwitter、Facebook、Instagramと定番サービスだけですね

あと僕はせっかく投稿するなら多くの人に見てもらいですし、公式の連携機能を使って出来るだけたくさんの利用しているサービスと連携出来るようにしたつもりです

しかし、IFTTTのような第三者サービスを使えばもっと連携パターンが増やせますし、調べたらHootsuiteのような一度に複数のSNSを管理するツールもあるようですね

そういうは大抵、有料、もしくは有料プランに映らないと制限があるみたいですが

WordPressからの情報伝達表

数えてみると一度の投稿で6サービスにも連携できているんですね

けど、実際のところBlogにまで流入があるのはTwitterかFacebookくらいですはありますが

ただ、一昔ほど効果がなくなったとはいえ、バックリンクがもしかしたらSEOに貢献…してる・・・かも?

Twitterからの情報伝達表

3サービスに連携できています

とはいえ、FC2blogとmixiは死んでる状態なんですが、Facebookからはときたま反応を貰えます

Instagramからの情報伝達表

5サービスと連携できています

ちなみに、Instagramから直接、Facebookと連携することも可能なんですが僕は他のSNSとの連携も考えてTwitterを間に挟んでます

あと、書いてませんがインスタグラム標準のツイッター連携だと写真が投稿されないので、本当は間にIFTTTを挟んでます

伝達経路だけを見ればTwitterにも同時投稿に出来る上位互換になっているので、画像が無ければ投稿出来ないという制限さえもしよければ、多く場所に投稿できるので多くの反応が貰えそうです

ただ、僕はInstagramはパソコンでは基本的に使えないというのが地味に嫌いだったりする

あと、その際はTwitterの文字数制限もあるので気をつける必要はありますが

ところで、僕は最近の流行に乗って最近になってからはじめたのですがちょっとポストするだけですごい反応を貰えますね

mixiもTwitterも少し落ち着いた頃から初めていたので、今熱いSNSというがのこんなに反応が貰えるのかと驚いてます

ただ、仕組み的にかなりクローズドなようなのでブログ等の集客には扱っているジャンルにもよるでしょうけど、あまり向いてないように思えます

Facebookからの情報伝達表

たぶん世界最大のSNSのFacebookですが、意外にもFacebookから伝達出来るサービスは僕が使ってる中ではありませんでした

なので情報の拡散性はいまいちなのですけど、上の図を見ればわかりますが他サービスからの情報はFacebookに集約できるようになってるんですよね

だから自分がした投稿を確認するのにはベストなSNSです、そういう戦略なんでしょうかね

まとめ

いろんなSNSサービスと連携方法があって頭がこんがらがって来ますね!まぁ全部使う必要もないですけど

図を作るだなんてなれないことをしたので疲れました