天塩~稚内道道106号線、利尻礼文サロベツ国立公園を走る@東日本ツーリング42日目

5時起床、さっさと荷物をまとめて朝食は昨日のスーパーでかったパンで済ませるて6時出発、今日は気合入れていきます

オロロンラインの終点、天塩を向けて走る・・・走る・・・

札幌側からオロロンラインに入った時は海沿いの道を走ったものだけど、この辺りまでくると内陸側に道路があって海は見えなくなる

雲行きは怪しく肌寒かったのだが、天塩の10km手前ほどで雨が降ってくる、避難できそうなバス停待合室はあったのだけど、合羽を来て天塩に到着、オロロンラインを走り切った

話に聞いていたとおりアップダウンが多い道だけど、まぁ20~30kmのうちにセイコーマートの一つくらいはあるし、中山峠の方がきつかったかな

と、一安心したところで天塩の道の駅に逃げこむ、11時ころの話

ツーリング仕様の自転車が2台前に停まっていて、カップルサイクリストが中に居た

このとき眠気を感じていて、ゴロンと横になったりしたかったのだけど、それができそうな場所もないしベンチに座ってうとうととしながら過ごす

13時を過ぎると雨も止んだので雨具を閉まって出発、空は曇っているけど

天塩のスーパーで鯖の塩焼き弁当を買ってお昼ごはん

天候と、雨で身体が濡れていて寒かったわけだが、このスーパー、何故かなかでガンガンにクーラー掛けていて寒い

天塩~稚内のルートは内陸側の町中を通って行くルートもあり、セイコーマートなぞがあって快適そうであったが、地図をよく見ると海外線沿いにも道路があり景観が良さそうだなぁと思ったのでそっちに行く

走ってから知ったのだが、ここは利尻礼文サロベツ国立公園とかいうエリアだそうで、ダイナミックな自然を味わうことができて正解だった、道も起伏がほとんどなく、非常に快適に走れる

巨大な風車と広大な野っ原は自分が小人になったような、そんな錯覚を味わうことが出来る・・・と楽しでいたらまた雨が降ってきましたよ!

運良く、覆道があったので、そこで合羽を来て、本日二度目の雨中ラン・・・かんべんしてほしいなぁ

北海道来てからこっち、天気が悪い日が多い気がするなぁ、会う人もよく今年の北海道は天気が悪いっていってるし

で、一時間ほど走ると雨がピタッと止む、道路も濡れていない、北側は晴れていた見たい、空は曇っているけどね

雨具を脱いで走り始める、いつのまにか西側には利尻島が見えていた、雲の切れ目から太陽が刺し込み綺麗だ

なお、この利尻礼文サロベツ国立公園のエリアだが自然満載なだけあって、止まっていると虫がぎょうさんいることがわかります

そんな景色を楽しんでいると、抜海という町に到着、食料品店が何もない小さな港町

ここまで来ると近くには路線も通っている、稚内までもうすぐだぞ、頑張ろうと走っていたら、市街地まであと数kmというところに激坂が・・・なんちゅー嫌がらせじゃ・・・

ここ登らなきゃいかんのか?そもそもキャンプ場とかどこにあるのよ?と思って道路脇に停車、スマホをいじっている・・・鹿がいる!

道中、なんども鹿注意の文字を見ていたけど、うわぁ・・・ホントに出てくるんだなぁ、勝手に民家に入って草食ってるぞ!こっち見てる!としばらくじーっと眺めていたのですが、トラックの走行音にビビって走って行っちゃいました。よくこんなところまで来れたなお前

と一息ついたところで、諦めてヒルクライム、底を抜けて下り道になると、あぁ家屋が一杯ある、コンビニがある、町だなぁ、人が暮らす場所だよ、大自然を見ると感動するが、町並みをみると安心する

夜は西条百貨店というところの北にある緑地公園にて野宿、食料品店が近い=冷たいビールが飲める、素晴らしい

今日は自転車旅行を初めて一番走った気がするのだが、計測し忘れた、やればできる子だったぞ俺

DSCF9689RIMG1748RIMG1750RIMG1760RIMG1763RIMG1766DSCF2991DSCF2994DSCF2996DSCF2998DSCF3001DSCF9683DSCF9684DSCF9685

日時:2016年9月4日
総走行距離:
費用↓

ジュース 100円

のり弁 300円

パスタ 150円

パスタソースx3 300円

ビールx2 300円

チューハイ 100円