シンガポール出国、再びマレーシア自転車旅行@2018年1月19日

シンガポール最終日、再出発

朝、買おうかどうか迷ったbluetoothスピーカーを結局買うことにして、10時近くのショッピングモールへ行く

ショッピングモールは朝10時から開店なのだが平日ということもあってか開いてない店の多いこと

これから出勤、開店をのろのろとはじめている店が多くある

なんかまったりしているなぁと思ったが、日本のショッピングモールもこんなもんだったろうか、あまり行くことがないからよくわからん

結局、店内をふらふら歩いていたら11時過ぎになってようやく開店し始めたので特売品をスピーカーを購入

x-mini xoundbar 38sgdなり、帰って早速使ってみたら小さいくせに音のすごくいいこと、コスパの良い品、さてどうやって自転車に積載しようかな

帰った後も、自転車をちょいちょいメンテしたり今更な準備をしたり、13時頃に準備終了

一番下のボトルケージホルダーを外す→タイヤと干渉するから

トップチューブバッグを交換→ジッパーが壊れた、他の部分もボロくなっていたので

チェンシンタイヤ製の予備チューブを一個貰った

それから宿のスタッフと話し込んでたら14時近くになってしまった

宿には何故か日本語の本(これは宿泊した日本人が置いてった?)や日本語の自転車雑誌が置いてある

スタッフが雑誌を開く、日本人自転車世界一周者の特集をやってるページを見せてくれた、5人で46万㎞走ったらしい

他にもスマホからFacebookページを見せて、いろいろなツーリストを教えてくれる、日本人ってのは何年も掛けて自転車旅行してる奴らがいてクレイジーだなとか言ってた

なので、日本人は長い休みってのは取れないからね、仕事を止めなきゃ自転車旅行なんか出来ないのさ、だから長期化するんだろうね、と説明する

休みってどれくらい?とか聞いてくるので、1~3日くらいかな?(一般的にはGWとかあるけど、僕の職場は基本これくらいだった)と言うと驚いてた

DSCF6088[3]

宿のスタッフにお礼を言って次はチャイナタウンへ

ここでもまた昨日見かけた防水ケースの買い足しと(優柔不断)、シンガポールドルの両替をする

チャイナタウンには下町だけあって両替商があちこちある、USDを購入してレートは1.325だった、本日の市場公定レートは1.320、金融都市シンガポールだからもっと驚く高レートもあるかなと思ったがまぁこんなもんだろうか

image[2]

↑たまたま通りがかったプラナカンミュージアム

DSCF6093[3]

そして、ウッドランドまで高速道路を経由して出国

しかし、ごちゃごちゃ下道より迷わず走りやすいのだけど、高速道路って自転車走って良いんだろうか、他に自転車見かけないので駄目な気もするが警告板もないんだよね

マレーシアには前回三ヶ月居たけど、何も問題なく再入国

ただ、そのとき艦これ島風のストラップを落としてしまったらしい、島風轟沈・・・!うわあああああああ

DSCF6098[3]

↑ジョホールバルへ向かう道

ジョホールバルに出ると道のあちこちにゴミが落ちていて帰ってきたな感、標識も当然マレー語

適当に走ってたら海外線に出て、通行量が少なく走りやすそうだったのでそのまま走る

シンガポールの方を見ると天気が悪く雨が降ってるっぽい、間一髪だったか・・・

こっちは一時小雨になったが天気概ね良好

次はユーラシア大陸最南端を目指して走る

野宿しやすそうな人気のなさそうなら方向を選んで走ってたらBukit IndahというイオンやらTescoやらある賑やかな街に何故か到着してしまった

ジョホールバルのベットタウンみたいなところだろうか、さすがにこの辺りは賑やかだってことだね

どうしようかと思っていたら、街の中心にある公園が静かで東屋があったのでそこで野宿することにした

公園では夜なのに、職員っぽい人が花壇掘り返して整備していて、なんだこいつみたいにこっち見てたな

先日からの足の件は回復したが、左手の小指のしびれは引き続きでキーボード打ちにくい

長時間、ハンドル握ってるせいなのだろうけど、とりあえず、何処か自転車屋見つけて、バーテープ張り替えを試して様子見したいかな、おやすみ